やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012年6月のまとめ

 前回のブログ記事
 書き上げてすぐに公開したつもりが、うっかり「下書き」にしたままずっと気付かず半日後まで放置という初心者みたいなミスをしてしまいました。1407本も記事書いておいて!未だにこんな凡ミスするのか!


 というワケで、この記事が1408本目なのですが……1500本目になったら、1000本記念の時にやったような「記事傑作選」をまたやろうかなと企んでいます。およそ100本後、2日に1本記事を書いても200日後。つい最近のようにしばらく休んだりする日を考えれば300日後くらい?今から気にするような話でもありませんでした。



 それに関連するようなしないような話。
 漫画を描くのもそうだし、ブログ記事を書くのもそうなんですけど、「量産出来るかどうか」って大事だよなと考えている昨今です。それはビジネスになるかどうかという話になる以前に、「1年に10本描ける人」と「1年に1本しかかけない人」では1本辺りの重みが全然違っていて、後者の人は1本に全力を注ぎ過ぎてしまうよなーと。

 「全力を注ぐならイイんじゃないの?」と思われるかも知れませんけど、1本に集中すればするほど「万人に受け入れられたい」「確実なものを作りたい」「みんなを喜ばすものにしたい」と思ってしまいがちで―――「100人中99人はなんじゃこれって思っちゃうけど、1人にはすごく響く」みたいなものが出来づらいよな、と。


 1407本もブログ記事を書いただけあって、自分にとってブログは「量産出来る場所」で、だからこそ好き勝手思ったことをやりたい放題書けるんだよなーという話でした。


RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2011-07-23
売り上げランキング : 336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  「2012年6月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」か「記事URL」をクリックして下さいな。




<創作活動>
・投稿用漫画は全42ページ完成


 そうだ!前回の記事で書くのを思いっきり忘れてたんですが、前作の漫画のWEB公開はちょっと遅れそうです。何かね……色々と手違い的なことを仕出かしてしまったというか、何というか。説明が難しいんですが、早くても秋頃まで漫画の公開はないと思います。


 今月完成させた42ページの新作は……前の記事に書いたように「いつもの倍のスピードで」完成させたため、あっという間に終わってしまったカンジで、どうも現実に終わったという実感がまだないのです。今までがじっくりと時間をかけすぎていただけなんですけど、「量産させる」ってこういうことなんだと寂しいような怖いような。



<ブログ・ホームページ>
・今月はほぼ休み状態でした


 更新を楽しみにしてくださる皆様には申し訳ありませんでした。
 来月は中旬くらいまでは頑張りますよ!




<娯楽>
・春アニメは『氷菓』『Fate/Zero』『アクセルワールド』の3本でしたが……
・『氷菓』は大絶賛、このアニメを観るために一週間頑張っています
・『Fate/Zero』は「うーむ……」
・『アクセルワールド』はある意味スゴイというか何というか
・ゲームはやる時間がなかったのだけど……母のために購入した『A列車DS』をチョコチョコと



 まずは『氷菓』から。
 先月のここの欄で「これってアニメ化に向いていない原作だったんじゃないかな……」とか書いちゃいましたけど、撤回してお詫びして靴の裏を舐めて千反田さんのワキの下を舐め回したいです。とにかく、「6月に入ってから超面白かったです」と言いたいのです。

 7話の姉妹の話が良かったよね!
 兄弟姉妹に憧れる千反田さんと、善名姉妹の現実の話がクロスしていって―――あのラスト!あのラストには美しさと爽やかさと達成感すら感じました。全く姉妹ってサイコーですね!(結局はそこか)

 その1話を堪能させてもらってからは作品自体への思い入れも変わったので、一つ一つの描写が愛おしく感じて、それからの話はすごく面白かったです。「作品を好きになる」ってこういうことなんだなぁと。

 「この作品、わざわざ京アニがアニメ化するほどのものでもなかったんじゃないの?」とか偉そうなこと思っていましたが、映画編は京アニの変態的ディティールの細かさが大発揮されていましたし、素晴らしい形での映像化だったと思います。


 んっと……このアニメって2クールですよね?
 すっげぇ面白くなってきたところなので今後も楽しみですし、当然7月からも視聴確定です。



 『Fate/Zero』は……何て言っていいのやら、というところ。
 ざっくり言っちゃえば「あんまり面白くなかったです」で終わっちゃうのですが、何故面白くないのかという説明が大変というか。

 自分は『Fate/stay night』をアニメ版でしか観ていませんし愛着もほとんどなかったのでほとんど気付かなかったんですが、この『Fate/Zero』はいわゆる「エピソード1」的なもののため、原作『Fate/stay night』やスピンオフ作品で既に描写されてしまっていることからは逸脱できないんですよね。

 「ビル爆破」とか「○○は××と戦って消耗した状態で△△に破れる」とか、恐ろしい量の「決め事」の中で物語が進行していたそうな。
 この『Fate』シリーズが大好きな人からすると「それらの設定がちゃんと繋がって物語になっている!」だけで面白いでしょうし、すごさを感じると思うのでしょうが………私のようにシリーズに全く思い入れのない人間からすれば、既に起こった歴史的事実を一つ一つ繋げて物語の体をとっているだけで「登場人物の行動に人間味を感じない」ものでした。

 まぁ、そりゃ「エピソード1」ものはそういうものですし、シリーズファン以外はそういう反応になるだろうって自分でも思うのですが。第1話を観た時のあのワクワク感を思い出すに、あそこが一番テンション上がっていたなぁと遠い目をしてしまうのです。




 『アクセルワールド』はキャラにも世界観にも全く愛着が湧かないし、先が気になる展開でもないから録画した番組を再生する前は全然テンション上がらないんですけど、実際に観ると毎週30分の間でそれなりに興奮してそれなりに楽しませてもらえるという、なんか不思議なアニメです。

 ストーリー(原作)は肌に合わなくても、アニメ(演出)として自分に合っているというところですかね。

 よって、「いつでも脱落してもイイし、このまま見続けてもイイ」みたいな状況で。
 夏開始アニメのラインナップ次第では脱落するかもです。




 ゲームの話。
 今月は忙しくてあまりゲームをやる時間がなかったのですが、来月に出る『カルチョビット』に向けて色々と整理していたところです。
 『ラストストーリー』を始めたのも「カルチョビットの前に積みゲーを減らしたい」という理由だったので、漫画の完成後~『カルチョビット』発売までにクリアしたかったのですが。

 漫画の完成が1週間遅れたのと、『カルチョビット』の体験版が出てしまったので頓挫しました。

 目標を「WiiUが出るまでにクリア出来たらいいな」に切り替えました(え)。
 ゲームとしては面白いですし、自分が遊んだゲームの中で言えば「Wiiの一人用のゲームではトップクラス」に気に入っているんですが(『トワイライトプリンセス』や『レギンレイヴ』がイマイチだった自分の感性なので世間からズレていることは承知しています)――――据置機でRPGをプレイするってのがホント大変でね。

 2ヶ月間で7時間しか進んでなかったのですよ……



 『カルチョビット』は3DSソフトなのですが、現在自分の3DSは『牧場物語』をプレイするために母に半分貸しているような状況なので、3DSを取り返すべくDSソフト『A列車で行こうDS』を与えてみました。その時はまだ3DSLLが発表されてなかったんですよ……

 自分もちょこっとプレイして、母もプレイしていての感想ですが―――
 チュートリアルマップの最初の面は「駅」「線路」「列車」しか作れないので面白くないです。しかし、次の面から「道路」とか「バス」とかを作れるようになって、都市計画を任されるようになってグンと面白くなってきました。
 最初は「こんなにたくさんのこと覚えきれない」とウンザリしていた母ですが、徐々にハマって来たみたいです。シミュレーションゲーム初挑戦なので、これにハマると今後は選択肢が増えそうで、「頑張ってくれA列車!」と思っているところです(笑)。


A列車で行こうDS ナビゲーションパックA列車で行こうDS ナビゲーションパック

アートディンク 2010-12-09
売り上げランキング : 2043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 夏ですね!
 3ヶ月に1度の楽しみ「来季のアニメ、何を見ようか!」とワクワクする時期ですよーーー!


 ということで、自分の「視聴予定ラインナップ」を晒します。



○ 『TARI TARI』公式サイト>(TVK、7/1~、日曜22:30~)

 今自分が最も好きなアニメ制作会社P.A.WORKS最新作品。
 江ノ島を舞台にした女子高生3人による合唱青春アニメだそうな。

 何だろう、この「絶対安全牌」みたいな組み合わせは……
 超つまらないということはないだろうけど、想像を上回るほど面白くもなりそうにはない設定のような……でもまぁ、大好きな会社の新作なので楽しみにしています。


○ 『人類は衰退しました』公式サイト>(TVK、7/1~、日曜24:00~)

 田中ロミオ氏のライトノベルが原作。
 名前は聞いたことがあるけど、名前しか聞いたことがない作品なので、余計な情報は入れずに1話だけでも観てみようかなと。


○ 『ゆるゆり♪♪』公式サイト>(テレビ東京、7/2~、月曜26:00~)

 まさかの「1期を観ていないのに2期から視聴」しようとしているという。
 1期は1話だけ観てやめちゃったんですけど、2期はどうやら「主人公のことを溺愛しているお姉ちゃん」が出てくるそうなので、姉妹好きとしてはそのお姉ちゃんが出てくるまでは観ようかなっと。しかし、2期からで大丈夫かね。


○ 『夏雪ランデブー』公式サイト>(フジテレビ、7/5~、木曜25:15~)

 ノイタミナ枠。原作はヤング女性向け雑誌の漫画らしく、ちょっとあらすじを読んでみたらすげー面白そうだったので選んでみました(ネタバレになるからあらすじは書きません、情報なしで1話観た方が面白いかも)。

 他のラインナップが「女子中学生や女子高生が集まってキャピキャピするもの」が多いので、こういうのも入れて精神的バランスを取ろうかなと(笑)




 この4つに春アニメの2本(『氷菓』と『アクセルワールド』)を足して6本、これを最終的に3本に絞ろうと思います。『氷菓』を切ることはもうないと思うので、実質5つの中から2つを選ぶということになるかな。もしこれ以外にオススメの作品があったら、第1話が始まる前に教えてくださるとありがたいです。



ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)
なもり

一迅社 2009-07-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 16:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

楽しみに待ってたけど、忘れてたw

6月はじめの頃は更新待ってたんですが、
2週間ぐらい更新なかったのでブログの存在を忘れてましたw

と言うか、交換日記が来ていたので、別にそれでいいかー…と。w


交換日記の寂しいところはやまなしさんと共通フレいないから他の人のフレの感想が読めないことぐらいかな…

と言っても今フレ97人なんですがw

| 直哉 | 2012/06/30 18:31 | URL |

>直哉さん

 自分は定期的に更新しなくなる時期があるので、よろしくですー。

>と言っても今フレ97人なんですがw
 自分も目標人数達しちゃったんで募集打ち切っちゃってますが、こうもフレが被らないというのも面白い現象ですよねw

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/01 21:23 | URL | ≫ EDIT

加速が足りない……!

>アクセルワールド
 原作ファンですが、奇しくもほとんど同じ気分です。
 いっそつまらなかったら相性が悪かったんだなと諦めますけど、割り切れない水準をギリギリ維持してるのが困りもので。

 てか原作の方はむしろ、キャラと世界観が魅力なんですけどね……。
 これに関しては設定を詳細にセリフで説明してたらくどいでしょうし、キャラも小説通りにアニメで描写してたら鬱陶しいでしょうから、簡略化して正解だろうと受け止めています。
(でも「バックドア」の意味を説明すらしなかったのは驚きました。まさかあんな引き方しといて、解説なしのまま分投げるとは)

 どちらかといえばアクションやバトル描写こそ、もうちょっと頑張ってほしいところですね。それこそ小説ではどうしても表現しきれず、かつアニメに向いている部分のはずですから。
 正直ドラマ要素へ中途半端に色気を残さず、もっとバトルに特化するくらいの方がアニメとしては盛り上がったと思うのですが。
 ここ数回、戦闘描写すら腰砕けになっているのがとても残念でなりません。特に強敵がちっとも強敵っぽく見えず、まるで緊張感が伝わってこないあたり。

| kanata | 2012/07/01 23:59 | URL | ≫ EDIT

>kanataさん

 なるほど。原作ファンはどう思っているのかなーと気になっていたので御意見ありがたいです!

 自分はアクション部分はほとんど楽しめていなくて、ドラマ部分というかところどころの熱い台詞回しなどを楽しんでいるので―――アニメ化に際してどこに力を入れればファンは喜ぶのか新規が楽しめるかのバランスって難しいんだなーって思いました。小説原作の場合は漫画原作以上に、情報量が全然違いますしね。

>でも「バックドア」の意味を説明すらしなかったのは驚きました。まさかあんな引き方しといて、解説なしのまま分投げるとは
 あ、やっぱり。
 「あれ?俺、その説明を聞き逃したのかな?」と今の今まで思っていました(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/02 20:17 | URL | ≫ EDIT

>来月は中旬くらいまでは頑張りますよ!
記事楽しみなので中旬と言わずもっと頑張って欲しいです!

夏期アニメはソードアートオンラインをお勧めします。同作者のアクセルワールドと違って、「どうしてこの人達はこのゲームに必死になっているんだろう……」と思うことはないかと。
氷菓は原作の方も追って読むといいですよー。京アニの凄さが分かります。
セリフだらけの原作では描写されていない風景やらを京アニは上手く表現しているなと感心しますよ。

| taida | 2012/07/03 16:01 | URL |

>taidaさん

>記事楽しみなので中旬と言わずもっと頑張って欲しいです!

 追い込みの時期は毎回死力を尽くす事態に陥ってブログの更新がとまってしまうのですが、今回はそうならないように頑張ります(笑)

>夏期アニメはソードアートオンラインをお勧めします。

 オススメされたんで第1話だけでも観てみようと思います。
 自分も気になっていたんですが、どうも最近アニプレ作品は自分に合わないので候補から外していました。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/03 20:17 | URL | ≫ EDIT

ネタバレを嫌う視聴者は、ググることもできないわけで……

 お返事ありがとうございます。こちらも未読の視聴者はどう感じているか興味があったので、とても参考になりました。

 ドラマ部分の魅力はこの形でも、充分に感じ取れる形ではあるようですね。
 さまざまな要素がかなり薄められたり、性急になってしまっていて心配だったのですが。
(筋書きそのものはさほど変わっていません。ただ文章量によるコントロールがはぎ取られた結果、先輩が異様に惚れっぽく見えたり、例の鎧があっさり倒されたように見えてしまったのはちと残念)

 なお「バックドア」に関してですが、これ実在のハッキング用語なのだそうです。
 コンピュータの内部に仕掛け、内側から侵入経路をこじ開けさせる類のウィルスだとか。

 作中の設定としてはこれで被害者の着けている生体コンピュータへ忍び込み、そこを足掛かりに学校のローカルネットワークまでアクセスしていたという理屈ですね。

 またあの生体コンピュータは五感の補助機能も備えているため、バックドアから私生活を覗き見ることもできる、という。
 ゆえに被害者が知った事柄を、犯人も同時に知覚して行動できたわけです。(実に最低のストーキング行為……)

 正直あまり一般的な用語ではないと思われますが、おそらく「怪しいウィルスを仕込みなんとかした」ことさえ伝われば充分と判断されたのでしょうね。
 ただこの単語に関しては、説明すべきだったように思います。でないと、何でゲーム外の人間関係でまであんな深刻そうな話をしてたのか通じませんし。

| kanata | 2012/07/06 23:16 | URL |

>kanataさん

>先輩が異様に惚れっぽく見えたり、例の鎧があっさり倒されたように見えてしまったのは

 原作では違うのか!
 正直、先輩のそういう描写が自分がハルユキに感情移入できない要因にもなったので、その辺は失敗しているカンジですね。タクムとの描写とかニコとの描写は満足だったんですが。

>正直あまり一般的な用語ではないと思われますが、おそらく「怪しいウィルスを仕込みなんとかした」ことさえ伝われば充分と判断されたのでしょうね。

 確かになんとなくそんなカンジなんだろうなとは分かったんですけど。
 ハルユキ「これは!バックドア!」→視聴者「なんだってーーー」→来週へ続く としなきゃならんかったところを
 ハルユキ「これは!バックドア!」→視聴者「なに…それ…」→来週へ続く となってしまったので、引きとしてはかなり失敗していると思いますねー。吉野さんは昔からその辺をイキオイで誤魔化してきた脚本家だったという気もしますが……

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/07 20:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1408-f37e3716

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT