やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『トモダチコレクション 新生活』ファーストインプレッション

 前作は未プレイ(体験版だけプレイしました)。
 今作もまだ6時間ほどしかプレイしていませんが、この記事は早めに書いた方がイイなと思ったので書きます。このゲームは多分「遊んでみるとこのゲームをすごく気に入る人」がたくさんいるのだけど、それを知らないでスルーしている人が多いゲームだと思いますんで。



 『トモダチコレクション』は2009年6月にDS用ソフトとして発売されたゲームの続編で、今回の3DS版が2作目です。前作は初週売上げ10万本から脅威のロングセラーで367万本を売上げ、『ドラゴンクエスト』シリーズとともに“DS後期を支えたゲーム”だったと言ってイイでしょう。
 しかし、いわゆる“ゲーマーの人達”が食いつくゲームではなかったためか、ネット上では「なんであんなものが売れるのか分からない」「買っているのはCMに踊らされる情報弱者だけだ」「任天堂は情報弱者から金をむしりとるのが上手いな」みたいに言っている人がいて――――なんか、今『パズドラ』を叩いている人達と似ていますよね。

 録に知りもしないから、偏見と決め付けだけでバッシング―――
 「俺が興味のないものを買っているのは情報弱者に決まっている」―――
 「あぁ、情報弱者はかわいそうだかわいそうだ」―――



 ま、自分も前作は買っていないんですけどね!理由は後々書きます。
 でも、「この売れ方は凄いし、むしろこのゲームを楽しんでいる人こそが情報強者なんじゃないのか」と思ったので、当時こんな記事を書いていました。この後にソーシャルゲームが流行していくと考えると、色々と思うところはあります。

 『トモダチコレクション』が売れた理由から目を背けてはならない




 今回の3DS版は自分も購入してプレイしてみました。

 このゲームによくある説明とかPVとかニンテンドーダイレクトとかで、「Miiを登録するとそれらのキャラが住人としてが勝手に生活をするので、それを眺めるゲーム」とイメージしている人は多いと思います。
 それは別に間違ってはいないんですけど、『スーパーマリオブラザーズ』と『ドラゴンクエスト』を説明する際に「悪の親玉にさらわれたお姫様を助けるために主人公が冒険に出るゲーム」と説明するようなもので……「設定」は説明しているけど、「何をして遊ぶゲームか」は説明出来ていないと思うんです。


 このゲームは「住人」に干渉するゲームなんです。
 「住人」に似合う服を買ってあげて着せ替えたり、似合う部屋をプレゼントしたり、「住人」の悩み事を聞いてあげたり、「住人」と一緒に遊んであげたりするゲームなんです。“ただ生活をしている”だけの「住人」にプレイヤーが干渉することで、“変化”が生まれるのが楽しいゲームなんです。


 プレイ感覚は全然違うし、スタッフも全然違う(むしろライバルの部署)だとは分かっているんですけど、やっぱり一番似ているのは『どうぶつの森』かなーと思いました。
 『どうぶつの森』の住人もやたらめったら「頼みごと」をしてくるじゃないですか。プレイヤーの関係のないところで住人同士が仲良くなったり、ケンカしたりもしますし。服をあげたら着てくれたり、家具を送ったら飾ってくれたりするじゃないですか。アレにすごくよく似ているんです。


 『どうぶつの森』の「住人とのふれあい」の部分だけを突き詰めていくと『トモダチコレクション』になるんですよ。
 なので、両ソフトのファンは重なっているように見えるし、重なっていないようにも見えるという。「どうぶつの森ではひたすら釣りとカブだけやっています!」って人にはあまりオススメ出来ないけど、「お金稼ぎは二の次でただ住人と話しているだけで楽しいんです」って人にはオススメのゲーム。

 もちろん『どうぶつの森』はプレイヤーが「一住人」として歩き回るのに対して、『トモダチコレクション』は「神の視点」で住人達に干渉するんで……プレイ感覚は全然違うんですけどね。
 この辺は好みの違いで、「村を自由に歩き回りたい!」と思うか「移動がないので無駄な時間が省かれている」と思うかは、人に依るでしょう。自分は「フィールドを歩き回る」のが好きなので、ちょっと物足りないところはあります。



 そして、当然一番違うのは、「住人」が「ランダムで選ばれるどうぶつ達」ではなく「自分で作ったMii」ということです。
 「Miiって何……?」という人がこのブログを読んでいるのかは定かではありませんが(笑)、任天堂のゲーム機で採用されている「似顔絵キャラクター」のことです。パーツを選んで位置やサイズを変えることで、絵の描けない人でも「似顔絵」を作れるのが魅力。

 どんなMiiを作って住まわせるかはアナタ次第。
 リアル友達を作るのか、有名人を作るのか、漫画やアニメのキャラを作るのか―――


 「えーーーっ、Miiとか作るの面倒くさいし、私には上手く作れないよーーーー」って人のために、3DS版ではQRコードの機能に対応しているんですよってのは記事の最後に書きますねっと。


トモダチコレクション 新生活トモダチコレクション 新生活

任天堂 2013-04-18
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この『トモダチコレクション』は上画面も下画面も好きな時にスクリーンショットが撮れる機能があるので、ここからはゲーム内で撮ったスクリーンショット画像とともに紹介していきます。
 なので、今作の軽いネタバレみたいなことにはなると思います。ストーリーとかはあってないようなゲームですけど、「こんな服があるんだ!」とかは知ってしまいますから。




 ゲームを始めると、まず「自分の分身のMii」を作ります。
 「自分のMiiは作りたくないなー」という人も多いと思いますが、後々にプレイヤーのことを「○○のそっくりさん」と呼んでくるだけっぽいので、それが気にならない人は好きなMiiを作ればイイんじゃないかと思います。「自分の分身のMii」も普通に一住人として生活するだけっぽいですからね。

 HNI_0095_20130419162054.jpg




 「住人」を追加していくのは「市役所」からです。
 「住人」を増やさないと面白いことが起こらないので、ガンガン増やしていきましょう。

 HNI_0068_20130419162342.jpg

 HNI_0069_20130419162342.jpg

 市役所のメニューはこんなカンジ。
 「住人」を増やすのは「Miiの新規登録」が基本です。「送る・もらう」や「QRコード」を使う時もあるでしょうが、「QRコード」については後述します。オプションはゲーム内時間を変更したり、島の名前を変更したり出来るみたいです。


 HNI_0070.jpg

 3DSには「作ったMiiを100人まで保存できる」『Miiスタジオ』があるので、「はじめから作る」だけでなくて「Miiスタジオから連れて来る」ことも可能ですね。
 自分は3DS本体を購入した日から、この日のためにせっせとMiiを作り続けてきたので当然「Miiスタジオから連れて来る」ことにします。


 HNI_0071.jpg

 「Miiスタジオから連れて来る」を選んでも修正は可能です。
 自分で作ったMiiだけかな?他の人からもらったMiiは修正できないかも。

 自分がDS版『トモダチコレクション』をスルーした理由はコレで、WiiやDSの頃のMiiって髪型の種類が少なくて、パーツの縦横比率も変えられなかったので、思ったようなMiiが作れなかったんですよ。
 それが3DSとWii Uでは大幅に改善されたので、アニメキャラや自作漫画のキャラを作り放題だぜ!と山ほど『Miiスタジオ』に放り込んでおいたのです。



 HNI_0072.jpg

 ニックネームも『Miiスタジオ』に登録したものとは別のものを登録可能。
 苗字と名前も分けられます。かしこまった場所では苗字が使われるので、きっちり登録したいのですが……外国人キャラの場合は「苗字+名前」の順番になるので違和感がバリバリあります(笑)

 誕生日と血液型は「必須項目」ではありません。
 アニメキャラを登録する際に設定が公開されていないキャラも多いので困ったなーと思ったのですが、必須ではないんですね。ただ、誕生日が(生年まで)登録されていないと占いなどに参加することは出来ないので、オリキャラ等を登録する際には設定を考えた方がイイかもですね。血液型は何に使うか知らん。


 HNI_0073.jpg

 ボイス設定。
 面倒くさい人は「ランダム設定」でもイイと思うんですが、自分はこういうところをこだわるので「カスタム設定」で一人一人入力しています。だからやたら時間がかかるんだ!


 HNI_0074_20130419163502.jpg

 女のコのアニメ声を作るのって難しいよね……
 オッサン声は結構渋めに作れるんですけど。


 HNI_0075.jpg

 これが一番重要。性格の設定。これはランダムには出来ません。
 なるべく本人に似るように考えましょう。


 HNI_0091_20130419163501.jpg

 これにて完成!
 なんつーまがまがしい部屋で寝てるんだ!

 ちなみにこれらの設定は後からでも修正できるみたいです。
 「とりあえずMiiをガンガン登録してね!気になったところは後で直してイイから」ってことなんでしょう。ありがたい仕様。




 「基本的なゲームの遊び方」は、まずマンションを見て「困っている人」や「遊びたがっている人」の部屋に行くのです。

 HNI_0100_20130420163812.jpg

 黒い線でウニャウニャしているのが「困っている人」、青い人魂みたいの出しているのは「落ち込んでいる人」、オレンジ色の顔みたいのを出しているのが「人間関係でアドバイスを求めている人」で、緑色の手を振っているみたいのが「遊びたがっている人」かな。






 HNI_0035.jpg

 部屋に入らなくても外から「何をしているのか」を眺めることも出来ます。



 HNI_0005_20130420164037.jpg

 こんな風に黒い線でウニャウニャしているのが「困っている人」です。
 悩みを聞いてあげましょう。


 HNI_0006_20130420164037.jpg


 悩みごとは金がかかるものから、簡単に済むものまであります。
 この辺は『どうぶつの森』に近いですね。


 HNI_0007_20130420164037.jpg


 要求するものは「食べ物」から「服」や「インテリア」などがあって。
 服だけで400種類あるらしいのですが、毎日お店に並ぶものは違っていて、一度入手したものはカタログで何度でも注文できるのは『どうぶつの森』と同じですね。

 キャラによって好みが違うので、本人がどんなものを好きかを想像して……
 このコは何だかんだ甘いものが好きなので……


 HNI_0008.jpg



 HNI_0009_20130420164036.jpg


 喜んだ!!

 こんな風に悩みに応えてあげると、報酬として「お金」と「キャラごとの満足度」と時たま「アイテム」をくれます。アイテムは……「実用品」は他の住人にあげられるけど、「お宝」は一体何に使うんだろう。換金するのが勿体なくて換金できないんだけど、使い道ないのかな。



 基本的には「悩み事を聞いてあげる」を繰り返すのがこのゲームなんだけど、悩み事を聞いているだけで「住人」同士が仲良くなったり、色んなところに出没したりするようになっていくみたいです―――まだ自分は6時間しかプレイしていないので、これからもっともっと変なことが起こるんだろうなーと楽しみにしております。





 HNI_0026.jpg

 げっ、早くもバレてる……



 HNI_0048_20130419170452.jpg

 いや、構わん!とうとう来たのだ!
 4年間ずっと「俺の嫁」と言い続けてきた彼女に、とうとう告白する時が!




 HNI_0049_20130419170452.jpg

 ………



 HNI_0051_20130419170451.jpg

 



 HNI_0065_20130419170525.jpg

 髪を染めました。



一番くじプレミアム 映画 けいおん! A賞:平沢唯 卒業旅行!ver.プレミアムフィギュア一番くじプレミアム 映画 けいおん! A賞:平沢唯 卒業旅行!ver.プレミアムフィギュア

バンプレスト
売り上げランキング : 22885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『どうぶつの森』に似ていると書きましたが、プレイ感覚は随分と違っていて……『どうぶつの森』は何だかんだ起動の度に「アレもやらなきゃコレもやらなきゃ」と、30分くらいのまとまった時間が必要なゲームだと思います。

 『トモダチコレクション』は「住人達の悩みを聞いてあげる」だけなら10分くらいで終わってしまい、ちょっと経ってから開くと、また新たな悩みを抱えたりしていて―――常時起動しっぱなしで、蓋閉めスリープ→気が向いた時に開いて悩み事を聞く→蓋閉めスリープ→気が向いた時に開いて……というカンジのゲームで。
 「遊び方の系統」としては、昔の『たまごっち』とか『なめこ』とかに近いんだろうなと思います。もっともっともっと色んなことが起こりますし、「自分で好きなキャラを登録できる」のが他のゲームにはない魅力ではあるんですけどね。



 ということで……
 「あのMiiを登録しよう!」とか「あのキャラとあのキャラを入れるとどんなことが起こるかな!」とワクワク出来る人にとっては楽しいゲームだし、「自分でキャラを入れるのとか面倒くさいな……」って人には楽しめないのはまぁ仕方ないゲームだと思います。





 現時点で「明確な不満点」としては―――
 コイツら、寝すぎだろ!ってところです。

 夜の10時くらいにはもうみんな寝ちゃって、朝の7時くらいでもまだ起きていなかったりで。どんだけ健康的な生活してんのよ!!


 自分はゲームをプレイするのが夜11時前後が多いので、それではゲームにならない―――ということで、ゲーム内時間を3時間ズラしました。寝ているキャラも「夢の中を覗きみる」ことが出来るんで何もすることがないワケではないんですが、それだけだとそんなに面白くなくて……
 「そりゃそういうゲームなんだから仕方ないだろ」と言われても、『どうぶつの森』だって「条例」で解決出来た問題なんだから、コレも何とかして欲しかったな……


 んで、途中でゲーム内時間を変更すると「当日と翌日のお店の品揃えが変わらない&季節の商品が出なくなる」みたいです。これは時間をガンガン変更してガンガンアイテムコンプリートしちゃおうみたいな遊び方を防止するためだと思うので、自分は納得しているのですが……今からゲーム始めるよーって人は、その辺も考えて初期の時間設定を決めた方がイイかも。


Tamagotchi P's ピンクTamagotchi P's ピンク

バンダイ 2012-11-23
売り上げランキング : 77

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ QRコードについて
 『とびだせ どうぶつの森』が3DSの性能と新機能をこれでもかってほどに使いこなしたソフトだったことに比べると、この『トモダチコレクション 新生活』は「立体視?なにそれ?」と言わんばかりに上画面にステータス画面な時もあってイイのかコレと思ったりもしたんですが(笑)。


 やっぱり「抑えるところは抑える」のは流石で――――
 作った住人のデータをQRコード化して交換できる機能があるんですよ。

 なので、「Miiとか作るの面倒くさいし」「Miiを上手く作れないし」って人でも遊べるんです。

 『Miiスタジオ』で自分の作ったMiiをQRコード化出来るのとは別に、『トモダチコレクション』用に「プロフィール」「声」「性格」なども設定した「住人」データもQRコード化出来るってことね。持ち物とかも一部持って行くみたい……?まだあんまりQRコードを貼り付けている人がいないので、「多分そうじゃないか」くらいの情報なんですが。



 HNI_0069_20130419162342.jpg

 「市役所」から「QRコード」を選びます。


 HNI_0078_20130419172049.jpg

 今回は「QRコード」を作るを選びますね。


 HNI_0079.jpg

 これで完成。
 「読み取る」時はコレをカメラで撮るだけ。
 ただし、サイズを縮小とかすると上手く読み取れません。『いつの間に交換日記』経由で送ってもらったものは途中で縮小されてしまったみたいで読み取れませんでした。




 ブログやTwitterなどをやっていて『トモコレ』を始めた人は、「自分のMii」を登録してQRコード化して配布するとイイと思います。
 「自分のMiiなんて誰も興味がないだろう」って思うかも知れませんが、ブログやTwitterを見ている人は大なり小なりアナタに興味があるから読んでいるのであって、配布したら喜ぶ人もいると思うんです。気に入らない「住人」は後から消去できるんで、とりあえず登録してみるかーって人もいるでしょうし(笑)。


 「とにかく住人を増やす」と色んなことが起こって面白いゲームなんで、そのハードルを下げるQRコード機能は凄くありがたいし、もっと「俺の作ったMiiを持って帰れ!」と配布する人が増えて欲しいなと思っています。



 つーこって、現時点で私が登録した「住人」のQRコードを晒します。
 本当はもっともっと多ジャンル多分野に渡るMiiを登録してから、「トモダチコレクションに登録したMiiのQRコードを晒すよ!」みたいな個別記事で紹介する予定だったんですけど……それまでに「買ってはみたけどどう遊んでイイか分からないや」と辞めてしまう人もいるかもなので、“とりあえず現時点で”の「住人」を晒します。


【けいおん!キャラ】
平沢唯
秋山澪
田井中律
琴吹紬
中野梓
平沢憂
真鍋和

【TBSラジオ】
伊集院光
太田光(爆笑問題)
田中裕二(爆笑問題)
山崎弘也(アンタッチャブル)
柴田英嗣(アンタッチャブル)

【自作漫画・shineより】
ムハイル
シャイン
イェレミース
クリスティン=エッゲルト
モリッツ=エッゲルト

【イケメン】
やまなしレイ


 理由は分からないんですが、生年だけはQRコードで引き継がれないみたいですね。
 「女性に年齢を聞くな」とかそういうこと?

 まぁ、みなさんテキトーに「2013年」から逆算して設定年齢に合わせてくださいな。
 有名人のMiiは『Miiコンテストチャンネル』やインターネットで探した「上手いMii」を参考にして作りました。Miiなんてものでも、やっぱり「上手い人は上手い」ですよね。だから、今回の『トモコレ 新生活』も売れまくって「Mii作成職人」の人がこぞってQRコードを配布するようになって欲しいなと思います。


爆笑オンエアバトル アンタッチャブル [DVD]爆笑オンエアバトル アンタッチャブル [DVD]

NHKソフトウェア 2004-04-21
売り上げランキング : 27685

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 1stインプレッション | 18:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もゲームや漫画のキャラを入れて楽しんでる者です。クロスオーバ好きな自分にとって、色んなキャラを一斉に登場させられて観察ができるこのソフトはまさに夢のようでした。(コンテストチャンネルで集めたMiiの使い道を探していたというのも旧作を買った動機)
フルネームの無いキャラは、苗字の所に所属とか肩書を入れています。(ニュースの時にスポンサーっぽくなって好き)
お宝は売る以外の使い道は無いので売っちゃって大丈夫ですよ!ちゃんとカタログには登録されますし。

| ああああ | 2013/04/20 22:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1549-8b3b8042

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT