やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3Dアクションゲームが苦手です

 今年になってからの自分は、『マッドセクタ』『スーパーマリオ64』『斬撃のレギンレイヴ』と3Dアクションゲームを優先してプレイしています。今まであまりやってこなかったジャンルなので、「食わず嫌いは良くないよなー」と意識してそういうゲームを選んできたのですが……


 今プレイ中の『斬撃のレギンレイヴ』に打ちのめされて、ようやく気付きました。


 自分、3Dアクションゲームが苦手だと。

 「苦手」と言っても、「クリア出来ない」とか「3D酔いする」とかじゃないんですよ。
 (いや、『レギンレイヴ』はクリア出来ていないけど……)

 「何が楽しいのか分からない」んです。


 自分はどうも「カメラに映っていない部分を脳内で補完するのが苦手」なようで。
 3Dアクションゲームは2Dアクションゲームと違って、カメラに映っていない部分でも敵やオブジェクトが動いていますから―――自分の認識していない画面外からの攻撃を喰らってゲームオーバーになっても「え?どうして死んだの!?」とワケが分かりませんし、敵の全体像が見えないまま戦っているからクリアと表示されてようやく「あ、敵倒したんだ」と初めて気付くレベルなんです。


 ゲームオーバーになっても理由が分からないから理不尽さしか感じられず、
 クリアになっても理由が分からないから達成感を得られない――――
これが、自分が「3Dアクションゲームの何が楽しいか分からない」理由だったんです。
 カメラが遠めの『マリオギャラクシー』は普通に楽しめましたし。『マッドセクタ』でも楽しい面・楽しくない面があったという感想を書きましたけど、敵が一方方向からのみ攻めて来る面を「楽しい面」と思っていたんですね。これで自分の趣向に説明が付きました。


 『レギンレイヴ』の場合は特にカメラの前に障害物が割り込んで画面が何も見えなくなりますんで、基本ずっと右上のレーダーを見ながら戦っています。なので、時々「これ、トップビューの2Dアクションゲームで出せば良かったんじゃないか」と思ったり、敵は全員赤い点だから開発費が10万分の1くらいで抑えられるんじゃとか考えたりします。




 もちろんコレはただ単に“1つの事例”として、自分の話を書いただけです。
 3Dアクションゲームが大好きな人、問題なく遊べる人、楽しくて仕方ない人も沢山いるのでしょうし、そういう人に向けての商品なのだから―――「俺には楽しめないぞ!けしからん!」と言いたいのではありません。楽しめない理由が分かっただけでも収穫ですし、「楽しめない理由が分かって楽しかった」です。


 ここからが本題。
 こういった3Dアクションゲームは「ゲーマー向けゲーム」と呼ばれることが多いですし、恐らく今日こういう記事を書いたことで「ゲームが下手だからって文句を言ってるヤツがいる」「こういうヤツにゲームを語って欲しくない」「ゲームが嫌いならゲームをやらなければイイのに!」とまた言われるんでしょうけど。



 たかだか“ゲームの一ジャンル”に過ぎない3Dアクションゲームが、どうして「ぼくゲーム代表です」みたいなデカイ顔してるの?

 3Dアクションゲーム以外にもゲームはいっぱいあるし、そうしたゲームを楽しんでいる人は山ほどいるのに、「3Dアクションゲームこそがゲーマー向けゲーム」で「3Dアクションゲームを楽しんでいる人がゲーマー」みたいな風潮はどうなんだって思うのですよ。


 これは単に定義論の域の話だけじゃなくて、ですね。
 3Dアクションゲームに特化したゲーム(ゲーム機)を作って、それがあんまり売れなくて「日本にはもうゲーマーはいなくなったんだ!」「日本ではゲーマー向けゲームは売れないんだ!」とか言っている人いっぱいいますけどさ。いないのはゲーマーじゃなくて3Dアクションゲーマーだし、売れないのは3Dアクションゲーマー向けゲーム(ゲーム機)ですから!

 「ゲーマー」の定義を勝手に狭めてんじゃねえよ!




 これは多分、ずーーーーっと昔からある話。
 RPGが主流だった頃は「RPG好きこそがゲーマー」と言われていましたし、自分より上の世代は多分「シューティング好きこそがゲーマー」と言われていたんじゃないかと思います。その当時から「ゲームは好きだけどシューティングブームにはハマれなかった人」「ゲームは好きだけどRPGは嫌いな人」はいたはずなのに。


 「ゲームは好きだけど3Dアクションゲームは何が楽しいのか分からない人」は沢山いるはずです。

 でも、そういう人達は「ライト層」とか呼ばれちゃって、「ライト層はゲーマー向けゲームを買わないから取り込んだどころで業界のためにならない」とまで言われちゃって。
 違いますから!買わないのは「それが3Dアクションゲームだから」ですし、「3Dアクションゲームは何が面白いか分からない」から買わないんですよ!!面白くもないものをどうして買わなきゃならんのだよ!!



 んで、「食わず嫌いは良くない。実際にプレイしてから文句を言え」と言われ、自分のように実際にプレイした上で「何が面白いか分からない」とボロクソ書くと、「これだからライト層は!」とか言ってくるんだろどうせ!
 便利な言葉だな「ライト層」って!上手くいかない理由は全部「ライト層のせい」と言っとけばイイんだからな!




 誰と戦っているんだろう、このブログは(笑)。

 自分が言いたいのは「“ゲーマー向けゲーム”って言葉を使うのは、もうやめにしません?」ってことです。
 自分は「何百時間もひたすら『Dr.マリオ』をやっている人」も「『ドラクエ』を必ず99レベルまで上げる人」もすげーヘビーゲーマーだと思うんですよ。でも、今「ゲーマー向けゲーム」と定義されることの多い3Dアクションゲームをそういう人が遊べるかっていったら、全然別の能力が必要なわけで。


 「ゲーマー向けゲーム」と書けば余計な説明をしなくてイイから楽ですし、自分だって以前は使っていましたけど。こういうところから色んな歪みが生まれているんじゃないかなぁと思うのですよ。


【新価格版】 ニンテンドー3DS コスモブラック【新価格版】 ニンテンドー3DS コスモブラック

任天堂 2011-08-11
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 余談
 とまぁ……こんなカンジで自分にとっての3Dアクションゲームは、レースゲームやギャルゲーと同じ「自分には楽しめないジャンル」というカテゴリーに今回めでたくなく入りまして。今後はゲームを選ぶ際に優先順位低めでいこうと思うのですが……


 『パルテナ』はどうしようっかなー。

 3DS用ソフト『新・光神話 パルテナの鏡』。桜井さんなら逆に「今まで3Dアクションゲームを楽しめなかった人」に向けてのゲームを作ってくれそうですし、自分が抱えている「3Dアクションゲームは何が楽しいか分からない」悩みも解消してくれるかもって思うのですが。
 そういう淡い期待にすがるくらいだったら、その時間を使ってもっと他のジャンルに手を出した方が建設的だとも思うんですよね。さあどうするかなー。


【新価格版】 ニンテンドー3DS アクアブルー【新価格版】 ニンテンドー3DS アクアブルー

任天堂 2011-08-11
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 05:23 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かに3Dアクションって、「見える範囲は常に一方向で、画面外はちょっと苦労しないと見えない」のは、ゲーム性の大きな一つになっていますね。

「画面外」じゃなくて「視界外」と言い換えて、現実と同じと考えた方がいいかもしれません。
たとえばサッカーをしていると、「ボールはあそこにある、あいつはこれからこう動けば。今は見えていないけど敵はあっちに動くだろう。だから俺はあそこにいく」みたいに考えますよね。
私はそれを考えるのがスポーツの一つの醍醐味で大きな楽しさだと思っていて、3Dアクションもそれと同じだと思っています。
尤も、現実の「あの辺」みたいに感覚でとらえるところは、ミニマップやレーダーで置き換えてシステム化してしまうので、必ずしも同じようにはいかないんですけど。

3Dアクションでも、軍勢と戦う際にはカメラ外の敵は攻撃を制限するように調節しているゲームはあります。「ロックオンしている敵以外は攻撃頻度がさがる」とか、「遠距離攻撃だけはしてこない」とか、「攻撃前に声で合図をしてくれる」とか。
というか、その辺りがまともにチューニングされていないと、3Dアクション好きからしても評価は低いですし、むしろやりたくないです。

逆に、大きな一体の敵や小数の敵と戦うゲームは、「常にその敵を視界に収めるように動く」か、「敵の動きを想像・予測して動く」かするのが醍醐味になってくるので、DEVIL MAY CRYやモンスターハンターなどのように、どちらかというとストイックなチューニングになっている印象です。
それでも画面外からの攻撃には何らかの調整がなされているべきだとは思いますけど。

何にしても、この手の問題は個人の趣味や特性が要求されるので、「好きになれ」とは言えませんけど。
ただ、「何が起こってるか分からないうちにやられる」も「敵の全体像が見えないまま戦って勝っている」のも、トップダウンの2Dアクションでもよくあることですし、3Dアクションを苦手・嫌いな理由をそれとして納得しないでほしいな、とは思います。

| 通りすがり | 2011/08/10 12:00 | URL |

記事とは少し論点がずれますが、私はレギンレイブは3Dアクションゲーというより、なりきりアクションゲーだと思っています。
自分が主人公になりきってバッサバッサ敵を爽快に倒すのを楽しむためのゲームだと思っているのです。
現に私はイージーでしかプレイしていませんしステージも簡単で爽快感を得やすい面ばかり何度もやっていましたw
神となって自由に戦場を駆りながら剣を振り、ハンマーを振り、そしてギシギシ音を立てながら弓を引き絞り、敵に対して無双し悦に浸る。
自分にとってはレギンレイブはこんなゲームですw
クリアはしてないですが大好きなゲームですね

| 名無し | 2011/08/10 14:39 | URL |

斬撃のREGINLEIVは見えない敵の把握のためにレーダーはほぼ見てるもんだから そのやり方は普通だと思います
…ただ 俺の勘違いでなければ完全にレーダーを見て戦ってるような感じに見えるのですが そうだったら結構上手いと思います 俺に敵を見ずに斬るのは無理
それはさておき 合わなくても問題はないんです 特にREGINLEIVなんかはその苦手の要素の塊ですし
ただ 勘違いだったらすいませんが3Dだから悪い所があるんじゃないかと気にしながらやったりはしてませんか?そうだったらそれを忘れてやるべし
そうやったらいい所が見えてくるかもしれない 見えなかったら…仕方ないです 好きでもないゲームは無理してやる意味はないですから
あと「これだからライト層は」ってのは気にしなくていいと思います 気にしてたらそんな人たちと変わらなくなるかもしれませんし そんな人聞いたこともありませんし

| ああああ | 2011/08/10 14:54 | URL |

3Dアクションゲームの広告自身が「俺らゲーム代表どぇーす」なんて言ってるわけじゃなくて、3Dアクションこそコアゲーマーが集まるところと"ユーザーに"認知されてるだけだと思うんですけどね。
FPSはコアゲーマーのやるもの、みたいな。

コアゲーマーの定義も、そもそもゲーマーの定義もないのに、「俺の事ゲーマーじゃないなんて言うなよ」的な反応はどうなんでしょうね?
昔なら、コントラの製作者が「これは俺達がコアゲーマーに向けて放つゲームだ、受け取れ!」とか言ってましたけどw
ぶっちゃけ、「ゲーマー向けゲーム」なんて言葉、ネット以外でほとんど見ないと思いますし、そもそも自然発生的なコンテキストに「そんな言葉使うな」なんて言ったって、無意味この上ないんじゃないかと。

| Shrike | 2011/08/10 19:42 | URL |

3Dアクションゲームといえば
マリオ64があんまり好きじゃなかったんですよね
カメラが微妙、距離感が上手く取れなくてジャンプが気持ちよくないとかの理由で
マリギャラでようやく許容範囲内になりました

カメラ操作をさせる3Dアクションはあんまり好きじゃないです
でもたまに例外があってそれのひとつがレギンレイヴだったりするんですよねw
カメラもいいとは言えないんですけど、体感操作が気持ちよすぎました

パルテナは地上戦でカメラ操作があるみたいなので、どうかなー?
空中戦は罪と罰そのものだけど

| 現実ゲーム | 2011/08/10 20:48 | URL |

「3Dアクションは苦手です」だけで済ませればいいのに
何だか後半の文章でよけいな敵を作ってるような気がする

| 名無し | 2011/08/10 21:29 | URL | ≫ EDIT

結論として、やまなしさんにとってレギンレイヴというゲームを
楽しめてるかそうでないかを書いておくべきだったかなとは思いました。

別に煽りでもなんでもなく、レギンは3Dアクションの中でも相当人を選ぶ方なので、
「レギンは楽しめるけど他の3Dゲー出来ねぇ」って人は普通にいますし、
その逆の人もたくさんいますからね。
自分はレギン大好きなので、やまなしさんも楽しめてればいいとは思うのですが、
周囲の友人達の半々に分かれてるのでこればかりはもう仕方ないかなーとw

というか楽しめないゲームに対して義務のように遊ぶのもどうかと思います。
それこそゲームの代表みたいな言葉に踊らされてる気もしますからw

| ああああ | 2011/08/12 07:04 | URL |

2Dアクションって需要かなりあると思うんですけど何故あまり出ないんでしょうね?
マリオだって2Dの方が倍以上売れてますし
最近だとドラゴンズクラウンも(私が見た)Vitaのソフトの中では一番話題になってたような…

| ああああ | 2011/08/12 13:43 | URL | ≫ EDIT

個人的には、今のゲームって、技術屋の自己満足になってしまっているように思います
最新技術は使わなければ駄目だ、古い技術で満足していては、この世界で生き残ることはできないという風潮

技術者って、別に飯を食う手段はゲームだけではなく、ほかにもあるんだから、
最新技術に対応しておかないと乗り遅れる

いつの間にかユーザーのほうを向いているのではなく、自分の仕事のほうを向いている
いったい、何を作ってるんでしょうかって状態なのかも

| ml3 | 2011/08/14 05:59 | URL |

ユーザがクリエイター視点とか、マネージメントな視点に立って批評しようとしてるのを見るとムカつく
「ここはこうすべき、こう売るべき、こう売れるべき」みたいな
どこがどう面白かった、とかどう気に入らなかったってだけ言えば良いのに

| (´・ω・`) | 2011/08/15 15:19 | URL |

話題が多いので一部にしかコメントしませんが、ところでそんなにゲームをする人をライトユーザーって読んでる人をみたことないし呼び名に拘っても無意味だと思います

| ああああ | 2011/08/30 15:23 | URL |

便利ですよね「苦手」って
「何さりげなく主観的なジャンル批判してんだよ」って言われても
「自分が嫌いなだけですから」って言えばいいんですから

| ああああ | 2014/07/18 02:53 | URL |

すごいよくわかる
ロックマンが好きでモンハンが苦手な理由がまさにこれだ

| あー | 2015/05/24 17:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1280-e9776a83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT