やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が期待している2014年の冬アニメラインナップ

 今回で5回目!
 1月から始まる(主に)深夜アニメの中から、自分が「とりあえず第1話だけでも観てみよう」とした作品をリストアップするだけの記事です!

 アニメ初心者の人は「たくさん作品があってどれを観てイイか分からない……」と絶望してしまうかも知れないので、その目安の一つになれればイイかなと思います。
 冬アニメは、2013年『たまこまーけっと』、2012年『あの夏で待ってる』、2011年『魔法少女まどか☆マギカ』と毎年自分好みの作品が出ている季なのですが……今季ほど「軸」になる作品が見当たらない季はないと思っています。「とりあえずこれはみんな観るだろうな」という作品がないんですよね……そういう意味では今回のチョイスはすごく難しかったです。

(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの楽しみ方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの選び方”講座
(関連記事:超初心者のための“深夜アニメの切り方”講座


 今回のラインナップには『銀の匙』(分割2クールの2クール目)は入れませんでした。自分を含め1クール目を観ていた人は観るでしょうし、1クール目を観ていなかった人は観ないでしょうし。
 ということで、今回はラインナップを7つに絞りまして、自分は最終的にこの中から2~3作品を選ぶ予定です。

 どうしようか悩んだのですが、こんな記事を書いた手前「メインキャラクターの男女比」が分かるように最初の5人の身体的性別を記しておくことにします。
 「5人じゃ検証にならないだろ」みたいな話はまだ必要ですかね。前の記事の繰り返しになりますけど「自分はこれがベストだと思ってやっているので、それ以外の方法がベストだと思う人は是非ご自身で検証してみてトラックバックを送ってください。」


 今回も『脳とアニメーション』さんの一覧記事を参考にさせていただきました。
 皆さんもそちらを読むとイイと思いますよ。



○ 『いなり、こんこん、恋いろは。』
 <公式サイト
 <女女男男女
いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)
いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)
いなり、こんこん、恋いろは。 第1巻 [Blu-ray]
いなり、こんこん、恋いろは。 第1巻 [Blu-ray]

 原作は月刊漫画誌ヤングエースに連載中。
 京都の伏見を舞台に、クラスメイトの男子に片想いをする女子中学生が神様と出会ってうんぬんかんぬんという話らしいです。自分が日参しているブログで原作が絶賛されていたことからずっと気になっていたのですが、あっという間にアニメ化されてしまいましたです。今、私は可愛い女子中学生に飢えているので非常に楽しみです。

 アニメーション制作は『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(1期)』等を作っていたAICから独立したプロダクションアイムズで、この作品が初の制作元請になるそうな。



 放送日程は、最速放送が東京MXの1月15日で、以後サンテレビ、三重テレビ、KBS京都、BS11等で放送されます。ネット配信もありそうだけど、発表はもうちょっと後になると思うので公式サイトをウォッチしてください。



○ 『となりの関くん』
 <公式サイト
 <男女女女男
となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)

 10分間のショートアニメだそうです。
 原作は月刊コミックフラッパーに連載中の漫画で、隣の席に座る関くんが授業中に先生の目を盗んで遊んでいるのを、隣の席の女子生徒の目線から描く「日本唯一の授業サボりマンガ」だそうです。やっべ、超面白そうと思いつつも、これをラインナップの1番手には持ってこれなかった私のチキンぶりを笑うが良い。


 最近は5分アニメや10分アニメも普通に人気になるものも少なくないのですが、自分のアニメ視聴のサイクルには合わなくてあまり観てこなくて……それでもコレは観ておきたいなと思ったので、30分アニメとは違う楽しみ方が出来るんじゃないかと自分の中への期待も大きいです。


 放送日程は、最速放送がテレビ東京の1月5日で。AT-Xや、そのほか各種ネット配信でも観られるみたいです。GyaO!は一週間無料みたいですね。



○ 『桜Trick』
 <公式サイト
 <女女女女女
桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)
桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)

 この枠って『けいおん!(1期)』の枠ですっけ?
 芳文社×ポニーキャニオン×TBSという組み合わせも共通。そして、百合!

 原作はまんがタイムきららミラクに連載中のガチ百合4コマ漫画だそうです。どのくらいガチかというと、まぁ結構なガチだそうです。
 キャラクターデザインが坂井久太さん。アニメ版『苺ましまろ』とか『ひぐらし』とか、最近では『人類は衰退しました』とか、丸みを帯びた可愛らしい絵柄が特徴の人で、この絵で百合ってくれるとは!と楽しみMAXにしております。『ストロベリーパニック』……?はて………?


 放送日程は、最速がTBSの1月9日で、MBS、CBCと続いていきます。
 TBS系列のBS・CSでは放送されますが、ネット配信は厳しいかな……有料ならTBSオンデマンドで出るだろうけど。



○ 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』
 <公式サイト
 <女男女女女

 『Fate/Zero』『SAO』『物語シリーズ』など、大ヒットアニメを次々と出している土曜24時の東京MXテレビのアニプレックス枠(東京以外の地域ではどうだか知りません)。ひょっとしたら「日5」よりも「ノイタミナ」よりも、アニメファンにとってのゴールデン枠とも言える枠での今季はコレ。

 完全新作のオリジナルアニメ(コミックREXでコミカライズはされる)。
 監督は『DARKER THAN BLACK』や『青の祓魔師』の岡村天斎さんで、シリーズ構成はTYPE-MOONの星空めておさん、キャラクター原案は『キノの旅』や『サモンナイト』の黒星紅白さん。『まどか☆マギカ』が思い出される「なんだ……この組み合わせは……」感。


 順当に考えれば今季一番の注目作かなーと思うのですが、最近アニプレックス作品とは相性の良くない自分としては期待4割・不安6割ってところです。



 放送日程は、最速が東京MX・群馬テレビ・とちぎテレビの1月11日。ネット配信も多分あると思うので公式サイトをウォッチしておいてくださいな。



○ 『スペース☆ダンディ』
 <公式サイト
 <男女男男男

 今季の「なんじゃこりゃ……」枠。
 バンダイビジュアル×ボンズのSFアクションコメディらしいのだけど、公式サイトにも「現時点で参加が発表できるクリエイター一覧」というページが出来ているように、同業者・異業者ごちゃ混ぜの「約70人のクリエイター」と「約20人のアーティスト」が参加して作るオリジナルアニメだそうです。


 こ、このパターンは……「出来上がってみたら、クリエイターの名前は豪華だけど参加の度合いが大したことなくて内容が伴っていない作品になっていた」という未来がすごく想像出来るのだけど!この手の作品は「超駄作」か「奇跡の大傑作」かのどちらかになると思うので、とりあえず第1話は注目してみます。

 声が女性なので女キャラにしたけど、ヒロインはロボットで――――CVはアイドルグループ9nineの佐武宇綺さん。「なんで…?」と思ったら、『HUNTER×HUNTER』とかにも出ていたんですってね。



 放送日程は、最速が東京MXの1月5日で、TV大阪、テレビ愛知、BSフジ、AT-Xと続いていきます。ん、BSフジ……?



○ 『鬼灯の冷徹』
 <公式サイト
 <男男男男男※ 犬はどっちだか分からん
鬼灯の冷徹 壱 (モーニング KC)
鬼灯の冷徹 壱 (モーニング KC)

 原作はモーニングで連載中の漫画。
 “地獄”を舞台に閻魔大王やら桃太郎やらも出てくるブラックコメディだそうです。アニメーション制作はProduction I.G.から独立して『進撃の巨人』のアニメを制作したウィットスタジオですし、他の作品とは違う色の作品ですし、視聴ラインナップの中の一つには加えておきたい作品でした。


 ただ、関東だと↓の作品と微妙に時間が重なりそうなんですよね……


 放送日程は、最速がMBSの1月9日で、TBS、CBCと続いていきます。
 アニメイズムの枠はニコニコ生放送でも配信されていると思うので、今作もまだ発表されていませんがその内にネット配信の告知が出ると思います。



○ 『Wake Up,Girls!』
 <公式サイト
 <女女女女女
劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]
劇場版「Wake Up, Girls!  七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]

 7作品目をどれにするのかは悩みましたけど、これを外すと後悔しそうなので入れます。
 アニメ版『涼宮ハルヒの憂鬱』や『かんなぎ』で知られる山本寛監督の最新作です。東北を舞台にした「アイドルを目指す女のコ達」のストーリーで、“2011年3月11日”の後の世界を正面切って描いていくみたいです。
 思いっきり『あまちゃん』の二番煎じっぽいのですが、このアニメが制作開始された頃にはまさか『あまちゃん』がアイドルものだなんて予想できなかったでしょうし……クドカンvsヤマカンとか、そういうことではないと思います。

 山本寛さんは、まぁネット上では賛否の分かれる人ですし、私はどちらかと言うと「否」側なんですけど。面白いアニメを作ってくれるなら文句は言えないし、今回は得意分野とも言える“アイドル”が題材ですし、相当気合の入った作品になるという期待もあります。

 これからアイドルを目指す女のコ達の成長物語とするために、メインキャスト7人はオーディションで選考された「声優経験のない人達」。キャストの名前とキャラの名前もシンクロさせているとか。
 また、既にアイドルとして活躍しているライバルポジション(?)のキャストに、『らき☆すた』や『かんなぎ』のキャストが起用されているなど、メタ構造としても面白いことをしていると思いますね。“アイドルとは何ぞや”という話でもあります。


 劇場版は「前日譚」みたいですね。こういう戦略がどっちに出るのか……



 放送日程は、最速がテレビ東京の1月10日で、その後はテレビ愛知、テレビ大阪、仙台放送でも放送されます。

 関東の場合は金曜のテレ東1時23分~で、『鬼灯の冷徹』が金曜のTBS1時55分~で、我が家のレコーダーはW録画が出来ないので、どっちかの放送時間がズレると録画できないということに。早い段階でどちらかを脱落する必要があるかも知れない……



 この記事の冒頭部分で今季は「軸」がないと書きましたけど、逆に言うと幅広い作品が並んでいるとも言えて。自分が選んだ7作品も、「男女比半々の恋愛モノ」「女のコだらけの百合モノ」「男だらけのモノ」と毛色の違うものが揃いました。どれもすごく楽しみですが、毛色の違う作品を揃えたことで「脱落する」ものを選ぶのは大変そうですね……


 今回も早めに記事にしたのは、「他にもオススメ作品があったら早めに教えて欲しい」からです。他にもオススメ作品があったら教えてください。
 「面白いか分からないから第1話をちゃんと観て面白かったからオススメする」って人もいらっしゃったんですけど、1話の放送が終わってから観ると「1週間限定のネット配信」をギリギリのタイミングで観なきゃいけないんで大変なんです。放送前に言ってもらえればHDDレコーダーに録画して後で観ることも出来るんで、「面白いか分からない」状態でイイんで早めに教えてもらえると助かります。



 それはそうと……
 前回の秋アニメの放送開始前の記事を読み返してみたんですけど、その後に大絶賛する『境界の彼方』とか『ガンダムビルドファイターズ』を紹介するテンションの低さったらないね!
 アニメってホント第1話を観てみないと何も分からないし、その1話を観た途端に世界がひっくり返るくらいの衝撃を受けるもんなんですよ。なので、第1話だけでもどうぞー。


境界の彼方 (1) [スペシャルイベントチケット優先販売申込券 封入] [Blu-ray]境界の彼方 (1) [スペシャルイベントチケット優先販売申込券 封入] [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2014-01-08
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも読ませていただいてます。
最近は年とったせいか新しいものを受け入れる気力がなかなか湧かず、
今季見ているのは原作既読の弱虫ペダルのみ…
というわけで私のオススメは原作既読のストレンジプラスです。
馬鹿馬鹿しいギャグマンガなので頭からっぽにして見られると思います。
ただ勧めといてなんですが五分のショートアニメなので、私も視聴継続の可能性は未知数です。w

| aki | 2013/12/15 16:01 | URL |

私が期待しているのはオリジナルものだと
>ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル
ですね!
魔法が存在する現代社会で、魔法行使による事件の被疑者を弁護する弁魔士のお話みたいなんですが
PVを見た感じでは魔法アクションがとても格好良くて気になってます。
http://www.youtube.com/watch?v=6DU5Aa0BAs8

あとは…ウィッチクラフトワークスですかね。
クールな黒髪ロングヒロインでオッパイがデカいということで…

| ななし | 2013/12/17 12:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1681-9a75f578

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT