やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『レゴシティ』が進行不能になってしまった件の続き

 以前ブログにも書いて、Miiverseにも書いて、Twitterでも散々愚痴っていた――――

 『レゴ® シティ アンダーカバー』のセーブデータが進行不能になってしまった件。
 今日とりあえず進展、というか「どうしようもないことが確実になった」ので詳細を書いておきます。結構心配してくださっている人もいらっしゃったみたいなので。
 自分も正直「もうWii U戻ってこないかも知れない」と不安だったので、精神的にも参っていました。

 事前に言われていた対応の時間より更に時間がかかったことと、それなのに途中連絡もなかったことで不安になりましたし正直「不誠実だなあ」と思いましたけど。電話をかけてきた任天堂の人に「時間がかかったこと」を繰り返し謝られたんで、まぁ……しゃあない。




 『レゴ® シティ アンダーカバー』は7月25日に発売されたWii Uのソフトです。
 海外のTT Fusionという会社が開発して、任天堂が日本向けにローカライズしました。オープンワールドのゲームですが、オープンワールドという定義もよく分からない自分でも「ゼルダみたいで楽しい!」と絶賛するくらい面白いゲームで、7月28日は一人でも多くの人に知ってもらいたいとファーストインプレッションの記事を書きました。

(関連記事:『ゼルダ』を待ちきれない人へ 『レゴ®シティ アンダーカバー』1stインプレッション


 この記事を書いた後も「たっのしーーー!」と1日1時間の高橋名人ペースでプレイしていたのですが。8月11日、進行不能バグにハマります。ストーリーのネタバレがありますが、8月11日のMiiverseにそれが投稿してあります。

 実を言うと、この時点では深刻さが分かっていませんでした。
 「リセットすれば直るだろう」くらいに思っていて、だからのんきにシャインの絵なんて描いていました。『春夏秋冬オクテット』発売中!買ってね!


 翌日8月12日、ようやく事態の深刻さに気付きます。
 「リセットしても直らない」ことに……
 なので、Miiverseに投稿して、どうにかして進行不能状態から抜け出せないかお知恵を拝借することに。しかし、頂いたアドバイスは全て試して全て上手くいきませんでした。


 その日の晩、日付変わって8月13日の0時11分、任天堂のサポートセンターにメールを送ります。「解決策はないのか」と「解決策がないのならセーブデータ修復プログラムを用意してくれないか」と。

 だがしかし、当時はちょうど「お盆休み」の週。任天堂のサポートセンターも8月18日まで夏季休業中ということで、『レゴシティ』は凍結となりました。ブログにそのことを書いたのもこの時期(8月14日)ですね。





 夏季休業明けの8月19日―――の一週間後の8月26日に、ようやくサポートセンターから返信のメールが返ってきます。この時点でも「お困りのところ回答が遅くなり、誠に申し訳ございません。」と言われています(笑)。
 ここのメールの内容を簡単に要約すると、「同じような手順を実行してみたけど進行不能バグは再現できませんでした。なので、よろしければWii U本体を保証書同封して任天堂まで送ってください」とのこと。


 翌日8月27日に日本郵便から発送しました(着払い)。
 しばらくして「8月28日の8時~12時の間に、確かに届けましたからね!」という日本郵便からのお届け通知が届きました。


 「ご対応には1週間~10日ほど頂戴しております。」とのことだったので、8月28日の一週間後の9月4日か、10日後の9月7日には何らかの連絡があるかなと待っていたのだけど何もなし。7日は土曜日だから……と待っても、9日の月曜日にも何もなし。



 ひょっとしてこれは罠か!?と思いました。

 本体と保証書と領収書を同封して送っているので、これを任天堂に握りつぶされたら「レゴシティの進行不能バグなんかなかったしアナタWii Uを持っていないじゃないですか」と言われても何も言い返せない状況です。
 手元には「デカイTVリモコン」の役目にしかならないゲームパッドと、スタンドと、ケーブルしか残っていません。ダウンロード購入したソフトも当然全てWii U本体の中に入っています。


 あー、そうか。E3の時に「Wii Uは「任天堂のいつものシリーズ」専用機になってしまうんじゃないか」とか書いて、「そんなに文句言うなら買うなよ!」とか「もうゲーム辞めれば」とか「はちまや刃と同類ですね」とか散々言われたし。
 任天堂自ら我が家のWii Uを破壊するためのプログラムを『レゴシティ』の中に組み込んで、我が家のWii Uにだけそれが発動して、サポートセンターにメールを送ると「Wii U本体を保証書と一緒に送れ」と返ってきて、何も考えずに送ったら二度と戻ってこないで「狙い通り!」ってそういうことか!そう考えれば全ての辻褄が合うぞ!!とか落ち込んでいました。



 今日、9月11日に任天堂から電話がかかってきました。
 「何ーーーーー!握りつぶされたワケじゃなかったのかーーー!」と驚いて、「進行不能になったセーブデータはどうしようもありませんでした」「今からWii U本体を送り返します」と言われても「やったー!二度と戻ってこないと諦めていたWii Uが戻ってくるぞー!」と嬉しくなってしまいました。


 問題は何も解決していないのになっ!!



 「進行不能状態になっているのは確認した」
 「手を尽くしたけどセーブデータはどうにもならなかった」
 「一旦送り返すけど、もし解決策が用意出来たら再度連絡をするのでまたWii U本体を送ってください」
 「時間がかかって申し訳ありませんでした」


 こんなかんじ。
 一応質問したのだけど、自分以外にはこういう症状になっている人は確認できていないとか。これはガチで我が家のWii Uだけを意図的に破壊するプログラムというのもあながち妄想じゃないかもなっ!

 マジメな話をすると、自分以外にもこういう症状になっている人がいたら、ファーストインプレッション記事まで書いて大絶賛&布教に努めていた自分としても申し訳ない気持ちでいっぱいだったので。しばらくWii Uが手元からなくなったとしても、このセーブデータを元に修復プログラムが作られるかも知れないな―――と思ったんですよ。


 そしたら、俺以外にこんな目にあっている人なんていないでやんの。
 ウェーーーーーーイ!!





 とりあえずWii Uは明後日くらいには戻ってきそうです。
 『レゴシティ』を1からやり直すにしても、答えの分かっている探索ゲームの二周目なんてタルイだけですし。ひょっとしたら数ヵ月後に修復プログラムが用意されるかも知れませんし。二年くらいは凍結したままでイイかなーと思って放置しておきます。

 だってほら!二年後には、Wii Uのソフトなんて1本も出ていないかも知れないじゃないですか!その時にやるゲームを取っておかないとね!



 ということで、今日から別のゲームを始めます。
 1ヶ月ぶりにようやくゲームが出来るぜ。


| ゲーム雑記 | 19:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いろいろタイミングが悪かったですねぇ……
とりあえず2年後か3年後か、また楽しむときに楽しんでください

| ああああ | 2013/09/11 19:53 | URL |

ほかに同じ症状のひとがいないというのは結構珍しいですね
なんというか、お疲れ様でした
サービスの限界と実体のない商品の恐ろしさを久々に思い出しました

時間がかかったのは、海外のディベロッパーとの連絡に手間取ったのかもしれませんね

| ああああ | 2013/09/12 04:40 | URL |

自分はWonderful101のロード画面でしょっちゅう止まります
本体を送るなんて面倒そうですね…お疲れ様です

|   | 2013/09/12 13:50 | URL |

テンションが気持ち悪い

| ああああ | 2017/03/02 14:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1636-145f1e09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT