やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美化されていないファミコン時代の思い出を語ろう!

 自分はファミコンで「コンピューターゲーム」というものに出会い、その後もスーファミ→サターン→PS→PS2→PCのフリーゲーム→DS&Wiiと来て現在は3DSを毎日起動しているという“昔も今もゲームが好き”な人なんですけど……そういう人間からして、最近よく見かける意見で若干気になるものがありました。



 「ファミコンの頃は電源入れたらすぐゲームが始まったのに、最近のゲームはメーカーのロゴとか特許のロゴとかコピー禁止の注意文とかの表示が長くてなかなかゲームが始まらなくてやる気が失せる」


 こういう意見は「誰か一人の意見」ではなくて、よく見かけます。
 Twitterでも見かけますし、リアル友達にも何度か言われたことがありますし、私も昔書いたことがあります。「ファミコン時代は良かった」という結論ではありませんでしたが。

(関連記事:『キミの勇者』は電源を入れた後に企業ロゴが出ないらしい




 だから、敢えて書きましょう。


 それって都合の悪いとこは忘れてるだけですよ。
 昔のゲームはもっといっぱい「やる気が失せる」ことがありました。


 昔は「やる気が失せなかった」けど、今は「やる気が失せてしまう」のはアナタの環境が変わったからでしょう。それを「最近のゲームのせい」にするのはズルくないですか?

 もちろん「昔のゲーム」はそれはそれで面白かったし、今遊んでも面白いものはたくさんあります。『ダウンタウン熱血物語』は面白いぞー!

 でも、昔のゲームは間違いなく「不便」でしたよ。
 そこを忘れて語るのは「昔のゲーム」を美化しているんじゃないですか?




1.そもそもゲームを起動するのが難しい
 ファミコンと言えば、「カセットにフーッと息を吹きかける」でしょう。
 リアルタイムでは知らない若者の皆さんも、数年前の『スーパーマリオブラザーズ』25周年のTVCMで見かけたんじゃないかと思います。


 何故アレが日本中(世界中?)で行われていたかというと、ゲームが始まらないからです。

 「わーい!ファミコンやろうぜー」
 「おー!」
 「おっ!オマエんち、こんなゲームあるのかよ!1回やってみたかったんだ!やらせてよ!」
 「いいよー!やろう!」
 「よーし!楽しみだなー!」

 ―電源入れる―

 「あれ……付かないな」
 「ちょっと貸して。」フーッ「よし、コレで付くはずだ」
 「付かないな」
 「付かないね」
 「ちょっと貸して」フーッ

 ―以下10分くらい続く―

 「他のゲーム……やろうっか」
 「………うん。そのゲーム、あんま面白くないよ。むしろ付かなくて良かったよ」
 「うん……なんか、ごめんね……」



 こんなん日常茶飯事でしたからね!
 何故こういうことが起こるかというと、ファミコン本体とゲームカセットが接触する端子部分にホコリが付着しているからで。それを息で吹き飛ばして入れ直せばゲームが起動できる―――と、日本中の子どもは誤解して行っていたんですけど。

 実際には、息を吹きかけた際に飛ぶツバによって端子部分がサビてしまい、ますますゲームが起動できなくなってしまうんです。インターネットの時代になって初めて「息を吹きかけるのではなく綿棒などでホコリを取り除くと良い」って知りましたよ!



 「最近のゲームは起動するまでに時間がかかる」だとおおおおお!
 ファミコンの頃の方が大変だったわーーーーーー!最近のゲームで「起動すら出来るかどうか分からない」なんてことあるのかよおおおおおおおお!



 あ、あったわ。
 PS2が壊れかけた時はゲームが始めるまでに20回くらい読み込み直したりしてたわ。
 SCEのカスタマーセンターに電話したら「修理すると高額になるんで新しい本体を買ってください」と言われて「オマエんとこの商品なんて二度と買わねえよ!」とブチぎれたというあの話。あの頃は若かった。


オレンジケアコットン綿棒 200本×2個パックオレンジケアコットン綿棒 200本×2個パック

オレンジケアプロダクツ
売り上げランキング : 2086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2.線を繋ぐのが大変
 実は、当時まだ私は小さかったので未だによく分かっていません。
 ファミコン時代の配線って、アンテナとテレビを繋いでいる線の間に割り込んで繋ぐ―――みたいなカンジでしたよね。赤白黄のAV端子に差し込んでハイ完了、というケーブルが出たのは次の世代(スーファミ)からだったと思います。

 これがね、意外に厄介なんですよ。
 小学校低学年の子どもが自力では繋げない。壊すかも知れないから親に繋ぐのは禁止されていたりで、友達の家に遊びに行って、親がいないからファミコンやろうぜーとなっても自分達では繋げられないんです。たまに同い年でも繋げられる友達がいてソイツがすげーヒーローになったり、友達のお兄ちゃんが帰ってくるのを待ったり。


 まぁ……これはこれで良い思い出な気もする(笑)。



 自分はずっと携帯ゲーム機を買ってこなかったんで、DSを初めて買った時はビックリしましたね。
 「配線なんか要らない」、「ただソフトを入れて電源を入れればゲームが始まる」。
 何て便利な時代になったんだ!と思いましたよ。


ステレオAVケーブル (スーパーファミコン/NINTENDO64/ゲームキューブ/AV仕様ファミリーコンピュータ用)ステレオAVケーブル (スーパーファミコン/NINTENDO64/ゲームキューブ/AV仕様ファミリーコンピュータ用)


売り上げランキング : 274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3.パスワードをメモするのが超大変
 最近のゲームはオートセーブだったり細かくセーブポイントが設定されていたりで、「ちょっと10分」遊んでもゲームが進められるようになってるものも多いですよね。そういう「ちょっと10分遊べるゲーム」の方が気軽に起動できるから「気付けば2時間経ってる」ってことも多いんですけど!


 ファミコンの頃はそんなことは出来ませんでした。
 憂鬱になるくらい長いパスワードをメモしなくてはいけないため、「小まめにパスワードをメモしよう」なんて思えず、「最低30分は進めてからパスワードはメモしよう」と思ってしまったものです。だからこそ、あああああああああ!パスワード書き間違えてるううううううううう!なんて悲劇のダメージがデカかったのです。


 『ファミコンジャンプ』で40文字、『ドラクエ2』で52文字だったそうです。
 中にはパスワードが100文字オーバーというゲームもあったり、文字数だけじゃなくて「文字の種類」でアルファベットや数字が混じっていたり、そもそもファミコンの画面なんて文字を正確に認識するのも難しかったり。それをゲームを起動&終了する度にメモって入力しなきゃならなかったんですよ!



 セーブ&ロードが数秒で完了する最近のゲームの何というテクノロジーか!
 しかしだ、「バッテリーバックアップが登場してパスワードを自分でメモしなくなった時、人々は感動したのであった」と恐らく歴史の教科書に書かれているだろうが、その歴史教科書は偏っていると言わざるを得ない!一部の人間の偏った思い出のみ構成された歪められた歴史の一局面なんだうんたらかんたら!


 ということで、↓の項に続きます。


ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III(復刻版攻略本「ファミコン神拳」(書籍全130ページ)他同梱) 初回生産特典 実物大! ちいさなメダル同梱ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III(復刻版攻略本「ファミコン神拳」(書籍全130ページ)他同梱) 初回生産特典 実物大! ちいさなメダル同梱

スクウェア・エニックス 2011-09-15
売り上げランキング : 479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4.セーブデータは消えるものだった
 ファミコンで「セーブデータを記録できる」ようになるのは1987年の『森田将棋』以降で、何といっても1988年の『ドラゴンクエスト3』で多くの子ども達は「セーブデータ」というものに出会いました。「パスワードをメモしなくても続きが遊べるなんて!」と驚きました。


 が、そのセーブデータが勝手に消えて二度と復元できないことを経験すると、「………パスワードの時代は良かったなぁ」と言い出すのです。
 パスワードはメモをミスしても、その更に前の回からやり直すことが出来るからです。コストの問題もあるのでしょうが、なのでファミコン時代のアクションゲーム等ではパスワードを使用するゲームがそれ以後も発売されていました。


 個人的には、スーファミ時代の方が「セーブが消える」経験が多かったです。
 中古で買った『ロマンシング サ・ガ』はバッテリーバックアップちゃんがストライキを起こしているんじゃないかというくらい「3回に1回はセーブデータが消えている」仕様で当然クリア出来ませんでした。
 「セーブは3つまで出来る」ゲームは、とりあえず同じデータを3つにコピーして「どれか1つは消えても大丈夫!」とかやってましたよね。そしたら3つとも全部消えてるの。泣きたい。



 ちなみに最近のゲームのセーブデータはバッテリーバックアップじゃなくてフラッシュメモリなので、不具合とかセーブ中に電源切るとかしない限り、滅多なことでセーブデータは消えなくなったそうですね。「セーブデータが消えるバグが見つかった」で大騒ぎになるなんて、ファミコン時代には想像できませんでした。

(関連記事:「DSソフトにバッテリーバックアップは付いていない」という衝撃の事実


Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

AmazonBasics
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もちろん、こんな不満を抱えながらも当時の子ども達は「ゲームっておもしれーーー!」と遊んでいました。だから思い出が美化されるのも当然だと思っています。

 中身さえ面白ければ不満点など吹き飛んでしまう―――それが「好き」ということです。


 「昔のゲームは面白かったけど最近のゲームは面白くない」という意見も、同意はしませんが理解はできます。例えば昔は市場の中心だった2Dアクションとか2Dシューティングとか、(最近はそうでもありませんが)一時期は「絶滅危惧種」になっていましたもの。
 下火になってしまったジャンルを好きだった人が「最近のゲームは面白くない」と言うと、「懐古厨乙!」「オマエのようなヤツはどーせ最近のゲームを遊んでもいないのに文句言ってんだろ!」と叩かれるのはヒドイと思います。まぁ、「最近のゲームは面白くない」と言うんじゃなくて「最近は2Dアクションゲームが少なくて面白くない」って言うべきだと思うんですけど。



 だからね、バーチャルコンソールは素晴らしいなって思うのですよ。
 ファミコンの頃の面白かったゲームが、「カセットにフーッと息を吹きかける」こともせず、よく分からない配線に戸惑うこともなく起動が出来て、長ったらしいパスワードや消えやすいセーブデータに頼らなくても「いつでもどこでも中断セーブが出来る」のですから!


 版権モノはちょっと厳しいですけど、5年半かけて結構なラインナップが揃っていますよ!でも『MOTHER』シリーズの配信はまだですか社長!


Wii本体 (シロ) Wiiリモコンプラス2個、Wiiスポーツリゾート同梱Wii本体 (シロ) Wiiリモコンプラス2個、Wiiスポーツリゾート同梱

任天堂 2011-06-23
売り上げランキング : 127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:51 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど、たしかに、FC時代の良い例として上げられやすいFF3などをプレイするとその不便さに驚きます。
相対的にみれば優れていた作品も、絶対的にみればこれほどまでに色あせて見えるのかと驚きます。
ただ確実に黎明期の方が優れていた点もあると思います。

・作り手の中古市場に対する意識
今では中古市場の存在はゲーム作りに大きな影響を与えています
初週の一週間、中古への放流を防ぐために入れられる数々の要素
50時間どころか100時間を超えるプレイ時間、全てを見るには必須の反復プレイ、無駄に豪華で長いエフェクト、異様に希釈されたクエストやシナリオ
そういったものがPS時代末期まで、少なくともSFC初期頃まではあまりなかったのでは?

・いわゆる天才が才能を発揮できる土壌
ゲームの複雑化、巨大化に伴い、個人のファインプレイが作品に反映されづらくなって行きました
作品的なゲームは作りづらくなり、商品的なゲームは作りやすくなっています

他にも、ユーザーの意識の変化、セガという好敵手の存在などがあり
またATARI時代にいたってはゲーム作りに対する意欲と独創性において類を見ません

| ああああ | 2012/07/17 19:05 | URL | ≫ EDIT

いい意味で情報量が少なかったというか、大らかだったんだな、とおもいます。
ドラクエの5と6で急に暗くなった画面を見ながら固まったことを思い出します。

| ああああ | 2012/07/17 19:35 | URL |

>ああああさん

>50時間どころか100時間を超えるプレイ時間、全てを見るには必須の反復プレイ、無駄に豪華で長いエフェクト、異様に希釈されたクエストやシナリオ

 これは極一部のジャンルのゲームを一般化しているだけのような……
 プレイ時間はどのジャンルでも長くなっていますし、ストーリーメインのRPGは確かに仰るような状態になってしまっていますが、それ以外は別に他のジャンルならそんなこともないんじゃないかと『カルチョビット』プレイ中の自分は思います。

>作品的なゲームは作りづらくなり、商品的なゲームは作りやすくなっています

 そこでDSiウェアのようなダウンロードソフト市場ですよ!
 プレイ時間も長くなく、料金も安く、思いっきり「人を選ぶ」ゲームばかりなのがダウンロードソフトですよ!


>ああああさん
>いい意味で情報量が少なかったというか、大らかだったんだな、とおもいます。

 この世の全てが終わったような絶望感を思い出せば「大らかだった」とは思えません(笑)

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/17 20:18 | URL | ≫ EDIT

ファミコン上でゲームしたこと無いんで生の声は大変参考になります。不便もおおかんだったんですね
ファミコンは知りませんが、ロゴ時間ならゲームボーイもPSも大して変わらない印象ですし。スーファミは覚えてませんが。

ただ良い点を言うなら、スーファミとPSじゃ、PSの方が3Dが多くて疲れちゃうし操作が面倒なんで昔は(その点が)良かったなーとは思います。
臨場感も楽しいですけどね

パックマンやインベーダー、テトリス達とフロンミッション2を比較して昔は良かっただよーと強引に結論づけるのはナシですかw
映画みたいなゲームなんてやりたくねー

| ああああ | 2012/07/18 14:33 | URL |

>ああああさん

 そもそもPSはもう「最近のゲーム」じゃないような……

 最近のゲームは色んな会社が協力して作ったり色んな会社の特許を利用していたりするのでそれら1社1社のロゴが出ますし、マジ○ンのせいで「コピーしたソフトをダウンロードすると刑事罰うんぬん」の警告文も出ますし、ディスクメディアはロード時間も長いですし、ゲームが始まるまでにトイレに行っておくくらいの時間はかかるんです。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/07/18 20:10 | URL | ≫ EDIT

現在ファミコンを実機で行う場合、バッテリーの交換をして無い限り、
確実に、電池の寿命は終わっており、続けて遊ぶことが出来ないが、
パスワード式のゲームは、記録容姿が残っていたり、短いものであれば、
現在でも続けて遊ぶことが出来る利点がある、
なお当時のワシは、ビデオテープにパスワードの画面を録画した。

| ああああ | 2012/09/09 18:02 | URL |

今ハイドライド3やってるけど昔のデータは消えたが新しくプレイした方のデータは残ってるよ。
たぶん6~7週間は持つと思うよーん。

| yuy@ | 2012/11/15 17:32 | URL |

まるで説得力ないな。

| ああああ | 2013/06/14 18:18 | URL |

美化されてないけどしょうもないあるあるを大袈裟に言ってるだけだな
つまらん

| ああああ | 2014/10/28 13:50 | URL |

>ああああさん

http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/y/a/m/yamanashirei/knytt11.jpg

| やまなしレイ(管理人) | 2014/10/28 19:56 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/02/21 18:57 | |

誰がなんと言おうとファミコンは神様のくれた最高のプレゼントなんじゃ

| ああああ | 2016/04/12 12:01 | URL |

線を繋ぐのが大変って書いてありましたが、それって毎回RFスイッチを取り外したり付けたりしてただけじゃないですか?
固定しとけば、今のゲーム機とその辺りは何ら変わらないですよ。

| ああああ | 2016/09/28 19:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1416-676f6975

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT