やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3DSやWii U等で、「昔クリア出来なかったゲーム」へのリベンジのススメ

 任天堂のサービスの一つに「バーチャルコンソール」というものがあります。
 過去のゲーム機で発売されたソフトを、最新機器で安価にダウンロード販売するというサービスで。始まったのは2006年に発売されたWiiですが、Wiiだけのサービスではなく、今では3DSやWii Uでも行われています。
 同様のサービスは他社でも行われていますし(PSのゲームをダウンロード販売しているゲームアーカイブスとか)、昔のゲームを携帯電話用のアプリやスマホ用アプリとして販売する会社も少なくありません。



 そうした「過去のゲームソフトを遊べるサービス」には、ただ単に「昔のゲームソフトをそのまま遊べる」だけでなく、「昔は出来なかったような遊び方が出来る」サービスもあるのです。それが今日紹介する3DSやWii Uのバーチャルコンソールで実装された「まるごとバックアップ」機能なのです。

 これは任意の場所で「その状況をそのままセーブする」ことで、そこから何度でもやり直しが出来るという機能です。Wiiの「一時中断」機能はセーブデータを再開するとそのデータが消去されるのでやり直しが出来なかったのですが、3DSやWii Uでは何度でもやり直しが出来るようになったということですね。

 この機能は別に3DSやWii Uだけに限った機能でもなく、PS系のPCエンジンアーカイブスネオジオステーションにも付いていますし、法的にゴニョゴニョっとしたものにも付いているとか、例えばWiiで発売された『ドラクエI・II・III』にも似たような機能が付いていましたし……
 3DSやWii Uだけに限った話ではないのですが、とにかくこの機能を使えば「昔クリア出来なかったゲーム」もクリア出来るかも知れないので、知らない人には知ってもらいたいと思ったのです。




 スーパーファミコンの『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』というゲームがあります。
 子どもだった頃に友達に借りてプレイしたのですが、当時の自分はステージ5の伊賀までしか進めませんでした。大人になってからWiiのバーチャルコンソールでリベンジしようと思ったのですが、ステージ8の琉球で力尽きてしまいました。初見殺しのダルマ落とし戦→トロッコ→リフト→ヤジロベイ戦はどう考えても難易度おかしい。

 でも、Wii Uのバーチャルコンソールならば「まるごとバックアップ機能」があったので見事に全面クリアが出来ましたし、余裕のあるプレイをしたおかげで「このゲームってこんなところまで作りこんでいたのか!」と知ることが出来ました。誘拐されたお姫様を助けに行くはずがずっとゲーセンで『グラディウス』を遊んでいたり出来るなんて、『シェンムー』を先取りしていたんですねこのゲーム。


 みなさんにもそれぞれ「昔クリア出来なかったゲーム」があると思います。そのゲームも「まるごとバックアップ」を使えば、きっとリベンジ出来ますよ――――という想いを込めて今日は記事を書きます。

(関連記事:Wii UのバーチャルコンソールはWiiよりもこんなに進化している!



1.小まめにセーブして、一撃喰らったらセーブしたところからやり直す
 昔のゲームはとにかく難しいゲームが多かったです。
 今みたいに「どんな人でも最低限クリアは出来るようにしよう」みたいな配慮はありませんでしたし(そもそもクリア→エンディングという概念もなかったし)、ファミコン初期のゲームなんかは一撃死でステージの最初からやり直しで残機も少なくてコンティニューもないなんてゲームも珍しくありませんでした。

 子どもだった当時は、1面は何とかなっても2面もクリア出来ないゲームなんてザラにありましたものねぇ。だから、3面以降がどんなだったのかを知ることも出来ないゲームが沢山ありました。『スペランカー』なんてエレベーターから降りることすら出来なかったし。


 でも、小まめにセーブして、死んでしまったら即やり直しをすれば、残機も気にすることないし難所を何度も繰り返すことでそこを突破出来たりするものです。


 先ほど書いた『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』のステージ8は、中ボス戦の後、落ちたら即死のトロッコ→リフト→ボス戦を連続でこなさなくてはならず。1コ1コはそれほど難しくなくても、残機が尽きる前に4連続でクリアしなければならないのが無茶苦茶難しかったのです。
 逆に言えば「まるごとバックアップ」を使って、「難所を突破するごとにセーブ→失敗したらロード」を繰り返せばいつかはクリア出来たのです。


 『マリオ』だって『ロックマン』だって『魔界村』だって『スペランカー』だって、きっといつかはクリア出来るはず。多分。アクションゲームが苦手で当時悔しい思いをした人ほど、今こそリベンジの時なのです!




2.「運任せ」の運をコントロールする
 『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』の話をすると、このゲームって何をするにもお金がかかるんですよ。スピードアップのわらじ、ダメージ無効化する鎧、ダメージ自動回復のおにぎりなどは消耗品なのでガンガン金がかかるし、通行手形のようなクリアに絶対必須のアイテムもお金で買うことになります。後半は小判投げをしないとどうしようもない事態も多いので、これにもお金がかかるし。
 バイトや迷路や競馬なども報酬はもらえますが参加するのにお金がかかりますし、ゲーセンで『グラディウス』するにもお金がかかります。

 しかし、敵を倒してもらえるお金はちょっとなので……スーファミ実機でプレイした時も、Wiiでプレイした時も、自分はとにかく金欠で苦労しました。お金がないからゲーセンにも行けないし、リスクがあるからバイト等も出来ない……


 なので、Wii Uでプレイした際には「まるごとバックアップ」機能をフル活用して、ステージ1の賭場で限界まで資金を増やしてから進めました。賭場に入る→セーブ→「大」か「小」かを選ぶ→正解→セーブ→「大」か「小」かを選ぶ→不正解→さっきセーブしたところからやり直す、のルーティン。

 そうすると、ゲーセンもバイトも迷路も競馬もし放題で、このゲームがこういうミニゲームまで作りこんでプレイヤーを楽しませようとしていたゲームなことが分かったのです。金欠の時には分かりませんでした。世の中は結局金!金がないとゲームすら出来ない!




 自分は試していないんですけど……
 『ファイアーエムブレム 紋章の謎』でも、この「まるごとバックアップ」をフル活用して闘技場でキャラクターを育てていた人がいました。このゲームは敵の数が決まっているので、こちらがもらえる経験値の総量が決まっているとも言えて、なので「育てないキャラには一切経験値をあげない」プレイをするしかなくなってしまうんですよね。

 でも、運の要素が強い闘技場で「まるごとバックアップ」を使いこなせば、普通のプレイではまず育てないようなキャラも鍛えることが出来る――――とのことです。自分は試していないんで、あまり偉そうなことは言えないんですけど、理論的には闘技場で全員レベルMAXまで上げてその後は楽勝プレイも可能ってことなんですかね。




3.数マス歩くごとにセーブ→敵が出現したらやり直し
 恐らくここまで読んでくださった人の大半は「これってズルじゃないの?」と思っているでしょうが、これまでの話が可愛く思えるくらいのとっておきのズルを紹介します。


 自分がこれを試したのはバーチャルコンソールではなく、Wiiの『ドラクエI・II・III』での「ファミコン版『ドラクエI』」です。
 今の感覚で遊ぶとこのゲームはとにかくレベル上げに時間がかかってウンザリしていたので、理論上ラスボスを倒せるレベルと言われている20レベルになったら即ラストダンジョンに向かうことにしました。数マス歩くごとに「中断セーブ」→敵が出てきたら「逃げる」→「逃げる」失敗してダメージ喰らったらリセット→数マス歩くごとに「中断セーブ」というルーティンを繰り返して、町からラスボスまで一匹のザコ敵とも戦うことなくたどり着きました。

 だって、薬草の数もMPもギリギリなので、ザコ戦で一撃でも喰らったらその時点でラスボス倒せなくなると思ったんですもの。だから、ザコ戦を一切しないで進もう、と。




 2の“「運任せ」の運をコントロールする”にも通じる話なんですが、ランダムエンカウントなんてのは言ってしまえば「敵が出るかどうかは運次第」なワケで。「まるごとバックアップ」を使えば、この運すら支配出来るのです。
 『ファイアーエムブレム』等のSRPGでも、「この攻撃が当たるかどうか、その前にまるごとバックアップだ!」とやれば、外れたらやり直して他のキャラで攻撃すればイイのです。最近の作品に搭載されているイージーモードとか仲間が死なないモードとかよりも、これが一番「下手な人でも気楽に遊べるファイアーエムブレム」になると思うんですけどね。

 実機では凶悪難易度で音をあげて2面で詰んだ『トラキア776』も、自分はいつかこれでリベンジしようと画策しています。その前に『紋章の謎』と『聖戦の系譜』をやらなくちゃならないので、Wii Uのソフト不足とかどこ吹く風の積みゲー祭り。







 分かっています。
 「これはズルです」。
 でも、10年以上の前のゲームを「当時はクリア出来なかった」とリベンジするのだから、こういうことをしたってイイじゃないですか。自分が『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』を発売から22年後に、「このゲームってこんなに作りこんであったゲームだったのか」と思えたように。当時は分からなかったことが、コレを機に分かるかも知れないじゃないですか。

 ということで……
 「クリア出来なかったトラウマ」を抱えている人こそ、最新機器でリベンジしましょう!のススメです。



 注意点は、「ただしソフトは限られている」という点。
 Wiiのバーチャルコンソールにはこの「まるごとバックアップ機能」はありません。
 3DSのバーチャルコンソールはファミコンゲームボーイゲームボーイカラーゲームギアのソフトだけで。
 Wii Uのバーチャルコンソールはファミコンとスーファミのソフトだけです。
 PCエンジンのソフトネオジオのソフトは、PS3・PSPでこの機能が使えるみたいですが(VitaもPCエンジンのソフトは遊べるっぽい)。

 リストを見てもらえば分かるように、「当時発売された全部のソフトがダウンロード販売されている」ワケではありません。3DSやWii Uはこれからラインナップを増やしていくとは思いますが。PCエンジンアーカイブスやネオジオステーションは2011年以降ソフトが増えていませんし、だからと言ってWii U用に配信されるワケもなく。

 「あのゲームをリベンジしたいのに、あれが配信されていないなんて!」ということもあるかと思います。私もそういうゲームがいっぱいあります。
 だから、この記事を書く→3DSやWii Uのバーチャルコンソールに興味を持つ人が増える→3DSやWii Uのバーチャルコンソールの売上が上がる→メーカーが「バーチャルコンソールって意外に儲かるな」と思う→配信ソフトを増える→やったー、と企んでいるのです。


 みなさんも!バーチャルコンソールやりましょう!!


| ゲーム雑記 | 17:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

表示

http://defr4gment.blogspot.jp/2013/09/wiiwiiu.html
というような話を見て、エムツー社(3DS向けに獣王記やギャラクシーフォースを作った会社)製のPS3向け1080pソフトを見慣れた自分は二の足を踏んでしまうのですが、最近この辺は解消されたのでしょうか?

あと、話はずれますが、
http://gamenokasabuta.blog86.fc2.com/blog-entry-1849.html
なんかヤバげな動きがありそうで心配です・・・

| PPP | 2013/11/06 23:07 | URL | ≫ EDIT

(⌒|⌒)∀゚) スッ…→(⊃⌒*⌒⊂)∀゚)グィ!URLの代わりに貼っておきますね。

| ああああ | 2013/11/06 23:49 | URL |

DAKINIのブログとか張らなくていいから

| ああああ | 2013/11/07 11:01 | URL |

たまげたなぁ
これはどう見ても本人によるクソブログの宣伝ですね
IPバンしちゃえよ

| ああああ | 2013/11/07 21:31 | URL |

ロックマンなんかもこれでクリアできました。

なにより長いパスワードを紙に書かなくていいという解放感! オートマッピング初体験にも似ています。

| ああああ | 2013/11/10 02:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1663-c7e2a728

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT