やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:メイドもののエロビデオなのにメイド服を脱がすとか何なの?馬鹿なの?

 サンタさんの話以上に、ちびっこの夢をぶち壊す話をしてしまうかも知れませんが……
 メイドもののエロビデオに出ているのは、実際にはメイドさんではないんです。

 同じように、女子高生(女子校生)もののエロビデオに出ているのは、ほとんどの場合は実際には女子高生ではありません。高校卒業済みの18歳以上の人がほとんどです。「ほとんど」というのは、私の知らない非合法の世界では実際にはあるのかも知れないけどそんなことは知らないので「ほとんど」と書いているだけです。


 一人のAV女優さんが、こっちのビデオでは女子高生の制服を着ているから「女子校生もののエロビデオ」になって、こっちのビデオではメイド服を着ているから「メイドもののエロビデオ」になるのです。それなのに「女子高生の制服」とか「メイド服」を脱がしてしまったら、そのコはもう女子高生でもメイドさんでもなくなってしまうじゃないですか!

 そういうツッコミを恐れてか、「いや、一応女子高生の痕跡は残しておきましたよ!」と首元にリボンだけ残っているとか、「いや、一応メイドさんの痕跡は残しておきましたよ!」と頭にヘッドドレスだけ残っているエロビデオとかありますけど、そんなんで「このコは女子高生なんだ」とか「このコはメイドさんなんだ」なんて思い込めるか!!





 ……というのが「エロビデオにまつわるあるある話」ですよね。
 決して私の意見ではないですよ?みなさんがよく仰っていることを機械的にまとめて編集しただけの文章なんで、私の気持ちとか性癖みたいなものは一切含んでおりません。
 私は全然エロビデオとか興味ありませんから。私がこの世界で興味があるのは、大自然、滝の流れとか、そういうものだけです。それ以外のものはもう何の興味もありませんし、「エロビデ……オ?はて……」くらいの知識しかありませんし、そうに違いありません。




 んでね、そんな風に滝のことばかりを考えていた最近。
 「メイドもののエロビデオで敢えてメイド服を脱がすエロス」も分かってきたんですよ。

 それはつまり、言ってしまえば「メイド性の破壊」なんですよ。
 女子校生モノのエロビデオなのに女子高生の制服を脱がすのも同様で、「女子高生性の破壊」なんですよ。


 「制服萌え」とは何か?という話。
 制服というのは、本来は団体とか職業に従事している者が着る服で、それを着ている人には「その属性」が付与されるものだと思います。女子高生の制服を着ていたら、学校に行ってー、授業を受けてー、部活をしてー、帰ってー、みたいな“日常”が見えるのです。


 「制服」とは“日常”なのです。
 4~5年前に自分が書いた記事で、「ぶっちゃけ全裸ってそんなにエロくないよね」という記事があります。その後、自分は「やっぱり全裸もエロイと思えるようになった!」という記事も書いているのですが……


 「どうして全裸より脱ぎかけの方がエロイのか」を書いた記事に、自分はこう書いていました。


<以下、引用>
 衣服を着た女性というのはそこら中を歩いています。これは日常。でも、全裸の女性はなかなか道端を歩いてくれません。これは非日常。
 衣服を脱ぎかけの女性は、この日常と非日常の中間辺りのグレーゾーンなんですよ。その曖昧さが非常にエロイのです。「お尻と太ももの境界のエロさ」とか「脇と乳の境界のエロさ」みたいなものです。
</ここまで>

※ 強調は引用者が行いました


 当時の自分は「日常と非日常のグレーゾーンがエロイ」と思っていました。完全な非日常になってしまった「全裸」ではエロくないだろう、と思っていたんですね。
 しかし、今の自分はそうは思っていません。今の私はもう滝のことしか考えていません。それと、「全裸もエロイ」と思えるようになりました。


 「メイドもののエロビデオでメイド服を脱がす」とか「女子高生もののエロビデオで女子高生の制服を脱がす」とかは、衣服によってかろうじて繋ぎとめられていた「メイド性」とか「女子高生性」といった“日常”を完全に剥ぎ取り、壊す行為なんです。破壊のエロスなんです。

 「キレイなものを汚したい」というエロスがあるように。
 「大好きなものを壊したい」という危うさを持ったエロスが、「メイドもののエロビデオで敢えてメイド服を脱がす」行為には感じられるのです。




 もちろん、私が以前から「人間の数だけ性癖の数は存在する」と書いているように、そうした破壊行為にエロスと感じられる人もいれば、「メイドもののエロビデオなんだから、最後までメイドさんのままでいてくれよ!」と破壊行為を楽しめない人もいるのでしょう。どちらの気持ちも分かります。

 だから、どちらのエロビデオも存在してイイんだと思うのです。
 記事タイトルには「馬鹿なの?」と書きましたが、私はそうは思いません。それは「自分の持っている性癖が“正しい性癖”で、それに同意出来ない者を“愚かな性癖”の持ち主だと決め付ける」傲慢で独りよがりな思考でしかないと言えるでしょう。





 ちなみに、自分は「最終的に全裸になる」のでもイイと思っていますが、「脱ぐ過程」はちゃんと見せて欲しいなと思っています。


ニッポンの滝100選ニッポンの滝100選
北中 康文

学研パブリッシング 2012-09-04
売り上げランキング : 76272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

常日頃ネタバレには細心の注意を払われ、先日のサンタ記事でも十分な配慮をされた
やまなしさんが僅か2行目にして無警告のネタバレをかますとは・・・
深く傷つきました、お詫びとして厳選滝画像の紹介を要求します。

それはともかく、"日常性の破壊"というのは破壊される日常性にどれだけの説得力があるかが
鍵だと思うのですよ。日常の描写を丁寧に、しつこく行なって「これがこの世界の日常だよね」
と視聴者/読者に思わせてこその破壊。起承転結で言えば「承」をしっかり描いてこその「転」というか。
TVアニメ版ではともすると中だるみ的に思われていた部分が劇場版でスッパリ整理されてしまったせいで
クライマックスの部分で何か重みが欠けてしまう、そんな感じです。どこかの受け売りですが

当記事の話題に戻せば、ともすると早送りですっ飛ばされかねない小芝居部分の限られた時間で
いかに説得力を持たせるか、媒体的にかなりキツいと思うんですよ。ぶっちゃけ出演者にとっては
メイド服や学生服よりも全裸の方が日常性あるんじゃないかって気もしますし。
長編ゲームとか深夜アニメで物議を醸しそうなやつとか、そういうのならあるいはと思いますが

| shimole | 2012/12/20 20:49 | URL | ≫ EDIT

だからVシネの方が好きなんですよね。

| 児斗玉文章 | 2012/12/21 12:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1490-1347d059

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT