やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ダンジョンの奥に中ボスがいない」ことによる面白さ

 現在の私はスーファミ版の『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(以下『ドラクエ2』)をプレイ中です。
 元々はファミコンで出た『ドラクエ2』を、スーファミで『ドラクエ1』と一緒にリメイクしたソフトを、『ドラクエ3』と一緒にWii用にまとめて移植したものを、Wii UのWiiモードでゲームパッドに画面を映しながらプレイ中です。ややこしいわ!



 実は『ドラクエ2』初プレイなのですが、ファミコン版で噂聞いた鬼畜難易度からすると、恐らくスーファミ版のリメイクで物凄く遊びやすくなっているんじゃないかと思います。
 凄い楽しいです。2014年の自分のゲームランキング1位は『ドラクエ2』になるかも知れないというくらい楽しいです。まぁ、2013年の1位が『MOTHER2』なので今更気にするようなことではない。


 それと前後して、タイムリーに「ファミコン時代のRPG」について語られたPOSTがTwitterでリツイートされて流れてきました。ふぁぼるのを忘れちゃって、検索しても見つからなかったんでうろ覚えで申し訳ございません。(元のPOSTが分かる人はURL教えてくださるとありがたいです)

 要約するとこんなカンジ。

「ダンジョンの奥に中ボスがいないドラクエ1~3は雑魚戦でもギリギリの緊張感があって、ダンジョンの奥に中ボスがいるドラクエ4以降のRPGとはまた違う面白さがある」


 言われてみればそうでした。
 「いつから」そうなのかは分かりませんが、少なくともスーファミ時代のRPGには「ダンジョンの奥に中ボスがいる」のが普通でした。去年プレイした『MOTHER2』(1994年)はそうでしたし、『FF4』(1991年)『FF5』(1992年)『FF6』(1994年)もそうでした。というか、『FF3』(1988年)の頃には「それが普通」と認識していたような記憶もあるんだけど……どうだったかなぁ。
 『ドラクエ3』(1988年)『ドラクエ5』(1992年)は子どもの頃にプレイしたきりなので覚えていないし、『ドラクエ4』(1990年)はプレイしていないんで、「どこが転機だったか」は分からないのですが。


 少なくとも、今プレイ中の『ドラクエ2』(1987年)と、数年前にプレイした『ドラクエ1』(1986年)には「ダンジョンの奥に中ボスはいない」んです。
 もちろん「最後のボス」はいるんですけど、そこにたどり着くまでのダンジョンに「中ボス」はいないんです。いたとしてもその辺でエンカウントする雑魚敵と同じ敵くらい。『ドラクエ1』のドラゴンとゴーレムとあくまのきしは「中ボス」と言えば「中ボス」なのですけど、ダンジョンの奥にいるワケではありません。



 「だからなんだ」と思われるかも知れませんが、現在『ドラクエ2』プレイ中の私にとっては凄く重要なことなんです。
 『ドラクエ1』や『ドラクエ2』って「やりくりをする面白さ」なんですよ。
 持てるアイテムの数が決まっているから「薬草」の数に限りがある、MP回復アイテムは超貴重なので「残りMP」に常にを気をつけなくてはならない、なのに雑魚敵も攻撃力が高いのでMPを温存するのではなく“複数攻撃できる魔法”や“補助魔法”をバシバシ使っていかなければ逆にHPが減らされて回復にMPを使うことになってしまう、ダンジョンの中にはセーブポイントも回復ポイントもないので“町まで無事に帰る”ことが大事――――

 「残されたアイテム」や「残されたMP」と相談しつつ、このダンジョンを「まだ進む」のか「一旦引き返す」のかを決断しなければならないんです。
 このダンジョンがまだ続くのか、もうそろそろ目的の場所なのかも分からないので―――もうムリだ!一旦引き返す!と戻って、再度ダンジョンに挑戦したら「あと一つ階段を登るだけで目的の場所」だったことなんてしょっちゅうです。このギリギリの緊張感が楽しいんです。

 と言いつつ、Wii版は「どこでもセーブ&ロード」が出来るんですけどね(笑)。
 はぐれメタルが出たらセーブ→逃げられたらロード→逃げられなかったらセーブ、を繰り返していけば100%はぐれメタルが倒せるという!ハッハッハ!これが21世紀の力だ!!!




 閑話休題。
 「ダンジョンの奥に中ボスがいる」のが普通になったスーファミ時代のRPGには、このダンジョンを進むか戻るかの緊張感はなかったなーと思います。中ボスまでの道中は前哨戦でそこまでシビアなバランスではなく、中ボスに勝てるかどうかのところに緊張感がある―――なので、例えば「アイテムは持ち放題」になったり、MP回復アイテムが入手しやすくなったり、中ボス前にはセーブポイントがあったり、そのセーブポイントにテントを張ってHPもMPも回復できたり。

 それを私は「RPGは便利になった」のだと思っていました。
 しかし、違いました。「RPGの“楽しさ”が変わった」んだと思うのです。


 『ドラクエ1』や『ドラクエ2』の楽しさは「探索」の楽しさです。
 限られた戦力でダンジョンを探索して「進む」か「戻る」かを迷う楽しさ。

 以後の「ダンジョンの奥に中ボスがいる」RPGの楽しさは「戦闘」の楽しさで。
 持てる力の全力を注いでこの中ボスに勝てるかどうかの楽しさなんです。



 とすると……今、私が『ドラクエ2』を超楽しんでいるのって「私が探索好きだから」なのかも知れませんし、これは後の日本製RPGが失っていった部分だからなのかも知れませんね。


(関連記事:RPGにレベルアップ制度は必要ですか?
(関連記事:『パズドラ』にハマれなかった自分が思う、「探索」要素の危機


 さてと。
 ここまで敢えて書かなかったんですけど、だからと言って「やりくりをする面白さ」のRPGが絶滅したワケではないですよね。『ドラクエ』や『FF』がそうした面白さを失っていったとしても、他のシリーズがその面白さを引き継いでいると思うのです。
 自分はシリーズ未経験なので恐らくですけど、『不思議のダンジョン』シリーズは「やりくりをする面白さ」ですよね。限られたアイテムで「進む」か「戻る」かの決断を迫られる面白さですよね。『世界樹』シリーズもそうですかね。タイプは違いますけど“ダンジョン探索”に特化したRPGは今でも生き続けているのだから、自分はむしろそっちをプレイしていくべきなのかもなって今回の記事を通して思いました。


 とりあえず、3DSでもWii Uでもイイし、新作が無理ならバーチャルコンソールでも構わないんで、Miiverse対応の“ダンジョン探索”RPGを遊びたいです!



○ 余談
 「ダンジョンの奥に中ボスがいる」のはいつからだ?という話をすると、『ドラクエ1』よりも前に発売された『ゼルダの伝説』(1986年)はそれぞれのダンジョンの最後に中ボスとの戦いが用意されています。

 そりゃそうだろという話ではあるんですが、アクションゲームやシューティングゲームでは「ステージの最後にステージボスがいる」のがそれ以前からありましたからね。『ゼビウス』(1983年)のアンドアジェネシスもそうですし、『グラディウス』(1985年)のビッグコア、『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)のクッパなんかもそうですよね。
 『ゼルダの伝説』の「ダンジョンの最後にダンジョンのボスがいる」のも、各ダンジョンをステージに見立てて「ワールドの最後にはクッパがいる」『スーパーマリオブラザーズ』を発展させたとも言えますしね。


 『ドラクエ』のようなRPGも「ダンジョンの奥に中ボスがいる」のが主流になっていったのには……ボリュームが大きくなっていった結果「竜王を倒せ!」「ハーゴンを倒せ!」という一つの目標を目指させるだけでは飽きられてしまうので、それぞれのダンジョンをステージに見立てて中ボスを置いて「ステージクリア」の達成感をそれぞれのダンジョンで与えるようにするためだったということですかねぇ。
 それこそ『ドラクエ4』は「全5章」に分けてそれぞれに違う目標を与えることで、長い物語を飽きさせずに楽しませようという意図だったのでしょうし。

| ゲーム雑記 | 17:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はいはい、わたしの大好きな話題が来ましたね。
RPGは戦力を整えるタイプと戦力を活用するタイプに分かれます。
前者がメガテン、後者がドラクエだったんですが、今ではほとんど全てのRPGが前者となっております。
大艦巨砲主義でゲームを作るとどうしてもそうなるんですね。
そして、ここが最も重要なんですが、戦力を整えるRPGではキャラ間バランスが重要視されるので、サマルトリア王子のようなキャラは存在できません。(あと、motherのロイドとか)
だから俺はサマルトリア王子が好きなのかなぁ…。

| 児斗玉文章 | 2014/01/10 01:32 | URL |

DQ5では嫁が産気付く山やパパスの隠れ家があるダンジョンは中ボスがいなくとも苦戦しました
おのれリンドブルムめ

| ああああ | 2014/01/10 09:18 | URL |

私もドラクエは2がすごく好きですねえ。
3以降はバイキルト、6以降は特技でかなりバランスが偏った感がありますし。
FC版はやってみないんですか?まあSFC版よりだいぶやりにくいですけどw
私はドラクエ2のRTAが好きで、動画や生放送を沢山みてるんですが
もうすぐニコニコ生放送でドラクエRTA駅伝があるのでオススメです。
記事の趣旨とはあまり関係ないコメント失礼しました。

| aki | 2014/01/10 17:26 | URL | ≫ EDIT

ドラクエ2のはぐれメタルはベギラマ連発、HP30ぐらいの不味いモンスター代表だと記憶していたけど、リメイク版は高経験値モンスターだったのか。

それはそうと「不思議の」シリーズはVCで配信されているようですし、機会があればプレイしてみてください。
運に左右されますが、手持ちのアイテムで最適解を考えながら次の階に向かうやりくりゲームです。
合う合わないはありますが、気に入った人はトコトン気に入るみたいですね。

| ああああ | 2014/01/10 20:01 | URL |

最近のRPGは確かにダンジョンの奥に
ボスがいるのは定番ですよね(>.<)


ドラクエ2は最後に中ボスが連発しますけどね(笑)


FC版の難易度は、衝撃的ですよ!
地図なし・モンスターが容赦なし!
中ボスのベホマは他の作品には無いですから(-_-;)

| マヒル | 2014/01/11 17:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1696-89b0feba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT