やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました

 以前にチラッと書きましたが、ちょっと事情があって今季の自分は「東京MXテレビが映らない」「録画環境がない」状態で深夜アニメを観ることとなりました。

 自室のテレビを買い換えるとか、録画機器を買うとか(PS3があるのでトルネを買えば数千円で環境は整えられる)の手もあったのですが……
 父親の腰がここまで長引くとは思わなかったことと、インターネット配信でしか深夜アニメを観られない人の立場も一度経験した方が「普段アニメを観ない人にアニメを薦める」際に役立つかなと思ったことで、今季はネット配信中心に深夜アニメを観始めました。


 深夜アニメの場合は放送される地域がものすごく限定されていたり、若い人の中には自宅にテレビがない人も少なくないなんて話を聞いたりもしますので……PCはもちろん、スマホ&タブレット端末でも観られるネット配信があるということを、今はまだアニメを観る習慣のない人にも知ってもらえたらなと思いまして。久々に「初心者向け」のアニメ話をしようと思いまする。

 既にインターネットでアニメを観ている人にとっては「そんなの常識だろ」ということも書いていきますが、その辺を御容赦お願いします。



1.実は結構な数のアニメが、無料のネット配信で観られる
 もちろん違法コピーではない、合法な公式配信がされている作品が結構あるのです。
 ニコニコ動画バンダイチャンネルをチェックするだけでも、多くの作品が網羅できるんじゃないかと思います。無料会員でも問題なく観られます(有料会員の方が画質がイイとか、1週間早いとか、の恩恵があるところもありますが)。


 自分が12月の段階で紹介した今季のアニメで言えば、1月15日現在ネット配信がないと思われるのは、7本中『いなり、こんこん、恋いろは。』の1本だけで、その後に色々な人に薦められた作品を含めた12本の中でも『ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』との2本だけでした。12本中10本はネット配信で無料で観られるんです。

 あ、あとノイタミナ作品もムリか(今季で言えば『銀の匙』『サムライフラメンコ』)。



 自分は今まで知らなかったのですが、作品の公式サイトに記述がないのに無料ネット配信をしているアニメも結構あるそうなんですね。だから、公式サイトだけチェックして「なんだよー、ネット配信ないのかよー」とガッカリしていたら、実はネット配信されていたというケースもあるとか。

 今季に自分がチェックした作品で言うと……
 『桜Trick』は1月15日現在公式サイトの放送情報のページその他を調べても、どこにもネット配信があるとは書かれていないのですが、1月21日からニコニコ動画での配信が始まりますし。
 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』も1月15日現在公式サイトのONAIRのページその他を調べても、どこにもネット配信があるとは書かれていないのですが、1月15日の夜からニコニコ動画での配信が始まりますし、バンダイチャンネルでは既に配信が始まっているみたいですね。後で観ねば。



 画質は当然テレビの地デジ放送よりは落ちますが(自分はゲームでもアニメでも画質をあまり気にしないのでその辺はよく分からないのですが)、ネット配信のありがたいところは「好きな時間に観られる」ところです。
 テレビを録画する環境のない人でも、指定された時間にテレビの前に座っている必要がなく、好きな時間帯に番組が観られるというのが便利ですし。ニコニコ動画(生放送は除く)やバンダイチャンネルは無料の専用アプリを持っていれば、スマホやタブレットで観ることも可能です。多分。



 ただし、注意点もあります。
 一つは「無料で観られる期間」が厳密に決まっているところ。
 大抵の場合は配信から一週間は無料(第1話だけずっと無料の作品もある)で、次の話の無料配信が始まると、前に配信されていた話が有料配信になる――――ってカンジですね。この辺は作品によって違うので自己責任でチェックしてください。

 もう一つは「ライブ配信」の存在です。
 「ニコニコ動画で観られるアニメ」と言っても、「ニコニコ生放送」限定というアニメもあります。これは原則として「その時間にパソコンからアクセスしなければ観られない」のでテレビ視聴と同じような視聴になります。スマホやタブレットからの視聴は多分ムリ。「タイムシフト予約」の申し込みを放送開始前にしておけば(有料会員の場合は放送開始後でも)、期間内に1度だけ再生出来るという機能もあるのですが……「タイムシフト予約」に対応していないアニメもあります。

 京アニ作品なんかはそうらしいんですね。
 前季に『境界の彼方』をガンガン推していた自分は、薦めた人にこの辺の話を聞かされることが多かったです。ネット配信はニコニコ生放送限定でタイムシフト予約も出来ないので、決められた時間にパソコンの前にいなければならないので視聴するのが非常に大変だと。

 今季の『中二病でも恋がしたい!戀』もそうみたいですね。製作にTBSが入っていてTBSオンデマンドで有料配信されるのだから……まぁ、しょうがないと言えばしょうがないのですが。
 京アニ作品がどんなにクオリティが高くても、ネット配信頼みの人には視聴までのハードルが高いというのは「普段アニメを観ない人にアニメを薦める」ウチのブログとしては忘れちゃいけない話だなと思いました。


○ 結構な数の作品がネットで公式に無料配信されている
○ 録画環境がなくても好きな時間に観られるのがありがたい
× 画質はテレビの地デジ放送に比べれば落ちる
× 無料で観られるのは「期間限定」
× 好きな時間に観られない「ニコニコ生放送」限定のアニメもある




2.テレビ放送からどのくらい遅れて配信されるのか
 結論から言うと、「作品に依ります」。

 多いのは……「地上波の放送が各地域で終わる」→「ネット配信」というパターン。
 『世界征服~謀略のズヴィズダー~』を例に出しますと―――
 1月11日に東京MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、MBSで放送して、
 1月14日にテレビ愛知で放送して、
 1月15日にネット配信開始(バンダイチャンネルニコニコ動画参照)で
 1月18日にBS11で放送される。

 「ネット配信がいつ始まるか」は「地上波の放送」次第なので……
 多いのはテレビ最速放送の翌週とか一週間遅れなんですが。
 『ガンダム ビルドファイターズ』なんかは、地上波の全局で月曜の夕方6時から放送されるため、その日の夜9時にはネット配信が始まるんですね(深夜アニメじゃないけど極端な例だったので紹介しました)。

 逆に『桜Trick』は製作にTBSが入っていることもあって、BSやCSも含めたTBS系列の全ての放送局で放送が終わってからのネット配信になっているみたいです。

 1月9日にTBSで放送して、
 1月13日にMBS、
 1月16日にCBC、
 1月18日にBS-TBSで放送して、
 1月18日と19にCS TBSチャンネル1で放送されるので、
 1月21日からようやくニコニコ動画での配信が始まるという……

 超楽しみにしているアニメなのに、ネット配信は2週間遅れだから私はまだ観られていないのです!でも、まぁ京アニ作品のように「ニコニコ生放送」限定だったらそれはそれで大変なので……これくらい何でもないですが。



 「地上波の放送が各地域で終わる」→「ネット配信」というパターンばかりを紹介しましたが、そうではない作品もあって。
 1年前の『琴浦さん』なんかは東京MXでの放送より前にニコニコ動画で配信されるという順番で、衝撃の第1話がニコ動で話題に→地上波の放送に繋がるという展開になったのを覚えています。ニコ動で観た人から「とにかく第1話は観てください!」と猛プッシュされたっけ。

 ちょっと特殊な例だとは思いますが、『RDG レッドデータガール』なんかはニコニコ生放送が地上波の放送より1ヶ月近く先行して配信される作品でした。

 この辺りの関係性は「インターネットでアニメを観る」ことのビジネス規模によって今後も変わっていきそうなカンジはしますね。それこそTBSが自分の局では放送しないのに京アニ作品の製作に入っているのはTBSオンデマンドでの配信があるからでしょうし。


× 基本的には、地上波の放送が全局で終わってからネット配信が始まる
× なので、1週遅れが多くて2週遅れのものもある
○ でも、作品によってはそれほど期間が空かないものもあるし
○ 最近ではネット配信先行のアニメもある(ネット配信限定というのもあるか)




3.ネタバレの心配はない?
 ネタバレのリスクには様々な要因がありますが、単純化して考えると「最速放送の日」から「自分が観る日」が遠ければ遠いほどネタバレのリスクは高まると思います。インターネットを巡回していなくても、Twitterのリプライで飛んできたりしますからね……
 なので、「最速放送」から1週や2週遅れでアニメを観るネット配信の場合はネタバレのリスクは高いです。これはもうしょうがないし、自分もうっかりネタバレしてきちゃったことはあるんだろうなーとは思いますんで、あまり大きな声では言えません。


 ただ、今回Twitterを見ていると「ネタバレ配慮のある人」と「ネタバレ配慮のない人」が明確に分かれるんだなと思いました。
 そのアニメの最新話の話をする際には、そのアニメのタイトルを最初に書いて、140文字以内に感想を収める、それ以上の感想を次のPOSTを持ち越すことはない―――としている人は結構いるんです。というか、自分もそういう人達を見習ってそうするように心がけていました。前季のアニメの呟きだからイイかな。例えば、こんなカンジ。



 こうすることで「あ、この呟きは『境界の彼方』のネタバレ感想なんだな」と分かるので、読まずに済む―――と考えてそうしている人は結構います。


 あとは、実況勢。テレビ放送に合わせてTwitterに実況を投稿する人は「#○○」とハッシュタグを付けて投稿していることが多いので、「この人はこのアニメのネタバレを呟くんだな」ということが分かって、読まないようにしたりミュート設定にしたり出来ます。



 でも、もちろんそこまでネタバレ配慮をする人ばかりではありません。
 「何の話をしているのだろう?」とよくよく読んでみたら、どうやら最新アニメのネタバレの話だったっぽい―――という人も多いです。「ネタバレ感想をTwitterに呟くな」とは言えませんし、そういう自由もあると思うので、自分は積極的にリムーブしていく方向にしました。ネタバレのリプライが届く場合はブロックで対応。

 「リムーブされたくないならネタバレすんじゃねえよ!」ということではなくてね。
 「ネタバレをするのは自由です。でも、私はそれを見たくないのでリムーブしますから、気にせず続けてくださいね」ということです。




 んで、逆になんですけど……
 「ネタバレ」とは表裏一体で「評判の良さ」が入ってくることももちろんあります。

 地上波を観ている人達の「○○面白かったー!」という声を聞いて、調べてみたらネット配信でまだ1話から観られるじゃん―――と、放送開始前はノーチェックだった作品も観てみようという気になります。
 もう3年も前の話ですけど、『まどか☆マギカ』なんてまさにこれで一気に広まったアニメですもんね。3話の放送があまりにも話題になったので、ニコニコ動画で1話から観てみようという人が多かったんですものね。

(関連記事:『まどか☆マギカ』はソーシャルアニメだった


 自分は今季、全くノーチェックだった『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の評判が良かったみたいなんで。ネット配信で1話を観てみたらかなり面白くて、3話目くらいまでは観ようかなと思いました。
 ニコニコ動画バンダイチャンネルはそれぞれリンク貼っておきます。エロアニメですけどね!

 あとは、タイムラインで評判良さげだったので、『のうりん』ニコニコ動画、バンダイチャンネルは1月17日から)と『未確認で進行形』ニコニコ動画バンダイチャンネル)は後で観ようと思います。私はまだ観ていないのでオススメとかじゃないですけど(笑)。


× 観るのが遅れる分だけ、「ネタバレ」はどうしようもない
× タイムラインの整理などそれぞれ対策してください
○ 逆に「評判を聞いてから観始める」ことが出来るというメリットもある
○ ブログなんかにも「これ面白いから観て!」と書きやすいというのもあるか




 さて……こんな記事を書いておいてアレなんですけど。
 この記事を書いている間に、新しいテレビを買いました。届くのは日曜日ですが、これで恐らく東京MXテレビが映るはずだ!多分!理屈がよく分からないのだけれど!

 ひょっとしたら録画機器もその内買うかも知れないので、今後私が「インターネットの無料配信で深夜アニメを観る」ことはなくなるかも知れないのですが……(笑)
 でも、1回この状態を経験してみて本当に良かったと思います。もし今季『境界の彼方』が始まっていたとしたら私は観なかったと思いますもん。「タイムシフト予約出来ないニコ生でしか配信されないとか面倒くせーわー」と。

 人に薦める時に「ネット配信の有無」がどれだけ重要なのかが分かりましたし、アニメを作っている会社も作品を届けるために「ネット配信」を見事に活用しているんだなと思いました。
 タブレット端末で家のどこででも最新のアニメが観られるというのはちょっとした衝撃でしたし、アニメを観る習慣のない人にはテレビで観るよりこっちの方が薦めやすいかも。地上波のテレビを録画して観ているだけだった自分には、この辺はよく分かっていなかったです。


 しかし、「ネット配信のアニメは1週間以内に観なくてはならない」のと「ノーチェックだったアニメもTwitterの評判を聞いて観たくなる」のコンボで大変なことになってしまったな……このままだと第1話をチェックするアニメが15本になるのだがががががが。



1月17日追記:
 バンダイチャンネルで配信されているアニメの場合、「第1話のみ無料配信」「第2話以降は有料会員のみ見放題or無料会員には有料配信」というアニメも多いみたいです。

 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』はまさにそうでした(ニコ動なら無料で観られるみたい)。『未確認で進行形』『のうりん』も「見放題」と書かれているからそうかな……

 『ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』の第1話がバンダイチャンネルで配信されているので喜んだのだけど、2話以降も観られるかがよく分からない……


 正直、この辺は「分かっている人しか分からない」ところはありますね。
 ややこしい……

| アニメ雑記 | 17:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

録画を失敗した時なんかも複数の視聴方法があると便利ですよね。

| 児斗玉文章 | 2014/01/17 05:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1699-b671e43f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT