やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「万人が等しく楽しめるゲーム」を目指すとプレイ動画に殺される

 「ゲームのプレイ動画」をメーカーさんに無許可で動画共有サイトにアップロードすることについては、自分も以前チラッと書いたことがあったのですが―――非常に腑に落ちるTogetterの記事を読みましたんでご紹介します。


 ゲームの非公式プレイ動画が氾濫する理由を考えてみた


 特に自分にとって盲点だったのは以下の部分でした。
 この呟きだけでも引用させて頂きます。

<以下、引用>
 例えば『COD』なんかは、ゲーム自体は非常にシンプルで、世界の美しさや演出で楽しませるような方向に進化してる。(オンは除く)
 さらに、特に海外で顕著だけど、ユーザーテストを重ねに重ね、計算されつくしたレベルデザインで、だれがプレイしても同じ結果になるようなゲームもある。
</ここまで>



 「だれがプレイしても同じ結果になるようなゲーム」――――
 動画共有サイトにプレイ動画をアップされるとダメージが大きいのはこういうゲームなんですよね。


 海外のゲームについては自分は疎いんで日本のゲームの歴史について語りますけど……
 『スペースインベーダー』から始まって『ゼビウス』等のシューティングゲーム全盛期もそうですし、『スーパーマリオブラザーズ』が社会現象になって近所の子ども達が集まってファミコンをしていた時期もそうですし、80年代序盤のゲームは「テクニックを競っていた」時期だったんですよね。

 だから「だれがプレイしても同じ結果になる」ことはありませんでした。
 みんなが高橋名人のプレイを見て勉強していたほどですから、「高橋名人のプレイはネタバレになる!!」「俺がクリアするまでネタバレ禁止!」と文句を言うような子どもはいませんでした。


 しかし、そんなシューティングゲーム全盛期に堀井雄二氏が登場し、『ポートピア連続殺人事件』に代表されるアドベンチャーゲームと、『ドラゴンクエスト』に代表されるRPGを作りました。どちらも現在の日本のアドベンチャーゲームとRPGの雛形となったソフトです。

 テクニックを競っていたシューティングやアクションゲームと違い、頭を使い、時間を使い、そしてたまに攻略本を使う―――というこうしたジャンルのゲームは、「だれにでも楽しめるように」「だれがプレイしても同じ結果になる」として人気のジャンルになりました。
 80年代後半からRPGは市場を席巻するジャンルになりましたし、アドベンチャーゲームもコマンド総当りからサウンドノベルやギャルゲーなどに多様化しつつ今でも残っているジャンルです、

(関連記事:プレイヤーが成長するゲームと、キャラクターが成長するゲーム




 こうしたジャンルのゲームは「プレイ動画」に殺されるんですよ。


 ゲームの「プレイ動画」についての議論になると、よく「プレイ動画が宣伝になって売り上げが伸びるゲームもある」「プレイ動画くらいで売上げが落ちるゲームは魅力がないだけだ」という意見を目にします。
 しかし、冒頭で紹介した記事を読んだ自分は、そうした意見はナンセンスだと思うようになりました。


 「プレイ動画で売上げが伸びるゲーム」「プレイ動画で売上げが落ちるゲーム」があるのは確かです。
 しかし、それは「伸びるゲーム」が「落ちるゲーム」より優れているからだとか、「落ちるゲーム」を作っている人の努力が足りないだとか、そういうことではないんです。

 単に「プレイ動画で売上げが伸びるゲーム」と「プレイ動画で売上げが落ちるゲーム」があるだけなんです。優劣ではない、ジャンルが違うだけなんです。



 テクニックを競い合わない「万人が等しく楽しめるゲーム」は「プレイ動画で売上げが落ちるゲーム」です。『逆転裁判』や『428』のようなストーリーを楽しむアドベンチャーゲームはもちろん、ストーリーが大きな要素となっているRPGやアクションアドベンチャーも打撃を受けますね。

 逆に「プレイ動画で売上げが伸びるゲーム」は、テクニックを競い合うゲーム(それこそ高橋名人のプレイを見て勉強したみたいな)や、自分独自のプレイが出来るゲームですね。『リトルビッグプラネット』とか『メイドイン俺』のような創作性の高いゲームだったり、『どうぶつの森』のようにプレイヤーによって違う体験ができるランダム性の高いゲームだったり。


 僕は前者が後者より劣っているとか、前者の努力が足りないだなんて思いません。
 むしろ前者は「万人が楽しめるようにしよう」と努力した結果、開拓されたジャンルだと思っています。どっちも好きだし、どっちもあって欲しいと思います。どっちかを選ぶなんて出来ません。



 僕はゲームのプレイ動画をほとんど見ないんで、どういうゲームのプレイ動画が多くてそれがどのくらい売上げに影響しているのかは分かりませんが―――
 もし僕がゲーム会社の偉い人だったら、「プレイ動画で売上げが落ちるゲーム」の企画は通さなくなるだろうって思います。もしくは最初から「一部の人だけが買ってくれると期待する」予算で作らせるか。



 これこそ直接的な原因ではないですし、どっちかというと「社会の流れ」がそうなっているだけの話だと思うんですけど――――You Tubeが日本でも爆発的に定着した2006年頃から、ゲーム業界では「ゲームらしいゲームが売れなくなっている」と言われていました。

 「ゲームらしいゲーム」という言葉で覆い隠されていますが、これは一皮剥いてみると「ストーリーの比重が高いゲーム」なことが多いです。すなわち「プレイ動画で売上げが落ちるゲーム」です。


 今はちょっと状況が違いますけど……
 任天堂一人勝ちみたいに言われていた時期というのは、任天堂のラインナップは「プレイ動画で売上げが落ちるゲーム」の比重が小さかったからと解説することが出来ると思います。任天堂ソフトがバカ売れ状態であっても、『トワイライトプリンセス』のようにストーリー要素も強いゲームは苦戦傾向にありました。

 こう考えると、新作ソフトが売れないのに『ドラクエ』のリメイクは100万本も売れた理由も分かりますよね。だってリメイクソフトはネタバレが決定的なダメージになりませんもん。



 こうした原因が全てプレイ動画にあると言うつもりはありません。
 娯楽産業全体で「コンテンツ」から「体験」にお金が集まりつつある現象の一環だと自分は思っています。でも、その「コンテンツ」の価値を下げたことに動画共有サイトが無影響だとは思いませんし、プレイ動画もその一端だったと思うのです。




 自分は、メーカー側は「このゲームはプレイ動画OK!こっちのゲームはプレイ動画ダメ!」とガイドラインを作るべきだと思いますし、ユーザー側はそれをちゃんと理解するべきだと思います。「プレイ動画の恩恵を受けるゲーム」があるのは確かです。でも、そうしたゲームばかりではないんです。


 今、ゲームの一大ジャンルが潰されるかどうかの瀬戸際に立たされていると思うのです。


逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

カプコン 2008-04-17
売り上げランキング : 512

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
みんなのおすすめセレクション 428 ~封鎖された渋谷で~みんなのおすすめセレクション 428 ~封鎖された渋谷で~

セガ 2010-02-25
売り上げランキング : 2316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:51 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ガイドラインと言っても、原則としてほとんどすべてのゲームが「プレイ動画ダメ!」で当たり前だとは思いますが。
ただ、一方で最近は、ゲーム内にアップロード機能が付いている作品もそれなりに見かけるようになりまして。それがむしろ「プレイ動画OK!」と言っているようなものなのかな?と。少なくとも私は、そう理解しているつもりです。
例)Pixel Junk Shooter 2、Beat sketch!など

| partygame | 2011/05/25 21:06 | URL | ≫ EDIT

>partygameさん

と、こんな風に僕とpartygameさんの間でも意見が分かれることが「ガイドラインがない弊害」だと思うんですよ。

| やまなしレイ(管理人) | 2011/05/25 21:39 | URL | ≫ EDIT

「プレイ動画の恩恵を受けるゲーム」についても詳しく語って欲しかったね。

| エスカトス | 2011/05/26 15:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1246-ac3e9327

TRACKBACK

相互ブログさんの”なう” vol.1

せっかく相互リンクを貼らせていただいているのに、ほとんど見れていないこの現状。 イカンな…と思いつつも、結局そのままなので。 ここは1つ、相互リンクさせてもらっているブログさんの話題なんかを取り上げてみようかと思います。定期的に。 これで、皆さんにも話題

| セグメントゲームズ | 2011/05/25 22:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT