やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パブーで読めるオススメの「無料マンガ」を紹介します!

 この1ヶ月間で何度書いたんだって話ですが、パブーにて漫画短編集『春夏秋冬オクテット』を発売しました。これまた何度も書いた話ですが、当初はキンドルにて発売しようとしたところ「容量制限」と「最低価格」の問題で断念、どこかで出せるところはないかなとたどり着いたのがパブーだったので……パブーで漫画を発売した私ですら、存在は以前から知っていましたが、アカウントを取得したのはつい先月のことです。

 購入者・非購入者の方々にそれぞれアンケートを頼んでいるのですが、パブーの認知度や信頼度はまだまだ低く、購入してくださった人達でも「今回初めてパブーを利用した」という人が多かったくらいです。



 ならば、自分の漫画も買って読んでもらいたいのは確かなんですけど、それ以前に「パブーにはこんなに面白い本がたくさんあるんだぜ!」とストレートに紹介していくことも大事かなと思いまして。自分が読んで面白かった本を紹介していこうと思います。
 今回は、一番需要がありそうな「無料マンガ」という縛りで選びました。自分の漫画は有料なのに、ゴメンなさい……


 パブーのマンガって、プロもアマも、無料も有料も、気合入れて描かれたものもササッと描かれたものも、全部混在しててカオスな場所になっていて。だからこそ面白いんですが、面白いマンガを探しづらいって玉石混交ならではの悩みもあります。

 「無料」と「有料」の使い方もそれぞれ違っていて、第1話だけ無料で第2話から有料とか、「試し読み」で全部無料で読めるんだけどPDFでダウンロードするのは有料だよとか、同じ作品を「無料版」と「作者へのおひねり版」で出しているとか―――みなさん色々考えております。


 ちなみに、「無料」で楽しむ分にはアカウントは取得しなくても大丈夫です。
 WEB上で読むことはもちろん、PDFファイルでのダウンロードも可能です。「有料」の本も「試し読み」まではアカウントを取得しなくても出来ます。まぁ、今日は全部「無料」で読めるマンガだけを紹介するんですけど。


(関連記事:初心者のための「Perfect Viewer」の使い方講座
(関連記事:電子書籍のマンガを読むのに、タブレット端末は必須ではない




【魔法のぼうし】


 イラストレーターkanacさん(公式サイト)の作品。
 絵本のような可愛らしい絵柄に、暖かみのある世界観、それでいて世界はそんなに可愛らしいものばかりでは出来ていないと「不安」とか「嫉妬」とか「後悔」とかをしっかり描いているところが素敵な作品です。魔法のぼうしを被ると魔法を使える魔法使いサフランを中心に、ぼうしにまつわる色んな人の色んな人間模様が描かれているのです。この辺がとても私のツボにハマりました。

 ただ、この作品は「執筆中」の作品で、第4話の冒頭1ページまでしか公開されておらず、どうも1年以上更新が滞っているみたいなんですね。その1ページがあるせいで、続きがとても気になるという(笑)。
 とりあえず第1話の「幸運のぼうし」だけでもどうぞ。



【闇色の飴玉】

 以前に紹介した『パパ、見ーつけた!』の作者さんの作品です。
 同じ主人公の『飼い主はどこだ?!』を経て始まった同じ主人公の「理屈屋の難問」シリーズの第7弾がこの『闇色の飴玉』です。

 高校生の主人公達4人が日常に起こる些細な事件を解決していく……ということで、アニメ『氷菓』をイメージしてもらえれば分かりやすいんですが(ただし『パパ、見ーつけた!』が描かれたのは2011年らしいので『氷菓』のアニメ化よりももっと前に始まっている作品)。
 奇抜なトリックを解いて犯人を予想していく探偵モノというよりかは、日常に起こる事件を主人公達が解決していくということで捕物っぽいというか。キッチリした構成と、予想外の展開と、魅力的なキャラクターと、とエンタメ作品に重要なものがきっちり抑えられたシリーズになっています。


 1話ごとに事件が解決していくスタイルなので、どの話から読んでも支障はありません。『闇色の飴玉』は初の長編で全121ページ、読み応えも十分なのでコレを選ばせていただきました。

 冒頭のあらすじを説明させてもらうと――――元々はクラスで流行っていた賭けトランプのチップに「アメ玉」を使っていたのだけど、他のクラスではチップに「シャーペンの芯」や「ポ○キー」等バラバラなものが使われていたために、統一チップを作ることに。それが、正体不明の「闇色の飴玉」。
 この「闇色の飴玉」が学校内で爆発的に普及してしまったため、この学校内における“擬似通貨”となってしまったところまでは良かったのだけど……この「闇色の飴玉」50コを1万円で交換しようというチェーンメールが出回り、“擬似通貨”どころか“ホンモノの通貨”になってしまった
――――


 設定からして、もうワクワクしっ放しな設定ですよね。
 これを主人公たちがどう解決させていくのか―――というのが面白いところ。



 この作者さんは現在「理屈屋の難問」シリーズの第9弾「私を島に連れてって!」を執筆中で、こちらも凄く面白くて続きを楽しみにしています(ただし、現在のところこちらはPDFファイルではダウンロードできません)。「理屈屋の難問」シリーズ以外では『心(こころ)』もオススメです。




【王様のレベリング】

 ゲーム好きで4コマ漫画士のKukriさん(公式サイト)の作品。
 横書きの4コマ漫画です。電撃4コマに掲載された作品だそうです。

 RPGに出てくる王様を主人公にした4コマ漫画。
 しかも、魔王を倒して平和になった後の話です。どうしてコレでストーリーが始まるんだと考えたら思う壺です(笑)。誉め言葉として「くっだらねえ(笑)」くて、頭を空っぽにして楽しめる作品になっています。同じ作者さんの『魔王クエスト』も面白かったです。4コマ漫画なんで、画面の大きくないスマホなんかでも楽しめると思いますし。


 ただ、メイドさんは描いて欲しかったかな!!



【めんどくさいマン】

 プロの漫画家さんとして読みきりや作画や挿絵を描いている手持望さん(公式サイト)の作品。ということもあって、圧倒的な作画力を見せ付けられます。
 朝の満員電車が舞台なので、電車、ビル郡、無数にいる乗客、と「描くの面倒くさそおおおお!」というものを丁寧に丁寧に描き上げて、一人一人のキャラクターデザインも描写も凄くよく出来ていて、アクションシーンも迫力十分。

 「すげえ漫画」が読みたいのなら是非どうぞ。

 同じ作者さんの『チェンジ・ザ・ワールド』も面白かったですし、公式サイトには他にも漫画を無料公開されているんですね。後で読みます。



【如月十四日】

 可愛らしい絵柄のすがちょんさん(公式サイト)の恋愛漫画。タイトルから分かるようにバレンタインの話で、チョコ売り場にたまたま立ち寄ってしまった男子高校生(?多分)が主人公です。短い漫画だけど、心の奥に眠っていた気持ちが呼び起こされるような力のある漫画です。

 この作者さんは女の子も男の子も可愛く描く方で、『寒い冬の日のこと。』も良かったです。ただ、季節が今と真反対すぎるところはありますね(笑)。



【暗闇平均台】

 平均台の上を、女子中学生と泣き続ける男がひたすら歩き続ける話―――って、何じゃそりゃと思いながら読むと、これが如何に考えられた設定なのかが分かる漫画です。この作者さんの漫画はぶっとんだ設定でシリアスなテーマを抱えている作品が多いのだけど、それだけでは収まらない深さもある漫画になっています。切ない話だけど『完全偶像僕らのマリちゃん』も心にズッシリくる漫画でした。

 一方で『ウザ男と眼鏡』は何も考えずに笑える漫画で、何なんだこのギャップはと思わなくもないです(笑)。



【アンノウンクラスメイツ!】

 プロの漫画家さん山西正則さんの4コマ漫画。
 短い4コマ漫画ですが、キャラクターが活き活きしていて「もっと続きが読みたい」と思わせられる漫画です。この作者さんの『ねこまた熱帯魚』も面白かったです。

 この作者さんは『放課後!ダンジョン高校』をコミックリュウにて連載中で、単行本も出たばかり。コミックリュウ公式サイトでは「試し読み」もやっていますね。後で読んでみます。

放課後!ダンジョン高校 1 (リュウコミックス)
放課後!ダンジョン高校 1 (リュウコミックス)



【僕の不幸?な人生】

 今回のトリを飾るのはこの作品。
 この作者さんは数ページのショート漫画を幾つか描いていて、『しらぬまヒーロー』もすごく良くて最初はそっちを紹介するつもりだったのですが。『僕の不幸?な人生』をその後に読んで、「あぁ、漫画ってホント、すげーイイな!」とテンションがものすごく上がってしまったのでこちらを紹介します。

 短い漫画なんです。
 でも、この漫画には人生が凝縮されていて、人間が詰め込まれていて、世界への愛情がたっぷり注がれていて、何度も何度も読み返したくなる漫画でした。





 とりあえずは以上で。
 多分、私が見つけられなかった「面白いマンガ」はもっともっといっぱいあるのだろうし、有料の本もいつかは紹介したいし、マンガ以外の本も今後はチェックしていきたいので……パブーの本で面白い本がありましたら、自薦・他薦問わないんでコメント欄ででも教えてくださればありがたいです。

 紹介する記事をまた書くかどうかは、「数が揃うか」とか「記事への需要があるか」次第なので分かりませんが……少なくとも私は読みますんで!


 ちなみにちなみに「アカウントを持っていなくてもパブーは楽しめる」と書きましたが、アカウントを取っておくと「お気に入りの作家さんを登録して新作が出たら告知してもらえる」とか「お気に入りの本に評価を付ける」とかも出来るので便利ですよっと。

| 漫画紹介 | 17:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スゴい楽しかったです!
やっぱり無料で、アプリも登録も要らないっていうのは取っつきやすくていい。
第2弾に期待してますw

| ああああ | 2013/08/13 23:47 | URL |

アンケート結果の内訳が気になるw

| q | 2013/08/16 13:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1621-7b4bb000

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT