やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:俺が女子高生を好きだとしても、俺はロリコンではない

 落ち着いて考えてみてくれ。


 小学生の頃の俺は誰を好きだったか?
 女子高生である。

 小学生の俺にとって女子高生は「大人の女性」だった。
 俺が女子高生を好きなのは、女子高生に「大人の女性」を感じたからに過ぎない。断じてロリコンではない。



 中学生の俺は誰を好きだったか?
 女子高生である。

 中学生の俺にとって女子高生は「近くて遠い存在」だった。
 小学生と高校生の見た目の差に比べると、中学生と高校生にはほとんど差がない。手を伸ばせば届くんじゃないかと錯覚するほどに。しかし、精神的な差は大きく、伸ばした手は届かないままだった。



 高校生の俺は誰を好きだったか?
 女子高生である。

 高校生の俺にとって女子高生は「等身大の女子」だった。
 同じくらいの年月を生き、同じような時代を経た、ある意味で「同じような人間」である。しかし「男」と「女」とが違うだけでこんなにも違うのかというほどに、人種が違った。同じ土俵に立ってみて初めて分かる特異性。あぁ、「女」ってこんなに特別な存在なんだと思い知った時期でもある。





 ということで―――
 大学生以降の俺が女子高生を好きだったとしても、それは断じてロリコンではない。

 俺は常に女子高生が好きなだけだ。
 物心ついた時から女子高生が好きで、死ぬまで女子高生が好きなだけだ。
 それは、生まれながらに音楽が好きな子どもとか、生まれながらに特別な運動神経を持った子どもとかと同じように、ただ単に生まれながらにして女子高生が好きなだけなんだ。「年下の女性が好き」なワケでは決してないのだ。断じてロリコンではないのだ。



※ この話はフィクションです。実在の人物・団体・事件等には一切関係がありません。
 「俺」というのは架空の人物であって、筆者本人のことではありません。断じてありません。



彼女の足箸(女子高生の足)彼女の足箸(女子高生の足)

キューブ 2012-08-23
売り上げランキング : 28330

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この屁理屈話は色んなことに応用できると思うんですが、それはみなさん各自で行ってください。

| ヒンヌー | 17:54 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

では、わたしも詭弁を1つ。
ロリコンとされる対象年齢はどんどん上がっています。
30代で20台前半の女性に興味を持つとロリコン扱い、
40台で20台後半の女性に興味を持つとロリコン扱い、
という例はわりと聞きます。
そして、こういうレッテル貼りはそのうち主語が消滅する傾向にある。
ということは…。
怖いですねぇ。
よって、どのような年齢の女性を好きになっても構わないという結論が導かれます。
メデタシメデタシw

| 児斗玉文章 | 2012/08/24 18:31 | URL |

ロリコンかどうかは

見てる部分によると思うんですよ!
例えばスク水を着てる小学生を見て イイナ! と思ったとして、メインとして
●その小学生自体を見てるか
●そのスク水を見てるか
で大分違う気がするんですよ。

スク水着てれば女で顔がそこそこならOK!という方は ロリコンというワケではなく、スク水フェチなワケだと思うんです。

だから極端な話、膨らみかけのちっぱいやら 毛の生えていない陰部のみに魅力を感じてるワケでないのならロリコンとは言い難い… ハズ

| 堀歩 | 2012/08/29 05:08 | URL | ≫ EDIT

「ロウきゅーぶ!」の名ゼリフ

それ、私が女子小学生が好きな理由そのままじゃん。

自分が小学生のときに同級生の膨らみかけの胸に
いや、もっと言うなら3,4年生の時に上級生の胸が気になってました。

ちなみに私はボヤッキーと違い、女子高生には興味がありません。
10代前半の発展途上の微妙なラインがいいのに
15過ぎたら大人とたいして変わらないじゃんかと。

もっとも私は巨乳の大人と女子高生の間に線を引いていないため
未成年と意識せずに巨乳高校生とヤって逮捕されるかもしれんけど。

| 太田拓也 | 2012/09/04 18:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1432-80cbade0

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2016/11/29 04:55 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT