やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:女性は皆「創作者」であり「作品」なのかもなぁ

 「ヒンヌー」カテゴリーの話題を書く際には、他の記事との区別を付けるために記事タイトルの冒頭に「考察」と付けていて。
 それは「今からおっぱいの話とか書くけど、別にエロイ話じゃないよ!マジメに考察しているんだからね!」という当初の理由だったのだけど、始めてからもう6年が経っているので「考察してない記事もかなりあるよね……」と思いつつあります。




 今日は、相変わらず体調が戻らないために軽めの記事。


 男からすると「女性」は、“他人”なのです。
 「そのおっぱいに触りたい!」といったようなエロの対象であったり、エロ抜きでも「ただそのキレイな姿を眺めていたい」という目の保養的な対象であったりするように、主語+動詞+目的語の「目的語」の部分なのです。私・触る・おっぱい、私・見る・おっぱい、みたいなカンジで。

 だから、軽はずみに言うのです。
 ダイエットしている女性に向かって、「男はちょっとぽっちゃりしているくらいの女性が好きなんだよ」とか。
 「そんなに時間かけて化粧しても、すっぴんのままでも可愛いのに」とか。
 「身長の低い女のコって男からは人気だよ」とか。
 「ヒンヌー好きの男って結構いるんだよ!」とか。

 良かれと思ってこういうことを言ってしまうのです。
 「キミは自分では自分の魅力に気付いていないだけで、男(俺)からするととっても魅力的なんだよ!」みたいなことを言って、女性を励まそうとしてしまうのです。


 でも、それって「女性は“男世界の価値観”で認められれば嬉しいはずだ」的な発想ですよね。もっと踏み込んだ言葉で言えば、「男からモテる女性こそが勝ち組だ」的な男からの発想。





 すっぴんに関してはアレなんですけど……
 自分も男として「ちょっとぽっちゃりしているくらいの女性」とか「身長の低い女のコ」とか「ヒンヌーの女性」が好きですから、漫画描きとしてそういう女性キャラクターを「ほら!可愛いでしょ!」的に描いてきましたし、今現在描いているところだったりします。

 で、確かに「見る」対象としては可愛いんですけど。


 描く側として考えると、「似合う服が限られている」って気付くんです。
 スレンダーで、それなりに身長があって、脚が長くて、胸も大きすぎず小さすぎずって女性キャラクターの方が、どんな服を着せて描いてもきっちり似合うんです。
 「ちょっとぽっちゃりしている女性」とか「身長の低い女のコ」とか「ヒンヌーの女性」がそこにコンプレックスを持つのは、別に「それだと男にモテないから」じゃなくて、女性としてオシャレの選択肢が狭まっちゃうからなんだと。



 そりゃそうだ。
 男からすれば女性は、主語+動詞+目的語の「目的語」ですけど。
 女性からすれば女性は、主語+動詞+目的語の「主語」ですもんね。



 「そんなの気にすることないよ!男はそういう女性の方が好きなんだよ!」って言ったからって、何の慰めにも励ましにもならないんだって今更ながらに気付きました。私が「漫画描き」として「女性キャラクター」を描いて悩むようなことを、女性は皆ご自身で毎日悩まれるワケですもんね。



 しかしこれは、裏を返すと、男側はそう言ってもらえば慰めや励ましになるのかもと思うのです。
 祖チ●コンプレックスに悩んでいる男性には「そんなの気にすることないよ!女はそういう男性の方が好きなんだよ!」と言ってあげれば喜ぶのだと、世の女性皆々様には声を大にして言いたい。というか、言ってください。お願いします。じゃないともう生きていけない。

(関連記事:貧乳コンプレックスが生まれる場所
(関連記事:男は男からの評価の中に生き、女は女からの評価の中で生きている


わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!

任天堂 2012-09-27
売り上げランキング : 242

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 17:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

その発想はなかった

>描く側として考えると、「似合う服が限られている」って気付くんです。

 この一言で、えらい納得できてしまいました……。

| kanata | 2013/03/08 23:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1527-29908036

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT