やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

横スクロール2Dアクションゲームは復権するか

 横スクロール2Dアクションゲーム好きとしては見逃せない話題でした。

 ステージ型の横スクACTは今でもイけるのかどうか現実ゲームさん)


 記事と被る意見もあるけど、自分が思ったことを書いておこうかなと思います。
 特にWiiにおいての2Dアクションゲームを語ることは「Wiiとは何だったのか」を語る一つのポイントになると思うんで、Wiiが世代交代で役割を終えようとしている今の時期だからこそ語っておかなければと思ったからです。



 Wiiで「横スクロール2Dアクションゲーム」に力を入れたのは、実は任天堂よりもサードメーカーの方が先なんですよね。

 Wiiが発売した初期の頃(2006年~2007年)はDSで『Newマリオ』『カービィ(ドロッチェ団)』『ヨッシーアイランドDS』といった2Dアクションゲームが大ヒットしていた時期なので、Wiiにもそういうソフトを望む声は多かったのですが……任天堂は頑なに2Dアクションゲームは出しませんでした。
 アドベンチャー色の強い『ペーパーマリオ』や、対戦ゲームの『スマブラX』を除けば、2008年夏の『ワリオランドシェイク』まで待たねばならず。リメイク作品を除けばその後は2009年末のアレまで1本も出ていません。任天堂はWiiの最初の3年間で1本しか横スクロールアクションゲームを出さなかったんです。

 これは恐らく「DS市場との棲み分け」を狙ったのかなと思うのですが、3Dアクションゲームが売れない日本市場においては“Wii失速”の印象が付いてしまった一因だったと思います。



 一方、大手サードメーカーはWiiで2Dアクションゲームを復活させようと狙います。
 ダウンロード販売ソフトであるWiiウェアで、往年の2Dアクションゲームを復活させようとしたんですね。


・『ロックマン9』(カプコン、2008年9月)
・『珍道中!!ポールの大冒険』(セガ、2009年2月)
・『高橋名人の冒険島Wii』(ハドソン、2009年4月)
・『魂斗羅ReBirth』(コナミ、2009年4月)
・『ドラキュラ伝説 ReBirth』(コナミ、2009年10月)
・『ロックマン10』(カプコン、2010年3月)
・『SONIC THE HEDGEHOG 4 Episode I』(セガ、2010年10月)


 『珍ポ』はオリジナルタイトルですが、「往年の2Dアクションゲームのパロディ」なので一連の中に入れても許してくださいな。
 Wiiにはバーチャルコンソールがあって昔のゲームがたくさん遊ばれています。昔のゲームが好きな人が集まっているなら、とWiiウェアにて2Dアクションゲームを復活させようという流れが出来たのでしょうし。あともう一つ、ダウンロード販売ゲームは中古対策の必要がないというのも大きいと思います。


 2Dアクションゲームって中古対策が難しいんですよね。
 RPGのようにやりこみ要素を加えたり何十時間もストーリーを引き伸ばしたりは出来ない、対戦ゲームのようにオンラインプレイで延々と遊んでもらうことも出来ない、音ゲーやレースゲームのように一つのステージを何十回と繰り返し遊んでもらうことも出来ない―――数時間限定の濃密なゲーム体験を味わえるのが魅力のジャンルなので、遊び終わって中古に売られてしまうスピードも早いんです。
 ならば、ダウンロード販売ゲームこそが2Dアクションゲームが生き残る道のようにも思えたんじゃないかと思います。ちなみに『ロックマン』と『ソニック』はマルチタイトルですが、どの機種でもダウンロード販売でのソフトでした。



 しかし、Wiiウェアで2Dアクションゲームが発売される流れはピタッと止まります。
 というか、Wiiウェアにサードメーカーがソフトを出さなくなります。大手サードメーカーからすればダウンロードソフトの市場は思ったほど広がらなかったということなのかなと。Wiiウェアの話で言えば、『ロックマン9』と『珍ポ』以外は売上げランキングにもネット上での話題にもほとんど出ませんでしたからね。

 こうして大手サードメーカーがWiiウェアから我先にと撤退した後に、颯爽と現れるのがポイソフトなんですけど……それはまた別の話。



 そして、大手サードメーカーが「Wiiウェア駄目だったな」「2Dアクションゲーム駄目だったな」と撤退をし始めた頃に、2009年末の『NewスーパーマリオブラザーズWii』が400万本越えの超ヒットを飛ばすという皮肉な流れになります。
 サードメーカーは既にWiiを見限っていた時期なので、そこから横スクロールアクションのソフトを作るようなことは出来ませんでした。しかし、任天堂はWiiを見限れませんし、『Newマリオ』のヒットを見越して“次の1本”を仕込んでもいました。

・『New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年12月)
・『毛糸のカービィ』(2010年10月)
・『ドンキーコング リターンズ』(2010年12月)
・『星のカービィ Wii』(2011年10月)


 いずれも50万本以上を売り上げたヒットソフトになりました。
 これらのソフトは全てパッケージソフトでの発売ですが、全てオフラインのマルチプレイに対応していることで「中古対策」にも「Wii市場への適応」も成功しました。『Wii Sports』もそうですけど、一人用のモードを遊び尽くしても「友達や親戚が来た時に一緒に遊べるな」と思われれば中古に売られませんからね。



 ということで、Wiiは「横スクロールアクションゲーム天国」になり、任天堂だけがヒット連発でワーイワーイという結果になったのですが―――
 歴史に「もしも」が許されるならば、Wiiの序盤にこれらのソフトを出せていたならどんな結果になっただろうと思うのです。「幅広いソフトラインナップを揃える」ことに気を使う任天堂が、頑なに2Dアクションゲームを出さなかった3年間はやはり勿体なかったと思うのです。





 というのが、自分の考えた「Wiiの6年間」の大まかな流れでした。
 ここまでが過去の話。逆に言えば、過去の反省を未来にどう活かせるのかという話なので――――3DSやWii Uでは同じ結果にはならないだろうとも思うのです。


 3DSでは、早い段階から横スクロール2Dアクションの『スーパーマリオ』シリーズの開発が発表されており、来期(2012年4月~2013年3月)の発売が予定されているそうです。順調に行けば、6月のE3でお披露目→12月の年末商戦で発売って流れですかね。

 Wii Uでも最初のコンセプト映像で遊ばれているソフトは横スクロール2Dアクションの『スーパーマリオ』ですし、正式な商品として発売するかは分かりませんが『NewスーパーマリオMii』なるものもお披露目されました。



 Wiiの時とは明らかに違いますよね。
 早い段階から横スクロール2Dアクションの『マリオ』の存在を匂わしているのは、ユーザーに向けて「だから3DSやWii Uを買ってね」と言っているだけでなく、サードメーカーに対しても「3DSやWii Uに2Dアクションゲームを出していきますよ」とメッセージを送っているようにも思えます。


 あとはサードメーカーがソフトを出すのか、
 今のサードメーカーに「横スクロール2Dアクションゲーム」を作る気持ちとノウハウがあるのか、というだけです。ファミコン~スーファミ時代には「オフラインのマルチプレイが可能な2Dアクションゲーム」が得意なサードメーカーも多かったのですが、それぞれの理由で当時のスタッフはもう残っていないでしょうしね(任天堂の『ドンキー』も開発会社が変わっているのだから、そんなことは言い訳にはならんのでしょうが)。



 ということで、自分は結構「これから」に期待をしています。
 3DSでもWii Uでも、任天堂がその市場を切り開いてくれることで、大手・中小サードメーカーが2Dアクションゲームを出してくれるんじゃないかと。特にダウンロード販売ゲームは結構なねらい目だと思うんですよ。ポイソフトとかシルバースタージャパン辺りがやってくれるんじゃないかなと。


CODE OF PRINCESS 特典:ミニビジュアルブック・オリジナルサウンドトラック 付きCODE OF PRINCESS 特典:ミニビジュアルブック・オリジナルサウンドトラック 付き

アガツマエンタテイメント 2012-04-19
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

任天堂以外で比較的大手で2Dアクションを出している会社となるとバンダイナムコ辺りですな。3DSで出してたクレヨンしんちゃんのゲームの体験版が中々良かったし。

| ああああ | 2012/03/07 23:45 | URL |

グレイトバトルフルブラストはステージ数の少なさを除けばかなりの良作でした。
これもクレしんやロックマンと同じインティ・クリエイツ製作ですし。

| ああああ | 2012/03/08 11:22 | URL |

XBLAには結構横スクACTありますよ

| ああああ | 2012/03/08 17:37 | URL |

>ああああさん
>任天堂以外で比較的大手で2Dアクションを出している会社となるとバンダイナムコ辺りですな。3DSで出してたクレヨンしんちゃんのゲームの体験版が中々良かったし。

 自分はクレしんの体験版はイマイチでした……
 アニメ絵はすごいんだけどステージが単調で。


>ああああさん
>グレイトバトルフルブラストはステージ数の少なさを除けばかなりの良作でした。
>これもクレしんやロックマンと同じインティ・クリエイツ製作ですし。

 気になって検索してみたのですが、元カプコンの人達の開発会社ですか!
 ファミコン~スーファミ時代に2Dアクション作っていた人達はもう内部には残っていないんですかね。もちろんその結果「元ゴエモンチームが作ったカービィ」とか「元カプコンの人達が作ったグレイトバトル」が実現したのですけど。


>ああああさん
>XBLAには結構横スクACTありますよ

 記事を短く&分かりやすくするためにその辺の話は触れませんでした。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/03/08 20:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1364-2e32c151

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT