やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベストアルバムを待望しているのはファン以外ですよね

 歌手やバンドの方々が「今まで出してきた曲の中から人気のものだけを集めました」という音楽CD、いわゆる“ベストアルバム”ってあるじゃないですか。ベストアルバムが発売される際によく使われる「ファン待望のベストアルバムがついに発売」という言葉が自分にはしっくりきません。


 ベストアルバムというのは、言ってしまえば「過去に発売した楽曲」を「パッケージし直して」「再発売」しているものです。熱心なファンであればあるほどその歌手やバンドの方々の過去の楽曲は全て持っているでしょうから、ベストアルバムはちっとも嬉しくないんじゃないかなと思うのです。

 「これとこれが一緒のアルバムに入っているのがイイんだよ!」とか、「曲順に意味があるんだよ!」みたいな話なのかも知れませんが。20年くらい前ならともかく、MDが出てきた時点で自分で曲を並べたマイベストアルバムみたいのを作れてしまっていたワケで(アナログでイイのならカセットテープでももちろん出来た)。

 ファンからすれば、新作の方が遥かに嬉しいんじゃないのかと思うのです。
 かと言って、ベストアルバムに1曲だけ新曲が入っているのも「1曲のためにアルバム買わなきゃいけないのかよ!」感も強くなるので辞めてほしいところ。




 という話は、別にベストアルバムそのものを否定したいから書いているのではありません。
 ベストアルバムって、その歌手やバンドの“入り口”としては物凄く取っ付きやすいんですよね。


 「このバンド、興味あるんだけどアルバムいっぱい出ているから何から聴けばいいのか分からない」という時に、10年間に出した曲のベストを集めましたって言われたら「なるほど、これから聴けばいいのか」と分かりますもんね。
 有名な人達だったら、曲名は知らなくても「あ、この曲は聴いたことがある」と聴いてみて始めて知ることが出来ますし。“ベスト”と銘打たれているのだから、「これが気に入らなかったら他の普通のアルバムもダメだろう」と思えますし。最近は追いかけていなかった人も「ベストアルバム出たんなら久々に聴いてみようかな」と思うきっかけになります。



 CDを売る側からすれば、過去の曲の再発売で“入り口”を作ることが出来ますし。
 CDを買う側からすれば、熱心なファンではない人が興味を持つ“入り口”になることが出来ます。





 どのメディアでも“入り口”となる商品を作ろうとしていますけど、上手くいくかは微妙なところで。
 漫画でも人気のあるエピソードだけを集めた傑作選とか、短編だけを集めた短編集などが出ていますけど、セールスとしての中心はやっぱり「連載で続いていてる単行本」の方ですよね。

 ゲームソフトとか映画のDVDでも人気のものを「ベスト版」「セレクション版」みたいな形で再発売することはありますが、上手く作用しているものというと……
 あー、『モンハン』なんかは上手くいった例ですね。。発売後しばらく経ってから廉価版を出すことで、新作のヒットに繋がっていました。“入り口”と“その先”をちゃんと考えた上での商品展開になっていました。



 20年前に比べると商品も情報もものすごく溢れてしまっていて、見えてるものの中から何を選べばイイのか分からなくなってしまっているのが現代だと思います。
 そして、コンテンツビジネスが「パッケージ」から「ダウンロード販売」に徐々にシフトしていけば更にこれは加速されると思います。例えば紙の本なら本屋さんの中だけで探せば良かったのが、電子書籍になったら膨大な量の在庫の中から探さなきゃならなくなるのですからね。

 かといって、ネット上の評判で判断しようとするとステマにかかる。


 なので、“入り口”となる商品をどう提示できるかはこれから更に重要になっていくと思いますし、ベストアルバムのような形は一つの例として面白い形なんじゃないかなと思うのです。

(関連記事:「面白いから」買うのではない、「面白そうだから」買うのである


いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~
いきものがかり

ERJ 2010-11-03
売り上げランキング : 105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 20:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ベストにあまり採用されない「B面曲」の方が趣味に合う人も、中にはいると思われますが……

 基本的には、やはり導入装置なんでしょうね。ベスト盤て。
 少なくとも「これらが自分たちのベストです!」って宣言しているナンバーが聞けるわけですし。

| kanata | 2012/03/21 21:31 | URL |

必ずしもそうとはいえないと思います。
デビュー以来のファンというのは少数で、大多数のファンはキャリアの途中からファンになるわけです。私の場合、サザンやユーミンはデビューから10数年を経てからファンになりました。こういう場合、過去の作品を片っ端から買っていくというのは重いわけで……。ベスト盤は待望の商品でした。
何回もベスト盤が出ることも、同じ理由で説明できると思います。ファンになった後の作品は買っているが、過去の作品は買っていないだろう。そう考えるなら、新規のファンが増えるたびに、過去の作品のベスト盤を出すというのは、理に適っています。

| 徳保隆夫 | 2012/03/22 07:27 | URL |

海外のアーティストなんかは、結構日本に来てない音源もいっぱいあって、ベスト盤と銘打って始めて日本に来てくれた、なんて事もあるので、一概には言えません
というか、音楽の世界で「網羅している事が普通」なんて認識している時点で、甘いと言うか、まず理解してません

| ああああ | 2012/03/22 19:54 | URL |

>kanataさん

>ベストにあまり採用されない「B面曲」の方が趣味に合う人も、中にはいると思われますが……

 自分の場合「アルバムの曲順とか流れ」が好きなので、やっぱり好きなバンドのベストアルバムとかは買いませんね。普通のアルバムの方が好きです。


>徳保隆夫さん
>デビュー以来のファンというのは少数で、大多数のファンはキャリアの途中からファンになるわけです。

 記事にも書きましたが、「昔はファンだったけど最近は離れてしまった人」が最近の曲を知る“入り口”にもなりますし、その逆の「最近の曲は知っているけど昔の活動は知らない人」が昔の曲を知る“入り口”にもなるかなと思います。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/03/22 19:54 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん

>音楽の世界で「網羅している事が普通」なんて認識している時点で、甘いと言うか、まず理解してません

 だから“入り口”になるという話です。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/03/22 20:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1371-caed2854

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT