やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いじめは「善悪の価値観」が狂うことで生まれるんだと思う

 いじめに関する辛いニュースが起こる度に思い出す、さかなクンのコラムがあります。

 広い海へ出てみよう(東京海洋大客員助教授・さかなクン)


 自分はこのコラムに感動して、勇気をもらい、こういうことを伝えられるような人間になりたいと奮い立たされました。
 「さかなクン」なんて馴れ馴れしく呼べません。私にとって彼は「さかな様」です。しかし、「さかな様」と呼ぶとものすごくバカにしているみたいなので、やっぱり「さかなクン」と呼ぶことにします。



 「広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。」



 いじめ問題について、これほど的確に事態を表現した言葉があるかって思います。
 いじめは“閉鎖された狭い社会”の中で生まれます。学校の教室も、部活も、“せまい水槽”もそうです。つまりね、いじめというのは「いじめ加害者」にも「いじめ被害者」にも最大の原因はなく、「その環境」にこそ最大の原因があるんだと思うのです。



○ 悪人が「いじめ加害者」になるのではない、と思うべき
 今日の記事は落ち着いて読んで欲しいです。
 私は「いじめをした加害者」を擁護する気はありませんし、ちゃんとした形で罰せられるべきだと思っていますし、「いじめ加害者になると社会的な罰を負うことになる」という認識がちゃんと広まらなければならないと思っています。罰がなければ罪を食い止められないというのは寂しい話ですけど。


 それを前提にして。
 「いじめ加害者」は“生まれながらの悪人”がなるワケではなく、“普通の人”がいつの間にかなってしまうんだ―――と書かなきゃならんと思うのです。この記事を読んでいる貴方も、貴方の親しい人も、いつ加害者になるか分かりませんし、既になっているかも知れません。

 「いじめというのは滅多に起こらない特別なことで、いじめ加害者は極悪人で、まさか自分の身の回りの人が加害者になんかなるワケがない―――」という認識は間違っています。



 今回の辛い事件を受けてTwitterに流れてきた話で興味深かったPOSTがあって、
 学生時代に自分をいじめていたヤツに同窓会で会ったら、ソイツが「ウチらの時代にはイジメなんかなかったのに最近の子どもは酷いね!」と言っていた――――という話でした。


 いじめをしている人は自分のしている行為が「いじめ」だと認識していなかったり、
 いじめをしている人は自分のしている行為が「悪いこと」だと認識していなかったりするんです。



 世の中で起こっている「いじめ」の多くは、「むしろクラスのため」とか「むしろ部のため」とか「むしろ水槽のため」みたいなカンジに、「悪いこと」と認識していないどころか「良いこと」だと思って行われていることが往々にしてあると思うのです。


 まぁ……流石に今回ニュースになった件は度が過ぎていると思いますけど、
 いじめの入り口としてよく起こる「みんなで無視する」行為も、やっている当人達は「悪いこと」とも「いじめ」とも思っていなくて、「これでクラスのみんなが幸せになるだろう」くらいの認識じゃないかと思うのです。



 もちろんおかしい。
 外から見ると「クラスのみんながソイツを無視している」状況なんて異常だし、絶対に良くないし、「悪いこと」だと分かります。でも、中にいるとそれが分からなくなってくるんです。
 いじめがニュースとして取り上げられた際に、後から教師に話を聞くとよく出てくる「生徒同士でじゃれあっているだけだと思っていた」なんてのもまさにソレですよね。

 さかなクン言うところの「せまい水槽」の中では、独自の「善悪の価値観」が生まれ、徐々にそれが暴走していってしまうんです。広い世間の中では「悪いこと」として当然のように認知されている行為も、狭い閉鎖された社会の中では「悪いことではない」とみんなが認識してしまうことが起こるんです。善悪の価値観が狂ってしまうんです。



 いじめの例だと「いや、そんな酷いことは起こらない」と思う人も多いでしょうから、もっと誰にでも起こる軽い例で書きます。
 いつも遊んでいる友達グループだけど、今日はその中の一人が来なかった。そうすると残りの全員でソイツの陰口を言うんだけど、次にみんなで会った時にはわざわざそんな話はしない――――

 自分の身に置き換えて考えれば「それくらい別に悪いことじゃないよ」と思うでしょう。
 でも、貴方がファミレスに行って、後ろの席に座っている女子高生グループがこんな陰口大会をしていたら「女子高生怖い……(´・ω・`)」って思うでしょう。閉鎖された人間社会の中では「善悪の価値観」が独自の方向に狂っていき、悪いことが悪いこととして認識出来なくなることがあるんです。




 加えて言うならば、「いじめ」は中学生や高校生の間でだけ起こることではありません。
 「いじめ加害者は人間的に未熟な子どもだからいじめを引き起こしてしまうんだ」とは必ずしも言えないんです。

 職場にもいじめがあるところがあります、世界中の軍隊とか自衛隊なんかでもいじめはあると聞きます。日本古来の「村社会」にも独自の価値観でいじめと呼べるようなこともしていました。
 人間的に成熟した大人であっても、閉鎖された人間社会の中では「善悪の価値観」が狂ってしまい、いつの間にかいじめをしていた(けど本人はいじめだと認識していなかった)――――なんてことが起こるんです。



 「いじめ加害者」になるのは「悪人」だけだなんて思っちゃダメです。
 その閉鎖された人間社会の中では、知らず知らずの内に「いじめ加害者」になってしまう可能性が誰にだってあるんです。
もちろん私もそうです。いつ加害者になるか分かりませんし、既になっていた時期もあるかも知れません。


 新たな加害者を生み出さず、新たな被害者を生み出さないためには、「閉鎖された人間社会」に流動性を与えて、「善悪の価値観」が暴走しないようにすることが大事だと思います。だから、「いじめは悪いことだ」と言うことに意味があるんです。



 もちろん「閉鎖された人間社会」の中でもいじめが発生しない例はたくさんあります。
 それは「善悪の価値観」を暴走させないストッパーが働いたからで、ストッパーを機能させるためにも「いじめは悪いことだ」という普遍的な価値観を言い続けなきゃならないんです。



○ 「いじめ被害者」は愚かではない
 閉鎖された人間社会の中では独自の「善悪の価値観」が生まれてしまい、悪いことが悪いこととして認識されないことでいじめが生じてしまうことがある―――と書きました。


 それだけでも悲惨な状態ですが、更に辛いことに「いじめ被害者」の方にも狂いが生じてしまいます。
 「いじめ被害者」も“閉鎖された人間社会”の中の一員なので、価値観が狂ってしまい、つい「自分には価値がないんじゃないか」とか「生きてても意味がないんじゃないか」とか思ってしまうこともあるでしょう。

 でも、それは“閉鎖された人間社会”の中で暴走した価値観でしかないんです。


 いじめに合っていない人は、いじめ被害者の人に「そんな学校(職場)なんか行かなくて良いんだよ」とか「外の世界に出れば貴方にも価値があるって分かるから」と言います。その通りなんです。
 “閉鎖された人間社会”の外にいる人からすれば、そんなことは当たり前なんです。「貴方には価値がある」と。でも、中にいてしまうとそれが分からなくなってしまう。「自分には価値がないんじゃないか」と思ってしまう。


 中学・高校と酷いいじめに合っていた人も、大学生になって「何百人が一斉に受ける授業」とか「自分の好きに組める時間割」とか「サークルに入るのもバイトをするのも個人の自由」とかの“開放された空間”に驚いて、生きるのが楽しくなった―――なんて話も聞きます。


 貴方に価値がない―――なんて決め付けているのは、貴方を悪気もなくいじめているその異常な閉鎖社会だけなんですよ。だからみんな、「そんな学校になんて行かなくていいんだよ」と言うんです。


(関連記事:秋山澪に学ぶ「モテ/非モテ」学



さかなのなみださかなのなみだ
さかなクン

リヨン社 2007-05
売り上げランキング : 232959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 日本全体が“閉鎖された人間社会”になりつつある……?
 ここからは余談ですが……



 どうも最近、「日本全体」が“巨大な閉鎖社会”になりつつあるなぁと思っています。
 例えば「特定個人をターゲットにして袋叩きにしている一部のワイドショー」とか、
 例えば「イジメ加害者の実名や写真をインターネット上で拡散しようとしている人達」とか


 どちらも普通に考えれば「悪いこと」です。
 でも、やっている人達は「これは正義だ」と思ってやっているんです。「悪いヤツをこらしめている自分達は正しいんだ」的な。




 それ、「いじめ加害者」が「いじめ被害者」を「クラスのみんなのために」いじめをしているのと同じ理屈ですよ。暴走した「善悪の価値観」の中で自己を正当化しているだけです。昔からそうだったのかも知れませんが、最近は特にそれを感じます。

 インターネットが世に出てきた時、「世界中の人間と繋がれる!」「色んな価値観の人と仲良く出来る!」という期待がありました。しかし、結果インターネットは「日本全体を狭い閉鎖空間に閉じ込めてしまった」という気もするのです。

 日本はどうしても「日本=日本語圏」になってしまうところがありますし(本当はそれはイコールではないのですが)、インターネットの性質上「同じ趣味・同じ思想の人が集まりやすい」ところも大きかったのでしょう。同じ思想の人が集まった閉鎖社会をネット上に形成して、暴走した「善悪の価値観」で特定個人を攻撃する―――みたいなことをしょっちゅう目にして心を痛めてきました。




(関連記事:「漢字が読めない首相(笑)」という嘲笑に自分が思ったこと



 だからもう一度。
 もう一度書きます。


 「いじめ加害者」になるのは「悪人」だけだなんて思っちゃダメです。
 その閉鎖された人間社会の中では、知らず知らずの内に「いじめ加害者」になってしまう可能性が誰にだってあるんです。

| ひび雑記 | 18:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分はたくさんのひとが勧めるものには反感や疑問をいだく いわゆる天邪鬼的な
性質があるのですが、
多かれ少なかれみなそういう性質はあるんじゃないかと思って来ました。
でも、ネット上でのワイドショー的話題に対する「正義の叩き」とかをみていると
右に倣えな態度の人ばかりが目について
天邪鬼な人ってあまりいないのかなと不思議に思います。
私が見ている人たちが偏っているだけかもしれませんが…

| デキャンタ | 2012/07/10 20:31 | URL | ≫ EDIT

 ええと、感動しました。これ以上は、必要な言葉が何も思いつかないくらい。

| kanata | 2012/07/11 02:54 | URL |

>デキャンタさん

>でも、ネット上でのワイドショー的話題に対する「正義の叩き」とかをみていると右に倣えな態度の人ばかりが目について

 自分も天邪鬼人間だから分かりますけど、天邪鬼でいられるのは「一歩引いて外から見てるから」で、中に入っている人間だと自覚なしに流されてしまうんだと思います。だから逆に「自分は天邪鬼だからみんなに流されない」と思っている人ほど、自覚なしに流されてしまう危険性があるんじゃないかなと、自戒もこめて。


>kanataさん
 ありがとうございます。
 今日の記事が一人でも多くの人に届けばと願っています。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/11 19:47 | URL | ≫ EDIT

高校の頃だかに、偉そうに『アイツはダメだ頭悪い』とか、くっちゃくっちゃもの食べてて嫌がられてるヤツがいて、そいつが授業中答え間違うとクスクス笑いものにしてた雰囲気があり、それをいじめだとは考えもしませんでした。それ以上の発展はありませんでしたが、あれも『正義感のいじめ』に似たようなもんだったのかもなんて/大津市問題で警察や教育委員会を信用出来ず、正義感からくる制裁的行動を起こす人がいますが、まず行われるべきは警察や委員会の在り方や法の在り方への批判だったりするんでしょうね。人治国家じゃなくて法治国家ですし。まあたとえ未熟な未成年だといっても感情的には○してやりたい気にはなりますが、社会的には保護されるべきであり、いい大人が私的制裁などを加えるような秩序の乱れたことは非難されるべきなんでしょうね。

| ああああ | 2012/07/16 16:38 | URL |

風通しが悪いと空気が澱み、どこにでもありそうなちょっとした悪玉菌も除去されずに広まって全体を腐らせ空間内が腐敗しどろどろになる。適切な環境が整えられていれば熟成し納豆が作られたりもするが、多くの場合、熟せば熟すほどに悪臭を放ち、とても食べられないものが出来る。そしてもし、その中にずっといれば、悪臭に慣れて、悪臭を悪臭だとも、腐敗を腐敗だとも、気付くことが出来ない
かなーと。

| ああああ | 2012/07/16 17:00 | URL |

>ああああさん

>あれも『正義感のいじめ』に似たようなもんだったのかもなんて

 思い返すと、自分も同じような状況を作っていたことがあると思います。
 本当に怖いのは「中にいるとそれに気付けない空気」ですよね。その中だけで閉じてしまうと、なかなかその空気から抜け出せないんだろうと。

>まず行われるべきは警察や委員会の在り方や法の在り方への批判だったりするんでしょうね。

 同感です。
 その件を『デスノート』に例えている人がいて分かりやすいなと思ったのですが、月君がすべきだったのは警察組織の改革でしたよね。結局、手段が目的に変わってしまったところも似た話だなぁと。


>ああああさん
>そしてもし、その中にずっといれば、悪臭に慣れて、悪臭を悪臭だとも、腐敗を腐敗だとも、気付くことが出来ない

 ですね。
 外から人がやってきて「何これ、すげー臭くない?」と一言言うだけのシステムがあれば随分変わったろうに、臭いものにフタ主義でみんなで知らん振りをしたのが残念です。最悪の結果になってしまったのが本当に残念です。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/16 21:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1413-f24ffc1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT