やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Wii Uの2本柱は『NewスーパーマリオブラザーズU』と『ニンテンドーランド』!

 E3開催中。
 任天堂のプリゼンテーションには色々と思ったところがあるのですが、それは最後に書くとして……まずは、この1年間Wii Uに向けて様々な予想記事を書いてきた自分として、答え合わせのようなこともしなきゃなと思います。


 今年の5月3日に書いた記事です。
 Wii U本体と同時発売ソフトを予想する!!


 この記事では任天堂の新型ゲーム機発売時には「2本柱となるソフト」があるという過去の裏づけから、以下のように予想をしていました。


【本命】
・シリーズソフト:『NewマリオMii』
・新規ソフト:あのコントローラを使った対戦ゲーム

【対抗】
・シリーズソフト:『Wii Sports』の続編
・新規ソフト:あのコントローラを使った一人用ゲーム



 結果は、「本命」はほぼ的中。「対抗」もそれなりに被っている―――というところでした。



 今回のプリゼンテーションで時間を割いて紹介された任天堂のWii Uソフトは以下の5本です。

ピクミン3
NewスーパーマリオブラザーズU
SiNG
Wii Fit U
ニンテンドーランド


 この内、『マリオ』は「本体同時発売ソフトとして計画されていた」ことが社長が訊くによると分かりますし、『ニンテンドーランド』は「WiiにおけるWii Sportsのような位置づけのソフト」と明言されています。
 他の3本も気になるソフトですし、なるべく早く発売して欲しいところですが(特にWii Fit Uは切実に早く頼みます!)、ソフトを集中させ過ぎたWiiの経験からWii Uではある程度分散させていくんじゃないかと予想します。



 ということで、Wii Uの2本柱は『NewスーパーマリオブラザーズU』と『ニンテンドーランド』で間違いないだろうと。



○ 正統進化『NewスーパーマリオブラザーズU』
 昨年のE3でお披露目された『NewスーパーマリオブラザーズMii』が正式名称として発表されました。

 お馴染みのゲームが「新型ゲーム機」でどう変わるのか?がこのソフトの存在意義なので、前作から比べて大きな変化のあるゲームには見えないんですよね。前作と同じように4人協力プレイ、解像度が上がったことによるキレイな映像、あと「ムササビマリオ」や「膨らむチビヨッシー」とか。

 だから、パッと見は変わり映えのしないゲームですよね。
 これは『スーパーマリオワールド』の時だって言われてました。『マリオ3』と変わらんじゃんって。


 このゲームの変化というのは、根幹部分ではなく。

 「Wii Uゲームパッド」を使ったアシストプレイ(『マリオギャラクシー』みたいなアレ)や。
 テレビを使わなくても「Wii Uゲームパッド」だけで遊べるとか。
 Miiが使えるとか。
 ミーバースを使って他のプレイヤーとコミュニケーションを取れる。

 と言った“装飾部分”になるのだと思います。
 多分、「Wii Uゲームパッド」を使ったまだ明かされていない仕掛けとかもあるんでしょうね。



 これを「安定」と見るか、「停滞」と見るかは、まぁ人それぞれでしょうけど。
 新型ゲーム機の立ち上げとしては、確かにコレ以上の弾丸はないだろうなと思います。




○ 「Wii Uゲームパッド」を使った12コのゲーム集『ニンテンドーランド』
 江口さんのプレゼンがグッダグダだったとか、時間配分がアレだったとか、言いたいことはあるんですけど……自分はまず真っ先に「上手い切り口を考えたな」と思いました。


 ここで出てきたゲーム集って去年のE3で見せられたコンセプト映像や試遊デモに出てきたゲーム達なんです。
 あのゲーム達を集めたゲーム集ゲームが出ることは想像出来ていたので、自分は5月3日の記事でこんなことを書いていました。


<以下、引用>
 昨年のE3で発表されたコンセプト映像とか、現地で行われた試遊デモのような、様々なゲームを1本に合わせたゲーム集というのが一番可能性がありそうなんですが。

 正直、“ただ単に寄せ集めただけのミニゲーム集”にはもはやそんなに神通力がないとも思うんですよね。『Wiiリモコンプラスバラエティ』の売上げなんかもそうでしたけど。
 ゲーム集には「こういうコンセプトで集まったゲーム達です」みたいなイメージのしやすさが大事で、それを提案出来るかが鍵じゃないかなと思います。
</ここまで>



 これが出来ていたのは『Wii Sports』ですよね。「Wiiリモコンを使ったスポーツゲーム」集。
 出来ていなかったのは『Wiiリモコンプラスバラエティ』です。「Wiiリモコンプラスを使った色んなゲーム」集。“色んなゲーム”ではイメージがしづらかったんです。


 『ニンテンドーランド』はこれを「過去の任天堂タイトルを使ったテーマパーク」というガワを被せることで成立させてしまいました。なので「上手い!」と正直膝を打ちましたよ。


 ちなみに、映像から確認できるアイコンから収録される任天堂タイトルはある程度推測できます。
 ちゃんと12コ全部見えるように、長々と広場の映像を見せてくれましたし、岩田社長も「予想してください」と言っていましたからね。


・トライフォース(ゼルダ)← 昨年『バトルMii』として試遊されてたヤツ?
・たまご(ヨッシー?)
・花
・オクトパス(ゲーム&ウォッチ)
・何かぶら下がっているヤツ…公式サイトで花とたまごの間にあるアイコン。何の絵?
→ サムスのヘルメットみたいです(メトロイド)
・橋?(初代ドンキー?)← コントローラを傾けて遊ぶ一人用ゲーム
・手裏剣(謎の村雨城)← 昨年のコンセプト映像に出ていた手裏剣ゲーム
・葉っぱ(ぶつ森)← 昨年『チェイスMii』として試遊されていたヤツ?
・おばけ?(ルイージ)← これも昨年『チェイスMii』として試遊されていたヤツに近い
・ロケット?(スターフォックス?)
・風船?(バルーンファイト?)
・マリオの帽子(マリオ)


 今年のE3で試遊されているのは「ゼルダ」「ドンキー」「村雨城」「ぶつ森」「ルイージ」の5本。
 昨年の『チェイスMii』とは仕様が逆になっているけど、「ぶつ森」の追いかけっこはそれを仕上げたものだし、「ルイージ」のもその応用という気がします。「ゼルダ」はどういうゲームか分かりませんけど画面は『バトルMii』のソレに随分と似ています。


 アイコンでよく分からないのは、ぶら下がっている風のヤツ。
 アレは一体何の絵で、何のゲームのアイコンなんでしょうか……ちなみにこの12本のソフトはどうやら任天堂内製のラインナップみたいですね。
 『カービィ』(HAL研)や『ファイアーエムブレム』(インテリジェントシステムズ)のようにデベロッパーにも権利のあるソフトは入っていないみたいです。『どうぶつの森』の家具なんかもこの辺が区別されていますよね、という豆知識。



 「社長が訊く」によると、12本のゲームの内「半分が多人数プレイ用ゲーム」「半分が一人用ゲーム」にしてあるみたいです。プリゼンテーションだと多人数プレイを前面に押し出しすぎて、それが伝わっていないんじゃって思っちゃいますね……



-19時追記-
 「何の絵だか分からない」と書いていた絵ですが、他の人の感想を読んだら「サムスのアイコンがあった」と書かれていて分かりました。そうか、青地に白だったか。


ファミコンミニ 謎の村雨城ファミコンミニ 謎の村雨城

任天堂 2004-08-10
売り上げランキング : 14179

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さて……
 今年のE3のプリゼンテーションを見て思ったのは、「サードメーカーに気を使っているなあ」ということでした。『バットマン』『レゴ』『ジャストダンス』『スクリブルノーツ』『ゾンビU』――――サードメーカーのソフトに結構な時間を割いていましたし、それぞれタイプが異なるソフトでした。


 今度の機種は「任天堂タイトルしかない!」なんて言われないようにしていますよ。
 こんなにバラエティ豊かなソフトがサードメーカーさんから出ますよ。


 2010年の3DS発表の時と随分似ていますよね。
 ただ、3DSの時は「日本のサードメーカー」がほとんどで、Wii Uでは「海外のサードメーカー」がほとんどでした。おかげで日本人としては「なんか知らないし興味ないソフトばっかだったな……」という印象のプリゼンテーションになってしまったのは仕方ないですね。海外のソフトは日本で出るかすら分かりませんし、任天堂のソフトの内2本が2D『マリオ』で『ルイージマンション』も2回出てきましたし。



 個人的には、『Wii Fit U』は絶対に買いますけど他はまだ様子見かなーというところです。
 『ニンテンドーランド』は発表済みの5本はそれほど惹かれていませんが、この手のゲームは「1つハマるゲームがあるとそればっかりやってしまう」ので残りの7本次第です。『Wii Fit Plus』でも延々と「サイクリング」と「パレード」ばっかやってました自分。

 『NewマリオU』は「キャラにMiiが使える」ところは魅力ですね。最初から使えるかは分かりませんが。
 3DSで配信されているニッキーとか岩田社長とか松岡さんのMiiで『マリオ』が遊べるということじゃないですか!『Miiコンテストチャンネル』みたいなことをWii Uでもやってくれるなら、トロとかスネークとかナルトとかで『マリオ』が遊べるということじゃないですか!
 やってくれ『Miiコンテストチャンネル2』!



 この辺の不満が出てくることを考慮してか、任天堂公式Twitterでは「日本に向けたラインナップ発表は別の機会に行う」と言われていました。

<以下、引用>
 日本向けのサードパーティソフトのラインナップは、機会を改めて、ハード発売日や価格などの発表と共に、ご紹介したいと思っていますので、よろしくお願いします。
</ここまで>


<以下、引用>
 日本向けのニンテンドー3DSの今後の展開については、改めて、ニンテンドーダイレクトでお伝えしたいと思います。
</ここまで>




 Wii Uに関して言うと、日本のサードメーカーのソフトが大量に発表されるのは9月の東京ゲームショーでしょうし。それに先駆けて行われるであろう「Wii U Preview(仮称)」こそが日本のユーザーにとっては本番かなというところ。そこで細かい仕様やラインナップも発表されるでしょうしね。

 今度はまた9月まで生殺しですか!

| ゲーム雑記 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1405-ad9bd98f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT