やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3DSには新規ソフトが少ない……?

 ニンテンドー3DSの立体視機能を活かしたと話題になったベルトアクションゲーム『閃乱カグラ』に、続編&テレビアニメ化という発表がありました。

 自分の3DSフレンドやTwitterのタイムラインにはこの作品のファンも多いので、喜びの声をたくさん目にしました。自分は前作を「ヒンヌー分が少ない!」とスルーしたのですが、アニメを入口にしてゲームの方も手を出してみようかなと思い中です。やっぱり2作目より先に1作目からやるべきですかね?



 それはそうと……
 この発表についてTwitterでみんなであーだこーだ話している流れで知ったのですが、3DSのソフトで最も売れた新規ソフトって現時点では『閃乱カグラ』なんですってね。続編ソフトやシリーズソフトではない、完全な新規ソフトでは。

 『ゲームデータ博物館』さん3DSソフトのページを見ると『リズム怪盗R』が上ではあるんですが、『カグラ』はジワ売れで9万本は出荷しているなんて話もあるので……まぁとにかく、この2本のどっちかが3DS新規ソフト売上げ1位だろうってことみたいです。

 1~27位までは、シリーズソフトや既存の人気キャラクターなどを使ったソフト。
 DS初期の『nintendogs』『脳トレ』、Wii1年目の『Wii Sports』『Wii Fit』のような、「そのゲーム機でしか体験できなかったような新しいソフト」は見当たりません。


 というか、30位以下にも新規ソフトは多くないんですよね。
 33位『スティールダイバー』、41位『ラビリンスの彼方』、42位『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』、49位『シンデレライフ』(『心霊カメラ』と『シボウデス』はシリーズソフトと言うのは微妙か?)。


 「3DSでは新規ソフトが売れていない」というよりも「3DSでは新規ソフトがそもそも発売されていない」という1年間だったみたいです。
 サードメーカーが全然シリーズソフトを出してくれずに、よく分からない新規ソフトで溢れていたWiiの1年目とは対照的だと思うんです。そういうこともあって、「どうして3DSでは新規ソフトが発売されていないのか」を書いていきまする。



1.任天堂の場合
 前述したように、DSの時には『nintendogs』『脳トレ』が、Wiiの時には『Wii Sports』『Wii Fit』が「そのゲーム機でしか遊べない新規ソフト」として爆発的に売れました。
 そうしたソフトが引き起こした社会現象と比較して、「3DSはマリオ頼み」と書く記者もいるみたいなのですが、自分はそれはそれで納得できます。3DSソフトの売上げTOP2は『マリオカート』と『マリオ3Dランド』ですからね。DSもWiiも最終的に売上げトップは『Newマリオ』だったとか、そういう細かいツッコミは置いといて……


 そういった「そのゲーム機でしか遊べない新規ソフト」が3DSにはないじゃないか、
 任天堂の「新しいソフトを開発する力」はなくなってしまったのか―――と、売上げランキングだけを見ている人が思うのは当然です。だって、そうしたソフトは売上げランキングに載らないところで活躍しているから。


 例えば『すれちがいMii広場』
 本体に内蔵されているこのソフトは、本体が売れた数だけ普及しているとも言えますし、すれちがい通信に特化した3DSでしか遊べないソフトです。Vitaのアレ?……あんまり詳しくないのでノーコメントで。
 海外ではWii本体に『Wii Sports』を同梱して販売していた、みたいな話で、3DSを買った人みんなに遊んで欲しいソフトは本体に内蔵されているんです。だからソフトの売上げランキングには出ません。普及した数だけなら500万人以上です(笑)。

 例えば『いつの間に交換日記』
 3DSをネットに繋げば無料でダウンロード出来るこのソフトは、3DSのいつの間に通信の力で威力を発揮する3DSならではのソフトです。カメラ、サウンド、フレンドリスト、ゲームコインなどの3DSの機能を使っているのも、3DSを象徴するソフトとも言える要素です。

 例えば『クリエイトーイ』
 3DSをネットに繋げば700円でダウンロード出来るこのソフトは、QRコードやすれちがい通信を活かしたイカレタソフトです。3DSの可能性を感じた1本でした。

(関連記事:QRコードこそがニンテンドー3DSの隠れた目玉機能なのかも知れない



 任天堂の3DSのソフト展開は、本当に分かりやすく「Wiiの失敗を繰り返さないように」と考えられていると思います。まぁ、Wiiが大好きだった自分からすると「失敗」と思われていることが残念ではあるんですけど……ソフトを集中させすぎて、ソフトが出ない時期を生んだり、サードメーカーの入り込む隙がなくなったりしたWiiの反省を活かそうとしているのはすごくよく分かります。


【2011年】
・2月『nintendogs + cats』
・3月-なし-(東日本大震災により『スティールダイバー』が延期)
・4月『パイロットウイングス リゾート』
・5月『スティールダイバー』
・6月『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』
・7月『スターフォックス64 3D』
・8月『スーパーポケモンスクランブル』
・9月『花といきもの立体図鑑』
・10月-なし-
・11月『スーパーマリオ 3Dランド』
・12月『マリオカート7』

【2012年】
・1月『心霊カメラ~憑いてる手帳~』
・2月-なし-
・3月『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック』『新・光神話 パルテナの鏡』
・4月『ファイアーエムブレム 覚醒』
・5月『マリオテニス オープン』(予定)
・6月『カルドセプト』(予定)
・7月『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』(予定)
・8月『Newスーパーマリオブラザーズ2』(予定)

※ 赤字は新規ソフト


 見事なまでに「1ヶ月1本」のペースを守っています。
 さて、次はダウンロードソフトを見ていきます。「3Dクラシック」は除いたラインナップにします。

【2011年】
・6月『いつの間にテレビ』
・7月『ニンテンドービデオ』

・8月-なし-
・9月『いきものづくり クリエイトーイ』
・10月『引ク押ス』
『疾走すりぬけ アナトウス』
・11月『ひらり 桜侍』
・12月『いつの間に交換日記』
『とびだすプリクラ☆キラデコレボリューション』

【2012年】
・1月-なし-
・2月『ザ・ローリング・ウエスタン』
・3月『美人時計』?
※ メーカーは任天堂じゃないけど、公式サイトのコピーライトは任天堂になっている

※ 赤字は新規ソフト


 『いつの間にテレビ』や『ニンテンドービデオ』が新規ソフトなのかはさておき(笑)。
 シリーズソフトの多いパッケージソフトに比べて、こちらは新規ソフトが目立っています。任天堂としては、シリーズソフトのパッケージソフトと、新規ソフトのダウンロードソフトを棲み分けしたいということなのかなと思われます。

 ネット接続率の問題はありますけど、岩田社長の悲願とも言える「アイディア勝負のゲームが生き残れる道」としてダウンロードソフト市場が上手く機能してきたんじゃないかと思います。実数でどのくらい売れているのかは分かりませんが、『クリエイトーイ』や『引ク押ス』は結構な人がプレイしていることを話していますからね。

(関連記事:Wiiが成し得なかった“革命”~その1.アイディア勝負のWiiウェア



2.小さなサードメーカーの場合
 「3DSでは新規ソフトがそもそも発売されていない」という前提で書き始めたこの記事ですけど、ランキングに載らないようなソフトはちょこちょこ発売されていたりもしたんですよね。『Cubic Ninja』『うしみつモンストルオ』『とびだす!魔法のペン』……『CODE OF PRINCESS』はどうだろう。このゲームはランキングとか載るかなぁ。


 『うしモン』や『魔法のペン』はターゲット層が「インターネットとかよく分からない年齢層」だからパッケージソフトで出したのも必然なんですけど、やはり小さなメーカーの主戦場はダウンロードソフト市場になってきているのかなと思います。

 3DSダウンロードソフト一覧

 何というアークシステムワークス&シルバースタージャパン無双だ!
 「任天堂以外聞いたこともない会社ばかりだ……」という人もいるんじゃないかと思います。それこそがダウンロードソフト市場だ!
 アークシステムワークスとシルバースタージャパンはWiiウェアやDSiウェアで沢山のソフトを出していたメーカーなので、実はそうしたソフトの続編も多くて、「ダウンロードソフト市場も続編が増えてきたな」という印象もあるんですが。


 やっぱり注目はジニアス・ソノリティの『電波人間のRPG』と、ポイソフトの『ひゅ~ストン』『タケヤリマン』です。

 ジニアス・ソノリティはポケモンの派生タイトルの開発を多くしてきた開発会社なのですが、このソフトは自社から発売されたダウンロードソフトで、「RPGが少ない3DS」の中で昔ながらのRPGを発売したことで人気になりました。eShopの売上げランキングではずっと1~2位をキープしているくらい。

 ポイソフトは社員4名の超小さな会社なのですが、Wiiウェアから大手サードメーカーが撤退し始めた頃に『王だぁ!』『ボクも世界を救いたい』を出したことでランキング上位をキープして、任天堂から注目されたメーカーです。
 3DS発売前から声をかけられていたこともあって、eShop開始と同時に『ひゅ~ストン』を発売、碌なソフトが出ていなかったeShop初期において「ひゅ~ストンだけが救いだ!」とまで言われる人気になったソフトでした。それが任天堂社内でも人気になり、岩田社長の目に留まって「社長が訊く」が実現したほどに。


 これらのソフトの売上げ実数は分かりませんが、Wiiウェアのプレイ人数から推測するに、パッケージソフトの売上げトップの新規ソフト(『リズム怪盗』や『カグラ』)とどっこいどっこいくらいの数字を出している可能性もあるんじゃないかと思います。

 もちろん価格が違うんで単純比較は出来ませんけどね。
 小さなメーカーが挑戦できるだけの市場にはなってきたんじゃないかと思います、ダウンロードソフト。



3.大手サードメーカーの場合
 さて、これだ。
 大手サードメーカーの場合、任天堂や小さなサードメーカーと違って「ダウンロードソフト」は3DSにはほとんど出していません。Wiiウェアで期待ハズレだったからか、DSiウェアにも3DSダウンロードソフトにも消極的です。そして、パッケージソフトはシリーズソフトが多い、という。


 でも、Wiiが発売された5年前とは状況が違うとも思うんですよね。
 ゲーム機だけでもDS、PSP、Xbox360、PS3、Wii、3DS、Vitaが出ていて、それぞれにパッケージソフト・ダウンロードソフトがあって、更にWiiUのような次世代ゲーム機が控えています。ソーシャルゲーム、ブラウザゲームに、スマートフォン向けのゲームなどなど……5年前以上に「ゲーム」が細分化されてしまった現状。

 「3DSは手堅く結果を残せる場所」と考えて、シリーズソフトで固めているということなのかなと思うのです。
 それはある意味「突然変異のようなゲーム機だったWii」と違って、「DSの正統進化である3DS」がサードメーカーに安心感をもたらせていたということですし。それは任天堂の狙い通りとも言えるでしょう。続編モノがあまり好きじゃない自分にとっては、続編モノばかりだと寂しいですけど。




 にしても……Wiiの時は「中身は素晴らしいんだけど売り方が下手すぎる」と言われていたマーベラスが、3DSでは『カグラ』に『牧場物語』にと華麗に立ち回っているのにビックリです。『ルーンファクトリー4』も売れそうですしね。信頼って時間をかけるとちゃんと築けるものなんだと、しみじみ思っています。


閃乱カグラ -少女達の真影- (特典なし)閃乱カグラ -少女達の真影- (特典なし)

マーベラスエンターテイメント 2011-09-22
売り上げランキング : 301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

CODE OF PRINCESSCODE OF PRINCESS

アガツマエンタテイメント 2012-04-19
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GUILD01 (ギルドゼロワン)GUILD01 (ギルドゼロワン)

レベルファイブ 2012-05-31
売り上げランキング : 136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:48 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シリーズが出ないと本体買わない派

確かにシリーズ物が目立ちますね
本体の購入に繋がるシリーズタイトルを任天堂側が頑張って揃えたような感じを自分は受けていました

例えばテイルズやバイオハザードが3DS発売してすぐ出ていた様な気がしますし
DSでギャルゲーとしては大ヒットしたラブプラスの広告PVにいわっちが出ていたりと

他メーカーを含めての3DSを広める活動があった気がします。

新規タイトルとしては顔シューティングとか面白いなぁとは思いましたが
パッケージソフトとしては売れないだろうなぁ…と言う感じを受けました。

うしみつモンストルオはwiiのやつがウェアで出ていて
幼稚園行ってる姪と行ってない姪にやらせたら
すごく楽しんでやってました
まだ、3DS本体は持たせてもらえない歳なのでパッケージ版はやってませんが…

子供向けタイトルこそダウンロードにして安くできるならした方がいいと思うんですがやっぱりネットに繋ぎ方がわからないとかでパッケージに…
パッケージにすると値段も高くなってしまう気がするんですけどね

…話がそれました。

サードメーカーも3D(立体視)を利用したソフトがどの様にゲーマーうけるかが今一わからなくて新規タイトルに躊躇してるんじゃないかなぁ

過去にバーチャルボーイで失敗してるメーカーですし
今後新規タイトルが増えていくことに期待は出来そうですが。

| 直哉 | 2012/04/21 20:11 | URL | ≫ EDIT

お母様にカグラを勧めてみてください。

| KG | 2012/04/21 22:01 | URL |

個人的にはパルテナの鏡はそのゲーム機でしか遊べないゲームだと思う。
まあ一応、世界観はファミコンのものを引き継いでいるけど、ゲーム内容は完全に別物で新規だし。

| 通りすがり | 2012/04/22 01:02 | URL |

フレンドリー系
潜水
飛行機
ソードアクション
SF
図鑑
カートアクション
ホラーミステリー
スポーツ
シミュレーション
カード&ボードゲーム


こうしてみると確かにジャンルをわけていますね。
幾つかは異なるジャンルといえど任天堂枠になっているのが少し不安材料ですが。

とても参考になります。

| ほめぞう | 2012/04/22 03:08 | URL |

新規ソフトがなかなか出てこない悩みは、3DSに限らず業界全体に根付いていますね。
原因は、メーカーと客、どちらにもあるでしょう。
開発のリスクが高まると冒険はしにくいでしょうし、市場がそれを受け入れにくいというなら尚更。
そういう意味で、一年目の市場はどうしても分母が小さくなりますから、新規作を出すには辛いかもしれないですね。

ただ、メーカーが健全に稼ぐことが出来るようにならなくては問題は解決しません。
メーカー側での試行錯誤はいろいろ見て取れますが、一ユーザーとして可能な限り支持したいなと思います。

あと、「そのゲーム機でしか体験できなかったような新しいソフト」といえば私は新・光神話パルテナの鏡が真っ先に思い浮かびます。ゲーム博物館には12位でランクインしてますね。
TPSのようなゲーム画面ですが、その本質はまったく別物。あえて例えるなら"3D版スマブラ"。
あくまで個人的意見ですけれど、現在までに発売された3DSソフトの中では最も『3DS専用』でした。
マリオ3Dランドにも驚かされましたが、それ以上。立体視はこう使うのか、と。
機能がすべてゲーム性に直結していて、とてもじゃないですが他ハードでプレイする想像ができません。
『新しい遊び』を提供するのが新規ソフトの役割なら、十二分に新規ソフトだと感じました。

| 路傍の石 | 2012/04/22 05:49 | URL | ≫ EDIT

ある意味市場として成熟してきたのもあるかもしれませんね
シリーズモノを出し続けるだけで間が埋まってしまうという
後、やっぱり新規参入がないとそこら辺は中々・・・

個人的に、新規ゲーやりたいという欲望は
DLゲーで満たせてるので満足してはいますけど

| 現実ゲーム | 2012/04/22 17:45 | URL | ≫ EDIT

>直哉さん

>本体の購入に繋がるシリーズタイトルを任天堂側が頑張って揃えたような感じを自分は受けていました

 もちろんコレもあるし、日本のサードメーカーとしても3DSに生き残りの道を賭けたところもあったんだと思います。携帯機は海外メーカーが手薄ですからね。任天堂とサードの利益が一致したカンジで。そうしたソフトが安定して売れる市場も築けたし、今は健全と言えば健全な状態なんですよね。


>KGさん
>お母様にカグラを勧めてみてください。

 マジレスすると、ウチの母は巨乳が大嫌いなんです。
 「オマエの描く漫画は女の胸がデカすぎるところがダメだ」と言われるくらいなので(笑)。だから難しいかな~


>通りすがりさん
>個人的にはパルテナの鏡はそのゲーム機でしか遊べないゲームだと思う。

 仰りたいことは分かりますけど、それだと「じゃあシアトリズムは?」とか「じゃあプロジェクトミライは?」とか「マリオ3Dランドもマリオギャラクシーと別物だよね」とかの話になっちゃいますので(笑)。
 『パルテナ』、原作ソフトは日本だとそんなに知られていないとしても。ピット君のキャラは『スマブラX』で超メジャーになっているのでやっぱり「完全新規ソフト」と呼ぶのは抵抗あります。


>ほめぞうさん
>こうしてみると確かにジャンルをわけていますね。

 その話は今回の記事とはあんまり関係がありませんが、それも興味深い話です。
 『パルテナ』の企画を聞いたときに岩田さんは「任天堂からは出てこないようなソフトだ」と通したという話ですし、似たようなソフトで埋め尽くさないように考えられた順番になっていますよね。


>路傍の石さん
>そういう意味で、一年目の市場はどうしても分母が小さくなりますから、新規作を出すには辛いかもしれないですね。

 ただ、Vitaは逆に新規ソフトが頑張っている印象があります。
 『GRAVITY DAZE』『地獄の軍団』『墨鬼』……まぁ、逆に言うと大作シリーズソフトが少ないことが苦戦の原因とも言えるんで、路傍の石さんが仰っているように初期はシリーズソフトでどんと普及させることが第一だったのかもですね。Wiiのようなのは例外中の例外で。


>現実ゲームさん
>個人的に、新規ゲーやりたいという欲望はDLゲーで満たせてるので満足してはいますけど

 そうそう。この記事に書くつもりだったのにすっかり忘れてしまっていたことに、DSiウェアの存在もありました。eShopでの扱いで息を吹き返して今や「3DS用に売っている」のと言っても過言じゃないですし、聞いたことのないメーカーのよく分からないソフトで溢れている場所ですよね。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/04/22 19:30 | URL | ≫ EDIT

そもそも新規新規うるさい奴ってWiiのサードの新規作完全無視だったくせに
今の3DSの何が不満なのかわからん
大体客がそんなに新規作大好きならWiiのサードはあんなに苦戦してないっての
なんせサードの有名タイトル9割方ハブられてんだからなWiiは

| ああああ | 2012/04/23 01:07 | URL |

「新・光神話パルテナの鏡」は公式ページが充実してるっぽい。
あれ見た感じじゃ「罪と罰 ~地球の継承者~」ってのを思い出します。
でもあれは末期の名作な形で評価されてるような気がするのです。

一方、VITAはグラビティデイズがどういう立ち位置かいまいち理解しにくいのですが、ファンタジーモノやRPGの大作でないとキラーソフトにならない、というのならサードはもう今まで通りの看板タイトルで挑むしかないと言ってるようなものです。

今のPS3、PS VITA勢にそんな余力があるとは思えないのです。
かのリチャード・ギャリオット氏が「ゲームも次あたりのハードで終わる」的な話をしていたのがどうにも気がかりです。というか3DSの話から逸れましたがすいません。

| ほめぞう | 2012/04/23 18:53 | URL |

>ああああさん

>そもそも新規新規うるさい奴ってWiiのサードの新規作完全無視だったくせに今の3DSの何が不満なのかわからん

 そもそも「3DSには新規ソフトがないから不満」って言っている人って多いですかね。私は見たことないです。
 念のため言っておきますと、この記事はそういうことを書いているワケじゃないですからね。読めばわかりますけど。


>ほめぞうさん
>一方、VITAはグラビティデイズがどういう立ち位置かいまいち理解しにくいのですが

 『GRAVITY DAZE』はVitaの新規ソフトで評判も良く、売上げもVitaソフトでは現在4位と頑張っています。
 ただ、ただでさえ3Dアクションはキラーソフトになりづらいので本体牽引できるソフトでは……というカンジですかね。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/04/23 19:34 | URL | ≫ EDIT

キラーコンテンツという言葉で思い出したのですが、業界関係者や雑誌編集者のいう
キラーコンテンツあるいはキラーソフトってなんなんでしょうね。

後になって売れた、あるいは短期間で芽が出たものに対して彼ら自身が
賞賛してお墨付きを与えればいい、と思っている節があります。
ここの話に出ているように、「売上げランキングに載らないところで活躍しているから。」という
視点が大事だと思います。

| ほめぞう | 2012/04/23 20:55 | URL |

>ほめぞうさん

>キラーコンテンツあるいはキラーソフトってなんなんでしょうね。

 ここで話している「キラーソフト」という言葉は「そのソフト目当てに本体を購入させたソフト」という意味なのである程度のデータは出ていると思います。「後になって」と言うか「実績をあげたソフト」に使われる言葉ですから、「後出しで言っているだけだ」と言われるとそりゃそうだとしか……

| やまなしレイ(管理人) | 2012/04/24 19:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1385-80747ef6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT