やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『サードメーカー meets 任天堂』ならこんなコラボが見たい!

 この記事にも書いたことですが……

 Wii U用タイトルとして発表されたコラボレーション『真・女神転生meetsファイアーエムブレム(仮称)』は夢が広がる発表でした。この一タイトルへの期待だけでなく、「こういうことを任天堂がやるんだ」という期待感が湧いてきたんですね。

 任天堂からすると、「自社初のHD機になるWii Uは今までのようなペースではソフトが作れない」「かと言って、サードメーカーもいっぱいいっぱいなのでマルチタイトルばかりで独占タイトルはあまり望めない」→ 「ならば、任天堂が開発費を負担してサードメーカーにタイトルを作ってもらおう! (・∀・)」「しかも、コラボレーションタイトルならば他機種への移植が勘繰られることもないぞ!」

 中小サードメーカーからすると、「据置全機種がHD化されたけどHDでソフトを作る開発費なんてないよ……」「しかし、HDタイトルを作れないとせっかくの技術力が時代遅れになってしまう」「携帯機のソフトは海外だとイマイチ売れないし……」→ 「任天堂が開発費を出してくれるらしいぞ!」「これでHD機でソフトが作れる! (・∀・)」

 ってことなんだと思います。


 先のニンテンドーダイレクトでも、経営方針説明会の社長説明でも、「ソフトメーカーさんとの新たな取り組み」という表現がされていて―――アトラスとのこのコラボレーション以外にも何かを仕込んでいることが示唆されています。

 もちろんそれは「コラボレーションタイトル」に限った話ではないのですが、『真・女神転生』くらいの強力な支持層と知名度を持ったタイトルならば積極的にコラボを持ちかけているんじゃないかと思われます。だって、コラボなら絶対に他機種に移植されないって分かりますから。もちろんサードメーカー側から「それはちょっと……」と断られることもあるでしょうけど。


 あと、やっぱ「あのタイトルとあのタイトルがコラボしたら……」とか妄想するのは楽しいですしね!
 ということで今日の記事は「予想」でも「分析」でもなくて「妄想」記事です!

 ただ……「妄想」するのにも、「自分を納得させるだけの根拠」がないと妄想しきれないものなので。自分として外せないポイントが、

・HD機にそんなに積極的でなかったサードメーカー
・任天堂が苦手とするジャンルに強力なブランドを持っているメーカー
・とは言え、任天堂機で実績を持っているメーカー
・「社長が訊く」などで交流があったメーカー

 この辺です。
 では、こういう条件にあうサードメーカーさんのタイトルで任天堂とコラボして欲しいタイトルをバシバシ妄想していきますよ!




○ 『ルーンファクトリー meets どうぶつの森』
 (マーベラスAQL&ネバーランドカンパニー)





 とかいう気が狂った話は置いといて(笑)。
 『ルーンファクトリー』なんかは典型的に「熱心なファンがいる」「任天堂機でも実績がある」「任天堂には作れないタイトル」ですよね。「社長が訊く」でも扱われていましたし、このタイトルに任天堂が目を付けていないワケがないと思います。

 このシリーズはDSで始まって、ナンバリングタイトルは3DSへと引き継がれましたが……
 据置機版も1作目はWiiで、2作目はWiiとPS3で発売されています。しかし、ゲーム内容が「コツコツと遊ぶ時間泥棒なゲーム」なため、据置機版の売上げはそんなでもありませんでした。なので、全機種HD化した据置機は見限って、今後は携帯機のみで展開していくという可能性も高いと思うんで。

 だからこそ「Wii Uで作ってみませんか」と声をかけている可能性は高いんじゃないかなぁ……と。ゲームパッドオンリープレイならば、今までの据置機よりはちょっとした時間に遊べそうですし。


 問題は、『どうぶつの森』とコラボした場合、戦闘とか家畜の描写をどうするか(笑)。
 しずちゃんが大剣振り回している姿とか……多分、任天堂側がNG出すと思いますし。

 個人的には、『エムブレム』とコラボして「協力アクションプレイで動くエムブレムキャラ」も見てみたいんですけど、『エムブレム』ばっかコラボするのもアレですしねぇ(笑)。




○ 『かまいたちの夜 meets ファミコン探偵倶楽部』(スパイク・チュンソフト)
 15年前に見たかったコラボ!どっちも今の若い人は知らんのじゃないか!

 現在ではかなりのニッチジャンルになってしまったので任天堂自身はほとんど作っていませんが、非アクションゲームの「アドベンチャーゲーム」とか「ノベルゲーム」に一定の需要があることは分かっていると思うのです。DS時代はCINGにアドベンチャーゲームを作らせていましたし、Wiiの「みんなのおすすめセレクション」の時は『428』をプッシュしていましたからね。

 また、「アドベンチャーゲーム」や「ノベルゲーム」は、ゲームパッドやMiiverseと非常に相性の良いジャンルともいえます。テレビを使わず手元の画面だけで遊べるのも、Miiverseで情報交換しながらというギミックを仕込めるのも、「Wii Uならではの新体験」と言えるでしょう。


 スパイク側はともかく、チュンソフトは任天堂とは仲良しですしね。
 64で『シレン2』出したり、『ポケダン』作ったり、『Wiiリモコンプラス バラエティパック』にも参加していましたもんね。

 ただ、現在のチュンソフトにノベルゲーを作る人材がいるのかは分かりませんし(『428』作ったイシイさんはレベルファイブに移っちゃったし)、むしろスパイク側の『ダンガンロンパ』の方が任天堂は欲しいかも知れませんね。どうコラボすればイイのか見当も付きませんが。


 こういう形でもないと『ファミ探』はもう復活しないと思いますしねぇ……
 どこでもイイからコラボしてくれませんかねえ。



○ 『天空の機士ロデア meets パルテナの鏡』(角川ゲームス&プロペ)
 ごめん、プロペの名前を出したかっただけなんだ。
 別に『レッツタップ meets リズム天国』でも、『ファミリーフィッシング meets ウーフーアイランド』でも良かったんだ。

 知らない人もいるかも知れないので書いておきますと……プロペとは元セガで『ソニック』などを作った中裕司さんを中心に独立したデベロッパーで、現在までにWiiやiPhoneのゲームを手がけていて、任天堂とも『Wiiリモコンプラス バラエティパック』で一緒に仕事をしています。

 しかし、何といってもWii末期にバンダイナムコから発売された『ファミリーフィッシング』が素晴らしい出来で、任天堂機でバンナムのソフトを遊びながら「中裕司はまだまだ終わってなかったんだ……!」とセガファンが感涙したというほどでした。自分もWiiソフト3行レビューの時に、オススメの1本として紹介しました。

 当然『ファミリーフィッシング』がジワ売れでWii末期に貢献していたことは任天堂も知っているでしょうし、20万本突破の際には表彰されたなんて話もありましたし、任天堂としては「チェックしておきたいデベロッパーの一つ」だと思うんです。
 ただ、ちょっと「任天堂と感性が近すぎる」ところもあるので……この辺を任天堂がどう捉えているのかは気になるところ。



 というか、別にコラボとかじゃなくて、普通に「デベロッパーとして一緒にソフトを作っている」可能性の方が高いか(笑)。しかし、『ファミリーフィッシング2』を出されちゃうと、我が家のWii Uが父専用機になっちゃうので複雑である!


○ 『レイトン教授 meets ゼルダの伝説』(レベルファイブ)
 この辺よね……。
 任天堂がレベルファイブをどう評価しているのかは気になるところ。

 任天堂プラットフォームでのソフト売上げだけを見れば、スクエニ、カプコンに続いてバンナムとタメ張るくらいに貢献しているメーカーだと思うんですけど。「社長が訊く」とかニンテンドーダイレクトとかでは、扱いがあんまりな気がするんです。

 長くSCEのデベロッパーとして活躍してたとか、『二ノ国』PS3版とかで、あんまり心象良くないんですかね。『GUILD01』とか「社長が訊く」やって欲しかったですよ!あのメンツが一同に揃う絵は全く想像出来ませんけど!(スケジュールも合わせられなさそうですし)


 レベルファイブがパブリッシャーとして唯一展開したHDソフトがPS3版『二ノ国』ですけど、DS版というベースがあっての作品ですし、その上でも売上げは苦戦しましたし。「もうHD機はコリゴリだ……」と思っているんじゃないかと思うので、声をかける選択肢としては面白いんじゃないかと。

 「なんでコラボ相手がゼルダなんだよ!レベルファイブごときとゼルダがコラボなんて勿体ないことするな!」と熱心なゼルダファンは思うかも知れませんけど、個人的にはコラボとかそれ以前に「アクション要素のないゼルダ」って1回作っておくと面白いんじゃないかと思っているんです。
 あの世界観とか、謎解きの気持ち良さとか、ダンジョンを探索している時のワクワク感とかを、アクションゲームが苦手な人にも体験させておくと―――ゼルダ本編にもプラスになるんじゃないかなぁと。


ファミリーフィッシング (ソフト単品版)ファミリーフィッシング (ソフト単品版)

バンダイナムコゲームス 2011-08-04
売り上げランキング : 3318

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回「中小サードメーカーとのコラボタイトル」に注目して妄想しましたけど、もちろん大手サードメーカーとも組んで何かをしているのでしょうし(バンダイナムコと組んで『スマブラ』作っているみたいなことは他でもしているでしょう)。

 小さなデベロッパーにも何らかの声をかけているんじゃないかと妄想しています。
 Wiiウェアで孤軍奮闘していたポイソフトに、3DSDLソフトのロンチに合わせるように発売前の3DSを見せた―――みたいな話で。WiiウェアやDSiウェアや3DSDLソフトで評価の高かった会社に声をかけているんじゃないかと。未だに日本でDL専売ソフトが出ていないのは、ポイソフトがソフトを完成させるのを待っているからに違いないんだ!!


 ……というのは、流石に妄想が過ぎるかも知れませんが(笑)。
 ゲームパッドとMiiverseの組み合わせだと、1プレイ数分くらいに手軽に遊べるゲームが意外に盛り上がると思うんですよ。『バルーンファイト』のMiiverseコミュニティでみんな楽しそうに遊んでいる光景を見ていると、Wiiウェアみたいなサービスが早くWii Uでも始まってくれないかなと期待しちゃうんです。


Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)

任天堂 2012-12-08
売り上げランキング : 183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とっさに浮かんだのは、 おさわり探偵×メイドインワリオでした。
絵柄のマッチングもありますが、おさわりワールドにワリオキャラをぶちこんだらしっくり来そうだなと。

もしくはWii-fit×カグラで!

| ああああ | 2013/02/02 20:22 | URL |

ゼルダからアクションを取るのは、マリオからジャンプを取るとかドラクエからレベル制を取るとかと同義ではないでしょうか。なんとなく違和感。
でもたしかに、レイトンとうまく組み合わせたり謎解き特化なりして、アクションをうまくやったご褒美ではなく謎を解いたご褒美で先に進めるようになる、ゼルダの世界を冒険できる、という進め方もやってみたいかも知れません。

| ああああ | 2013/02/03 03:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1510-cd979d50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT