やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:おっぱいさえ膨らんでいればとりあえず女性に見える!

※ この記事はアニメ版『シュタインズ・ゲート』第10話「相生のホメオスタシス」までのネタバレと、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のざっくりとした設定のネタバレを含みます。閲覧にはご注意下さい。


 原作ネタバレを喰らうのが怖い上に、ウチの地域は放送日が遅め(神奈川では土曜深夜放送)のためにあまり話題に出していないのですが、『シュタインズ・ゲート』のアニメが凄く面白いです。実を言うと、4月開始アニメで一番「続きを早く観たい!」と思っているのはコレだったりします。

 だから、先の展開のネタバレとか書き込まないでくださいね。



 さて。その『シュタインズ・ゲート』なんですが、アニメが始まってからしばらく疑問だったことがあります。それは「どうしてこの作品の女性キャラは巨乳率が高いのだろう」ということでした。
 ヒンヌーが好きだから巨乳が憎いとは言いませんけど、まゆりもクリスティーナもバイト戦士もシャイニングフィンガーもフェイリスニャンニャンも巨乳というのはキャラ配置としてバランスが悪いじゃないですか!ヒンヌー派は綯にハァハァするしかないというのですか!ヒンヌー派はペドになるしかないのですか!


 という設定の不思議が、実は伏線になっていたのが第8~10話のくだりでした。
 どうもこの作品の主人公:岡部は胸の膨らみで男性・女性を識別していたというシーンがあるんですよね。

 “女のコにしか見えない男のコ”漆原るかに頼まれて、るかを産む前の母親にDメール(過去に送れるメール)を送り、るかを正真正銘の女のコにしてしまおうという実験が行われるのですが―――世界線を移動した岡部は、るかの性別が変わったかどうかを確認することもなく、胸だけを見て「男のままか……」と決め付けてしまうんです。

 このシーン、実は最初見た時は「え?なんで?」とよく分かりませんでした。
 おっぱいの小さい女性だってこの世界には沢山いるのだから、おっぱいだけ見て「男か女か」を判断することなんて出来るワケがないのにっ!!と。


 でも、よくよく考えてみると……この作品の女性キャラはみな巨乳さんなんですよね。
 少なくとも岡部の周りの女性はみな巨乳さんなので、「女性=胸が膨らんでいる」という誤解を岡部(と視聴者)が持ってしまっても仕方ないという機関の工作活動だったのだな!!!





 「男性キャラと女性キャラはどう描き分けられるのか――――」

 漆原るかというキャラクターは、この境界線を敢えて曖昧にしているがために展開したキャラクターなんだと思うのです。「美少女と見間違うような美少年」と「美少年と見間違うような美少女」の差はどこにあるのか、絵描きからしても興味深い題材だなと思うのです。


STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]

メディアファクトリー 2011-06-22
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 記号としての「女性らしさ」
 今よりももっと自分が絵を描き慣れていなかった頃の話――――
 画力がないから「女のコとして描きたいのにどうしても男のコに見えてしまう」という時がありまして、その対策として誰にでもできる3つの「こう描けばとりあえず女性に見える」キャラクターデザインの要素を念頭に入れて描いていました。


・髪を長くすると女性に見える
・スカートを履いていると女性に見える
・おっぱいが膨らんでいると女性に見える


 今はもうちょっと絵に慣れてきたので、女性に見える描き方のコツとして頬とか肩とか腰のフォルムに男女の差が大きく出ることが分かっているのですが――――
 それらも含めて、この「女性らしく見えるためにはこう描かなくてはならない」というコツは、「女性とはこうあるべきだ」という僕の女性への固定概念を表しているとも思うんです。偏見と言ってもイイです。


 実際には

・髪の毛が短い女性もいます
・スカートを履かない女性もいます
・おっぱいの小さい女性もいます
・頬が痩せている女性もいます
・肩がイカツイ女性もいます


 腰に関しては骨格の話なので男女の差が最も顕著に出るような気もしますが……
 それ以外に僕が挙げた例は全て「記号としての女性らしさ」であり、それに当てはまらない女性だってもちろん沢山いますし、何よりその「記号としての女性らしさ」に当てはまらない女性に萌えが潜んでいたりするんですよね。



 「オマエらーーーー!!ヒンヌーの女が好きかああああ!?」


 好きだあああああああああああ!!



 「オマエらーーーー!!ショートカットの女が好きかああああ!?」



 好きだああああああああああああ!!



 「オマエらーーーー!!パンツルックの女が好きかああああ!?」



 好きだあああああああああああああ!!



 それはそうと、決してパンチラしない服装なのに「パンツルック」ってどういうことなんでしょうね?




 昔はショートカットの女のコのことを「ボーイッシュ」なんて言いましたけど、「少年っぽい髪型」ではなくて「記号としての女性らしさを持たない髪形」って認識した方が正確なんじゃないかと思います。ボーイッシュなコが好きなのと、ボーイが好きなのとでは意味が違いますもの!
 ヒンヌーやパンツルックもそうで、自分は「記号としての女性らしさを持たない」「でも女性」ってのが好きなんだろうなと。

 でも「僕っこ」は好きじゃないというのも、自分のストライクゾーンを考える上で興味深い話。




 話をアカデミックな方向に戻します。
 以前にも書いたことですけど、これらのフェティシズム――――中にはメジャーなものもあるからフェチ扱いするのには抵抗があるんですが―――は一種のカウンターカルチャーだと思うんです。これは「ヒンヌーが好き」で「ショートカットのコが好き」で「女性のパンツルックが好き」な自分ですら思いますもの。



 記号として……
 「おっぱいが膨らんでいて」「髪が長くて」「スカートを履いている」方が“女性らしい”という思い込みがあるからこそ、そこに反発するようにフェティシズムが生まれるんだなと思いました。


(関連記事:貧乳が萌えに変わる日


Ray特別編集 流行!おしゃれヘアカタログ500―髪型チェンジで運命も変わる! (主婦の友生活シリーズ)Ray特別編集 流行!おしゃれヘアカタログ500―髪型チェンジで運命も変わる! (主婦の友生活シリーズ)
主婦の友社

主婦の友社 2010-01-22
売り上げランキング : 176334

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 蛇足
 ちょっと話が変わるんですけど……
 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』というアニメ――――言ってしまえばあの作品は「冴えない俺のところに美少女がやってきた」という“落ちもの系の作品”で、その美少女が「子どもの頃に死んでしまった初恋のあのコが成長した姿でやってきた」というところに独自性があるんですけど。


 あのめんまって「成長した姿」にあんまり見えないですよね。
 もちろん頭身その他細かいところは変わっているんですけど、服も髪型もおっぱいの大きさも一緒なのでパッと見だとどちらの姿なのか分からず――――めんまというキャラクターは「身体は成長している」のに「記憶は子どもの頃のまま」だというのが基本的なラインなのだから、もっとハッキリと身体を成長させた姿で描いた方がよかったんじゃないかと思うのです。


 具体的には、おっぱいを大きくしておけよ、と。


 僕はヒンヌー派ですけど、そうした方がめんまというキャラクターは立ったんじゃないかなぁと思うのです。「変わっていないめんま」「変わってしまったあなる」の対比をさせたかったのもあるとは思うんですけど、あなるもあなるであのコンプレックスを描くためには「あなるの方をヒンヌーキャラに」しておいた方が良かったんじゃないかなぁ。


 ヒンヌーのあなるを見てみたかったですしね!!

 とか書いておくと『あの花』観ていない人には「何トチ狂ってんだコイツ」と思われているだろうことこの上なし。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 あなるストラップあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 あなるストラップ

コスパ 2011-08-15
売り上げランキング : 8459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 17:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

牧瀬紅莉栖は貧乳ではないですかね。
まあ、巨乳、貧乳の判断は人それぞれではありますけど、
少なくとも、「牧瀬紅莉栖は貧乳」という認識の方が多数派かと。

| ああああ | 2011/06/26 02:16 | URL |

>ああああさん

10話に、ルカが「(まゆりと牧瀬に比べて)自分は……」→まゆりが「大丈夫!貧乳は正義なんだよ!」と言うシーンがあるので。

少なくとも作中世界では、ルカは貧乳だけど牧瀬氏は貧乳ではないという認識がされていますね。

| やまなしレイ(管理人) | 2011/06/26 11:01 | URL | ≫ EDIT

やまなしさま
 こういうネタは楽しいですね。

>決してパンチラしない服装なのに「パンツルック」ってどういうことなんでしょうね?

「パンツルック」の「パンツ」は、「ズボン」を指しているのではないでしょうか。
「パンチラ」の「パンツ」は「下着」ですけれど。

Wikipedia「パンツ」の項にも色々書いてありますが、そこからリンクで行けるところに面白いネタが転がっております。

| とら | 2011/06/26 15:05 | URL | ≫ EDIT

>胸を大きくすれば女の子に見える説

これを積極的に使っているのが子ども向けマンガだと思います。

少年マンガに出てくる女の子キャラは、巨乳扱いされていない娘でも胸が膨らんでいることが多いです。ジャンプなどもそういった傾向があるのですが、昔でいうところの「コミックボンボン」「コロコロコミック」なんかだと、一層傾向が強かったかなと。小学生だけど胸はすごい膨らんでいて、なおかつ誰も巨乳扱いしない世界です。

少女マンガでも同様の傾向がうかがえるような(知っている作品数が少ないのですが)。読者の対象年齢が上がると逆にすらっとしたモデル体型……たとえば『NANA』などを想像していただければ……になります。ですが、幼女から小学生向けの作品では、女の子の胸が「中学生でこれはすごい!」とゆー感じに盛り上がってることも多いように思います。対象年齢と同世代の主人公の場合はそれほどでなくても、対象年齢より年齢が上の主人公だと胸が大きく描かれるような気がします。

ぱっと見て胸が大きければ、読者もすぐに女の子だと認識できますからね。

| koto | 2011/06/26 19:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1259-9ea9c899

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT