やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「いっけない~!遅刻遅刻~!」テンプレの秀逸さを学ぼう

 ぶっちゃけマジメにやっているのは見たことがないし、元ネタが何かも分からないのですが。
 「ベタな少女マンガのオープニング」として、パロディとかでよく使われる一連の流れがあるじゃないですか。




 いっけなーい!遅刻遅刻ー!
1.うっかり遅刻しそうになった少女が、急いで学校に向かう。
 パンをくわえたまま走り出すというケースが多い。



 ドーン
2.曲がり角で見知らぬ男子と衝突!
 勢いあまってケンカになってしまうが、遅刻しそうなことを思い出して捨て台詞を残して去る。



 あーーー!今朝のーーー!
3.「あー、間に合って良かった」とほっとしていると、先生から転校生の紹介が始まる。
 少女「えー!今朝ぶつかった男子が転校生だってー!?」
 男子「お、お前は今朝の女……!」
 先生「何だ、お前達知り合いなのか。じゃあ男子くんは少女の隣の席で色々と教えてもらいなさい」
 少女「うわー、最悪だー」





 実際に大マジメにやっている作品は見たことはないんですけど。
 「ベタなシチュエーション」として、1番だけとか、3番だけとか、部分的に使われているのはよく見ます。実はこのテンプレ、物語のオープニングとしてものすごくよく出来ているんですよね。 





 いっけなーい!遅刻遅刻ー!
1.遅刻しそうになっている少女。
 この時点で少女のキャラクター(ドジっこ、せわしない、落ち着きがない、等)を描くとともに、「走って学校に向かう」ことで物語に躍動感を生んでいます。
 時間通りに起きて、時間通りに落ち着いて家を出て、ちゃんと定められた時間に学校に着く、というちゃんとした主人公ではないことで―――「これから先もこのキャラには色んなことが起こりそう」と読者をワクワクさせてくれるのです。

 また「家」というプライベートな空間から、「学校」という公的な空間への切替を描くことで、主人公の日常を見せることが出来ます。
 “1番だけを部分的に使っている作品”で言えば、『けいおん!』アニメ1期の第1話や、『魔法少女まどか☆マギカ』の第1話でも似たようなシーンがあるのですが……どちらの場合も、朝を描くことで主人公の家庭環境を見せていましたよね。




 ドーン
2.男側メインキャラの登場シーン。
 その辺をただ歩いているだけの登場シーンならば、読者にとっても少女にとっても印象に残りません。事件とともに登場することで記憶に残りますし、「この人は特別な人なんだ」と思わせることが出来るのです。

 キャラクターの描き方としても、最初に最悪な状態を見せておくというのも一つの手です。「不良が犬を助けているとギャップが生まれる」みたいな話で、最初にケンカしている姿を見せて「イヤな男だな…」と読者にも少女にも思わせておいた方が、後々の展開で「あれ……でも、コイツ悪いヤツじゃないかも……」と思わせることが出来ますよね。

 セオリーとしては、この時点で「少女の感情」と「読者の感情」をイコールに繋げておく手法がよく使われますが。逆に、ここで少女側に突飛な行動を取らせて読者に「少女もキャラクターの一人」と思わせる手もありますね。
 いずれにせよ、ここまで読んだ時点で「この作品ならではの独自性」が見えてくると思います。




 あーーー!今朝のーーー!
3.新たな日常の開始。
 1番が「日常」、2番が「非日常」ならば、3番から「新しい日常」が始まります。

 転校生というシチュエーション自体が、「昨日とは違う日常が今日から始まる」象徴のようなものですし。1番の段階で「日常」の様子を、2番の段階で「非日常」の様子を描けていればいるほど、転校生の存在による変化が楽しめるようになるのです。

 そう言えば、『ギルティクラウン』の1話・2話・3話はまさにそんなカンジでしたね。
 1話(終盤まで)が「何も出来ない日常の回」、2話が「何かを成し遂げてしまった非日常の回」、3話が「それによって始まる新しい日常の回」。


 大多数の読者は「日常」の中に生きています。
 そんな読者に「非日常」を体感させてあげられるのがフィクションの世界なのだから、読者のみんなが生きているような「日常」から始まって地続きに「非日常」へと展開させていく、というのが一つのセオリーになります(もちろん、読者に感情移入を敢えてさせないというセオリーの“裏”もあるんですけど)。



 この1番・2番・3番が「序破急」と違うのは、ここで完結するのではなく、「4番以降を楽しみだと思わせられるか」に本当のポイントがあって―――ここ自体を楽しませることだけでなくて、「これから先も楽しみだ!」と読者に思わせられるかが勝負なんですよね。
 そういう視点で考えると、「いっけない~!遅刻遅刻~!」の一連の流れは凄くよく出来ているんです。実際に今マジメにやろうとすると「今更こんなことマジメにやるの…?」と思われてしまうだけなんでしょうけど。ベタなものには「ベタになるだけの理由がある」と、見直してみるのも面白いんじゃないかと思うのです。


コミックペン No2 ベタ塗り用コミックペン No2 ベタ塗り用

ホルベイン画材
売り上げランキング : 52921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 17:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

銀河英雄伝説の台詞ですね
「有用だからこそ多用される
他用されるから陳腐にも見える」

| ああああ | 2011/11/19 18:50 | URL |

もはや多用されすぎててベタな少女マンガのOP
って言われてもこれって元ネタ少女マンガなんだ、へぇーと思った

思ったら別に元ネタはわからないとも書いてあった件

| 名無しさん@ニュース2ちゃん | 2011/11/19 20:12 | URL |

人はその手堅く気持ち良い手法を「王道」と呼ぶんでしょうね

で、面白いのにあんま売れないマンガやゲームってのは
意外性はあるけどカタルシスや達成感や気持ち良さは大して味わえず
一度中身知ったらもう読む価値が無いみたいな
例えばなんだろ、ギャグマンガとかデスクリムげほっげほっ

| ああああ | 2011/11/20 01:27 | URL |

「じゃあ具体的にどの漫画がやったの?」と言われると、急に例が出なくなるネタですよね
どっちかってーと、ただのあるあるネタなんじゃ
星一徹のちゃぶ台返しみたいな

|   | 2011/11/22 17:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1321-05286dad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT