やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が期待している2013年の春アニメラインナップ

 恒例記事にしたい「アニメ視聴予定ラインナップ」の季節が来ましたよ!
 「書くネタが何も思いつかない……」という時にこういう記事があると助かるのです!



 4月から始まるアニメ(深夜アニメ)の中から「自分はコレを観ようと思っています!」とピックアップしておくことで、アニメ初心者の人にも「じゃあ自分も観てみようかな」と思ってもらいたいという記事です。
 ですが、自分のピックアップした時点で失敗してしまっているところもあって、『ガールズ&パンツァー』とか『ラブライブ』とか、自分がピックアップしなかったアニメが話題になっているのを見ると……「しまった!観ておけば良かったーーー!」と思うだけでなく、みなさんに申し訳ない気持ちにもなるという。


 だから、初心者の皆さんはやまなしの書くことなんて信用せずに「自分で自分が気に入りそうなアニメを選択する」ようになれるのを最初の目標にしましょう!自分全否定!



(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの選び方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座



 今回も『脳とアニメーション』さんの一覧記事を参考にさせていただきました。
 皆さんもそちらを読むとイイと思いますよ。


 というのも自分、今季は冬アニメから引き続く2クールアニメが(多分)2本あるので、ソレと放送時間が被るかも知れない作品は省いたのです。具体的に言うと『ちはやふる2』の裏の時間帯に来そうな“金曜深夜1時半~4時”くらいのアニメは、もう最初から諦めました。

 ハッキリ言って今季は数が多すぎるんですもの……
 これくらい割り切らないと、「週に10本アニメを観なくてはならない」みたいな事態が起こりかねないんで。ピックアップの時点で「自分用」と割り切っています。すいません。





○ 『とある科学の超電磁砲S』
 <公式サイト>※ 音が出ます
とある科学の超電磁砲 DVD_SET1
とある科学の超電磁砲 DVD_SET1

 また2期モノからでスミマセン!!
 毎年3月末に書いている「自分が今年度好きだったアニメTOP5」で、『けいおん!』1期を抑えて2009年度TOP1に選んだくらい1期が大大大大好きだったアニメの待望の2期なんですもの!そりゃプッシュもしますよ!!


 ザックリとどんな話かと説明しますと……
 “超能力”が科学で解明されている世界で、日本中から“超能力の素質を持つ子ども”を集めて研究・育成をしている学園都市が舞台の話です。彼ら・彼女らは全員“超能力者”として一軸の評価をされてレベル0からレベル5まで分類されていて、例えば「レベル3以上の能力者じゃないと入れない学校」とかがあったりするのです。

 そんな学園都市の中で「最強のレベル5御坂美琴」と「最弱のレベル0佐天涙子」の二人を中心にして、レベル5にはレベル5の物語があって、レベル0にはレベル0の物語があって―――と描いたのが第1期でした。




 一応原作についても説明しておきます。
 未視聴の人は今の段階では知らなくてもイイことです。

 元々は『とある魔術の禁書目録』という大人気ライトノベルがありまして、アニメも第1期が2008年10月~2009年3月、第2期が2010年10月~2011年3月に放送されていて、つい最近の2013年2月にも劇場アニメ版が公開されました。
 この作品のスピンオフ作品として描かれた漫画が『とある科学の超電磁砲』で、アニメ第1期は2009年10月~2010年3月まで放送されて、第2期がこの4月から始まるコレということです。スピンオフ作品も第2期のアニメが作られちゃうくらいの人気作品と説明すると凄さが分かると思います。


 『禁書目録』と『超電磁砲』の関係は、というと……
 『禁書目録』は男子高校生:上条当麻を主人公にした話で、男主人公にしたハーレム構造&ラッキースケベ的なところもありつつの根っこはシリアスな能力バトルモノ。

 その『禁書目録』に登場する女子中学生:御坂美琴(ポジション的には二番手ヒロイン)を主人公にして、全く別の話を描いているのが『超電磁砲』です。こちらは女主人公でメインキャラ4人とも女子中学生ということで、日常群像劇的なモノなところもありつつ青春成長物語が根っこにあって、ここぞというところで能力バトルになるってカンジです。

 「世界観」は共通だし「時間軸」も共通しているのだけど―――同じ街に住む「男子高校生」と「女子中学生」では全く別の生活をしていて、違う物語を背負って生きているというのが、このシリーズが人気の理由かも知れませんね。私は『超電磁砲』の方が好きです。女子中学生が大好きだからです。



 ということで、『禁書目録』を観ていなくても『超電磁砲』は楽しめます。
 もちろん両方観ている方があの世界を深く楽しめますし、両作品が描いている角度の差を楽しむなんてことも出来るのですが。『禁書目録』を観ていないからといって『超電磁砲』が楽しめないということはありません、と強く書いておきます。

 『超電磁砲』1期を見ていなくても2期からでも楽しめるかは知りません(笑)。
 1期の放送から3年も経っているので、その辺を配慮してくれると期待はしているんですけど……深夜アニメの2期って「そんなん知ったことかーーーー!」って作品も多いですからねぇ。



 放送情報のページを見ると、ネット配信もあるそうです。
 「ShowTime、ニコニコ動画、dアニメストア(1週間無料のみ)にて4月19日(金)より順次配信予定」とのことです。

 ニコニコ動画で1期1話が無料配信されている(2話以降は有料)ので、気になる人は是非どうぞ。
 また、2期放送開始前に1期の一挙放送もあるらしい。3月23日の夕方6時~って、この記事を書き終わる頃にはもう始まっちゃってるじゃないか!1日早く書けば良かった!



○ 『翠星のガルガンティア』
 <公式サイト
ニュータイプ A (エース) Vol.16 2013年 01月号 [雑誌]
ニュータイプ A (エース) Vol.16 2013年 01月号 [雑誌]

 『まどか☆マギカ』に『PSYCHO-PASS』で今やすっかりカリスマアニメ脚本家となった虚淵玄さんのシリーズ構成に、キャラクター原案にカリスマエロ漫画家の鳴子ハナハルさんという、予測不能な組み合わせの新作オリジナルアニメーションです。制作はプロダクションI.G.。
 公式サイトがクソ重いし、作品紹介には一枚絵しか表示されないしでよく分からないのですが……ロボットアニメなのかな?


 全く持って未知数の作品ですが『PSYCHO-PASS』を1話で切って、その後に結構な話題になったのを後悔したので……今回は3話目くらいまでは腰をすえて観ようかなと思います。


 バンダイチャンネルとニコニコ動画でも配信されます。
 バンダイチャンネルの「有料会員向け一週間先行無料配信」というのは、非有料会員は一週間遅れでの配信ってことですかね。



○ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』
 <公式サイト
俺の妹がこんなに可愛いわけがない Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

 この辺りが悩ましいところ。
 人気ライトノベルのアニメ化で2010年10月から放送された作品の第2期、今回は「原作のラストまで」を描くそうなんですが「え!原作って完結してたの!?」と正直思いました(笑)。

 自分は第1期を全話観ましたし、テレビ版とは違う結末の「TRUE ROUTE」版もインターネット配信で全部観ましたけど……正直「最初の3話までは面白かった」という印象が拭えない作品でした。端的に言うと「そんなに楽しめなかった1期」という記憶なんです。なので、2期への期待もそんなに高くないし。


 何より「今回はラジオやらねえのかよ!」というのが正直。
 第1期は「アニメはラジオのオマケですよね」というくらいにラジオが超面白かったのに、第2期はラジオをやらないっぽいということで……今季は別にいいかな、、、、というテンションだったりします。他のメンツ次第ですかねー。


 2期開始直前の3月30日に、ニコ生にて「1期全話一挙放送」をするみたいです。
 公式サイトの放送情報にはまだ書かれていませんが、2期もネット配信はあると思います。



○ 『進撃の巨人』
 <公式サイト
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

 別冊少年マガジンで大人気連載中の漫画のアニメ化です。
 普段あまり漫画の話をしていない有名人の人なんかも話題にしているくらいに「大人気の漫画」で、自分は未読なんですが「いつか時間が出来たら読まなきゃなー」と思っていたらアニメ化されていて。ただ、「大人気の漫画」がアニメ化されれば必ず面白いかと言うとそうでもないので……期待半分不安半分というところです。漫画とアニメって別の表現媒体ですからね。

 まぁ、でも1話だけでもチェックしてみようと思います



○ 『RDG レッドデータガール』
 <公式サイト
RDG レッドデータガール 第2巻 [Blu-ray]
RDG レッドデータガール 第2巻 [Blu-ray]


 P.A.WORKSの新作が来たぞーーーー!!
 ということで、自分が今一番好きなアニメ制作会社「P.A.WORKS」と、キャラクター原案に『花咲くいろは』と同じ岸田メルさんを採用して、荻原規子さんの小説をアニメ化するそうです。『西の善き魔女』のアニメはあんまり面白くなかったけど、今回はP.A.が作るから楽しみにしていますよ!


 と、言いたいところなんですが……
 ニコニコ動画ではもう放送が始まっているそうですね。
 生放送のみでしか観られないので、もう今からじゃ第1話が観られないのか……

 どうやら角川の戦略として「ニコニコ動画の生放送が半月早い」方針で行くらしく。
 正直あんまりテンション上がらなくなっちゃいましたね。第1話はもう半月遅れで観るしかないし、このままずっと半月遅れで観ていくとどっかでネタバレ直撃しそうですし。せっかくのP.A.作品ですが、優先順位は低め。



○ 『惡の華』
 <公式サイト
惡の華(1) (少年マガジンKC)
惡の華(1) (少年マガジンKC)

 こちらも別冊少年マガジン連載の漫画のアニメ化です。
 題材や原作の話題もさることながら、今作で注目されているのが「ロトスコープ」という技法で作られているところ。実写で撮影した人物や背景を元に「絵」として描き起こす技法ということで、公式サイトを見てもらえば分かるんですが「キャスト表」に「実写キャスト」と「声優キャスト」の二人が描かれているんです。


 じゃあ実写ドラマでやればイイんじゃないの?

 というのが放送開始前の印象で。
 「わざわざそれをアニメでやる意味とは」を観てみたいので、注目しています。





 ということで、自分がピックアップしたのは6本です。
 冬アニメからの継続が2本として……週8本観るのはしんどいので、これを週5本くらいに収めたいところです。『ちはやふる』と『超電磁砲』を切ることはないので残り3枠か……なかなかに厳しい枠です。


 こんなことを書いておきながらアレなんですが、この他にも「今回はコレに注目しているから一緒に観ようぜ!」みたいな作品があればコメント欄にでも書き込んでください。時間帯が被らなければ第1話だけでも観てみます。

| アニメ雑記 | 17:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

話題性ならニャルコさんとうたプリでしょうか
個人的に期待しているのは日常系4コマ界の純文学とも言われるゆゆ式です

| ねこ | 2013/03/24 07:44 | URL |

革命機ヴァルヴレイヴいかがですか?
サンライズのロボものならはずれはないと思います。

| www | 2013/03/26 15:59 | URL | ≫ EDIT

レコーダー安いんですから録画してしまえば、後追いできますよ

| ああああ | 2013/06/19 02:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1535-3a2a7ada

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT