やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漫画業界は「2回売れる」

 現在日本で発売されている漫画単行本のほとんどは、漫画雑誌などの「雑誌連載」で一度掲載されたものを再編して「単行本として出版」されていますよね。名前を聞いただけでファンが自動で付いてくるような大人気の漫画家さんでも「単行本のみ出版」するケースは少ないですよね。


 漫画というコンテンツは、1度作ったものを「2回売る」んです。
 雑誌が1回目、単行本が2回目―――前者は「真っ先に発表される」もので、後者は「ずっと後に残る」ものでという魅力の違いがあって。両方買ってくれる人もいれば、片方だけの人ももちろんいます。重要なのは“収入源”が2つあるということです。


 漫画は、作るのにお金がかかります。
 特に週刊連載なんてことになったらアシスタントは雇わないとなりませんし、アシスタントを雇うためには仕事場が必要ですし、もちろん画材代だってかかります。連載を開始する段階ではまだ単行本は出ていませんし、単行本を出したとしても1冊も売れないかも知れない―――ということで、「雑誌連載」による原稿料というのは漫画家にとって大事な収入源なんですよね。

 雑誌というのは、言ってしまえば“先輩達が築き上げた土俵”。
 まずはそこに乗っかるところから始まるんです。

 もちろんそれだけで全てが賄えるワケではありませんが、そうして「雑誌連載」を続けることで「単行本の出版」までこぎつければそこで2回目の収入源になるという。収入源を2つ持つことで参入のリスクを極力減らし、ハイリターンの可能性も維持出来る仕組み……とは言っても、その「雑誌連載」の枠を勝ち取るのがスーパー大変なワケですけど(笑)。



 もちろんコレは漫画家視点だけでなく、出版社からしても「比較的安定している雑誌」(特にかつては広告費が大きかった)と「売れるか売れないか分からない単行本」の2つの収入源があることでリスクを最小限に出来ているんでしょう。
 現在は雑誌の広告費が落ち込んで厳しくなっているので、「出来ていた」と表現するべきかも知れませんが。





 この話……こんなタイトルにはしましたけど、漫画業界だけに限った話でもないですよね。

 活字業界でも「雑誌連載」したものを「単行本にまとめて出版する」ことはよくあります。
 ただ……漫画に比べて先行投資が安く済むためか、「単行本書き下ろし」の小説やエッセイも多いですよね。そういや雑誌不況で「雑誌連載」の枠がどんどん減って、書き下ろしの新書を大量に出すことで利益を出そうと出版社は必死―――みたいな話を数年前に聞いたことがあったっけ。

 収入源を1回にすることで、ハイリスクハイリターンなビジネスになってしまっているような。


 映画は分かりやすく「2回売れる」メディアですよね。
 1度目は映画館でお金を払って観てもらって、2度目はDVDやブルーレイを買ってもらって―――というビジネスモデルです。そう言えば以前「ジブリがもうテレビアニメを作らないのは、規模が大きくなりすぎたので映画館での収入なしではやっていけなくなったから」というツイートを読んだのだけど、ジブリがそうかの真実はともかく、映画業界全体にそういうことは言えるんだろうなぁって思います。


 テレビはちょっと変則的。
 ドラマはもちろん最近はバラエティ番組でも「DVD化」という2度目の収入源ありきで作られている番組もありますよね。1度目は「無料のテレビ放送」なんだから収入源にならないじゃないかよって思うかも知れませんが、民放の場合、CMを見てもらって、それが視聴率として残って、その数字を元に番組やテレビ局にスポンサーが付いて、収入になって―――ということで、変則的には1度目はテレビ放送なのです。

 スポットCMの仕組みなんかは漫画雑誌に似ているかもですね。
 作品単体よりも、「雑誌全体」とか「テレビ局全体」の実績が収入となる―――という意味で。




 ゲームは逆に「1回しか売れない」メディアですよね。
 廉価版を出したり、完全版を出したり、移植版を出したり、リメイク版を出したりということはありますが、収入源は「ゲームソフトを作って売る」ことしかありません。漫画で言えば「雑誌連載」の収入源はなく、「描き下ろしの単行本のみ」を売って、後から廉価版や完全版を出していると説明すればイメージしやすいでしょうか……
 あれだけ開発費がかかっていて、この綱渡りのビジネスモデル。こりゃー大変だわーと、他の業界と比較すると思ってしまいますね。

 だからみんな!なるべくゲームソフトは新品で買いましょうよ!
 「なるべく」としか書けない辺りがチキン・ザ・俺!


 ゲーム会社からすれば、「デベロッパーとして開発だけする」のは雑誌連載に近くて、「パブリッシャーとして販売もする」のは単行本発売に近いのかしら。前者は安定した収入源で、後者は「ヒットすればリターンはデカイ」という。

 いやまぁ、どちらにしろ博打性は高いので……
 ソーシャルゲームや有料DLCに進みたがるのも無理はないんですよね。


借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]

スタジオジブリ 2011-06-17
売り上げランキング : 485

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 05:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

映画に関しては昔は興行収入だけでペイをするモデルだったのが
現在では、ビデオソフトの収入込みでペイするモデルにかわってきた、というところがあります。

アニメのようにビデオソフト込みでペイするモデルと奇しくも近くなったのかもしれません。
結果アニメ番組が主要スポンサーであったおもちゃ会社からの収入で賄っていたころと比べると、その分作画などのクオリティチェックが厳しくなりました。
しかし、内容的には冒険が少ないというかソフトまで含めて安定して買ってくれるマニアに
うけるような作品しか作れなくなったきらいはあります。
だから原作つきが多い
連載、コミックス化、アニメ化、ビデオソフト化と、4回同じ話をファンはみているのですね。
まあ、玩具スポンサー頼みの作品も30分の玩具CMと揶揄されますが。

あと映画の場合、テレビ番組との連動(出演者がゲストとしてトーク、ゲームするなど)もありますね。
公開直前、直後でイベントを起こし、上映、その後ソフト化という収穫までのモデルが
確立されている気がします。
こちらもソフトが売れることを前提に知名度の高める努力が必要で、ヒットした原作、TVドラマの映画化、がメインなんでしょうね。

ゲームもリメイク商法とか考えると、全く同じソースでないだけで、同じパーツを何度も繰り返して使うモデルにはなっていると思います。
完全版商法、限定版商法、HDリメイク、同じエンジンを使ってキャラだけ違うソフト(無双シリーズとか)、

新しい物語、原作を作り、それを普及させるのは結構手間なので
同じパーツをを流用して、同じ内容、似たような内容のものを何度も、複数買わせる商売という
あまりお行儀のよいやり方とは言えないものは十分横行してるのではないでしょうか。

パチンコ、ソーシャルゲームですら、新たな原作をヒットさせることはばくちなので
どこかで作られた原作、キャラを使った商売になっているという気はします。

ようするに新しく原作を作り、ヒットさせるだけの力を持っている人たちが少ない、
あるいは新原作を作るというばくちを打つ人が減ってしまったというのが
現在のビジネスモデルの特徴なのかも

| 名無しさん@ニュース2ちゃん | 2011/08/23 17:04 | URL | ≫ EDIT

日本は不況が長引いてるせいもありますが、業界全体が安全パイしか狙わなくなっているというのは同感です。
マスメディアによる過剰な煽りによるブーム乱立やAKB、バンナムに代表されるオタ向け商法も文化の衰退を助長しているでしょうし。
そもそも、日本の映画業界などは制作会社が力を持ちすぎているのが最大の問題じゃないでしょうか。
それを考えると(贔屓目な意見ではありますが)、スクエア・エニックスはFFや(既にシステムの確立している)格ゲーのディシディアなどで新システムを開発しているところがアグレッシブだなぁ、と思わされます。もちろん、いずれも「FF」というブランドあっての企画ですけど。

| レト | 2011/09/01 21:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1284-32ef98ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT