やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

4作目への変化へ。『スマブラ』最新作を予想する!

 どうせ数日後には姿を見せてもらえるのでしょうが、だからこそ“今の内に書いておかないともう一生書けない”記事だと思ったので書きます。3DSとWii U用に発売が予定されている『スマッシュブラザーズ』シリーズ最新作はどういう形のものになるのかを予想します!

 この手の予想記事は「うわー全然当たらなかったー、ゲラゲラー」と後で大笑いするために書くので、その辺を分かって読んでくださいね!




 『スマブラ』の作者である桜井政博さんが、「全く新しいゲームのジャンルを作る人」というよりは、「既存のゲームのジャンルが抱えている“お約束”を分解して再構築する人」ということは何度も書いてきました。
 『スーパーマリオ』に代表されるジャンプアクションゲーム全盛期に、空をプカプカ飛べる『星のカービィ』を出したり。格闘ゲームが覚えゲーと化していた時期に、敢えてアドリブ重視の『スマブラ』を出したり。

(関連記事:桜井政博さんの新作ゲームを予想(妄想)する!
(関連記事:ゲーマーは「独自路線」を望むのか、「今まで通り」を望むのか


 また、桜井さんは「次の『スマブラ』」について、前作Wii版『X』発売直後から「シリーズものは4作目が変わることが多い」と仰っていました。正統進化で何とかなるのは3作目までで、4作目は別方向に舵を切る必要がある―――と。


<以下、引用>
「『大乱闘スマッシュブラザーズ』というタイトルはそんなに簡単に作れるものではなくて、続編をすぐに期待されても困る部分もあるんです。「次にどうするの?」というときに考えたいです。

 『大乱闘スマッシュブラザーズ』はたったの3作目ではありますが、シリーズものは4作目で変わるケースが多いですよね。ユーザーの方は正統進化の先を求められるかもしれませんが、そのさきには回答がないと思うんです。つぎはキャラを50人にすればいい……というわけではないですから。そもそも『4』をやるかどうかもわからないし」

</ここまで>
※ 改行・強調など一部手を加えました


 自分もこの「4作目の舵取り」は、よく考える話で……
 例えば『ドラゴンクエスト』シリーズは、当時最高傑作と言われた『3』が自分で自由にパーティ組んでってゲームだったのに、『4』は「個性的なサブキャラクター達のオムニバス展開」「AIで勝手に動く仲間達」と“キャラゲー”方面に舵を切るんですね。この路線は『8』まで続くのだから、実は『ドラクエ』の方向性を決めたのって『3』よりも『4』の方が大きかったんだろうって思います。

 『ファイナルファンタジー』シリーズも、『3』までの「ドラクエとは違うシステム」「高難度」路線から方向転換しようと、『4』では「ドラクエっぽいシステム」「トレーニングルーム(初心者の館)」「イージータイプ」と初心者寄りにシフトしていました。『4』はまだ「イージータイプ」が別ソフトでしたけど、その後の『FF』シリーズが『5』『6』『7』と“誰でも楽しめるシリーズに”向かおうとしていたのは確かだと思いますし、その方向性を決めたのは『4』だろうと。


 あとは、『バイオハザード』が『4』からTPS視点になるとか、逆に『スーパーマリオ』は4作目の『ワールド』が正統進化の道に進んじゃったからその後にシリーズが作れなくなったんじゃないかとか、いや『スーパーマリオ』の4作目は『64』か?とか。話は横道に逸れていく一方なので、この辺で(笑)。

(関連記事:『スーパーマリオワールド』の失敗




 なので、数日後にお披露目されるであろう『スマブラ』最新作は、かなりの変化をしているであろうと予想できるのです。
 かつて格闘ゲームが「覚えゲー」と化していた時期にブレークスルーとして『スマブラ』が作られたのだけど、今度はその『スマブラ』がジャンル化してしまって行き詰っているところを分解・再構築するんじゃないかと思われるのです。


 人によっては「今度のスマブラは(従来の2Dアクションではなく)3Dになるんじゃ…?」とまで言っている人がいるんですが、それじゃ『新パルテナ』じゃないのかと思うのでそれは流石にないと思いますが(笑)。でも、そのくらい大胆な変化があるかも知れないとは思うんですね。


大乱闘スマッシュブラザーズX大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂 2008-01-31
売り上げランキング : 143

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

予想1.キャラ数を削って、代わりに「キャラクターカスタマイズ」方向に
 「予想」も何も、「キャラを無闇に増やさない」ことと「成長要素を入れる」ことは過去に桜井さんが言及していたような気もするんですが(笑)。岩田さんとの特別対談のページは消えてしまったので、記憶と憶測から「予想」としておきます。


 ゲームファンならば「このキャラがスマブラに参戦してくれれば!」とか「このキャラをスマブラで使ってみたい!」みたいな妄想をするでしょうし、そういう妄想に応じるためにもなるべくたくさんのキャラを入れるというのも手ではあるんですが……桜井さんの発言から推察するに、「キャラ数増やしても未来はないよね」と思っているんじゃないかと思います。

 そもそも、格闘ゲームが「たくさんのコンボを覚えなくてはならないゲーム」だったところに、知識よりもアドリブ重視の『スマブラ』が作られたのだから―――たくさんのキャラが出てきて、それぞれの特性をきっちりと覚えていないと勝てないようなゲームに『スマブラ』はなっちゃいけないと思うんですよね。



 なので、キャラ数は思いきって減らして、代わりに「1つのキャラを自由にカスタマイズ」出来る方向に行くんじゃないかと予想します。
 具体的に言うと―――『スマブラ』は各キャラに4つの必殺技が割り当てられているのですが、『ゼルダの伝説』のリンクの武器も、『星のカービィ』のカービィのコピー能力も、原作では4つじゃ済まないワケですよ。それをプレイヤーが自由に選んで「4つの枠」にセット出来るようになると予想しておきます。


 何故か―――と言うと、これならば「今自分が戦っているカービィ」と「さっき戦ったカービィ」が同じ必殺技を持っているとは限らなくなるので。相手がどんな技を持っているかも分からないまま戦う、より「アドリブ色の強いスマブラ」になるんじゃないかと思うのです。




予想2.3DS版は「一人で遊ぶスマブラ」に
 もちろん今までの『スマブラ』にも「一人で遊ぶモード」がありました。
 Wii版『X』なんかは、「大乱闘モード」と「アドベンチャーモード(亜空の使者)」で“1本のゲームに2つのゲームが入っている”と言えるほどだったんですけど。それは必ずしも利点だけでなくて、「亜空の使者」が本編で他は全部オマケモードだと勘違いしてプレイして、「すぐ終わっちゃった。底の浅いゲームだった」とレビューしている人がいたくらいで。


 “1本のゲームに2つのゲームが入っている”Wii版から、Wii U版と3DS版の2本に分けて作る―――という今回の展開は実は結構理に適っているかなと思うのです。
 前作の「大乱闘モード」にあたる「みんなで集まってワイワイ遊ぶ」とか「オンラインでガッツリ遊ぶ」のはWii U版が担って、前作の「亜空の使者」にあたる「一人でステージをどんどんクリアしていく」「アイテムを集めてキャラが成長する」「ストーリーを楽しむ」のは3DS版が担う、みたいな。

 自分は前作の「亜空の使者」は「まぁ、オマケモードだからな……」くらいにしか楽しめなかったんで、一人用のモードを入れるならば一人用のゲームとして特化して本気で1本を作って欲しいと思っています。



 2つのソフトで使えるキャラクターが違う、という商品展開にはしないで欲しいと願っていますが、3DS版で育ててカスタマイズした“自分だけのキャラ”を友達の家に持ち寄ってWii U版で使える――――みたいな展開は割とアリかなと思います。
 着せ替え要素とかもあると自分は嬉しいんですけど、原作の縛りも強いシリーズなのでそうカンタンにはいかないですかね。マリオがセーラー服を着て戦うとか、宮本さんも許さないと思いますし(笑)。




予想3.新参戦キャラクターは「フォトファイター」に違いない!
 という記事は以前に書いたんで、そちらを。


 それはともかく、今となってはポッチャマとかレイトン教授とかは可能性が薄そうです。
 どのタイミングで桜井さんが仕様を決めているかにも依りますが、『FE覚醒』勢とかは結構微妙な時期ですね。ヒットを見てから入れる、みたいな時期ではないんですよね。『ゼノブレイド』とかはありそう。『ラストストーリー』はあの能力をどう落とし込むのかを見てみたい気もする(笑)。


 賛否両論あったけど(自分は“否”寄りだけど)、前作のスネークのように「えっ!このキャラがスマブラ出るのかよ!」という衝撃のキャラクターは欲しいですよね。「前作との違い」が明確に出ますし。やっぱりここはフォトファイターの参戦に期待しないと………



予想4.「投げ」の簡略化
 「次のスマブラは大胆に変えてくるのでは?」と言っている割に、あんまり変わった予想が出来ていない気がする!ガチガチの本命予想しか書かないのは面白くないので(フォトファイターは本命予想なのか?)、「当てる気はない」踏み込んだ予想も書いていきます。


 格ゲー初心者と中級者を隔てる壁は「投げ」を使えるかどうかだと思います。
 それは『スマブラ』であっても。

 「攻撃」は「ガード」で防がれる、「ガード」は「投げ」に弱くて、「投げ」を狙うと「攻撃」でボコられる―――この三すくみの関係は『ストII』ブームの頃からずっと変わらないと思うんですが、『ストII』の頃は「後ろ押しておけばガード」「強攻撃と同じ操作で投げ」が出来たので誰でも楽しめたのですが、その後の格闘ゲームは「ガードが別ボタン」「投げが別ボタン」と複雑化への道を進んでいったと思うのです。


 例えば、初めて『スマブラ』を遊ぶ人に『スマブラX』遊ばせてみたら、説明しても「ガード」とか「投げ」とか使えないんですよ。そんなに覚えられない。これってジャンケンで言えば「グー」だけで戦っているようなもので……
 かく言う自分も『スマブラ』だと「投げ」が使えないです。とっさに「あ、そうだ……投げあったんだ、投げ……どうやるんだっけ……」と思い出して後の祭りみたいな。じゃんけんで言えば「グー」と「チョキ」だけで戦っているようなものだから、そりゃ弱い。それでも一応楽しめるんだから凄いんですけど。



 『スマブラ』とか『マリオカート』とか、長く続いている対戦ゲームの場合は「操作方法が変わらない」ことで「昔やっていた人でも最新作で遊べる」というメリットがあるのは確かです。だから、自分も「操作方法は変えてこないんじゃないか」とは思っているのですが、敢えて変えてくるとしたらこういうところかなーと予想しておきます。




予想5.乗り物に乗れるようになるんじゃないか
 よし、ようやく「当たるかどうか」がどうでもよくなってきました。

 開発に『ゴーバケーション』のチームが関わっていると言うのなら、やっぱり「乗り物の気持ち良さ」を期待したいです。『スマブラ』に出てくるようなメンツは大抵乗り物に乗っていますし。マリオはカート、リンクは馬、カービィはエアライドマシン、キャプテン・ファルコンはブルーファルコン号、ネスは自転車。ネスサン、すごく不利です……(笑)。


 流石に「レースゲームになる」とは思いませんけど、「何かに乗りながら戦う」みたいにシチュエーションが異なるステージがあったらCMとかPVとかでも派手に「今度のスマブラは全然違うな!」と思わせられますし。『ゴーバケ』チームならば……『ゴーバケ』チームならば、そういうムチャなことだって出来るはずさ!




予想6.「ステージエディット」機能の拡張
 前作では「ノウハウが足りなかった」と言われたインターネット周り。
 ユーザーコミュニティが作れるとか、簡易メッセージくらいなら送れるとか、遊びたいルールによってマッチングが分かれるとか、写真をMiiverseに貼り付けられるとか、友達のオンラインプレイも大観戦できるとか―――そういう“普通に採用されそうな”話は置いといて。



 桜井さんが「ステージエディット機能」をどう思っているのかが気になるのです。
 前作の「ステージエディット機能」は、「作る」のは楽しかったんですけど、作ったステージは「フレンドに送りつける」か「任天堂に投稿する」ことしか出来ず。「他の人が作ったステージを遊ぶ」のも「フレンドからもらう」か「1日1コ日替わりのオリジナルステージが送られてくる」しかなくて――――正直、じきに飽きてしまいました。


 あれから5年。
 ゲームはどんどん「自分で作る」「みんなで共有する」「達人が作ったものが話題になる」という方向に進んでいきました。任天堂タイトルに限っても、『Miiコンテストチャンネル』『バンブラDX』『メイドイン俺』『クリエイトーイ』『とびだせ どうぶつの森』……

 どこかの誰かがとてつもない労力を費やして作ったアイカ村が話題になり、雑誌でインタビューを受けたり、「今のアイカ村」の様子が付録DVDに付いてきたり。

(関連記事:「フレンド以外との通信プレイ」を解禁した任天堂の未来は



 『スマブラ』の「ステージエディット」も、『とび森』のアイカ村みたいに思う存分作りこむことが出来て、それをみんなに配ることが出来たのなら―――きっとまた違う楽しみ方の出来るゲームになると思います。その部分を拡張するためにも、エディットに使えるパーツとかデザインをもっともっと多岐にわたるものにしてくれていないかなぁ……と。

 オンライン対戦でも「誰かの作った評判の良いオリジナルステージ」がランダムで登場する設定にも出来たら、それこそ「アドリブ重視」の『スマブラ』になるでしょうし。


Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2013年 07月号 [雑誌]Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2013年 07月号 [雑誌]

徳間書店 2013-05-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ……書いてみたら、どうも「地味な変更点」の予想ばかりになってしまいました。それくらい『スマブラ』を変えるのって難しいんじゃないのか、ということで何とかお茶を濁してみる………


 既に完成されてしまったシステム。
 全世界中にファンがしっかりいる人気。
 キャラだけ入れ替えて新作出しても受け入れられそうな安定感。



 この状況で、変化を持ち込んでなおかつ「面白そう!」と思わせるのは本当に大変そうで……もし数日後に明らかになる『スマブラ』最新作の映像が、今までとあんまり変わらない「いつものスマブラ」だったとしても「仕方ないかなー」と思えてきました(笑)。




 私はあまり「好きなゲームの続編」に興味を持てないので、ガラッと変えてくれることには反対しません。極端な話、「今度のスマブラにはマリオもピカチュウもカービィも出ません!」って言われた方が「それは凄いな!」と興味が出ますもの。売上げ的には……アレだと思いますけど……

 そういう意味では、私なんかが予想するよりもよっぽど凄い「変化」があることに期待したいですし。やっぱり「フォトファイター」の参戦に期待をしたいのです(しつこい)。


GO VACATIONGO VACATION

バンダイナムコゲームス 2011-10-20
売り上げランキング : 427

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1573-d5c432e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT