やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「どれだけ描いても絵が上手くならない!」という人へ

 この手の記事は「別にオレ、そんな偉そうなこと言えた立場でもないよな……」と書くのを躊躇ってしまうのですが、今日はまぁ「自戒」も込めて書こうかなと思います。自分も含めた「絵が上手くなりたい!」と思っている全ての人に向けて。



 絵が上手い人に「どうすれば絵が上手くなるんですか?」と訊くと、大抵「描き続けること」「とにかくたくさん描くこと」と言われます。結局は日々の努力しかない、確かにその通りだと思います。

 しかし、言われた通りに描き続けたとしても、みんながみんな上手くなれるワケではありませんよね。
 「描き続けているのに上手くならない!」「才能がない人間がどんなに努力しても上達しないんじゃないか!」「絵が上手い人にはそれが分からんのです!」、そういう声はよく見かけます。自分もそんな風に悩むことがあります。



 この話、「才能」か「努力」か―――って問題に思ってしまう人が多いでしょうが。
 実は根本から間違っているんじゃないかと思うのです。






 「描き続けているのに上手くならない!」と嘆いている人も、実は"上手くなっている”んじゃないのか?

 自分の実力を客観視するのは、どんな分野でも難しいです。
 部活スポーツなんかだと「地方大会○回戦まで進みました」「県大会まで行きました」みたいな基準がありますけど、絵の場合は(特に初心者は)そういう基準がありませんから自分が今どのくらいのレベルなのか分からないと思うんです。


 「いやいや、やまなし君。オレは本当に絵が上手くなっていないよ。ほら見てみ、オレの絵と○○先生の絵を見れば一目瞭然じゃないかよ」というもう一人の私の声が脳内に響いてきたので、これからカウンセリングを受けてこようと思うのですが、その前にこの記事を書き上げていきます。


 それは比べる対象(目標設定)が高すぎるんです。

 初心者はレベル1からレベル2に上がるかどうかって段階なんです。
 それをいきなり「竜王を倒せるか」という基準で考えてしまうと、最低でもレベル20はないと竜王退治は難しいですから、レベル1もレベル2も大差ないように思えてしまって「俺、全然強くなってない!」と勘違いしてしまうんです。

 初心者が最初に持つべき目標は「スライムベスを倒せるか」なんです。
 これならばレベル1からレベル2に上がったことを実感出来ますし、スライムベスが倒せるようになったらおおさそりを目標にして、おおさそりを倒せるようになったらドロル、ドロルが倒せるようになったらリカント……といった感じに、その場その場に応じて、身の丈にあった目標を決めるというのが「上達のコツ」ではなくて「上達を実感するコツ」だと思うのです。


(関連記事:『ドラゴンクエスト1』のレベル1→レベル2→レベル3の「強くなった」感は半端ない


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (Wii USBメモリー16GB同梱版) (封入特典:ゲーム内アイテムのモーモンのぼうし同梱)ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (Wii USBメモリー16GB同梱版) (封入特典:ゲーム内アイテムのモーモンのぼうし同梱)

任天堂 2012-08-02
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ドラクエの例えついでに、もう一つ重要なことを。

 絵って基本的に「描いたことがあるものは描ける」けど「描いたことがないものはなかなか描けない」ものだと思います。「描き続けているのに絵が上手くならない!」場合、「何を描いているか」が問題じゃないかと思われます。

 人間ばかりを描いても風景の絵は上手くなりませんし、銃器ばかりを描いても動物の絵は上手くなりません。
 いやもちろん「線の技術」とか「デッサン力」とかは付きますし、全く上手くならないワケじゃないんですけど―――経験値は溜まっているからレベルは上がるけど、スキルポイントの割り振りを間違えているからお目当ての特技を全く覚えない、みたいな状況に似ているんです。


 どれだけ盾スキルにポイントを割り振っても剣の特技を覚えないように、女体ばかりをたくさん描いても背景を描くのは上手くならないんですよね。私は『ドラクエ』は『7』までしかやっていないために、何だろうこのふわっとした解説は(笑)。




 例えば「漫画家さんの画力」だけで言っても、「何を描くか」で必要なスキルは違います。

 格闘漫画だったら、戦っている二人の間合いを正確に表現するスキルが必要ですし。
 サッカー漫画だったら、選手達がどこに立っているかという「空間」を描くスキルが必要ですし。
 エロ漫画だったら、何より「エロイ表情」を描くスキルが必要です。


 どれも「人間を描く」スキルという共通の必要スキルはありますが、特化しているスキルは別々です。一線級のエロ漫画家さんにサッカー漫画を描かせても上手くはいかないでしょうし、サッカー漫画家さんに格闘漫画を描かせるのも最初は戸惑うことでしょう。




 「絵を描きたいなぁ」「絵が上手くなりたいなぁ」と漠然とした目標で絵を描く場合、スキルポイントをあらゆる項目に割り振って、何の特技も覚えていないという結果に陥ってしまいがちです。
 もちろん目標を高く持って「俺は何でも描ける人になりたいんだ!」という場合はそれしか道はありませんが、「女のコだけ描ければそれでいいんだ」って人や「猫だけ描ければそれでいいんだ」って人はそれに特化したそれを描くためだけの練習があるだろうって思うのです。





 逆に言うと、「全てが描けるようにならなければ絵が上手くなったとは言えない」のではないとも言えると思うんです。
 「描き続けているのに上手くならない!」と言っている人も、その人が描き続けている「そういう絵柄」の「そういう被写体」に限ればものすごく上手くなっていたり。出来上がった絵自体はさほど変わらなくても、描くスピードは上がっていたり。

 実はこっちのスキルポイントが結構溜まっているのに、溜まっていない項目を見て「オレ、全然上手くなってないなー」と嘆いてしまっている人―――これを読んでいる人の中にもいるんじゃないでしょうか。



 最近自分も1年半前に描いた自分の漫画を読み返す機会があったのですが、「うわーここは見てらんねえ!」ってところと「今とあんまり変わらないな」と思うところが分かれてて、その差はやはり「この1年半の間にスキルポイントを割り振っていた項目かどうか」という差でした。

 戦闘シーンとベタフラは今の方が断然上手いから、1年半前のは見るのが辛い、
 でも、風景とか建物の描写は今もあんまり変わってなかったです。



 ベタフラにばっかスキルポイント割り振ってもねぇ!


ヒューマン・モーション〈1〉赤ん坊・幼児・少年少女 (ヒューマン・モーション 1)ヒューマン・モーション〈1〉赤ん坊・幼児・少年少女 (ヒューマン・モーション 1)
丹治 匠 小野寺 廣信

グラフィック社 2010-09
売り上げランキング : 66309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

美少女マンガ&イラストで使える小中学生ポーズ集美少女マンガ&イラストで使える小中学生ポーズ集
増田 賢一 Chu→Boh編集部

海王社 2011-03
売り上げランキング : 155691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キャラポーズ資料集 女のコのからだ編キャラポーズ資料集 女のコのからだ編
ゴー・オフィス

グラフィック社 2011-02-10
売り上げランキング : 9049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なーるほどなー。
うん。自分も「特定のキャラの落書き」を描くのは随分上手くなったくせに、「そのキャラとかぶる要素の少ないキャラ」とか「背景」とか「ペン入れなど含めたきっちりした絵」とかぜんっぜん上手くなってないですからねぇ……もっと上手く割り振れ、俺。

| ああああ | 2012/07/02 22:01 | URL |

そこでPoserですよ!
たった一万円の課金で、ダーマの神殿からはじめられます

| ああああ | 2012/07/03 15:28 | URL |

>サッカー漫画家さんに格闘漫画を描かせるのも
キャプ翼の作者さんがボクシング漫画を描いてすぐ打ち切りになってたのを思い出しました。

| asyl | 2012/07/03 18:53 | URL |

>ああああさん

>自分も「特定のキャラの落書き」を描くのは随分上手くなったくせに、「そのキャラとかぶる要素の少ないキャラ」とか「背景」とか「ペン入れなど含めたきっちりした絵」とかぜんっぜん上手くなってないですからねぇ……

 自分みたいに「とりあえず全部の項目にスキルポイント振っておけ!」と秀でたものを作らなかった人間からすると、一芸であっても特化している項目がある人には憧れを抱いています。「超得意な1枚」が描けるだけでもすごいですからねー。


>ああああさん
>そこでPoserですよ!

 多分「絵が上手くなりたい!」と思っている人の欲は、そういうのでは満たされないと思います……


>asylさん
>キャプ翼の作者さんがボクシング漫画を描いてすぐ打ち切りになってたのを思い出しました。

 自分は結構好きだったんですけどね(笑)。
 ただ高橋先生の場合は『キャプ翼』がむしろ異例というか、「空間を描けなくても面白いサッカー漫画は描ける」をやっちゃったというか。むしろその方が当時の読者には受けたというか。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/03 20:11 | URL | ≫ EDIT

目から鱗でした。
どうやったら上達するかではなく
どうやったら上達に気付くか…
しかし3ヶ月近く描いてない自分にはそういう問題じゃなかった

>>「空間を描けなくても面白いサッカー漫画は描ける」をやっちゃったというか。

ルール知らなくて描いてたらしいですけど、それが世界中でサッカー選手を目指す子供を増やし続けていると…。
ポケモンもゲームボーイカラー隆盛の時に、なんと白黒で発売されて歴史的販売本数をほこったんですよね。
うーん、面白さって一体なんだ?
面白いってどういうこと?おしえてかみさま

| ああああ | 2012/07/18 16:31 | URL |

>ああああさん

>しかし3ヶ月近く描いてない自分にはそういう問題じゃなかった

 実を言うと、ある程度まで行くと「描かない時間をどう使うか」が大事になってくるんですが……
 そういう問題じゃないですね(笑)

>ポケモンもゲームボーイカラー隆盛の時に、なんと白黒で発売されて歴史的販売本数をほこったんですよね。

 全然ちがうぞーーーーーーー!

・1989年:ゲームボーイ発売
・1996年:ポケモン赤緑発売(もちろん白黒のみ)
・1998年:ゲームボーイカラー発売
・1999年:ポケモン金銀発売(カラー対応)

 もはや「過去のハード」になっていたゲームボーイ(というか携帯ゲーム機自体がもう終わりかけていた時期)にポケモン出して大ヒット→ゲームボーイ市場が復活→ゲームボーイブロスやゲームボーイライトなどの派生機が登場して、その中の一つゲームボーイカラーが大ヒット→ゲームボーイカラー対応の金銀が発売、という流れです。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/18 20:22 | URL | ≫ EDIT

>全然ちがうぞーーーーーーー!
>(というか携帯ゲーム機自体がもう終わりかけていた時期)

マジですか!ありがとうございます恥ず。
昔電撃王に「白黒でも面白いのを作れることを証明したゾ☆」みたいなこと書かれてまして、なるほどなっと変に勘違いしてました。

| ああああ | 2012/07/19 00:10 | URL |

>ああああさん

>「白黒でも面白いのを作れることを証明したゾ☆」

 当時は既にプレステやサターンが発売されていた時期ですから、「そんな中でも白黒のゲームボーイで」ってイミだったんでしょうね。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/19 19:52 | URL | ≫ EDIT

この記事を読んで元気をもらいました。
最近スランプ気味というか、自分の思った通りに描けないなぁと思っていたのですが、ちょっと自分のなかで自分の絵のハードルをあげていたのかもしれません。めがさめたようなきがしました。ありがとうございました。
ドラクエの例えはとても分かりやすかったですww

| コピック | 2013/07/23 00:28 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/12/15 21:11 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1409-b7d38aed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT