やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「テレビなんて面白くないから観てないわー」「その発言はムジュンしています!」「!?」

 タイムリーなようで、ちっともタイムリーではない話題。

 自分はスポーツとアニメ以外ほとんどテレビを観ない人間なので、「テレビを観ることが普通」だと思っている人から理由を訊かれることがちょくちょくあります。そこで自分が「いやー、テレビって観てても面白くないからさー」と言おうものなら、鬼の首を獲ったかのように「異議あり!」と言われるのです。


 「テレビを観ていない人間が、「テレビは面白くない」と分かるワケがない!
 その発言はムジュンしています!!!」


 「なななななななな、何ぃいいいいいいい!!?」




 自分はこれ、酷い揚げ足取りだと思います。
 行間を読めば分かる話じゃないですか、1から100まで全部説明しなきゃ分からないのかよ。


 「いやー、(昔はテレビを観ていたんだけど)テレビって観てても面白くない(ことに気付いた)から(最近はちっとも観なくなっちゃった。)さー(私と踊りませんか?)」の略なんだよ!それくらいは察してくれよ!そして私と踊ってくれよ!!




 ………さてと。
 自分のことは棚に揚げまして、これと同じようなことはそこら中で言われていることだと思います。

・「アニメなんか面白くないから観ないわー」と言っている人はアニメを観ていない
・「最近のゲームは面白くないからやらないわー」と言っている人は最近のゲームをしていない
・「エロゲーなんてやると強姦したくなるに決まってるわー」と言っている人はエロゲーをしていない
・「女子サッカーなんてレベル低いから観ないわー」と言っている人は女子サッカーを観ていなかった
・「彼女なんか作っても碌なことないわー」と言っている俺には彼女がいない



 「食わず嫌い」をしているのに「知ったかぶって」そんなものに価値がないと言い切る人はいますよね。ドキッ。
 そういう人に「1コも観ていないのに分かったようなことを言うな!」「ちゃんと観てから判断しろよ!」と言いたくなるのは当然ですし、正論だと思います。だから誰か俺と踊ってください。



 しかしね。
 「1コも知らない」ならまだ話は早いんです。「1コも知らないくせに!」と言えますから。


 問題は、ちゃんと「2~3コ手を出してみた」けど、その2~3コがたまたま「酷いもの」だった場合の話です。


 例えば、今現在「深夜アニメ」が毎週何本放送されているのか分かりませんが、仮に30本だった場合―――その内の3本を観て3本とも面白くなかった人は「何だよ、深夜アニメなんて面白くねえじゃん」って思ってしまうものです。たまたまその3本が「ワースト3」の作品だったとしても。

 そういう人に「ちゃんと30本全部観てから文句を言えよ!!」って言っても、逆効果です。
 だって物理的に週30本のアニメを観る時間を取れる人なんていませんし、絶対に不可能な条件を突きつけられた時点で「アニメヲタクって面倒クセえ人達なんだな……」と思われてしまいます。それこそ何十万人もいるアニメヲタクの内の一人がたまたま面倒くさい人だっただけなのに、アニメヲタク全員が面倒くさい人と思われてしまうのです。



 極論に思われるかも知れませんが、こういうことは日常的に起こっています。

 ゲハ的な話題はあまりしたくないんですけど……
 「任天堂のゲームは子どもっぽい」って言われた時に、「いやいやいやそうでないゲームは沢山あるじゃんかよ」と僕らは思いますけど。でも、世間の認知度で任天堂のゲームを上位から並べて『マリオ』『ポケモン』『どうぶつの森』『カービィ』が来ることを考えれば、そう世間に認識されてもおかしくないと思いますよ。


 凶悪犯罪を起こした人が漫画とかゲームとかを趣味にしていた場合、マスコミが「漫画やゲームが犯罪を生んだんだ!」「漫画やゲームを好きな人間は全員犯罪者予備軍なんだ!」と“ただ一つの事例”でバッシングを始めて――――バッシングされた僕らは僕らで、たった一つのバッシングで「マスコミに携わっている人間は全員酷いヤツらだ!」と思ってしまうじゃないですか。




 “全体”を見るには時間が足りない。
 だから“一部”を見て、“全体”を理解した気になってしまう――――


 これはもう仕方がないことだと思うんです。
 僕もされているし、僕もしているんです。


 そういう時に「“全体”を見ろよ!」と言っても逆効果なんです。
 そんな時間は物理的に取れませんから、「なんかウザイこと言ってるヤツいる」で終わってしまうんです。



 ならば……
 例えばテレビを観ない僕がどうしたらテレビを観たくなるかと言うと、「もっとテレビを観なよ!」と言われるよりも「○○って番組は面白いからコレだけは観て!」と言われた時だと思うのです。


 “全体”を見るには時間が足りないから。
 “イイ一部分”を見てもらって、“イイ全体”だと思ってもらう――――





 30本の深夜アニメの中から、「これだけはオススメの1本」を言えれば“深夜アニメ全体”のイメージが変わるのです。もちろんテレビとか深夜アニメに限らず、漫画でも映画でも小説でもエッセイでもゲームでもJPOPでもそう。「オススメの1本」があるかないかで全然違うんです。


 “特定の人”に薦める場合は、「その人が好きそうなもの」を分析する必要があります。

 しかし、例えば「ブログに書く」ケースのように不特定多数の人に向けて「オススメの1本」を選ぶのは難しいですよね。
 色んな人が読んでいるのだからと、色んな人に向けて「オススメの10本!」とかつい書いちゃいます。でも、今まで手を出してこなかった人がいきなり10本は手を出してくれません。1本も手を出してくれません。十兎を追うものは一兎をも得ずです。


 だから、“アベレージの高いもの”って大事なんですよ。
 100人いたら、80人くらいは「面白いね」と言える“アベレージの高さ”は大事なのです。

 100人中1人しか「面白いね」と言えないものももちろん立派なんですけど、そういうものが存在していられるのは“アベレージが高いもの”があるからこそなんです。ということで、こないだの「舌が肥えること」の記事に繋がってくるのですね。





 えっと……何の話から始まっていたんでしたっけ(笑)。



【困った時の三行まとめ】
・「興味がない」と言っている人に「全部見ろ!」と言うのは逆効果
・「これだけはオススメの1本」を教えてあげるのが吉
・そのためには、“アベレージの高いもの”って大事だよね



逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

カプコン 2008-04-17
売り上げランキング : 668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 18:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何を基準にして話をしているのかってことですね~
みんな多くの場合、自分の「普通」を基準にしてるので
この普通を共有できないと話がかみあわないんですよね

 「テレビを観ていない人間が、「テレビは面白くない」と分かるワケがない!
 その発言はムジュンしています!!!」
ってのは確かに揚げ足取りだけど
 「いやー、(昔はテレビを観ていたんだけど)テレビって観てても面白くない(ことに気付いた)から(最近はちっとも観なくなっちゃった。)さー(私と踊りませんか?)」
って言われても
「昔っていつですかー?あとわたしぃー女子高生だけど踊るとか無理ですぅー」
ってなりますよねー
まぁそれが1から1000まで言わないとわかんねーのかよって言われちゃうと
わかりませんすいませんしねば許してくれますかでも生きていたいですブヒヒ

ってことですよ!



| ああああ | 2011/07/26 21:24 | URL |

わかりやすくていい文章ですね。面白かったです。

| 名無しさん | 2011/07/29 02:33 | URL |

「偏見」ってそういうものですよね。
一部を見て、全体を判断してるわけだから、正確なハズはないんだけれど、
全体を見る時間も気力もないから(あるいはリスクが高いから)、一部で判断する。
厄介なことはこの偏見、大概において、おおむね合ってるってことが多いこと。

例えば、呼んでもないのに家に来る奴に碌な奴はいないとか、
信心深い奴は厄介、とか。○○人は××だとか。
純然たる偏見で、一部をみた偏った意見なのに、大体合ってるという…。
リスクや手間を考えたら、全体を見ろ!なんてとても言えないし…。

| ああああ | 2011/07/29 23:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1273-04825053

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT