やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

立体視だけが新機能じゃない!『ニンテンドー3DS内蔵ソフト』紹介

ニンテンドー3DS内蔵ソフト
 ニンテンドー3DS用
 任天堂
 2011.2.26発売
 本体内蔵ソフト
 セーブデータ数:1
 公式サイト(ニンテンドー3DSカメラ)
 公式サイト(ニンテンドー3DSサウンド)
 公式サイト(すれちがいMii広場)
 公式サイト(ARゲームズ)
 公式サイト(顔シューティング)
 公式サイト(思い出きろく帳)

ニンテンドー3DS アクアブルーニンテンドー3DS アクアブルー

任天堂 2011-02-26
売り上げランキング : 71

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※ これらのソフトはニンテンドー3DSの立体視機能に対応していますが、自分は視力の問題で立体視が出来ません。なので、この紹介記事内では立体視機能については言及しないことを御了承ください。

 ニンテンドー3DSと言えば、その名称に“3D”という文字が入っているように「裸眼立体視」機能ばかりが注目されているように思えます。もちろんそれが悪いことではないのですが、自分のように「立体視が出来ない人」や、「立体視なんてすぐに飽きるよと思っている人」「立体視で面白くなるようなジャンルのゲームが元々好きじゃない人」も沢山いることでしょう。そうした人は「裸眼立体視が出来る新しいゲーム機!」は魅力を感じられないのです。


 しかし、3DSの新機能は立体視だけではありません。
 「ジャイロセンサー」「AR」「すれちがい通信」……DS時代はDSiに搭載されたけど、標準搭載ではなかったために対応ソフトが少なかった「カメラ」「SDカードスロット」等。

 3DS本体にはこうした新機能を活かした内蔵ソフトが予め入っています。
 Wiiの時には本体と同時に発売された『Wii Sports』や『はじめてのWii』のような“新ハードの特徴を活かしたソフト”を、今回は最初から本体に内蔵したんですね。

・『ニンテンドー3DSカメラ』
・『ニンテンドー3DSサウンド』
・『すれちがいMii広場』
・『ARゲームズ』
・『顔シューティング』
・『思い出きろく帳』

 本日紹介するのはこの6本です。
 3DS本体を買っていない人はもちろん、3DS本体を買った人の中にも「ARゲームって何すか?」と言っている人がいるように、これらのソフトはあまり認知されていないようです。これらのソフトだってすげー面白いのに!


 ちなみにこの6本のソフトは最初から3DS本体に内蔵されているので、インターネットへの接続とかは必要ありません。「ゲーム機をネットに繋ぐとかよく分からないし……」という人でも遊べますんで、ご安心を。


↓ 以下、感想はクリックで。




○ 着実な進化、『ニンテンドー3DSカメラ』紹介
 使用している新機能:カメラ、SDカードスロット
 連動している他のソフト:たくさん

 文字通り「カメラ」機能。
 外カメラを使えば「立体写真」が撮影でき、「合体カメラ」や「ピンホールカメラ」などの新しい機能や、セルフタイマーにも対応しています。ただし、解像度は低いです。撮った写真を縮小することなくブログに貼り付けられるほどに。むしろ便利とも言えます(笑)。

 自分は立体視が出来ないので最初は「えー、こんなものか」と思いました。
 DSiカメラにあった「シールを貼って写真を整理」という機能がなくなっているし、Wiiの『写真チャンネル』にあった「SDカード内の音楽をスライドショーのBGMに出来る」という機能もなくなっているし、目に見えて劣化しているなーと最初は思ってしまいました(シール機能はその通りだったんですが、スライドショーに関しては誤解だったので後述します)。


 しかし、使ってみると……段々と「あれ?意外と使いやすくなっているなぁ」と実感してくるのです。
 まず、3DSはソフトの起動中にホームボタンを押すと「一時中断」の形でホームメニューが表示されるのですが、この状態でLRボタンを押すとカメラが起動するようになりました。つまり、他のソフトを遊んでいる時でも、そのソフトを終了させることなく写真が撮れるようになったのです。

 また、「写真を見る」画面も、DSiカメラのような横一列の並びではなく、Wiiの『写真チャンネル』のように列の数を自由に変更して閲覧できるようになったのも非常に便利です。

 あと、これはデジカメの設定にも依るかもですが……DSiの時は「DSiで撮った写真」しか見ることが出来なかったのですが、今回の3DSカメラは「デジカメで撮った写真」もどうやら見ることが出来るみたいです。どうも一度PCに移してPCからコピーした写真は見られないみたいなんですが……この辺は設定にも依るのかも。
 他のソフトとの連動もされていて、内蔵ソフトの中にも「スクリーンショットが撮れる」機能が付いていますし、『インターネットブラウザ』で拾ってきた画像を見ることが出来ます。MPOファイルの場合は立体で見られるそうな。



 スクリーンショットが撮れることで化けるタイプのソフトは沢山ありますし、このソフトが標準搭載されていることが後々に活きてくるんじゃないかって思っています。Wiiの『どうぶつの森』が出た時に、スクリーンショット機能で『写真チャンネル』が注目されたように。


 ちなみに、DSiウェアの『絵心教室』のように「DSiカメラ内の写真」を使用できるDSiウェアを3DSで遊ぶ際には、写真はSDカード内ではなく3DS本体に保存しておく必要があるみたいです。




○ 格段に使いやすくなった『ニンテンドー3DSサウンド』紹介
 使用している新機能:SDカードスロット、すれちがい通信
 連動している他のソフト:『3DSカメラ』

 SDカード内に入っている音楽ファイルを再生する機能です。
 イヤホンを挿してフタを閉じればiPodのような音楽プレーヤーになりますし、フタを開ければスピーカーから音を出すことが出来ます。音楽プレーヤーを持っている人には「今更?」な機能かも知れませんが、自分はそういう機器には疎いんで3DSで初めて「こんなに便利なのか!」と驚きました。


 DSiの時にもサウンド機能はあったのですが、目に見えて進化したのは2点です。
 まずMP3ファイル対応になったこと。DSiの時にはAACファイルにしか対応していなくて……手持ちのCDをPCに取り込んだり、ポッドキャストをダウンロードしたりすると、それらのファイルはMP3ファイルなことが多いので。DSiの時はイチイチ変換作業が必要で面倒くさかったんですよ。3DSになってそれがなくなった。

 もう一つには「前回の続きから聴く」という機能が付いたこと。
 ポッドキャストには平気で1時間前後のファイルもありますんで、1度に聴くのは至難の業でした。しかし3DSだと一旦中断して電源を切ったとしても、またそこから再生してくれるという機能が付いたんで、長時間のファイルでも複数回に分けて聴けるようになりました。超便利!


 この他にも細かいところで、「UIが改善されている」とか「お気に入りのフォルダを自分で作れるようになった」とか「よく聴く10曲を教えてくれる」とか、DSiの頃と比べてバージョンアップされているところが沢山あります。上画面のビジュアライザーで、『3DSカメラ』の写真がスライドショーとして表示されるのも素晴らしい!


 「すれちがい通信」機能は……あまり期待しない方がイイかなと思います。
 このソフトを活用している人があまり多くないっぽいところに、「大量の人とすれちがわないと何も起こらない」仕様みたいで、非常に残念なことになっています。まぁ、オマケ程度として考えておけばいいかなと。



 せっかくSDカードスロットが標準搭載されているのだから、「SDカード内の音楽を使えるゲーム」とか今後は出ないかなぁと期待しています。BGMとして使えるのでもイイですし、その音を使って何かが起こるでもイイですから。


 ちなみに、DSiウェアの『睡眠記録』のように「DSiサウンド内の音声」を使用できるDSiウェアを3DSで遊ぶ際には、音声はSDカード内ではなく本体に保存しておく必要があるみたいです。「マイクで録音して遊ぶ」の一番左の黒い枠ですね。要注意。




○ しっかりと“新しいゲーム”、『すれちがいMii広場』紹介
 使用している新機能:すれちがい通信
 連動している他のソフト:『思い出きろく帳』

 3DSの目玉機能の一つがこの「すれちがい通信」です。
 3DS本体の電源を切らなければ、他のゲームを遊んでいる時でも、フタを閉じている時でも、「すれちがい待機」状態となり。設定している12コまでのソフトで「すれちがい通信」をすることが出来るというのが3DSの特徴です。その楽しさを伝えるため、3DSには最初から「すれちがい通信」に特化した『すれちがいMii広場』が内蔵されているのです。

 このゲームで交換するのは「Mii」。
 設定したMiiと「簡単なプロフィール」、「その人が最後に遊んだゲーム」が記録されます。

 それだけだったら単に広場に大量のMiiが並ぶだけで大した面白みもないのですが、これらのMiiを2つの遊び―――「すれちがった人からピースをもらって絵を完成させる“ピースあつめの旅”」と、「すれちがった人を勇者にして敵を倒してもらう“すれちがい伝説”」に使え、すれちがいをすることがゲーム攻略の手段であり目的になっているんです。



 「すれちがい通信」をするためにはどうすればイイか?何時ごろに何処に行けばどういう層の人間が多いか―――
 そうしたことを考えて行動するのは、まさに普段僕らがやっている「ゲーム攻略」と一緒なんですよね。ボタンもスティックも禄に使わない全く新しい型のゲームなんですけど、必死に考えて攻略していると「懐かしいゲーム」という印象も受けるんです。攻略本とか攻略サイトとかがなかった頃のゲーム感覚に近いというか。

 ちなみに……「すれちがい通信」が出来ないような場所に住んでいる人のために、“ピースあつめの旅”や“すれちがい伝説”は、3DSを持ち歩いた歩数によってもらえるゲームコインで代替することも出来ます。詳しくは『思い出きろく帳』の項で。




○ 「凄い」のは分かる。『ARゲームズ』紹介
 使用している新機能:カメラ、AR
 連動している他のソフト:『3DSカメラ』『思い出きろく帳』

 ARというのは「拡張現実」の略。
 僕らのいる“現実世界”と、ゲーム機の中にしかない“ゲーム内世界”が融合して遊べるというイメージです。そうしたゲームが幾つも入っているので『ARゲームズ』というタイトルなんですね。


 この『ARゲームズ』では、3DS本体同梱のARカードを使用します。
 ゲームは沢山入っているんですけど……大雑把に言うと、「マトあて」「タマつき」「つり」のように“現実世界”をフィールドにして遊ぶ攻略系のゲームと、「キャラさつえい」「Miiさつえい」「らくがき」のように“現実世界”をキャンパスにして遊ぶ創作系のゲームに分類されると思います。また、DSを持ち歩いた歩数によってもらえるゲームコインで追加モードを入手することも可能。


 攻略系のゲームに関しては、最初に遊んだ時は「おー!すげー」と思えるのですが……これを3DSの目玉機能と呼ぶには辛いなぁというのが正直な気持ちでした。3DSを持って動かしながらプレイするゲームなんですが、ARカードがカメラから外れるとそれだけでゲームが途切れてしまうので大きな動きが出来ないのです。
 なので、終始「動きすぎないように」気を付けて遊ばなくちゃならないから全然楽しい気持ちになれません。

 コレじゃ家族や友人に「ちょっと遊んでみない?」と薦められません。
 『脳トレ』や『写真チャンネル』のディレクターで、『フォトファイター』のコンセプトを立てた河本さんの新作ということで物凄く期待していたのですが……それらのソフトのような「周りを巻き込んでみんなで笑顔になれる魅力」は今回はなかったなぁと思います。




 その反面、創作系のゲームには大きな可能性を感じました。
 例えば『3DSカメラ』のラクガキ機能と組み合わせてこんなことが出来るのです。


1コマ目


2コマ目


3コマ目


4コマ目




 超簡易『コミPo!』になるという。
 ※ セリフの文字はパソコンで入れました

 絵を描かない人だと「え?Miiを使うだけなら別にARカード必要ないんじゃない?」と思う人がいるかも知れませんが、ARカードはパースの役目を担っているんです。これがあるおかげでMiiがちゃんと地面を認識出来るんです。



 分かりやすく例を説明すると……



迫力のある構図

 こういう配置にMiiを置いて写真を撮影しました。
 しかし、この時立ち上がってカメラ(3DS)を上から撮るだけで……



迫力のない構図

 簡単に俯瞰のアングルになるんです。




 もういっちょ例。


この後ろ姿は誰だー?

 こういう配置でMiiを置いて撮影したのですが……グルッと回り込んで後ろから撮影するだけで。



残念!田井中ちゃんでした!

 逆からのアングルになるという。
 こういうことが簡単に出来るのも、ARカードのおかげなんですよ。



 もちろんこの『ARゲームズ』だけで「俺は漫画家になるぞー!ジョジョーッ!」と意気込むには、表情やポーズの種類は少ないし、Miiの着せ替え機能は欲しいし、背景も用意してくれなきゃフンイキ出ないし……というところなんですが。
 「ARってこんなことが出来るんだ」というデモンストレーションにはなっていると思いますし、今後しっかりと作りこんだ「3DSのAR機能を使いこなしたソフト」が出た時に見たこともないような新しいゲームになるんじゃないかと期待しています。




○ 動かないはずのものが動く衝撃『顔シューティング』紹介
 使用している新機能:カメラ、ジャイロセンサー
 連動している他のソフト:『3DSカメラ』

 まず最初に、「3DSを買ったのにこのゲームを遊んでいなかったら勿体ないですよ」と言っておきます。
 このゲームを分かりやすく説明すると、“『フォトファイターX』の顔版”と言ったところ。『フォトファイターX』を知らない人には公式サイトか、かつてウチで書いた紹介記事をどうぞ。


 『フォトファイターX』は大傑作だと思うのですが、1人のファイターを作るのに「13枚の写真」と「10種類のキャラクターボイス」が必要なために非常にハードルの高いゲームとなっていました。その点、この『顔シューティング』で必要なのは写真1枚。正面からの顔写真が1枚あればそれだけで十分なのです。1枚の写真が、勝手に笑ったり怒ったりという表情に動いて襲ってくるのです。

 立体写真で撮らなければいけないのかな?と思うかも知れませんが、このゲームは「平面の写真」を「立体のキャラ」に組み替えてしまうので、雑誌やインターネット上の画像でも十分なのです。アニメのキャラ、漫画のキャラ、アイドルちゃんにスポーツ選手、マスコットキャラ、自分の描いたオリジナルキャラなどなど………本来表情が動かない被写体ほど、それが勝手に動くことが衝撃的なのです。


 一応ゲームとしては「家族や友人の写真を集めよう!」と謳っているのでしょうが、撮った瞬間にゲームが始まってしまってクリアするまでコレクションできないので―――みんなでワイワイ遊ぶよりかは、一人で黙々と遊んだ方がイイんじゃないかなと思います。とりあえず一例を―――



 改造人間

 仮●ライダー。
 ※ 著作権に配慮して、画像に一部加工をしています




 学問を薦めた人

 福●諭吉。
 ※ 肖像権に配慮して、画像に一部加工をしています




 正面顔しかなかった人

 へのへ●もへじ。
 ※ 著作権に配慮して、画像に一部加工をしています



 『3DSカメラ』で撮った写真から顔を判別して持ってきてくれたり、撮った写真を後から位置修整できたり、一人用のモードならば新しい顔を撮らずとも今までの顔で遊べたり――――
細かいところまで気を配って作ってあるところも「手抜きのないゲーム」という印象を受けます。
 シューティングゲームとしては大味ではあるんだけど、モンタージュになったりヒゲメガネになったり「撮った顔で遊ぶ」ことを作り手側が何より楽しんでいることが分かります。




○ 3DSを持ち歩きたくなる仕掛け、『思い出きろく帳』紹介
 使用している新機能:加速度センサー
 連動している他のソフト:『すれちがいMii広場』『ARゲームズ』等々

 3DSの目玉機能に「すれちがい通信」があると書きましたが、「すれちがい通信」をしてもらうためには3DSをスリープモードの状態にして持ち歩いてもらわなければなりません。DSの時代には「DSは家でしか遊びません」という人が多数いたので、そういう人でも3DSを外で持ち歩いてもらうためには―――ということで、3DSには歩数計の機能がデフォルトで付いているんです。

 3DSをスリープ状態で持ち歩いた歩数を加速度センサーで計り、自動でグラフ化してくれて、時間ごとに記録してくれる――――DSの頃には歩数計だけの別ゲームを発売していたのに、3DSにはデフォルトで付いてきているんですよ!
 んで、この歩数が100歩を越えるごとにゲームコインがもらえて、これが様々なゲームで使えるようになっています。『ARゲームズ』だったら追加機能を買ったり、『すれちがいMii広場』だったら勇者を雇えたり。


 「すれちがい通信」以外にも、3DSを持ち歩くことでこんなに嬉しいことがあるよ!と用意されているのが良いですね。

 それと、もう一つ。
 3DSではWiiと同じように「今まで遊んだゲームのプレイ時間・回数」が記録され、この『思い出きろく帳』で見られるようになりました。Wiiと違ってSDカードという大容量保存領域が使えるからか、「9月3日のプレイ時間が長かったランキング」や「8月のプレイ時間が長かったランキング」といったように細かく記録されるようになりました。

 自分はこういうデータを眺めるのが大好きなんで、大画面のDSiLLがあるのにDSソフトやDSiウェアをわざわざ3DSでプレイしているほどです(笑)。






○ 総評
 DSの『脳トレ』やWiiの『Wii Sports』のような、「1台買って家族全員が楽しめる」とか「遊んでいる周りの人も楽しい」といった要素は弱めです。『すれちがいMii広場』も『ARゲームズ』も『顔シューティング』も、みんなで遊ぶよりも一人で遊んで楽しいゲームだと思います。

 反面「個人専用のゲーム機」として考えると、一つ一つの内蔵ソフトが連動し合っていてちゃんと「3DSを持ち歩きたくなる仕掛け」が出来ているなぁと感心します。『すれちがいMii広場』目当てで『3DSサウンド』を聴きながら出かけたら、友達に会って『3DSカメラ』で記念写真を撮ったら『顔シューティング』にキャラとして登場して、そうした間ずっと歩数が『思い出きろく帳』にカウントされて『ARゲームズ』にコインが使える―――といったカンジ。

 今回「3DSの新機能」とはちょっと違ったんで紹介しませんでしたが、Wiiの時より進化した『Miiスタジオ』や、何気に便利な『ゲームメモ』なんかもありますし。3DSをインターネットに繋げれば、こちらも3DSの新機能「いつのまに通信」を使った『ポケモン立体図鑑BW』『いつの間にテレビ』『ニンテンドービデオ』を無料ダウンロード出来ます。



 ものすごくよく作りこんだゲーム機だと思いますよ。
 WiiやDSiの時に感じた不満点をしっかりと解消して仕立ててある――――その結果として、「色々入りすぎていてよく分からない……」と、これらのソフトがあまり知られていないということなんですが。皮肉な話です。



 まぁ、そういうことで「とりあえず顔シューティングだけでも遊ぼうぜ!」と声を大にして書いておきます。


ニンテンドー3DS フレアレッドニンテンドー3DS フレアレッド

任天堂 2011-07-14
売り上げランキング : 27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム紹介 | 03:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カメラに関しては着実に進化していますよね。
小中学生といったメイン購買層が持つレベルとしては値段的にも性能的にも破格のものだと思います。 それこそ小さい頃に持ってたら毎日外に持って行っていただろうなーと思うくらい(苦笑)
サウンドはipodがあるので残念ながら使っていないのですけれど、これも大分便利になってますねぇ。 昔旧DSのアドバンス用ソフトスロットに差し込んで使う、DSで音楽を再生するための周辺機器があったんですが…これと比べると雲泥の差がw


「持ち歩く」ための工夫が凝らされている所には本当に好感が持てます。
中でも万歩計機能や思い出記録帳は秀逸だと思います。
個人的にはゲームコインを300枚以上貯めれるようにして欲しいとか、本体更新の際にすれ違い広場の要素も増やして欲しいとか(ピース集めの旅のピースの種類を増やす、すれ違い伝説で取れる帽子の種類を増やす等)色々改善点はあると思うのですけど…最近ソフトも増えてきたし、今のところゲーム機としては概ね満足出来る性能ですね。

| じぇふ茶 | 2011/09/04 21:07 | URL |

3Dカメラ
>ホームメニューが表示されるのですが、この状態でLRボタンを押すとカメラが起動するようになりました。
これは逆に、ホームメニューで適当に3DSを保持していると、3Dカメラの起動が暴発するって問題にもなっていますね。LRは押しやすいですけど、押しやすすぎて面倒なことになっているという。

3Dサウンド
>「すれちがい通信」機能は……あまり期待しない方がイイかなと思います。
本当に全然いないですよね。すれ違い広場の人数はもう200人以上なのに、3Dサウンドは10人ちょっとです。
SDカードにデータを移すというハードルが高いからでしょうか。私はカードリーダーを買うまで使えませんでしたけど、3DSからSDカードを抜こうとする人って多分少ないですよね。みんなipodとか持ってそうですし。

すれちがいMii広場
できることが多くて楽しかったですが、ピースも伝説も終わっちゃうとあとは人が集まっていくだけで残念ですね。PS2の「トロといっぱい」みたいに、集まった人で勝手にコミュニティーが作られるとかあればよかったんですけど。

ARゲームズ
その使い方は思いつかなかったw
AR関係は、自分でカメラを動かすので、立体視できなくても3Dを感じられていいですよね。目が疲れちゃってほとんど立体視をオフにしているせいか、これと顔シューティングは結構お気に入りです。

すみません、長くなってしまいました・・・
でも立体視できないから買わないのかなと思っていたやまなしさんも、3DSを気に入ったみたいで嬉しかったのでw

| 通りすがり | 2011/09/05 11:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1290-1a7a9d56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT