やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“初心者向け”とは言えず。『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』紹介

『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』
 ニンテンドーDS用/ペンアクションアドベンチャー
 任天堂
 2007.6.23発売
 4800円
 セーブデータ数:2
 公式サイト

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 1062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ゼルダの伝説』シリーズは、元来「たくさんのボタンを駆使するゲーム」でした。
 ファミコン時代の初代は、十字ボタンとABボタンにスタートボタンでアイテムを切替え、たまに2コンのマイクを使って(笑)。スーファミ時代の『神々のトライフォース』は十字ボタンとABYXボタン・スタート・セレクトにごく稀にLRボタンも使って多彩なアクションをするゲームでした。

 コントローラのほぼ全てのボタンを駆使して、多彩なアクションを実現するのが『ゼルダ』だったんですよね。少ないボタン数に限定している『マリオ』とは対照的に。

 Wiiの発売前にWiiリモコンについて訊かれた宮本さんが、「ぼくも、なんの相談もされずにいきなりこれを見せられたら、「『ゼルダ』をどうしてくれるんだ!」って思ったと思うし。」と話していたりなんかして。これはWiiリモコンを作った宮本さんが「ボタンを増やしていく進化はもうやめようよ」と提案したという文脈の話なんですけど、「それまでの『ゼルダ』はたくさんのボタンを駆使するゲームだったんだ」と宮本さんでも思っていたということで。


 この『夢幻の砂時計』は、そうした呪縛から解放されるべく作られた「ボタンを全く使わないゼルダ」です。
 操作は全てタッチペンです。ボタンは基本的に使えません。一部ショートカット機能に対応していますが、私はそれをすっかり忘れたままクリアしたくらいなので、ボタンを使わなくても問題なくクリア出来ます。

 移動もタッチペンで進みたい場所をタッチするだけ、攻撃もタッチペンで攻撃したい敵をタッチするだけ。こう書くとすごく単調なゲームに思えるかも知れませんし、正直最初は「単調だなぁ……」と思いながらプレイしていました。十字ボタンで出来た操作をタッチペンにムリヤリ置き換えただけだと。

 ですが、ゲームを進めてアイテムをどんどん入手していくと印象が変わります。
 そうか。このゲームは「DSとタッチペンでしか表現できなかった新しいゼルダ」なんだと。


↓ 以下、感想はクリックで。



○ ゼルダが変わる、DSが変える
 長く続いているゲームの「シリーズもの」は、「前作を超える」ことを余儀なくされるために「よりたくさんのダンジョン」「よりたくさんのアイテム」に進化してしまうことが多いです。数の勝負になってしまいがち。
 『ゼルダ』シリーズは比較的そういう「数の多さ」とは違う方向に進もうとしていて、新作が出る度に「今までにないアイテムを使った今までにないゼルダ」に進もうとしています。『神々のトライフォース』だったら「ダッシュ」が可能になったり、『夢をみる島』だったら「ジャンプ」が可能になったり。量を増やすのではなく、質を変えることを目指していたシリーズです。


 しかし、アイディアは無限ではありませんし、新しいものを目指した結果「突飛すぎる」ものになってしまうこともあります。
 『夢幻の砂時計』はDSという新しいハードを手に入れたことで開き直り、「アイテムの数は少ない」上に「ブーメランや弓矢などのような毎回定番のアイテムばかり」と、量も増えていないし質も変わっていません。でも、タッチペン操作だから、今まで使っていたアイテムが全く別のアイテムになったかのように思えるのです。


 個人的に一番分かりやすいと思ったのは「弓矢」です。
 従来の2Dゼルダの「弓矢」は上下左右リンクの向いている方向に発射されるため、目標とリンクとの軸を合わせて向きを合わせてタイミングを合わせてボタンを押す必要がありました。しかし、タッチペン操作の『夢幻の砂時計』の場合、アイテムを装備して目標をタッチするだけでそこに目掛けて撃ってくれます。角度の調節などは自動でやってくれるのです。

 このため、従来の2Dゼルダでは難しかった「移動する足場に乗ったままナナメ方向に向かって矢を撃つ」みたいな操作が可能になり、ゼルダシリーズ定番の「弓矢」が新しいアイテムになり、新しいダンジョン、新しいゼルダを生み出しているのです。


 『おいでよ どうぶつの森』のような「タッチペンがボタンの代わりになるゲーム」ではなく、この『夢幻の砂時計』は「ボタンには出来なかったことをタッチペン操作で実現しているゲーム」なんです。




 もちろん全てにおいて「タッチペンが快適!」とは言えないところもありました。
 移動したかったのにクリスタルをぶん投げちゃったり、後ろに回りこみたかったのに攻撃しちゃったり、「十字ボタンだったら難なく出来ていたのになー」という箇所もあります。でも、「タッチペンだから難なく出来たこと」もたくさんあったので、個人的には「これはこれでありかな」と思っています。久しぶりに十字ボタンゼルダを遊びたい気もしますけど……でもまぁ、これはこれで。



 DSによってゼルダが変わったのは「タッチペンによる操作」だけではありません。
 DSを活かした機能がふんだんに使われていて、これが新しいゲーム機での『ゼルダ』か!と感動しました。3DSが出た今、言うのもアレなんですけど(笑)。

 まずは二画面なので、上画面に常にマップが表示されるところ。
 『ゼルダ』は頻繁にマップを見なくてはならないゲームなので、画面切替えをせずにマップが見れるのはまず大きいです。
 そして、このマップに手書きでメモが取れること。ヒントをメモするだけじゃなくて、「A地点からB地点まで一直線に進んだ場所に…」みたいな位置を使ったギミックがあるとか。
 ダンジョンによっては「見つかってはいけない敵」がマップ上に表示されているので、その敵を回避しながら進むとか―――「マップが常に表示される」ことを活かしたゲームデザインになっているのが、流石にハードメーカーのソフトだなあというところです。


 また、ボス戦はこの「二画面の使い方」が様々で面白いです。
 上画面から攻撃してくる敵とか、上画面が敵の視点になっているとか、二画面ぶち抜きの巨大な敵とか。


 賛否両論あるでしょうけど、マイクを使った仕掛けもあります。
 大声で叫ばされるところはしんどかったですけど、息を吹きかけて火を消したりとかはスマートな使い方で好きでした。

 今となっては難しいでしょうけど、「すれちがい通信」にも対応。
 「Wi-Fi対戦」も可能。


 細かい不満点がないワケではなくて、例えば「メモ機能」はマップ以外にも白紙のメモ帳みたいなものも用意して欲しかった―――とか要望はあるんですけど。
 DSという新ハードの機能をを活かしたところとか、複雑な操作だったゼルダをタッチペン1本の操作に落とし込んだところとか、携帯ゲーム機ならではの「気楽に面白いゲーム」に仕立ててあるとことか、ゼルダ初心者にもゼルダ愛好者にも勧めたい傑作になっています!と、言いたかったんですけどね………



 やっぱり「海王の神殿」はダメです。
 コレだけで「初心者にはオススメ出来ない」と言えてしまうほどに。



○ どうして「海王の神殿」はダメなのか
 「海王の神殿」はこの作品の核となるダンジョンです。
 スタート地点であり、ベースキャンプになる島にあるダンジョンで―――ストーリーが進むたびに、この神殿に潜って「次のダンジョンの場所」を知る必要があります。なので「海王の神殿」は、他のダンジョンと比べてかなり異質なんですよね。


・同じダンジョンに6回も挑まなくてはならない
・その度に更に深い場所にたどり着かなくてはならないので、一度にかかるプレイ時間もどんどん長くなる(自分は1時間半くらい)
・聖域以外の場所は「砂時計がなくなるまで」という時間制限がある
・絶対に倒せない敵ファントムの巡回から隠れながら進まなくてはならない
・ファントムに見つかると心臓に悪い音が鳴って、残り時間を奪われた上に階段まで戻らされる


 自分は元々『メタルギアソリッド』のようなステルスゲームがあまり好きじゃないのですが、「海王の神殿」の問題はそこではないんです。同じようにステルスを要求される幽霊船は面白かったですから。



 この「海王の神殿」の問題点は二つ。
 まずは「長い」。この作品の他のダンジョンは携帯ゲーム機のソフトであることをよく考えてあって、10~20分ごとに入り口に戻ってきてスイッチを押してこっちの壁が開く―――みたいなカンジで、「電車の中で20分だけ遊んでもちゃんと進む」ように作られているんです。この結果、時間のない人だけでなく、「今死んでも20分前からやり直せば良いだけだ」とアクションゲームが苦手な人への心理的負担も軽減出来ているのです。

 でも、「海王の神殿」はひたすら長いです。
 途中に中間地点が作れますけど、そこまでも長いし、そこからも長いです。自分は4回目・5回目・6回目はそれぞれ1時間半かかりました。途中セーブが出来ないので(多分)、時間がたっぷりある時しかプレイできず、2週間放置している時もありました。あそこで辞めてなくてホント良かった……



 しかし、本当の問題はそこではありません。
 『マリオ』も『ゼルダ』も「しんどいステージ」「難しいダンジョン」「精神をすり減らすステージ」「ひたすら長いダンジョン」が今までだってありました。しんどい思いをさせてこそ、それを乗り越えた時の達成感が大きい―――というのが『マリオ』や『ゼルダ』ですから。だから、そこは問題ではないんです。


 本当の問題は「同じダンジョンに6回も潜らせる」ということです。
 『マリオ』や『ゼルダ』に達成感があるのは「やったー!クリアしたー!こんな面はもう二度とクリアできないぞー!」と思えるからです。1度クリアしてしまえばもうやらなくてイイからです。
 でも、この『夢幻の砂時計』は同じダンジョンに何回も潜らなきゃならないので、やっとの思いでクリアしても「あと何回……俺はあと何回こんなしんどい思いをしなくてはならないんだ……」という徒労感しかありません。
 このゲームは「通常ダンジョン→海王の神殿→通常ダンジョン→海王の神殿」くらいのペースで海王の神殿に潜るため、通常のダンジョンをクリアしても「またあの海王の神殿に潜らなきゃならないのか……」とゲンナリ。


 クリア後にスタッフのインタビューを読んだら、海王の神殿に何度も挑戦させるのは「上達を実感して欲しかったから」という理由だそうです。その意図はまぁ分からなくもないんですが、それならもっと大胆なショートカットが出来るようにするとか、潜る回数を6回じゃなくて3回とかにして欲しかったです。

 クリアまで20時間程度のゲームで、同じダンジョンに6回も潜ったら「上達の実感」も薄れてしまいますよ!


 まあ多分、スタッフとしてはこの「海王の神殿」に相当の自信があったんだと思います。
 自分も1回だけのダンジョンだったら歯ごたえのあるダンジョンとして歴代屈指のダンジョンだったと思いますもん。でも、6回は飽きます。俺は何回このクリスタルを運ばされるんだろう……ここがひょっとして賽の河原なのだろうか……と無我の境地に達していたほどに。そしてボーっとしている間にファントムに見つかってやり直しを喰らったほどに(笑)。


 ホント……ここさえなければ「万人にオススメのゼルダ」になりえたと思うんですけどね。



○ 総評
 ということで……
 絵柄の可愛さとか、「タッチペンだけで遊べるゼルダ」といったイメージとは裏腹に。
 難易度は別に低くないし、「人を選ぶゲーム」なので、ゼルダ初心者には厳しいんじゃないかなぁというのが私の印象です。かつてブログで「ゼルダ初心者の人はDS版くらいから始めたらイイんじゃないかな」と書きましたけど、ゴメンなさい。これはあまり初心者向けではなかったと思います。

 逆に、ゼルダ愛好者にとっては「今までのゼルダにDSの新機能が合わさるとこうなる」という新鮮な驚きがあって、マンネリ打破に成功したと思います。これがスタンダードになられると複雑な気分ですけど、外伝ゼルダとしては全然アリだと思います。海王の神殿を除けば、「食わず嫌いをせずにやっておこう!」と言いたいです。



 まぁ、5年も前のゲームに「新しいゼルダ」とか「DSの新機能が」とか言っちゃうのはアレなんですけど(笑)。
 『マリオ』があくまで『マリオ』の形に留まっているのに対して、『ゼルダ』は積極的に新ハードの新機能を取り込んで作ってあるということを考えると、3DSとかWii Uの新作『ゼルダ』は非常に楽しみだなっと思うのです。


ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)

任天堂 2011-11-23
売り上げランキング : 125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム紹介 | 18:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わりと大胆なショートカット多かった気がするんですけど昔のことだから間違えてるかも・・・
新しい道具を使ったらポーンと進めた気がするんですが気のせいでしたっけ
まあ確かにしょっちゅう潜りますよね。ショートカットに気づかなかったときはかなり苦だったなぁ


ところで何で今更このソフトなんです

| 名無しの名無し | 2012/02/05 20:51 | URL |

私も発売直後にやったので詳しくは覚えてませんが、
新しく手に入れたアイテムで大幅なショートカットができた記憶があります。

| ああああ | 2012/02/05 21:42 | URL |

>名無しの名無しさん

>ああああさん
1階まるまる飛ばせるショートカットとかはありますけど、僕としては「1階から11階までショートカット」くらいのものが欲しかったです。
http://www35.atwiki.jp/zeldaphg/pages/17.html

途中で中間地点作れるけど、結局は「時間短縮」のために1階からやらなきゃならないし……
クリアした今振り返ると、時間余りまくっていたのでそんなことやる必要なかったんですけどね。でも、こっちからすると何階まであるかも分からないでやっているので、少しでも時間短縮しなきゃと1階からやり直して……


>ところで何で今更このソフトなんです
僕はゲームは「発売した時」ではなく「自分が遊びたい時」に遊ぶのが一番楽しめると思っていますんで。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/02/05 22:16 | URL | ≫ EDIT

私はかつてやまなしさんの影響で初ゼルダとして夢幻の砂時計をプレイした者です。
あまりよく覚えてませんが、特に問題なく楽しくできましたよ。
こういったゲームは他にないので、非常に新鮮でした。
謎解きもひとつ以外は全部自分でできたと思いますし。

個人的には外伝ゼルダはさくさく進めるので楽しいです。
海王の神殿より、個人的にはトワプリや時オカで迷った挙げ句同じ部屋を行ったり来たりする方がずっと苦痛かと思います…。
とはいえあちらにはあちらの良さもあるのですが。

| 蕪 | 2012/02/06 22:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1349-d9d1893f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT