やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今叩いている「マスコミ」って誰のこと?

 書いておかねばと思ったこと。

 分かりやすいのは、こないだ安部さんが自民党総裁に選ばれた日の話題です。

 関西のテレビ番組でレポーターが「安部さんが昼に食べたカレーは幾らだと思いますか?なんと3500円なんです!」と言っている場面があった
→ それを観た視聴者が「マスコミが安部さんの食べたカレーが高いと批判している」とネット上に書き込む
→ Twitterで「またマスコミの安部叩きか!」「これだからマスコミは!」とマスコミ批判をする人が多数現れる



 まず率直に思ったことなんですけど……
 一つの番組とか一人のレポーターが安部さんを批判したとして、それが「マスコミが安部さんを批判した」という話にすり替わっているのは何なんだ?ということ。
(※ アレが果たして批判だったのかという話は、論点がズレるんで置いときます)


 自分は関西に住んだことがないんでその番組を知らないんですが、少なくとも「マスコミを代表するようなみんなが観ている番組」ではないでしょう。
 いや、仮に大手新聞社の「権威」と呼ばれる人が何かを言ったところで、それは「その人がそう言った」とか「その新聞がそう言った」だけで、「マスコミ全部がそう言った」ワケではないですし、ましてや「だからマスコミ全部がヒドイんだ」ではないと思うんですけど。




 例えば、凶悪な犯罪を起こしてしまった加害者が「趣味:ゲーム」だった時に、テレビ番組が「ゲームが趣味の人間は危険なんです」と言ったとします。そしたらみなさん、「ふざけんな!」「それは“ソイツ個人”の問題だろ!」「“ゲームが趣味の人”でまとめるんじゃねえ!」とお怒りになるでしょう。私もそう怒ります。

 でも、その時に、「ゲームが趣味の人」をまとめて批判した“そのコメンテーター”とか“その番組”とか“そのテレビ局”という具体的な存在ではなく、「またマスコミがゲーマーを批判したぞーーーー!!」と一緒くたに“マスコミ”という概念をまとめて批判するのって、やってること一緒ですよね。



 その上、ですよ。
 他の番組で「脳トレがお年寄りにも人気なんですよ!」とか「キネクトを医療に利用してこんなことが可能になるんですよ!」みたいにゲームを肯定的に扱っても、「この番組(だけ)はゲームに偏見のない良い番組ですね」と言うだけで、「マスコミがゲームを誉めたぞーーーーー!」とは言わないじゃないですか。

 それって「フェアじゃない」と思いませんか。
 偏向しているのは「マスコミ」だけじゃなくて、「マスコミ批判」もじゃないですか?




 私は「健全なマスコミ」とは、「否定する人」も「肯定する人」もいる状態だと思っています。
 対象は「安部さん」でも「ゲーム」でも「ザッケローニ監督の選手起用」でも「劇場版まどか☆マギカの宣伝方法」でも「MMOになっちゃったドラクエ10」でも何でもイイですけど、この社会は色んな立場の人がいるから、全てのものは賛否両論あるのが当然なんです。

 だから、「こっちのコメンテーターは否定しているけど、こっちのコメンテーターは肯定している」とか、「こっちのテレビ局は否定しているけど、こっちのテレビ局は肯定している」とか、「こっちの新聞は否定しているけど、こっちの新聞は肯定している」のが健全な状態だと思うんです。


 でも、今ネット上で「マスコミ叩き」をしている人達って、「否定する人」が一人でもいると「マスコミが○○を叩いたぞーーーーー!」と騒ぎ立てるばかり。

 自分の思想や嗜好から少しでもズレた人がいたら「マスコミは偏っている!」と騒ぎ立てる。
 「○○を肯定する人を出すのは当然のこと。○○を否定する人を出すのは偏っている!マスコミは偏向している!!」

 安部さんに肯定的なことを言っているコメンテーターとか番組も普通にあると思うんですけどねぇ。
 少なくとも野田さんよりは(笑)。





 麻生さんの時の記事と同様に、この記事のコメント欄も炎上するかも知れません。それでイイです。それが健全な姿です。

 全てのものは賛否両論あるのが当然ですからね。
 この記事に対しても、「否定する人」も「肯定する人」もいて当然です。



 怖いのは「どちらか片方しかない世界」です。
 今ネット上では「マスコミは叩いてイイもの」とか「この国が悪くなったのはマスコミのせいだ」みたいな風潮があります。でも、私はそうは思いません(「マスコミ」というのは抽象化された概念でしかないから)。

 だから、「ネット上では」みたいな一まとめにはして欲しくありませんし、「マスコミ批判」への反対意見もネット上に書いておかねばと思うのです。


18禁カレー 200g18禁カレー 200g

磯山商事
売り上げランキング : 5452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人に対するバッシングと組織に対するバッシングを混同するのはいけないというのは一般論じゃないでしょうか。
一般論に当てはめるには、マスメディアはあまりにも目に余る。

例えば、某メディアの偏向報道に対するデモが巻き起こった時、他のメディアはそれを一切報道しようとしませんでした。
デモを支持した人たちは「同じ穴のムジナだ、個人の問題ではなく構造の問題だ」と心に刻んだはずです。

例えば暴力団という組織がありその構成員の何パーセントかは紛れもない犯罪者です。
それらの犯罪者を個人として取り締まれば、組織そのものを問題視する暴力団新法などいらない。…というわけにはいかないでしょう。

目に余る場合には目に余るなりの対応が必要だと考えます。
マスメディアのセンセーショナリズムそのものを糾弾すべきだと。

マスメディアは民主主義という心臓から血を運ぶ血管です。
腐れば社会そのものが壊死してしまいます。
だからこそ政治家と同等か、それ以上に厳しい目で見つめていかなければならないと考えます。
 
カツカレーに関してはホッケの反動による過剰反応だとは思いますけどね。

| ああああ | 2012/10/11 20:07 | URL |

"メディアスクラム"という用語がありまして・・・
いろんな人がいろんなこと言ってる状態が健全だというのは同意なんですが
その多様性を塗りつぶす方向に傾き易いのもメディアもネット上も共通かと。
そして圧倒的に寡占市場なのはメディアの方で、弊害も大きい。
日本の場合さらに新聞とラジオとTVの資本の分離が全くされてなくて
特定メディアグループの影響力支配力がかなり強いですから。
そしてメディアグループ同士が利害を共にする案件で彼らがどういう行動を
取るのが合理的な行動かと考えると、あながち実態のないものとは言えないかと。

読売、中日、フジサンケイ、この間までTBSがプロリーグの球団経営に参画し
朝日、毎日が高校選手権の主催に加わる競技がどういう取り上げられ方を
新聞ラジオTVでしているかは好例ですし
気前良く広告料払ってくれる業界についての報道姿勢が各メディアどうなるかも
想像に難くないでしょう、もちろん何事も例外はありますが。

利害の一致と資本関係、この2点において"マスコミ"というのを
抽象的な概念と切って捨てるのは無理があると思います
おっしゃるとおりの暴論がネット上多々見受けられるのも事実ですが。

| shimole | 2012/10/11 21:47 | URL | ≫ EDIT

このコラムは同意します。
そもそも「マスコミ」の範囲が、意見を言う人間のさじ加減のようなところがありますね。
本気で批判したいなら、まず自分の批判したい「マスコミ」をきちんと規定しないといけないんだけど。
これをしないと、どこまでいっても抽象的にしかならないハズです。
たとえば、本文中の「マスコミ」も、安倍さんを批判する「マスコミ」、ゲームを批判する「マスコミ」があるし、
コメントでも、某メディアの偏向報道に対するデモを報道しない「マスコミ」、プロ野球球団を持つ「マスコミ」と、
いろんな「マスコミ」がありますよね。
これ、みんな同じ「マスコミ」ですか。全部まとめて一気に論じることなんてできないと思いますけど。
結局、多くは「オレは気に入らん」ことを言われたことに対するグチに過ぎないんでしょうけどね。
そもそもマスコミじゃなかったら良いってわけでもないなあ。

| たろう | 2012/10/12 00:52 | URL | ≫ EDIT

もし本当にマスコミが健全であれば、関西のマスコミが報道した内容に対して、
批判するマスコミが出てくるべきだと思うんですけどね。

安部さんには賛否両論あるかもしれませんが、カツカレーに関しては否しか
報道されていないのが問題なんじゃないでしょうか。

| とおりすがり | 2012/10/12 19:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1455-217b11ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT