やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マルチタイトルからハブられたWii、マルチタイトルばかりのWii U

 こんにちは!
 あんなこと書いていたくせにWii U本体はプレミアムセットの方を予約してしまいましたやまなしです!Amazonで予約出来なかったーとボヤいた瞬間、プレミアムセットの方だけ在庫復活したんですもん……

 でもまぁ、スタンドは全部買うつもりでしたし、Wii Uのソフトはダウンロード版を中心に買うつもりでしたし、『ドラクエ10』は「自分には合わないかも……」と不安だったのでベータテストから入れるというのはプラスでしょうし。結果オーライということで!色は白の方が良かったんですけどね!




 さて、無事に予約も出来たんで「楽しみだー!」気分が満開のWii Uですが。
 大きな不安要素もあります。「Wii Uが不安」というよりは、「日本のゲーム業界が不安」と言った方が正確だと思いますが。


 10月7日深夜の時点で発表されている「発売予定のWii Uソフト」リストから、「任天堂のソフト」と「海外メーカーのソフト」を除いた「国内サードメーカーのソフト」を並べてみますと……


『モンスターハンター3G HD Ver.』(カプコン)
← 3DS版からの移植
『無双OROCHI2 Hyper』(コーエーテクモゲームス)
← PS3&Xbox360版に追加要素を足した移植
『NINJA GAIDEN3:Razor's Edge』(コーエーテクモゲームス)
← PS3&Xbox360版に追加要素を足した移植
『鉄拳タッグトーナメント2 Wii Uエディション』(バンダイナムコゲームス)
← アーケードゲームに追加要素を足した移植(PS3&Xbox360版あり)
『三國志12』(コーエーテクモゲームス)
← PCからの移植、PS3とのマルチタイトル
『真・北斗無双』(コーエーテクモゲームス)
← PS3&Xbox360とのマルチタイトル
『コール オブ デューティ ブラックオプスII[吹き替え版]』(スクウェア・エニックス)
← 海外からのローカライズ、PS3&Xbox360とのマルチタイトル
『SIMPLEシリーズ for Wii U Vol.1 THE ファミリーパーティー』(ディースリー・パブリッシャー)
『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(スクウェア・エニックス)
← Wii版からの移植
『TANK!TANK!TANK!』(バンダイナムコゲームス)
← アーケードからの移植


 『SIMPLEシリーズ for Wii U Vol.1 THE ファミリーパーティー』を除く全てのゲームが、「他機種からの移植ソフト」もしくは「他機種との同時開発のマルチソフト」だという。
 まぁ、アーケードからの移植も同列に扱うのはちょっと違うと思うから、『SIMPLEシリーズ for Wii U Vol.1 THE ファミリーパーティー』と『TANK!TANK!TANK!』を除く全てのゲームって言った方がイイか。


 もちろん移植が悪いってワケじゃないですし、ゲームパッドの要素を足しただけでも遊びやすくなるソフトはいっぱいあると思いますし、任天堂やUBIは「Wii Uならではのゲーム」を用意しているからWii Uが楽しみなことには変わりはないんですけど……

 「ご祝儀」でそれほどでもないソフトまでが売れてしまう「ゲーム機本体と同時期発売のソフト」ですら用意出来ないくらい、国内のサードメーカーにはもう体力がないのか……と不安になってしまいました。



 ちなみにWiiの時はどうだったかというと……
 「2006年12月発売のソフト」に絞ってリストを作りますと。


『カドゥケウスZ 2つの超執刀』(アトラス)
『Elebits』(コナミ)
『ネクロネシア』(スパイク)
『スーパーモンキーボール ウキウキパーティ大集合』(セガ)
『スイングゴルフ パンヤ』(テクモ)
『ウィングアイランド』(ハドソン)
『コロリンパ』(ハドソン)
『SDガンダム スカッドハンマーズ』(バンダイナムコゲームス)
『縁日の達人』(バンダイナムコゲームス)
『たまごっちのピカピカだいとーりょー!』(バンダイナムコゲームス)
『クレヨンしんちゃん 最強家族カスカベキング うぃ〜』(バンプレスト)
『BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲』(セガ)

 えーっと……『パンヤ』は一応「PCからの移植ソフト」と言ってイイのかな。Wiiリモコンの操作を加えているんで「新作」と言ってイイかも知れませんが一先ず。
 それ以外は「完全新作」が多く、『カドゥケウス』や『モンキーボール』が「続編」で、後はWiiの年齢層を考えた版権モノというところか。マルチソフトは恐らく1本もありませんね。

 というか、ここに載ってるメーカー名って現在は……ってとこばかりですね!
 アトラスはインデックスに吸収されて、スパイクはチュンソフトと合併してドワンゴ傘下、テクモはコーエーと吸収合併、バンプレストは親会社バンダイナムコに吸収されてブランド名消滅、ハドソンも親会社コナミに吸収されて名前すら消滅。
 そのコナミもソーシャルゲームに力を入れるようになったし、セガはサミーのパチンコが絶好調だから何とかなっているという状況で、何だかんだバンナムは一線に残り続けてて凄いですね!縁日!



 Wii UとWiiのロンチタイトルの違いを見ると、「6年の日々」と「方向性の違い」を考えさせられます。


Nintendo LandNintendo Land

任天堂 2012-12-08
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 「独自路線」が本当に「独自」になっちゃったWii
 Wiiが発売された2006年当時はXbox360もPS3も「ゲームのHD化」を狙って「より豪華なグラフィック」の方向に進んでいたのに対して、Wiiだけは「グラフィックだけの進化じゃダメなんだ」と独自の方向に進みました。出力装置ではなく、WiiリモコンやバランスWiiボードのような入力装置で進化させたのです。


 その狙いの一つとして、Xbox360やPS3のような「ゲームのHD化」路線は体力のないサードメーカーは付いていけないだろうから、そうしたメーカーがWiiの「Wiiリモコンを使ったアイディア勝負」路線でソフトをたくさん出してくれるだろうというものがあったと思われます。

 現に、Wiiロンチソフトはワケの分からないソフトが並んでいましたよね(笑)。
 上述したように「体力のなかったサードメーカー」は付いてきてくれて、その他にも「みんなのおすすめセレクション」に選ばれるようなソフトを連発したマーベラスとか、『シレン』本編を持ってきてくれたチュンソフトなどもあったのですが……まー、売れなくて売れなくて。



 時を同じくして、PSPが『モンスターハンター』シリーズで息を吹き返したこともあって。
 「低価格路線のDS&DSiウェア」「中規模のPSP」「豪華路線のPS3&Xbox360」という棲み分けが出来てしまい、Wiiは中途半端な位置になっちゃったんですよね。



 Wiiは「豪華路線のPS3&Xbox360」とは違う方向に進んだため、HDタイトルのマルチタイトルからはハブられてしまい。
 HDタイトルが作れない体力のメーカーはPSPやDSにソフトを出すので、結局Wiiは任天堂しかソフトを出すメーカーのない「任天堂ソフト専用機」みたいになってしまいました。バンナムなんかは『ゴーバケ』や『ファミリーフィッシング』で最後まで粘っていたんで、そういう意味では凄いと思うんですけどね。縁日!



○ ソフトを出してもらうための3DSとWii U
 そこからの任天堂の路線というのは、実は凄く分かりやすいですよね。
 まず3DSは「中規模のPSP」が抑えていた市場を狙いに行っています。DSでは出来なかった『モンハン』のようなゲームはもちろん、『リッジ』のようなレースゲームや『ストIV』『鉄拳』『DOA』などの格ゲーも出せるようにして、PSP市場を奪いに行っています。

 次にWii Uは「豪華路線のPS3&Xbox360」が抑えていた市場を狙って、HDタイトルのマルチタイトルからはハブられない性能にしています。そりゃ6年遅れ(7年遅れ)の後発機なんだからそのくらいの性能はなければって話なんですが(笑)、結果ロンチにHDタイトルのマルチタイトルを揃えてもらえるようになりました。

 記事タイトルでは「マルチタイトルばかりのWii U」と書きましたが、これは「マルチソフトどころか何のソフトも出してもらえない」Wii末期の経験から考えると、「マルチソフトを出してもらえるゲーム機」を狙って作ったとも言えるのでしょうし、この結果は狙い通りとも言えるんですよね。


 おかげで体力のないサードメーカーは全く付いてこれていないんですけど。





 自分は未だに「グラフィックがHD化したところでゲームが面白くなるとは思っていない」し、Wii Uゲームパッドで一番遊びたいのは「バーチャルコンソールでスーファミのRPGやりたい」くらいなんで。この路線に付いてこれる国内サードメーカーがどのくらいいるのか不安です。

 体力のないメーカーもダウンロード販売ソフトで生き残る道が出来るとイイんですけどねぇ……
 3DSでもダウンロード販売ソフトだと立体視に対応していないソフトが結構あるんで、Wii Uでもグラフィックに力入れられないソフトはダウンロード販売ソフトででも出てくれるとありがたいです。
 ミラクルキッズの新作とか、Wii Uのダウンロード販売ソフトで出ませんかねぇ(Wiiウェアはゲームパッドだけで遊べるか微妙なので)。『ダウンタウン熱血物語』ライクのゲームを寝そべりながら遊びたいんですよ!


New スーパーマリオブラザーズ UNew スーパーマリオブラザーズ U

任天堂 2012-12-08
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1454-cecc6c91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT