やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コメント欄には「面白かったです」なんて書かれない

 10年くらい前の「個人サイトの時代」は、閲覧者がサイト管理人にメッセージを伝える手段は主に「BBSという電子掲示板」でした。メールフォームとかWEB拍手とかもありましたが、多くの個人サイトはBBSを併設して感想なんかを書きこめるようにしてあったと思います。

 あの頃の方が「面白かったです!」「頑張ってください!」って書き込まれることが多かったなーと思います。


 10年経った今、「ブログ」をやっていて、「コメント欄」に「面白かったです!」「頑張ってください!」と書き込まれることなんて――――ゼロとは言いませんけど、1ヶ月に1回あるかないかってところです。


 「それはオマエが面白い記事を書いていないのが悪いんだろうが」と言われればその通りで、面白い記事を書けるように頑張ろうと思うのですが―――
 もちろん「面白かったです!」という励ましや建設的な御自身の意見を書き込んでくれる人もいますけど、「揚げ足取り」とか「私自身への誹謗中傷」とか「特定の人物・団体・種族に対する誹謗中傷」とか「俺が書いて欲しいことを書いていないのは許せないという苦情」とか「記事本文を読んでいないことが分かる書き込み」とかも多くて。

 「自由に御意見を書いてくださいねー」というコメント欄だから仕方ないんですけど……「自由な意見ってそういうことじゃなくね?」と思うこともしばしばです。


 特に「記事本文を読んでいないことが分かる書き込み」は凹むんですよ。
 分かりますよ。記事のタイトルだけをTwitterとかニュースサイトさんで見つけて「何か面白そうな記事があるなー」とクリックしてみたらすっげえ長文で、「読むのメンドくせー!」とナナメ読みして、自分の言いたいことだけをコメントに残していく―――アクセス数が増えればそういう人が多くなるのも分かるんですよ。


 分かるんですけど……じゃー、誰もちゃんと読んでいないのに一生懸命本文を書く意味って何よ?記事タイトルしか読まない人ばかりならば、私も記事タイトルだけ書いて終わらせたいですよ!残りの時間を睡眠時間に充てたいですよ!




 ってなことを、Twitterで愚痴ってて気が付いたことなんですけど。
 そもそも認識を間違えていたんですよね。

 「コメント欄の意見」=「ブログを読んでいる人の総意」ではないんですよね。
 「個人サイト時代における掲示板」と「ブログにおけるコメント欄」は別物なんです。



 よくよく考えてみればです。
 自分も読者として、毎回の更新を楽しみにしている大好きなブログさんのコメント欄に「面白かったです!」なんて書き込んだことないですもん。

 今の時代、「面白かったです!」と伝えるならTwitterで直接言うという手があります。
 「この記事は面白かったからみんなも読んでー」とTwitterやFACEBOOKで拡散させることも出来ます。はてなブックマークで「これはすごい」タグを付けることも出来ます。WEB拍手をポンと押すだけということも出来ます。

 たくさんある選択肢の中で、わざわざコメント欄で「面白かったです!」と書く理由ってそんなにないんですよね。
 これは「面白かったです!」という絶賛だけじゃなくて、「この記事にはこう書かれていますが私はこう思います」という自分の意見もそう。コメント欄に書くよりも、Twitterで書いた方が本人に直接届くし周りの人も巻き込むことが出来ますもん。


 逆に言うと、「わざわざコメント欄を使うメリット」は「匿名でメッセージを伝えられる」「そこそこの長文も書ける」という辺りでしょうから、「揚げ足取り」とか「私自身への誹謗中傷」とか「特定の人物・団体・種族に対する誹謗中傷」とか「俺が書いて欲しいことを書いていないのは許せないという苦情」とか「記事本文を読んでいないことが分かる書き込み」が多くなるのって、そのブログが面白くないとか以前にコメント欄というメディアの特性を考えれば普通のことじゃんって気付いたのです。

 だから、コメント欄を読んで「記事本文を読んでいないことが分かる書き込み」ばかりなことに絶望して、一生懸命書く意味なんてないんだと落ち込む必要なんてなかったのです。ちゃんと読んでいる人がたまたまコメント欄に書き込んでいないというだけなんです。




 こういうことを言うと、「あーコイツはそこまでして自分を絶賛するコメントを求めるのかよ。構ってちゃんめ!」と思われるかも知れませんけど。いや、マジでこういう記事を書いたからって、無理して「面白かったです」なんて書き込まなくてイイですよ。
 フリとかじゃなくて、私はそういうことをされても「あー、今こうして「面白かったです」と書き込んでくれた人は、私に同情をして本当は面白くなかったんだけど気を遣って「面白かったです」って書き込んだんだろうな。気を遣わせちゃって悪かったな……死のう」としか思わない面倒くさい人なんで、ホント無理して「面白かったです」なんて書き込まないでください。


 私がこの記事を書いたのは、「(私以外の)ブログを書いている人」にもこういうことを思っている人がいるんじゃないかと思ったからです。「誰からも面白いと言われない。何のためにこんなことをやっているんだろう。もう辞めよう……」と思ったこと、ブログを続けていれば一度はあるでしょう?

 でも、違うんです。
 「面白かったです」とコメント欄には書き込まないだけで、「面白かったです」と思っている人はたくさんいるんです。いるかも知れないんです。きっと……いるはず。多分……いないとは、限らないし……




 いや、

 「いる」と信じて何が悪いんだっ!!!


 「俺のことを好きな女子なんて世界中のどこにもいないんだ」なんて思って落ち込むよりも、「実はあの女もあの女も俺のことを好きなんだけど奥手だから俺に告白してこないだけだ」って思っていた方が絶対に人生は幸せなんです!!

 だから、あなたのブログを「面白かったです」と思っている人は絶対にいるんです!
 「いる」と信じて困ることなんて何もないのです!

(関連記事:アナタも今日から“ハーレム漫画の主人公”気分だ!


全100種以上 立体ポップアップ グリーティングカード :立体ハート L-002 誕生日・ギフトカード・ウェディング・結婚おめでとう・結婚祝い・感謝状・告白・招待状・出産祝い・メッセージカード・バレンタイン全100種以上 立体ポップアップ グリーティングカード :立体ハート L-002 誕生日・ギフトカード・ウェディング・結婚おめでとう・結婚祝い・感謝状・告白・招待状・出産祝い・メッセージカード・バレンタイン

POPUP-CARD ドットコム
売り上げランキング : 5096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:58 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

コメント欄って書くのに少しハードルがありますね。web拍手があるのは知りませんでした。

| ? | 2013/02/24 21:21 | URL |

どんなときでもひとりじゃない……ハズ……

 内容が面白くて有意義で満足したときほど、わざわざ「面白かった」なんて書くつもりすら起きませんからねえ……基本的には。

 今回の記事もほぼそれに該当してるのですが、特に伝えておきたいと感じたのであえて書いとくことにします。

| kanata | 2013/02/24 22:12 | URL |

コメントって記事の質に影響するので無理に書き込めません…
コメントに「笑いました」「感動しました」「きもい○ね」
みたいなコメントが少しだけでもあると、私の場合何故か萎えてしまいます。
でも一般的なアメブロの改行だらけの内容の無いブログとかって、
大抵「おもしろかったです」「がんばってください!」
のような薄いコメントが氾濫しているようにも感じますよ
要はどれだけ文章を読みやすくてアットホーム(笑)な雰囲気にできるか
って事じゃないんですか?

| g4 | 2013/02/24 23:10 | URL |

ホントは長々と書きたい気分だけど今日は一言にまとめてみよう。

「面白かったです!」

なんつって。

| AAAA | 2013/02/24 23:30 | URL |

パソコン通信の時代から、レスがあるということは奇跡だ
と考えることが、精神的安定に繋がると思っています。
逆に、オフ会で書き込みの返事を直接もらえたり。

今は、TwitterやFacebookで直接にレスのようなものを
返すことができるので、敷居は低くなっているかも?

ところで、このサイトにもありますが、各記事の下に
ついている「ツイート」ボタンを押してTwitterに
書き込んでも、そのことは本人には伝わらないんで
しょうか。誰が押したか分かれば、モチベーションも
上がってくると思いますが...。


tos.

| tos | 2013/02/25 04:49 | URL |

面白かったです

| ああああ | 2013/02/25 07:03 | URL |

自分の中で考えがまとまっている事柄に対する記事ならば反論もできます
おっぱい画像なら「はさまりたいです」にことばを凝縮できましょう
ですが新しい価値観を提案されるとなかなかコメントは難しいものです

また更新時間が夜間ですとスマホで見ることが多くなりコメントを送る機会を失してしまいます

| A | 2013/02/25 09:01 | URL |

いつも楽しく読ませてもらってます:-)

ブログのコメント欄は著者へのコメントというよりは、
記事へのコメントという体裁をとってるせいでしょうね-。

そのため、記事に対して同意するときはわざわざコメント
なんかしなくて、同意できないときに自分の意見を知って
ほしくてコメントすることが多いと思います。

なので、記事の内容に反したコメントが多くなるのは
仕方がないように思います。

| red | 2013/02/25 23:05 | URL |

コメント欄使わずに

web拍手をおしてますよ。気が付かれてますかしら。

| おそまつ | 2013/02/26 01:59 | URL |

わたしも以前は「はじめてコメントをする時は“はじめまして”を言ってください」といちいち言っていましたが、今ではそういう「敷居」がないのがブログなんだろうなと割り切っています。
掲示板のやりとりは手紙のやりとりから拝啓と敬具を除いたものでしたが、敷居はどんどんなくなってきているんでしょうね。

| 児斗玉文章 | 2013/02/26 10:58 | URL |

私の場合は、面白いと思ったblogを全部RSSに入れてそちらでまとめて読んでるので、面白い!と思うblogほどサイト自体へのアクセスは少なくなってる気がします。


運営者がわからしたらやめて欲しいのかもしれないですが・・・

| ああああ | 2013/02/28 13:17 | URL |

面白かったけど死のうと思わないでください。

>「個人サイト時代における掲示板」と「ブログにおけるコメント欄」は別物
特にここが面白いなぁと思いました。
私はこういう感覚でコメントを見たことがなかったんで、そういえば違うなぁと感服しちゃいましたね。

言葉を書くカタチだけじゃなく受け取り方も気持ちの残し方も、全然カタチが違ってきてるのかもしれません。

| 三文芝居 | 2013/07/01 21:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1521-1c8c2a40

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2016/12/08 12:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT