やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011年5月のまとめ

 『428』、やりこみ要素まで含めてコンプしました。
 やりこみ要素の後半はほぼ攻略サイト頼みでした。
 真EDとメイキング映像以外は「別に観なくてもいいかな……」というもので。中古対策の目的が強いんでしょうけど、本編は面白かったのにクリア後のやりこみ要素でゲンナリというのは(チュンソフトの)次回作の売上げに響かないんかなーとちょっと勿体ない気がします。

バレバレだぞ!


 それはそうと……
 ノベルゲームって海外展開をしないもんなんですかね?


 もちろん他のゲームに比べて翻訳作業の手間が半端なく大変だとは思うんですが……日本の小説だって翻訳されて海外展開されたりしますし、ビジュアルに助けてもらえるノベルゲームは小説よりかは言語の壁に阻まれないようにも思えますし。
 新作ゲームを作るよりかは小さなコストで、ドデカイ海外市場に挑戦できるんじゃないかと素人目には思ったのですけど……でも、そうか。日本語を英語に翻訳すると文字数が変わるので、改行や改ページのタイミングが変わってしまうというのは大きいか。そうすると演出も変わってしまう。現実的には言うほど簡単な話でもないか。


みんなのおすすめセレクション 428 ~封鎖された渋谷で~みんなのおすすめセレクション 428 ~封鎖された渋谷で~

セガ 2010-02-25
売り上げランキング : 1476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「2011年5月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」か「記事URL」をクリックして下さいな。




<創作活動>
・投稿用漫画、下描きは22ページ目まで終了
・投稿用漫画、ペン入れは随時
・とりあえずペン入れが終わっているのは8ページ
・今回はペン入れが終わったページから消しゴムをかけています



 うーむ……ベストなスケジュールとしてはこの時点で下描き32ページまで終わっていることを期待していたので、なかなか厳しい展開です。
 しかし、別にサボってこうなっているワケじゃなくて「1週間にかけている時間」は増えているので、単に「このくらいの時間があればこれくらい進むだろう」という見通しが甘かったということですね。描くのに慣れても描くのは早くならないもんですなぁ。


 前作までは全ページのペン入れを終えてから全ページの消しゴムをかけていたので、消しゴム作業が辛くて仕方がなかったのですが………今作はペン入れが終わったページから随時消しゴムをかけるようにしました。この方が線を過信しなくても済みますし、もっと早くやっておけば良かったです。



<ブログ・ホームページ>
・今月もアクセス数は厳しかったですね
・反響が大きかったのは「石原慎太郎の「エロ漫画」という言葉に僕達は騙された」でした
・続いて、「「絶対に負けられない戦い」に負けたらどうなる?」ですかね
・個人的にはWii後継機についての予測記事をこれこれで書けて良かったです
・それと、最近の自分のテーマである「コンテンツ」と「コンテンツ化できない体験」についての記事を幾つかシリーズで書きました



 「エロ漫画」についての記事は、アクセス数は伸びませんでしたがコメント欄等で多くの意見を頂きました。賛同してくださった人、反対してくださった人、もっと状況は深刻だよと言ってくださった人、様々な人がいまして――――どの立場の意見にも「熱量」がありまして、あの問題を「よく分からないまま終わらせる」のだけはイヤだなと思って反論を受けるのを覚悟で書いた記事だったので嬉しかったです。読んでくださった皆様に感謝です。


 今年の自分のテーマは、娯楽作品には「後世に残せるコンテンツ」と「コンテンツには収められない体験の魅力」という2つの要素があるということでして。関連する記事を幾つかドカッと書きました。

2D『スーパーマリオブラザーズ』シリーズが苦手な人達へ
乗り遅れたものに、後から乗った方が楽しい場合もあるさ
「続きが気になる」型エンタテイメント
「万人が等しく楽しめるゲーム」を目指すとプレイ動画に殺される

 照準を合わせている場所は違いますけど、どの記事も「コンテンツ」と「体験」にまつわる話です。
 『スーパーマリオブラザーズ』というゲームは今でもWiiをネットに繋げば500円で遊べます。今でも変わらぬ面白さです。ですが、当時あのゲームに夢中になって近所の子どもが集まったり、どこに隠しブロックがあるとかワープ土管はどこだと教えあったりという体験は今ではもう出来ないワケです。


 作品を評価する際に「コンテンツ」の部分だけを見て良し悪しを語っても、人々がどうしてそれに夢中になっているかは分からないんだよなぁ――――という話。




<娯楽>
・アニメ視聴は変わらず『花咲くいろは』『あの花』『シュタゲ』の3本です
・2クールものは2ヶ月目辺りが一番「うーむ……」感強いと思いますです
・そんなこともあってか、ゲーム充していました
・前半はバーチャルコンソールで『マリオ64』、後半は『428』やっていました



 『シュタゲ』は覚悟していましたが、『花咲くいろは』も2クールだったんですね。
 2クールものは視聴者としてもテンションを維持するのが難しいので果たしてラストまで盛り上がれるかなぁという不安が出てきました。今のところは安定水準ですけど、安定水準のままだと飽きてきてしまうのが2クールものなのでどこかで変化が欲しいところ。

 一方、1クールでギュギュッと高密度な話を展開してくれているのが『あの花』
 BSフジで視聴している組もいるでしょうからネタバレ話は書きませんけど、地味な題材なのに視聴者に飽きが来ないように色んな仕掛けを用意しているのが流石アニプレックスだなーって思いますね。


 ゲーム話。
 『マリオ64』についてはそれきっかけで語りたいこともあるのでここでは軽く。
 クッパ戦の倒すコツをTwitterで教えてもらったり、緑スイッチの場所を攻略サイトで調べたりして何とかのクリアでした。当時は画期的なゲームだったんでしょうけど、今遊ぶと「カメラの距離が近過ぎ」るために足場が見えなかったり、マリオの動きにクセがあったりで、「初心者にはマリオギャラクシーの方を薦めるなぁ」というところ。


 『428』も後に紹介記事を書く予定なのでここでは軽く(笑)
 自分とちょっと遅れて母もプレイしました。当然ノベルゲーム初挑戦です。
 序盤は大沢編のあまりの鬱っぷりに「もう続けたくない」と言っていたのですが、「それはきっと後の展開へのタメなんだからもうちょっと頑張って!」と言ったところ―――中盤くらいから怒涛の面白さになるので、そこからは夢中で進めていました。

 一見すると複雑に見えるザッピングシステムも、終盤ちょっと助け舟を出しましたが(汗)、ノベルゲーム初心者の母でもエンディングまで到達することが出来ました。


 ということで、「ゲームに不慣れな人にもオススメだよ!」と言いたいのですが……
 「真エンディング」は攻略サイトを見ないと出すのが難しいのに、「ノーマルエンディング」は「え?何このラスト……」という内容なのが惜しすぐる。

 この手のゲームは何でもそうだと思うんですけど、「ノーマルエンディング」だけで終わらせちゃう人も多いと思うんですよ。
 「ノーマルエンディング」では不満の残るラストで、「真エンディング」を出すとようやく納得出来るラスト――――みたいなのって、アドベンチャーゲームやノベルゲームが一部のファンだけの市場規模になってしまった一因なんじゃないかなぁってクリアして思いました。中盤がものすげー面白かっただけに、そこが残念極まりないです。


 どこが「ここでは軽く」だ(笑)。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アニプレックス 2011-06-29
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 自分用メモ。
 そろそろ記憶の容量をオーバーしそうなので、2011年になってから遊んだゲームをここに記録しておきます。年末まで覚えていられそうにないんですもの。


・Wiiウェア『ペンギン生活』
・DSiウェア『アクションパズル ラビ×ラビ』
・DSiウェア『ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 理系編』
・DSiウェア『peakvox ミュウミュウチャンバー』
・DS『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
・Wiiウェア『MADSECTA』
・Wiiウェア『Dr.MARIO&細菌撲滅』
・Wii『斬撃のレギンレイヴ』← ペン入れ作業に入ったので一時封印中
・DSiウェア『セパスチャンネル』
・バーチャルコンソール(N64)『スーパーマリオ64』
・Wii『428~封鎖された渋谷で~』


 ……この時点で既に抜けているものがあったら流石に痴呆を疑うレベルだ。
 の、『脳トレ』やらなきゃ!!




 そして、E3前に書いておきたい「今後やりたいゲーム」のリスト。
 上のラインナップを見れば分かってもらえるでしょうが、自分は「ゲームは発売後すぐにやらなきゃ!」とは思わない人間なので、「今はRPGやりたいからRPGやろうっと」とソフトを選ぶためにもこういうリストを作っておくと便利という。

 今後発売予定のものも含みますし、まだゲーム機自体を買っていない3DSのも含みます。
 3DSは画面LLサイズが出るまで待とうと思っているのだけど……まぁ、予定は予定ってことで。


【Wii】
● 『斬撃のレギンレイヴ』…封印中。
● 『Wii Sports Resort』…Wii後継機の情報が出てから考えます。
● 『ゼノブレイド』…アレだけ人に薦められたので。Wiiでやる最後のゲームにするかな。
● 『ラストストーリー』…RPG熱が上がってこないのでなかなか。
● 『SDガンダム スカッドハンマーズ』…『レギンレイヴ』をクリアした後かなぁ……
● 『ブームブロックス』…激しくないゲームをしたい時用にキープ。
◆ 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード(仮称)』…モーションプラスを入手したので迷いはない。
◆ 『ゴールデンアイ 007』…俺が遊ぶ頃にまだオンラインに人がいるだろうか。

● 『SPACE INVADERS GET EVEN ~逆襲のスペースインベーダー~』…いつか。
● 『peakvox escape virus』…アナログスティック熱が上がってきたら。


【バーチャルコンソール】
● 『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』…3DSで『時オカ』やってから。
● 『星のカービィ スーパーデラックス』…2Dアクション熱が出てきた時のためにキープ。
● 『クロノ・トリガー』…母でも出来るかどうかがポイント。
● 『ルドラの秘宝』…こっちは自分がやりたい。



【DS】
● 『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』…既に購入済。
● 『ゼルダの伝説 大地の汽笛』…既に購入済。
● 『ラジアント・ヒストリア』…ストーリーメインのゲームをやりたい時用。
● 『ルーンファクトリー3』…母が食いついてきたら。
● 『極限脱出 9時間9人9の扉』…セーブデータ1つしか作れないらしいのがネック。
● 『ゴーストトリック』…こっちも。


● 『アクションパズル ラビ×ラビ えぴそーど2』…DSで遊ぶ最後のゲームに取っておく。
● 『わりと本格的 絵心教室 後期』…カラー絵の勉強のためにも夏にプレイ予定。
● 『スカイジャンパー ソル』…ついさっきダウンロード購入済。


【3DS】
● 『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』…DSの2本を終わらせてからかな。
● 『新・光神話 パルテナの鏡』…面白そうだけど、LL画面サイズで遊びたい隊。



 これらを全部終わらせるのはいつだよ!
 その間にも新しいゲームが出て、どんどん「やりたいゲーム」が追加されていく無限ループ!



 さて、E3です。
 Wii後継機を発売日に買いたいか、しばらく経ってからでいいか次第で予定も変わってきそうです。
 『Wii Sports Resort』をやりたい(正確に言うと家族にやらせたい)んだけど、Wii後継機でWiiリモコンプラスがメインとして使えないのならコントローラそんなに要らないから買わない、その分家族にやらせたいゲームとして―――ということで、風が吹けば桶屋が儲かる的に夏以降の予定が変わるという。

 さぁ、泣いても笑っても6月8日。
 任天堂の決断はどっちだ!!


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

任天堂 2011-06-16
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1248-d9071dd6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT