やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コンプレックスの再生産産業

 今週水曜日の『Dig』(@TBSラジオ)にて、イングランド代表のサッカー選手ウェイン・ルーニーが植毛手術を受けたことを公表したというニュースを受けて“カツラを公言しているスポーツライター”小林信也さんがゲスト出演されていました。

 ウチのブログで小林信也さんの話を書くのは2年ぶり2度目。
 前回の話は「カツラを被り始めたのは異性にモテるためではなく、同性からの目を気にしたから」という興味深い話でした。あの話は、世の中の色んな謎を説明できる事柄だったと思います。

(関連記事:男は男からの評価の中に生き、女は女からの評価の中で生きている



 んで、今回も面白い話がたくさんありました。
 その一つが「自分達の世代(50代)に比べて、今の若い世代はあまり薄毛を気にしなくなっていると思う」ということでした。現在20代のルーニーが植毛手術を受けたというニュースの後にその話もどうかと思うんですが(笑)。

 言われてみると……自分(20代)も恵まれた頭髪ではないですけど、身体の他の箇所に比べて頭髪はさほどコンプレックスではないですね。
 これも小林さんの仰っていた例ですけど、高校野球の選手が坊主頭を義務付けられていた頃は坊主頭が虐待だとか言われていたのに、自由になったらなったで自主的に坊主頭にする選手が増えた―――みたいな話で。植毛技術や育毛技術が発達したおかげで、逆に「別にハゲくらい気にしないわ」って人達が増えたのかなと。

 あー、これ「メガネ」もそうだ。
 『Dr.スランプ』以前ってメガネ女子は「ダサい」みたいなイメージがあったなんて聞きますし、メガネ男子も昔は「のび太」「ガリ勉」「根暗」だなんて言われていましたけど、安くコンタクトレンズが購入できるようになったら、逆にオシャレのために伊達メガネをかける人なんかが出てきましたもんね。



 さて……そんな風に「若い世代で薄毛に悩む人が減っている」ことを喜ばしいと言った上で、小林さんがボソっと呟いたことが自分には強烈に印象に残りました。


 「カツラ産業や育毛剤なんかの産業にとっては困ることかも知れませんけどね」


 コンプレックス産業ってコンプレックスがなくなっちゃうと困るんですよね。
 虫歯がなくなったら歯医者が困るとか、ゴキブリが絶滅したら殺虫剤メーカーが困るとかの陰謀論にも近いんですけど……みんながみんな「ハゲたって構わないじゃん!」って発想になっちゃうと、「ハゲに悩む人」に向けた産業は壊滅するんですよね。


 そう考えると……カツラや育毛剤のTVCMを作る際には、

・「薄毛を気にしている人」を出す。
・薄毛が如何に恥ずかしいことか、薄毛によって如何に人生を損しているかを描く。
・商品を買うことで薄毛が解消され、人生がとっても豊かなものに!


 こういう方向性になりますよね。
 あれ?コンプレックスって、実はどこかの産業が俺達から搾取し続けるために仕組んだ巧妙な罠によって作られたものなんじゃないのか――――?


カツラーは今日も闘っているのだ!―「薄毛」がイヤでかぶった男の哀しくも愉快な日々カツラーは今日も闘っているのだ!―「薄毛」がイヤでかぶった男の哀しくも愉快な日々
小林 信也

ダイヤモンド社 2010-02-13
売り上げランキング : 643318

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・体重コンプレックスはダイエット産業が作り出した陰謀
・学歴コンプレックスは進学校や進学塾が作り出した陰謀
・彼女がいないコンプレックスはデート産業や装飾品業界が作り出した陰謀
・童貞コンプレックスはゴム業界が作り出した陰謀
・包茎コンプレックスは美容整形外科業界が作り出した陰謀
・ヒンヌーコンプレックスはシリコン業界が作り出した陰謀
・粗チ●コンプレックスは真珠業界が作り出した陰謀




 世の中は陰謀にまみれているんだよ!!
 「粗チ●コンプレックス」って伏字にした方が卑猥に見えます!本当にありがとうございました!



 素直に「そうだったの!」と読んでしまう純朴な女子中学生がいるかも知れないので、「冗談ですよ」とは書いておきますけど………あながち間違っていないものも混じってはいると思います。
 僕らが子どもの頃は「一生懸命勉強して、イイ高校に行って、イイ大学に行けば、一流企業に就職できて一生安泰なんだよ」と言われてクラスメイト達はみんな塾通いさせられていましたけど、そんなもの嘘っぱちだったことは今なら誰でも分かりますよね。あの頃、そんなウソを振り撒いていたのは誰かな?


 女性のダイエットに関してもそうで。
 「ガリガリな女性が好き」な男性って恐らくかなりの少数派で、むしろ「腰や太ももに肉が付いている方が好き」って男性はよく聞きます。モテるために過剰なダイエットをしている女性を見るととても切なくなります。


 包茎についても、自分は高校生くらいまで「恥ずかしいこと」なんて発想がありませんでした。
 高校生になって、男子同士のコミュニティの中で「包茎だと恥ずかしい」「女子は包茎がキライ」「包茎じゃなくて良かった」「え?オマエ包茎なの?じゃあ手術するしかないね」――――今考えると男子高校生どもの妄想乙!ってカンジなんですが、当時はインターネットもなかったし、包茎は生きる価値がないんだ……死のう……と真に受けていました。

 それ以前に気にしなきゃいけないこと沢山あるだろ!
 そもそも彼女が出来る前から包茎の心配しててどうするんだ!!と、過去の自分にメールが送れるなら送りたい。いや、本当に過去にメールが送れるのならライブドア株を買うタイミングと売り払うタイミングを指示したい。




 「陰謀論」って言葉は本質を見えにくくしていると思うんですよ。
 前に書いた記事にもあったように、商機を自分達で作り出すことはどんどんやればイイし、それが気に食わないのなら買わなければイイだけだと思うんです。

(関連記事:「○○を売ろうとしているなんて××業界の陰謀だ!」


 でも、「みんな○○だよ」「キミだけ○○じゃないなんて恥ずかしいよ」というコンプレックスを、必要以上に気にすることは無意味だと思うのです。そのコンプレックスの出所はどこかな?本当に「みんな○○」なのかな?と。




 しかし、こういう話になっていくと。

 「自分はここもダメでここもダメでここもダメなんだ!」というコンプレックスから解放される一方で、

 「世の中はこんなにも他人から搾取しようとしている人達で溢れているのか!もう何も信じられない!」と人間不信を招きそうですね(笑)。


STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]

メディアファクトリー 2011-06-22
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 彼女はいません | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1253-2921f0ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT