やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「Wii Uは体感ゲーム機ではない」という任天堂のCM戦略

 考えてみれば、当たり前な話。
 私のような「Wii楽しかった」というユーザー側からの評価と、任天堂の「Wiiはもっと売ることが出来たはず」というメーカー側からの評価は違うんですよね。


 先月末の「定時株主総会 質疑応答」にそういうやり取りがありました。
 Q1の「E3で発表されたWii Uソフトのラインナップは“今までの延長線上”でしかないんじゃないのか」という質問に対して(この質問は自分も非常に同意出来るし、以前私が記事に書いたことに近い)、岩田社長の回答から一部引用させていただきます。


<以下、引用>
 私たちは、テレビゲームをより多くの方に受け入れて、触っていただいて、よさを実感していただきたいと思っております。最初はゲームユーザーではなかった方が、家のリビングルームにある、自分には無関係だと思っていたWii Uという機械をいつの間にか毎日触るようになっていたということも大事なことです。
 また一方で、ゲームを愛し、ゲームに対して非常に情熱を持っておられるファンの方にご満足いただくということも必要です。Wiiに関しては、『Wii Sports』というソフトがあまりにもセンセーショナルに世界中に広がっていったために、「Wiiというのはリモコンを振って遊ぶ(だけの)機械だ」という誤解につながった面がございました。

 その意味では、Wii Uでは、まずゲームファンの方にもご満足いただけるようにし、新しい驚きといったものはもう少し後の段階でと思っています。ただ画質をきれいにしただけではお客様は感動できなくなっているというのは、ご指摘のとおりですので、そうではない方法で驚いていただけるよう模索したいと思います。

</ここまで>
※ 改行・強調など一部手を加えました


 合点がいったことがありました。
 「Wii UのTVCMってイマイチじゃない?」というのは、Wii Uを持っている人からもよく話題になる話です。『ニンテンドーランド』の時も、『ゲーム&ワリオ』の時も、実際に遊んでいる人から「なんでこのゲームをあんなTVCMにしちゃうの?」という声は挙がりました。

 Wiiの時は、「パッと見で分かりやすいTVCM」が多かったですもんね。
 『Wii Sports』『Wii Fit』『マリオカートWii』『Wii Sports Resort』『ジャストダンス』……30秒のTVCMで「どう遊ぶのか」が伝わりやすいソフトが多くて、そういうソフトが大ヒットしていきました。
 それを私達は“成功例”として覚えているので、「どうしてWii UのTVCMではああいうのをやらないの?」と思ってしまうのだけど……任天堂の上層部は“失敗例”と考えていて、敢えてああいう「分かりやすいTVCM」をやらないようにしていたんです。



 やろうと思えば、出来るソフトはあるんです。
 『ニンテンドーランド』の「鷹丸の手裏剣道場」は、ゲームパッドをテレビ画面に向けてガンシューティングのように手裏剣を撃ちこんでいくゲームです。実際にやってみると20秒くらいで「腕がー腕がー」と悲鳴をあげるゲームなんですが(笑)、TVCM映えしそうなゲームですよね。

 「ゼルダの伝説 バトルクエスト」は、もっと分かりやすく。Wiiリモコンプラスを持った人は『Wii Sports Resort』の「チャンバラ」のようにWiiリモコンプラスを剣に見立てて戦うのですが、ゲームパッドを持った人は別画面を活かして遠くから弓矢でサポート攻撃が出来るという――――「Wii Uのゲームパッドがあるとこんな遊びの幅が広がるんだ」という例を、国内300万本売れた『Wii Sports Resort』を遊んでいた人達に分かりやすく見せることが出来たと思うんです。


 でも、この2つのモードはTVCMではほとんど映っていません。
 TVCMで使われたのは、コントローラを動かさなくても遊べる「マリオチェイス」「ルイージのゴーストマンション」と、傾きセンサーしか使わない「ドンキーコングのクラッシュコース」です。


 『ゲーム&ワリオ』は自分はプレイしていないんで例を挙げるのもアレなんですけど、「パイレーツ」とか「タクシー」なんかはTVCM映えしそうなゲームだなーと思います。
 しかし、実際にTVCMで使われたのは、タッチ操作のみの「ディスコ」「スケッチ」でした。



 恐らくTVCMを企画した部署には「Wii UのTVCMでは体感ゲームのモードは映すな」というガイドラインがあったんじゃないかと思います。そのくらいこれらのTVCMにはずっと違和感を覚えていたのですが、質疑応答を読んで納得しました。任天堂にとって『Wii Sports』の大ヒットというのは“失敗の始まり”だったんだ、と。


ゲーム&ワリオゲーム&ワリオ

任天堂 2013-03-28
売り上げランキング : 1050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 Wiiのソフトラインナップの計画としては、まずは『Wii Sports』や『Wii Fit』で「最初はゲームユーザーではなかった方」を取り込む、次に『マリオギャラクシー』『スマッシュブラザーズ』『マリオカート』で「任天堂のゲームが好きなゲームファン」を取り込む。
 そうすると普及台数もかなりのものになっているだろうから、サードメーカーもWiiを無視することが出来なくなってサードメーカーのソフトも揃う。それで「任天堂以外のゲームが好きなゲームファン」も取り込める――――という計画だったんじゃないかと思います。

 確かにこの計画、「最初はゲームユーザーではなかった方」は取り込めましたし、「任天堂のゲームが好きなゲームファン」も人気シリーズは強さを見せ付けました。しかし、サードメーカーは思ったほどソフトを出してくれずに、出してくれたソフトも思ったほどの売上げを残せませんでした。


 それを任天堂は“「Wiiというのはリモコンを振って遊ぶ(だけの)機械だ」という誤解”があったからだと考えているんですね。ゲーマーの人達には「Wiiって体感ゲームでしょ?俺には関係のないゲーム機だね」と思われたから、だと。





 なので、Wii Uは「体感ゲーム」だと見せないように徹底しているのです。
 「体感ゲーム」が入っているソフトもTVCMでは見せないし、そもそも「体感ゲーム」はラインナップの中では目立つ存在ではありません。主力は『ピクミン』や『ゼルダ』や『マリオ』、来年は『マリオカート』と『スマブラ』になります。『マリオカート』はゲームパッドやWiiリモコンを傾ける操作にも対応してくると思いますが、それがTVCMのメインにはならないと予測します。


 流石に『Wii Fit』や『ジャストダンス』のTVCMは体を動かさないとならないと思いますが、それはあくまでラインナップの一要素というか……3DSで『鬼トレ』や『絵心教室』を出していても“Touch!Generations”ではない、みたいな話で。

 商品の一つではあるけど、わざわざ“それ”に特化させてジャンル化させることはない――――という位置に、Wii Uにおける「体感ゲーム」は落ち着くのかなと思うのです。

 だから多分……『Wii Sports U』は、出ない………

(関連記事:どうして任天堂は“Touch!Generations”を辞めたのか




 2年以上Wii Uについてあれこれ語っている自分だから思うんですけど……
 Wii Uって「Wiiの否定」から始まっているんですよ。

 片手持ちのWiiリモコンの路線を捨てて、両手持ちのゲームパッドに戻りました。
 コストの問題も大きいのでしょうが、Wii U本体にはWiiリモコンを同梱させず「Wiiリモコンを全く使わなくても遊べますよー」と、Wiiリモコン嫌いのゲームファンの方々に擦り寄っています。

(関連記事:Wii後継機は「片手のWiiリモコン路線」か「両手の従来型コントローラ路線」か


 『Wii Sports』と同じような戦略的商品だと思われた『ニンテンドーランド』は、ちっともパーティゲームではない、バリバリの一人用ゲームでしたし。

(関連記事:『ニンテンドーランド』は、『Wii Sports』のようなパーティゲームではないですよ


 また、「家族みんなで楽しめるWii」の象徴だったWii伝言板や『みんなで投票チャンネル』などを廃し、個人アカウント制にして「自分一人で楽しむWii U」というゲームファン寄りの路線にシフトしています。

(関連記事:Wiiチャンネルの復活を望ム


 そして、今回記事に書いた「体感ゲームだと思われない」CM戦略――――






 私はこれを否定も肯定もしません。
 “茨の道”だとは思います。Wii路線を継続して「Wiiの後継機ですよー!Wii Sportsの新作ですよー!家族みんなで楽しんでくださいねー」とした方が、無難にユーザーは移行してくれたと思われます。でも、それでは「Wiiと同じ道」を歩むとも思えるので。

 覚悟を持って「(Wiiの時と違って)最初にゲームファンを満足させる道を選びました」と言うゲームメーカーを、一ゲームファンの私としては否定は出来ません。



 まぁ……「そんなゲームファンって日本にどれだけ残っているのかな……」と思わなくもないので、肯定もしませんけど(笑)。





 ということで。
 私はこれからはもう、Wii Uに「Wii的なもの」を期待するのはやめます。
 これは違うんだ。違うゲーム機なんだ。「Wiiの志を引き継ぐもの」ではなく、ゲームファンのためのゲーム機なんだ。いずれは「ゲームファンではない人のためのソフト」も出るかも知れないけど、そういう人に売るのは最優先ではないゲーム機なんだ。

 「両親のためのゲーム機」ではなかったんです。
 「俺達のためのゲーム機」だったんだと考えることにします。


Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)

任天堂 2012-12-08
売り上げランキング : 151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ピクミン3ピクミン3

任天堂 2013-07-13
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
レゴ(R)シティ アンダーカバーレゴ(R)シティ アンダーカバー

任天堂 2013-07-25
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The Wonderful 101The Wonderful 101

任天堂 2013-08-24
売り上げランキング : 327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:01 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まぁwiiuのラインナップでゲームファンがついてくるわけもないからwiiuの宣伝戦略は最初から失敗してるんだけどね
そもそも棒振りしなくても相変わらずパーチーゲーみたいな宣伝しててゲームファンもなにもねぇんだが
つか任天堂ってコントローラーのせいでゲームファンから逃げられたと分析してそうなのがなんとも
問題点は任天堂の出すゲームが揃いもそろって幼児向けにしか見えないことだってのに
この期に及んでもっとも低年齢向けでゲームファンから大バッシング受けた風タクリマスターでドヤ顔してるしほんとズレてるわ今の任天堂
まぁサードのコアゲー大作が出ない限りゲームファンゲットなんか無理無理
さっさと路線変更してwiiスポuでも出せばいいよ

| ああああ | 2013/07/16 22:59 | URL |

「体感ゲーム?俺とは関係ないよね。」が「パーティーゲー?みんなでワイワイ?俺とは関係ないよね。」に変わっただけだと思うけれどもね。
相変わらずオンライン対戦否定しているし。

| いいいい | 2013/07/17 00:16 | URL | ≫ EDIT

いつもお世話になっております。

全くおっしゃるとおりですが、任天堂の真意は少し違う
ように私は思います。

任天堂は、
「両親のためのゲーム機」であり、
「俺達のためのゲーム機」でもある、
を目指しているんだと思います。

任天堂はDSの頃から一貫して「ゲーム人口の拡大」戦略を
推し進めていますが、Wiiではゲームをしない人に対する
アピールがうまくいった一方、いわゆるゲーマーに対する
アピールはうまくいきませんでした。

Wii Uではその反省を活かし、本体発売直後はゲーマー
向けのソフトをそろえ、いずれ「Wii Sports U」や
Game Padのカメラを使った体感ゲームやリズムゲーム
のようなソフトが出されてくると想像します。

少なくとも、私はそう期待したいです。
いかがでしょうか。


tos.

| tos | 2013/07/17 00:45 | URL |

要はPSやXbox、PCにも手を出せばいいだけの話。
アクション、狩りゲー、格闘、RPG、シミュレーション、パズル、
ラノベ、音ゲー、テーブル、スポーツ・・・一通りあるし
オンライン対戦環境も整っている。
ゲーマーは別に任天堂機にこだわらない。きっかけは任天堂機だったかもしれないが、
今は、面白いゲームがそこにあれば、それでいい。

| ああああ | 2013/07/18 00:10 | URL |

おまえらパーティゲー馬鹿にするけどな
今時まともなパーティゲーを出すところなんて
バンナムと任天堂くらいだぜ

| ああああ | 2013/07/18 03:16 | URL | ≫ EDIT

ディスクシステムのゲームが「ゼルダみたいなアクションRPG」と「ファミ探みたいなアドベンチャーゲーム」ばかりになってしまった頃から、任天堂がお手本を示すことの良し悪しってありますからね。
リモコンの使い方のお手本を示してしまったが故にラインナップが偏ってしまったのは痛し痒し。
どこも冒険をしなくなってしまった今なら尚更です。
そこまで気を使わないといけないというのも悲しい話ですが。

| 児斗玉文章 | 2013/07/18 17:55 | URL |

LANポートが付いていない以上ゲームファンの事を考えているとはとても思えない
いっそ無線LANでは繋げないようにして欲しいくらいだ

| ああああ | 2013/07/19 05:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1594-d13d3fd3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT