やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「DSで二画面を活かしたゲームなんてほとんどなかった」か?

 Wii Uの予約受付が開始されるという話もありまして、いよいよ始まりますね。

 Wii Uの最大の特徴は何と言っても「コントローラに画面が付いている」ことで、これによって「テレビ画面」と「ゲームパッドの画面」の二画面を使ったゲームが遊べることになります。いやー楽しみだなーとワクテカしている自分とは対照的に、こういう意見をよく目にしたんで、Wii U発売前に語っておこうかなと。



 「DSだって二画面を活かしたゲームなんてほとんどなかった。だからWii Uの二画面には期待していない」


 ……というもの。
 「一人の人が言っている」とか「匿名掲示板に大量に書かれている」というだけじゃなくて、Twitterとかでも普通に話している人をよく見かける意見です、

 どの辺りのDSソフトをプレイしているとこう思うのか逆に気になるんですけど、「二画面を活かしたゲームだった」と言い切れるのはどのレベルからなのかって話なんでしょうね。
 自分は「一画面でも遊べていたけど、二画面になったら随分と遊びやすくなった」だけでも「二画面を活かしたゲームだった」と思うんですけど。「ほとんどなかった」と言う人はそうではなくて、恐らく「二画面でしかありえないゲーム」のことを想定しているんでしょう。




 自分はWii Uには「二画面でしかありえないゲーム」よりも「一画面でも遊べていたけど、二画面になったら随分と遊びやすくなったゲーム」を期待しています。

 何故なら、「二画面でしかありえないゲーム」は、テレビを使えない時にゲームパッドの画面だけで遊ぼうっとということが出来ないからです。
 「一画面でも遊べていたけど、二画面になったら随分と遊びやすくなったゲーム」ならば、テレビを使えない時はゲームパッドだけでプレイして、テレビを使える時は二画面を活用して便利に遊ぶことが出来る―――自分としては、これくらいの緩さを期待しています。




○ 「DSで二画面を活かしたゲームなんてほとんどなかった」か?
 自分は、マップとかステータスなどの「情報」を別の画面で表示できるだけで「二画面を活かしたゲーム」だったと思います。あれだけで超便利になったし、二画面じゃないゲーム機をプレイしていると不便に感じてしまうようになったほどです。

 例えば『ゼルダの伝説』シリーズ。
 このシリーズはファミコン時代からオートマッピングで「作られた地図からダンジョンの全体像を想像してダンジョンを攻略していく」ゲームでした。ですから、マップを見ることが非常に重要で、小まめにゲームを止めて「マップ画面」に切り替える必要がありました。

 それがDS版『夢幻の砂時計』になると、上画面にマップが常に表示されるため、いちいちゲームを止めて「マップ画面」に切り替える必要がなくなったのです。これだけですごく便利になりました。


 任天堂はハードから作っている会社ですから二画面の活かし方は非常に上手く、『夢幻の砂時計』は更に「常に上画面で表示されているマップ」を活かして、マップ上で確認できる「巡回している敵」から見つからないように進まなくちゃならないステルスアクションのダンジョンを用意していたのですが――――
 こちらはまさに「二画面でしかありえないゲーム」なんですね。でも、上述した理由で自分はこれはあまり「Wii Uには求めていない」のです(笑)。


 『ルーンファクトリー3』もそうでしたね。
 上画面に町のマップが表示されていて、住人が今どこにいるのかがリアルタイムで確認できるため、「今日中に○○に会っておかなきゃ!」という時に探しやすかったですし。夕方になると女性住人がこぞってお風呂屋さんに集まるのを見てニヤニヤ出来たりしました。


 今現在自分はWiiで『ラストストーリー』をプレイ中で、ものすごく楽しんでいるのですが。
 町のマップが見づらくて(小さいか、大きすぎて画面が隠れてしまうか)、しゅっちゅう道に迷ってしまうので、Wii UでRPGを作るメーカーさんは「マップをゲームパッド上に常に表示できる」ようにして欲しいと感じました。
 あと、『夢幻の砂時計』みたいにマップに直接メモを書き込めるようにして欲しいです。それと、どうせならマップ以外にも「メモ帳1」「メモ帳2」みたいなカンジでメモする専用の場所も欲しいです(要望がどんどん増えていく……笑)





 DSじゃなくて3DSのゲームですけど、『カルチョビット』も「一画面でも遊べていたけど、二画面になったら随分と遊びやすくなったゲーム」だなーと遊びながら思っています。
 上画面ではリアルタイムで試合が進行している一方で、下画面でフォーメーション変更とか選手交代を操作していて……下画面に集中しすぎている間に上画面で点が決まっているとか(笑)。そういうリアルタイム感が「監督っぽい」んですよね。





 自分はWii Uが発表された時から、「テレビを使わないといけなかった据置ゲーム機」が「テレビを使わなくても遊べるようになる」ことを大絶賛してきました。『NewスーパーマリオブラザーズU』や『三國志12』などはコンセプト映像やプロモーション映像の時点で、「ゲームパッドだけで遊べます!」の部分をプッシュしていますね。

(関連記事:Wii Uが挑む相手は「据置型ゲーム機不要論」である
(関連記事:Wii UでWiiチャンネルは生き返る


 もちろん「二画面でしかありえないゲーム」もたくさん出ることでしょう。
 『ニンテンドーランド』や『ゲーム&ワリオ』は、二画面を活用した「二画面でしかありえないゲーム」を目指しているように思えます(なので、テレビ画面を使わずにゲームパッドだけで遊ぶのはムリじゃないかと思います)。


 しかし、「一画面でも遊べていたけど、二画面になったら随分と遊びやすくなったゲーム」こそがWii Uの鍵を握るとも思うのです。
 それは「一画面でも遊べないとゲームパッドだけで遊べない」というのもあるんですが、ぶっちゃけ任天堂以外のメーカーは他機種とのマルチソフトや他機種からの移植ソフトが多いので、そういうゲームがWii Uの二画面でどれだけ遊びやすくなるのかということに注目しています。

(関連記事:Wii Uの二画面で既存ゲームはどう変わるのか




 ……「全機種同時発売のマルチタイトルのソフトだから、Wii Uのゲームパッドの画面なんて使わせずに真っ暗のままでいいだろう!」ってサードメーカーばかりだったらどうしましょう。「ない」とも言い切れないのが怖い。


CYBER・シリコンジャケット (Wii U用) クリアブラックCYBER・シリコンジャケット (Wii U用) クリアブラック

サイバーガジェット 2012-12-08
売り上げランキング : 644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:55 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人的に推薦したいのがジャンプスーパースターズです
下画面にコマを配置し、特殊アクション用のボタンに使います
操作性の拡張とカスタマイズがゲーム性につながっていました
これは一画面ではできません

たしかマイクロソフトはマルチの追加要素を禁じていましたよね
足を引っ張りそうな気がします

| ああああ | 2012/10/05 19:11 | URL |

またスマホのゲームで遊ぶと二画面である必要性がよくわかります
たとえばキングオブファイターズは画面の半分近くが自分の指で隠れてしまいます
二画面ならタッチパネルのみで操作してもこんな事ないのに

| ああああ | 2012/10/05 19:15 | URL |

世界樹の迷宮シリーズは非常にDSの特性を生かした作品ですよ。
ダンジョンを上画面で探索しつつ下画面でタッチペンでマップを描いていく。
ちょうど地図を持って歩き回る感じを意識しているのでしょう。
Wizなどで方眼紙でマッピングしていた方なんかは懐かしいとさえ思ったでしょう。
3DSも含め4作出ていますがオススメです。

| ああああ | 2012/10/06 01:48 | URL | ≫ EDIT

エースコンバットシリーズには画面の計器類を消すオプションがあって
これを使うと本当に飛んでいる感が味わえるんですが
当然ながら操縦や戦闘はかなり困難になりました
でも手元に画面があればそっちに計器類を表示出来ますね
計器盤越しに敵機を見るなんて本物っぽくてカッコいいしw

ただ目が悪くて実質片目しか見えない人間には
手元の画面と奥の画面を交互に見るのはちょっとつらいかも
片目だけだと遠近のピントの切り替えが上手くできないんですよね

| ななし | 2012/10/06 03:16 | URL |

3DSでのプロスピは下画面が試合中の「タイム」しか表示されて無くて、工夫も何も無かったのを思い出しました。

| ガオ | 2012/10/06 06:58 | URL |

WiiUの様式で
ドリキャスのビジュアルメモリを思い出す。セガは未来を先行しすぎなんだよ

| ああああ | 2012/10/06 17:45 | URL |

↑ものによっては微妙にアニメーションしたりで地味に楽しかった。
サクラ大戦3のミニマップ、ダメージ予測(あと通常攻撃何回で倒せるか)、ロックオン数とか当時感動したよ

…久々にドリキャスやりたくなってきたな

| ああああ | 2012/10/06 21:39 | URL |

2画面だと便利なのは解りますが・・・
残念ながら人間の視野上、集中すればする程
2つの画面を同時に見ることが出来ません。

それを知っているソフト開発側では"サブ画面はオマケ程度"でしか
使えない事。
また、DSや3DS、WiiUは2画面同時にハイクオリティの映像を出力出来るハードウェアスペックが持ち合わせていない事。

結果、2画面で画面切り替えの手間は省けたかもしれないが
そもそも、同時に見ない(同時に見れない)ならば切り替えで事が足りる事であるという考えに至った訳で。

結果、使い道が無いので・・・仕方なく不可の少ないマップやスコアなどを
描画しとけ程度の事でしか使われてないのが個人的に事実だと思います。

結果WiiUでも手元の画面とTV画面でどっちをみれば良いのか解らず
タブコンの用途が不明の為に開発中止の作品が発生したりと
2画面化は失敗だと個人的に思います。

パソコンの世界であってもデュアルディスプレイが便利でビジネスでは
効率的と言われますが・・・導入している人が非常に少ないのも事実ですし・・・。

| 名無し | 2014/09/14 02:59 | URL |

2画面にすることで、余計な情報が下画面に集約され、RPGやアクションゲームなんかは迫力や臨場感が増えるって言います。

でも、その余計な情報は見たい時にボタンを押せばいいし、地図を常に表示しなくても、何回も行き来すればどこに何があるかなんて嫌でも覚えますよね…。

「1画面でやっているときと変わらないじゃん。わざわざ2画面する必要なくね?」って、自分の中で結論付けてしまっています。

| ああああ | 2014/09/15 09:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1452-8bba155b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT