やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「好きだからこそ厳しく言う」のリスク

 スポーツの例を最初に挙げると分かりやすいと思うんですけど……
 贔屓にしているチームのことを、“応援しているからこそ”「ここが悪い」「ここを直せ」「このままじゃ惨敗するぞ」みたいに厳しく言うことってありますよね。サッカー日本代表の試合がある時のTwitterとかホントすごいです。国民総出で悪いトコ探し。

 私もそうです。西武ライオンズとサッカー日本代表については、散々「交替のタイミングが悪い」「何度同じことを繰り返すんだ」「××を使えよ」と呟いてしまいます。
 野球中継を観ながら「俺に監督をやらせろ!」と文句を言っていた昭和のオジサン達とやっていることは一緒なのですが、Twitterのような「愚痴を投稿しやすい場所」が普及したせいでそれが集まって見えるようになってしまって、実はこれ結構マズイことじゃないかって最近思うのです。



 自分のTwitterのTLにはプロ野球の各チームのファンも揃っていますし、Jリーグの各チームのファンもたくさんいます(流石に全チームは揃っていないけど)。
 「愛情がある」というのは分かるんです。「応援しているからこそ言っている」というのも分かるんです。でも、タイムラインに「何だよこの糞チーム!」「もう絶対こんなチームの試合は観ねえよ!」みたいな罵声が並ぶと……そのフォロワーさんのことをどうこう思うよりも、まず「あぁ、そのチームって糞なんだな」って思っちゃうんです。

 本人は愛情込めて言っているのだと思いますし、そのチームのファンならばそれが共有できるのかも知れませんけど――――そのチームに詳しくない人には「糞チーム」という情報だけが伝わってしまうんです。




 Twitter時代の落とし穴というか……
 例えば、新作のゲームが発売された際―――私は今は遊ぶ時間がないから買わないけど、後で買うかどうかを決めるために評判をチェックしたいから、タイムラインで遊んでいる人の呟きを見ることがあります。

 先月に発売された某ゲームの場合、「ここがダメだ!」「ここムズくてイライラしてきた」「距離感がつかみにくい!3DSで出せ!」という呟きが並んでいて……「あー、今回は評判イマイチなのかー」と思ったら、その後にその人達は「まぁ、面白いんだけどね」と呟いていて。

 当たり前ですけど、新作のゲームを発売日週に買って遊びながらTwitterで感想呟いているような人は「そのゲームが好きな人」ですよ。興味がなかったら発売日週になんて買わないし、つまらなかったら遊ぶのやめるだろうし、熱中しているからこそ不満点が出てくるものだと思うのです。


 冨樫義博先生の『レベルE』という漫画に「○○さえなんとかなればなぁ」と言っているのはそのゲームにハマり始めている兆候というシーンがあるんですけど、まさにその通りだと思います。
 不満点をTwitterに呟いている人はそのゲームに不満しか抱いていないワケではなくて、「基本的には面白いんだけど○○だけなんとかなればなぁ」くらいのつもりで呟いていることがあると思うんです。

 というか、自分がゲームのことを呟いている時を省みればそんなカンジでした。「『ファミコンウォーズDS 失われた光』の23面の難易度ふざけんなよ!クリア出来る気しねえよ!」と呟いていても、それを呟いている本心は「うわー、ちくしょー、楽しいなー。どうやってクリアすっかなー」ですからね。




 でも、多分Twitterを読んでいる人はそうは思いません。
 流れてくるのは140文字以内の「不満点」だけですから、それを呟いている本心など考えずに、「○○ってチームは糞チームなんだな」「××の新作はイライラするような出来なんだな」「『ファミコンウォーズDS 失われた光』は難易度が酷いんだな」と思ってしまうだけです。

 「好きだから厳しく言う」結果、「じゃあ応援するの辞めよう」「じゃあ買うの辞めよう」「じゃあせっせと体験版の感想書いてクラブニンテンドーのポイントを貯めて来季こそプラチナ会員を目指すのを辞めよう」と、ファンを減らす(ファンになりそうな人を遠ざける)ことになってしまうんじゃないかって思うのですよ。




 ブログもそうよね。
 コメント欄とかTwitterとかはてブのコメントにネガティブなリアクションしかもらえなかったら、もしそれが「好きだからこそ」だったとしても、そんなのは伝わらないから「今日の記事はイマイチだったんだな。この手の話は二度と書かないようにしよう」としか思いませんもの。

(関連記事:コメント欄には「面白かったです」なんて書かれない


 あ、私が「面白かったです」ってコメント欄に書いて欲しい訳じゃないですからね!
 あくまで一般的な話ですよ。


 「好きなもの」はどうしたって「○○さえなんとかなればなぁ」と思ってしまうものですし、今のインターネットはそれを書きやすい環境が揃ってしまっているのですが。「好きなもの」こそ「好きなところ」を語った方が、その「好きなもの」のためになると思うのです。

 「好きなところ」を上手く言語化出来ないのだったら、「好き好き好き好き好き」でもイイからさ。「○○がイマイチ。ここは本当直して欲しい。でも、好き!」てもイイからさ。「好きなもの」こそ「好き」と書きましょうよ、と。

| ひび雑記 | 18:15 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

んだよやまなしまーた出だしで予防線張りまくりの
最後にお得意のみんな考えが違うから世の中おもしろい
って結論の記事かよ

でもわいもそう思うで

こんな感じですか?

| ああああ | 2013/12/08 23:05 | URL |

僕がやまなしさんのツイートで感じていたのも、そういう部分でした。
任天堂のことが好きだから苦言を呈することがある。
そして、そういうツイートのほうがリツイートされて、多くの人の目に触れていく。
結果マイナスの部分が多く伝わっていくんですよね。

| ああああ | 2013/12/08 23:19 | URL | ≫ EDIT

アフィブログに「◯◯ファンでさえ最新作△△を酷評!」とか恣意的に引用されたらたまりませんしね。

| 児斗玉文章 | 2013/12/09 17:50 | URL |

そもそもゲームで熱中している時はTwitterなんかに触りませんからね。
ミスして「あー!」ってなった時に一息入れようとTwitterに手を付け、今起きた出来事について書くと。

しかし・・・言われてみれば確かにこれはあまり宜しくないですね。自分も気を付けます。

| ああああ | 2013/12/10 02:12 | URL |

面白かったです!!

|   | 2013/12/10 15:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1679-0a07e5e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT