やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

有料DLCについて~クリアのためのゲームか、上達のためのゲームか

 ニンテンドー3DSでも有料ダウンロードコンテンツ(DLC)が始まりました。
 Wiiでも既に行われていたことなので、「任天堂ハードが有料DLCを始めた!」と今更騒いでいる人には「その話題は4年前の話題だぞ」と言いたくなるのですが……Wiiと3DSでは有料DLCの性質が違うのも確か。

(関連記事:Wiiにもとうとう有料ダウンロードコンテンツを持つソフトが登場


 WiiにとってSDカードはあくまで「補助」の役割でしかなかったのですが、3DSは最初から「SDカードありき」の本体設計になっています。なので、Wiiのパッケージソフトに多く見られたアンロック方式のDLCではなく、SDカードに新たにコンテンツを保存するタイプの追加DLCが可能なのです(Wiiウェアにはこういう有料DLCもありましたけど)。

 『シアトリズム』の場合も、「どうしてもソフトの容量に収め切れなかった楽曲を(SDカードに保存する)有料DLCで販売することになった」と社長が訊くでも言われていましたし。それが本当かどうかはさておき、「DLCでしか出来ないこと」をやろうとしているのなら、Wiiの時とは別物なのかなと。


 それと、今回は任天堂のソフトも有料DLCを始めるそうです。ダウンロード販売ソフトでは既に始まっていて、パッケージソフトでは4月の『ファイアーエムブレム』から開始です。
 Wiiで有料DLCを始めた時には静観していた任天堂が始めたということで、いよいよ持って有料DLCは無視できないものになってきたなぁというところです。





 私の「好き嫌い」を書いておきます。私は有料DLCが嫌いです。
 「有料DLCのあるゲーム」と「有料DLCのないゲーム」のどちらかで悩んだ時は、後者の方が優先順位が高くなります。「有料DLCのあるゲームは絶対に買わない!」とは言いませんし、上手いやり方をしているゲームがあれば考えも変わると思いますが、今のところはそんなカンジです。

 でも、「有料DLCもアリなんじゃない?」という意見の人がいることも分かりますし。
 実はこれってその人がゲームに何を求めているかの差であって、考えてみると面白い話だと思うんです。有料DLCをきっかけにその辺のことを考えた話を書きます。


シアトリズム ファイナルファンタジーシアトリズム ファイナルファンタジー

スクウェア・エニックス 2012-02-16
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

〇 アクションゲームと、音ゲーの違い
 『シアトリズム』の有料DLCは1曲150円(現在はキャンペーン期間なので100円)。
 追加楽曲は50曲とかの話を聞いたので、「全部買ったら幾らになるんだよ……」と思い「高いよなぁ」とTwitterに呟きました。そうするとTwitterで音ゲー好きの人達から反応をもらいまして、話している間に感覚のズレに気付いてきたのです。

 自分は音ゲーを全くやらない人間なので、
 自分の好きなアクションゲームなどに照らし合わせて「1曲150円は高いよな」と思ったのですが。


 音ゲーとアクションゲームでは遊ばれ方が違うんです。
 だから、自分が好きなアクションゲームの感覚で、音ゲーを語ることは間違いなんです。



 例えば、もし『スーパーマリオブラザーズ』で有料DLCを行って、追加ステージを1ステージ150円×50ステージで販売したら物凄く高く感じますよね。
 『マリオ』のステージは“クリアするため”に1回しか遊ばないものですから。

 もちろんクリア後にスターコインを集めるという“新たなクリア目標”を立てるとか、全ステージクリアしたからまた最初から始めようっとということはあります。
 でも、1-1をクリアした後に、「もう1回やればもっと上手くクリアできるんじゃ」と連続で1-1を遊ぶ人ってそんな多くないですよね(『マリオ3Dランド』はタイムアタックがありますけど、あれはED後のお楽しみなので後述します)。

 『スーパーマリオ』のようなアクションゲームは、基本的に「クリア」が目標なんです。
 だから、「全ステージクリア」を目指そうとするし、有料DLCが50ステージあったら「全部買ったら幾らになっちゃうんだろう」と思ってしまうんです。だから、もし『スーパーマリオ』で追加ステージを有料DLCで販売したら印象が良くないんです。



 でも、音ゲーは違います。
 音ゲーは1つの曲(ステージ)を“上達するため”に何回も何回もプレイすることが普通なんだそうです。
 その曲を最後までプレイできたから終わりではなく、もっと高いスコアを!もっと高いランクを!いっそのことパーフェクトを!と、反復プレイするそうなんです。これは多分レースゲームとかも一緒ですよね。私の知ってるジャンルのゲームで言えば『脳トレ』とかもそうですよね。

 なので、アクションゲームにおける「1ステージの価格」とは感覚が違いますし。
 追加の楽曲が50曲あったからと言って、「全部買わなきゃ」という発想にはならないそうな。確かに反復して遊ぶタイプのゲームは「気に入ったステージやコースだけ何度も遊ぶ」ワケで、追加楽曲を選んで買えるというのは理に適っていたんですね。

 特に『シアトリズム』の場合、「歴代FFの楽曲」が題材なワケで―――
 「ファミコン時代のFFが好き!」な人は最近のには興味がないし、「最近のFFが好き!」って人は昔のFFには興味がないし、“好きな作品の好きな曲だけ選んで買える”のはむしろ嬉しい仕様ですよね。




 そう考えていくと、私とは違う文化を持っている音ゲーマーの方々と話して感じて、「ゲームをどう遊んでいるか」によって有料DLCへの抵抗感も違うんだなと思えてきました。自分が好きではない有料DLCも、こういう形ならば良いかもと。


【シアトリズムに見られる有料DLCの特徴】
・繰り返し何度も遊ぶ(使う)もの
・それがないとクリアできない、みたいなことではない
・ユーザーによって「欲しい度」が分かれているものを、それぞれ自由に選べる



 自分は音ゲーやレースゲームが苦手なのですが、
 例えば、自分がプレイしたゲームで言えば……『脳トレ』で言えば「計算20」、『Wii Fit』で言えば「ジョギング」を何度も何度もプレイしまくっていたので―――この手の「繰り返し遊ぶタイプのゲーム」でなおかつ、「色んなトレーニングの中から気に入ったものを選んでプレイするゲーム」は有料DLCも受け入れやすいのかなぁと思えましたね。


 逆に言うと、「1回プレイして終わり!」な追加シナリオとか追加ステージは抵抗あるかなぁ。
 3年半前にこの記事↓を書いた時とは、随分と考え方が変わったと思います。


(関連記事:「450円払うと10レベルアップ」に対する自分の考え


 ↑この記事、旧はちまにリンク貼ってありますね……
 まぁ、それも「そんな時期があったよね」ということで。



 今の自分の感覚だと、「レベルアップにお金を払う」のはナシですわ。
 RPGにおける「経験値」や「レベルアップ」は御褒美だから、本来はプレイの御褒美でもらえるものを現金でもらえるようになっちゃったら、ゲームの本質の否定だと思いますもの。レベル上げするのがバカらしくなってしまいます。
 「レベル上げする時間がない人のためにレベルを現金で販売するんですよ」と言うのなら、レベル制度自体をやめればイイじゃん。


 「御褒美」の部分に有料DLCを絡ませられると、もうゲームをする意味がなくなるだろうってのが今の私の考えです。
 例えば、もし『ファミリーフィッシング』で追加の“服”を有料DLCで販売しますとかやられたら私はブチぎれます。あのゲームの中での“服”はゲームの成果で得られる御褒美だからです。俺はこの幼女にメイド服を着せるためにせっせと魚釣ってんだよ!現金払えとか言われたら、魚釣る意味がなくなるだろうがっ!と。


(関連記事:RPGにレベルアップ制度は必要ですか?



 調べてみたら昨年出た『テイルズ オブ エクシリア』にも「お金を払ってレベルアップ」という有料DLCはあるみたいですね。まだ続いているってことは需要があるということか…………
 まぁ、戦闘なんか興味がないんだストーリーだけ見たいんだって人もいますから、存在するなとは言いませんけど。私はこういうゲームは嫌いです、と宣言しておきます。
 
 



 この流れで3DSソフト『ファイアーエムブレム覚醒』の有料DLCもdisってやろうと思っていたのですが。
 こちらはまだ価格もボリュームも発表されていないので、今の段階では何とも言えず。ちっ。


 ただ、もし過去作のキャラクターを仲間にするためのエピソードには現金が必要、ってのだったらやっぱり好きになれませんね。
 『ファイアーエムブレム』は『ファイナルファンタジー』同様に長く続いているシリーズですから、初期のキャラに愛着を持っているファンと最近のキャラに愛着を持っているファンは違うから選んで買えるのは理に適っている、という言い分もあるんでしょう。論理的には分かります。


 でも、自分の好きだったマケドニア三姉妹を仲間にするためには「200円払ってください」と言われたら、それは違うって思っちゃうじゃないですか。「仲間にしなくても本編に支障はありませんよ?」と言われても、それで納得できないじゃないですか。キャラクターへの愛ってそういうことじゃないじゃないですかー。結局disってんじゃないですかー。


ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒

任天堂 2012-04-19
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:35 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最後の「キャラクターへの愛ってそういうことじゃないじゃないですかー。」の所の
意味合いが正直よくわからなかったんですけど・・・
単に選択肢が増えるわけだし本編への影響に気を使ってるならいいんじゃないって
気がしちゃうわけですけどユーザからしてみりゃ全部タダがいいけど
そりゃわがままですからねー、定価が高くなるか、ほしい人だけ買うかってことに
なるわけだしね
(まぁ好き嫌いってとこに話を落としてるんで理由を聞くのは不毛かもしれませんが・・・)

なんというか「パメラは売りもんじゃねえ」的なものなんですかね
それとも単純に「うわっあこぎな商売だな」的なもんですかね?

| ああああ | 2012/02/26 18:24 | URL |

>ああああさん

「イヤだ」という理由は一つじゃなくて複数です。
※ 現段階では詳細が発表されていないので憶測が含まれます

1.まず、私は有料DLCが嫌い
2.(『シアトリズム』の例とはちがって)クリアすることが目的
3.(『テイルズ』でレベルを売ったように)ゲームの御褒美の部分にあたる“仲間”を売る
4.過去作品の思い入れを売りものにされる
5.論理的には正しくても、心情としては許せない


 「キャラクターが仲間になって本編で使える」という仕様ではなくて、「単に過去のキャラクターが出てくるだけのエピソード」ならば文句はありません。
 でも、もし前者だった場合(岩田社長の説明だとそういうニュアンスに解釈できそうなんですが)―――例えば『ドラゴンクエスト』で「ロトの剣を200円で売る」みたいなことで、あー俺があんなに苦労して手に入れた武器や仲間にしたキャラクターがリアルマネー数百円なんだ感を感じてしまうのです。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/02/26 21:25 | URL | ≫ EDIT

DLCに関しては「買わない」という選択肢を取った時にも、特にゲームの満足度が下がらないものなら有りだと思ってます。

たとえばテイルズのレベルDLCも、買わずにちゃんと遊べる内容になっているなら有りだと思ってます。心情的にも何とも思いません。

逆に追加ストーリーみたいなものは「買わない」という選択肢を取った場合、コミュニティ内での話についていけなくなったりしてゲーム全体の満足度が下がるんです。だから反対の立場。


ちょっとおかしい話をしますが、自分はクソDLC(買う価値のないDLC)のほうが好きなんです。買わなくても損した気分にならないので。
シアトリズムのDLCがいいと思うのは、「好きな曲が買えるから」じゃなく「要らない曲は買わないで済むから」だと思ってます。だから本当はソフト本体は1曲も無しで無料配布ってのが理想だと思ってます。
DLCで好きな曲を選べるっていうのがわかったあとだと、初期曲ですら要らない曲に対して「これ削除して値段さげてくれよ」って思うほど。

| あわれ | 2012/02/27 07:03 | URL | ≫ EDIT

お布施と思って購入したらいかがでしょう?

それで追加DLC等のサービス向上につながるならいいんじゃないですかね?
DLC自体はキャラでもストーリーでも(内容によってはアコギな商売だなぁと思いますが)何売ってようがいいんじゃないかと思うんです。
売る側の自由であり(売り方含め)嫌なら買わなくていいという選択肢があるんですから。
売れなければ売り方が変わってくるでしょうし。

むしろ、ソーシャルゲーやネトゲみたいに課金アイテムがないとストレスがたまるような環境にならないかと言う方が心配です。

| ああああ | 2012/02/28 12:51 | URL |

さあ作品を作ってそれをどうやって売り込もう!という時に
7980で売ろう!さあ買え!面白いぞ!オレが保証する!なんてより
第一章は300円、剣が欲しいなら自力でも良いしリアルマネーで買ってもいいよ
の方が敷居が低く万人向けで、しかも「対価を払う。欲しい人に欲しい分だけ」って商売の基本に忠実だと思うんですけどね。

「リアルマネーとか外野がしゃしゃり出てくんな、ゲームの世界に邪魔だ」って反感も呼ぶかもしれませんが。

| ああああ | 2012/02/28 22:02 | URL |

マリオで追加ステージを販売する場合は、1面より1ワールド辺りのほうが
向いてるとおもいます。ファミコンのマリオのようにセーブ要素を追加ステージに限ってはなくす機能があればより繰り返し遊べるようになるかもしれません。
勿論携帯機なので中断機能は必須です。

好きな作品であればあるほどクリアしてももっと多くのステージを遊びたいと思うので
(有効に使ってもらえるのであれば)やっぱり自分はDLCはありがたいなあと思います。
どうしても新作が出るまで間が空いちゃいますからね。

| クコ | 2012/02/29 19:44 | URL | ≫ EDIT

有料DLC自体色々な意見があっても良いですが、アンロック形式の場合は正直どうかと思う。

| ああああ | 2015/12/03 20:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1359-df4a87a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT