やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

途中からでも「途中からなり」の面白さがある

 「超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座」という記事を書いた際に、面白いコメントをいただきました。要点だけ書き出しますと、「10月からの新番組を待つんじゃなくて、現在放送中のアニメを途中から観ても楽しめないんですか?」というものでした。



 深夜アニメは途中からでも楽しめるのか?

 これは今まで語ったことがない話かも知れません。
 そして、これは深夜アニメに限らず、漫画だったりテレビドラマだったりにも当てはまることだと思います。
 映画の三部作を途中から観ても楽しめるかとか、シリーズ作品が続いている小説を途中から観ても楽しめるか、というのはちょっと話がズレるかな……小説も、雑誌や新聞で連載されているものを「途中から読んでも楽しめるか?」という話なら近い話です。


 「テレビ」というメディアは「たまたまチャンネルを回した」で新規のお客さんが入ってくるメディアです。「漫画雑誌」というメディアも「たまたまコンビニで手に取った」みたいなことで新規のお客さんが入ってくるメディアです。


 それに比べて、映画は基本「指名買い」ですよね。
 東映まんが祭りとかでセット販売されるものもありますけど、基本的には「作品ごと」にお金を払ってその作品を観ますよね。だから、「たまたま途中から観る」ことを想定して作ってはいません……最近はテレビ局出資の映画が「テレビで放送すること」も見越して作っていたりもしますが、まぁそれは置いといて(笑)。




 「テレビ」や「漫画雑誌」は違うんです。
 「たまたま途中から観る」ことの多いメディアなんです。

 だから、本当は「途中から観ても面白い」んです。
 そう作っていなければならないんです。



 でも、途中から観始めた人は一つだけ注意が必要で。
 「最初から観ている人とは話が合わない」のは気を付けた方がイイです。

 アニメファンは第1話からきっちり全話観たいという人が多いですから、第1話の頃からの伏線とか、描写とか演出とかを全部覚えています。「あのシーンのあそこがあれでああなってああなるんだよね、あなる」みたいなことを普通に語っているので、途中から観始めた人にはチンプンカンプンなことが多いでしょう。

 そういうのを気にならない人は、全然「途中から」でもアニメは楽しめると思いますよ!
 「途中から」観て、それで楽しめたのならレンタルDVDとかネットの有料配信とかを使って1話から観始めてもイイでしょうしね。


ゆるゆりvol.1(OPテーマ生徒会ver+音声ドラマ入りCD&ピンコレ第1弾:あかりPIN、ちなつPIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray]ゆるゆりvol.1(OPテーマ生徒会ver+音声ドラマ入りCD&ピンコレ第1弾:あかりPIN、ちなつPIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray]
なもり

ポニーキャニオン 2011-09-21
売り上げランキング : 6840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そう言えば……
 自分が深夜アニメを観始めたのも、当時話題になっていたアニメを全12話中10話くらいから観始めてハマったからだったことを思い出しましたし。『舞-HiME』観る前に『舞-乙HiME』観てハマったりもしていました。

 いつから「アニメは1話からちゃんと全話観なくてはならない」とか「アニメは1期からちゃんと全話観なくてはならない」なんて思うようになったのか。そうでなかった頃も、それはそれなりに楽しかったはずだし、それが楽しくなかったら今はなかったじゃないか、と。


 例えば、漫画雑誌も「今まで読んだことがない雑誌」を買ったら、基本全部「途中から」です。
 20作品の連載漫画の中に3~4作品は単行本持っているとか、1作品は新連載始まったばかりだから第1話から読んでいるとか、そういうこともありますけど。あとは全部「途中から」ですし、それはそれで楽しいんです。全く知らない土地を歩いているような、引っ越してきたような、そんな感覚を味わえるんです。


 へぇ、こんな面白い漫画あるんだー、とか。
 この漫画面白くないなー、すぐ終わるんじゃないの、えっ!単行本30巻も出てるのかよ!とか。
 この漫画家さん、昔他の雑誌で『○○』描いてた人じゃん!やっぱ面白ぇなぁ、とか。


 今まで読んだことがない雑誌を「途中から」読み始めると、色んな発見があるんです。
 「漫画はちゃんと1巻から読まなきゃならない」と自分に決め事を作ってしまうと、なかなかこういう楽しみ方が出来ませんよね。

(関連記事:どういうキッカケで、その漫画雑誌を読み始めましたか?



 そう言えば、子どもの頃。
 親戚から何故だかとある長期連載漫画の「13巻」だけもらったことがありました。1話完結のギャグ漫画とかならともかく、バリバリのストーリー漫画でバトルもの。でも、「13巻」だけ読んでそれはそれで楽しかったんですよ。
 んで後に1巻から読んでみると、「え!コイツ最初は敵だったんだ!」とか、「この必殺技、最初はこんな強かったのか!」とか、逆に新しい発見があってそれはそれで「途中からなり」の面白さがありました。

 自分はその経験から、自分で全巻持っている漫画でも「13巻」だけ読んで、「いきなりこの巻から読み始めた人はどういう漫画だと思うのかな」と考えるのにハマっていた時期がありました。『幽遊白書』だといきなりクライマックスだとか、『スラムダンク』だと流川が主人公みたいだとか。



 漫画でも映画でも小説でも、「途中まで」観た段階で「この後の展開はどうなるかな」と考えたことはみなさんあると思います。それとは反対に、「途中から」観て「この前の展開はどうだったのかな」と考えるのも面白いんですよ。

 既に人間関係が出来上がっている状態で見るのはそれはそれで面白いんです。


(関連記事;「“ドラえもんに出てくるセワシ君”って誰ですか?」の意味



 熱心なファンからすると「その楽しみ方は邪道だ!」と思われるかも知れません。
 でも、娯楽というのは「楽しんだもの勝ち」ですから、「途中から観たけど面白かった!」という人を否定しないで欲しいと思います。

 それと、「途中から観る人」に対しては「途中から観たけどつまんなかった」とは言わないで欲しいとも思います。それも一つの評価なのは確かですけど、熱心なファンは「1話からちゃんと観ないで作品否定すんじゃねえよ!」と思っちゃいますから。ひっそりと心の中だけに留めておきましょう。


YAIBA (13) (少年サンデーコミックス)YAIBA (13) (少年サンデーコミックス)
青山 剛昌

小学館 1991-09-18
売り上げランキング : 1406777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕のアホみたいな質問がこんな記事になるとは…

答えてくださってありがとうございます。あの記事を読んで昨日公式配信を見てみましたが、結構楽しめました。最初の始まりは何事かと思いましたがw

ちょうど友達にアニメの話をされて何となく興味があったところでしたので、あの記事はタイミング的にも良かったです。

| ああああ | 2012/09/06 21:08 | URL |

私はアニメでも漫画でも、一気読みが好きですね、
連載が終わった後に、単行本を一気買いしたり、溜めておいたアニメを
一気にまとめて見ます。

| 見当 | 2012/09/06 21:31 | URL | ≫ EDIT

自分は「人類は衰退しました。」で途中からハマりましたねえ。
とはいっても最初の何話かは見てたんですがたまたまテレビ放送を見逃して、
なんかテンションさがっちゃってニコニコの配信なども見ないまま…
で、たまたま9話を見たらめちゃくちゃ面白くてまた引き込まれました。
一話完結のものなどは基本大丈夫ですね。ルパンや夏目友人帳とかが勧めやすいかなあ…
と思ったら、この2つも途中で見るのやめちゃってた。
なんというか、一話完結のものって
「ここで見るのやめたら話わかんなくなる!」
という拘束力がないから離れやすいんですよねぇ。
そのかわり戻ってきやすくもある。
TARITARIとかも途中で見逃してそのままなんですが、
今から視聴再開しようとは全く思わない。

とりとめないコメント失礼しました。

| aki | 2012/09/10 09:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1439-2e2e9d58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT