やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「Wii Uゲームパッドを活かしたゲーム」とは何だ?

 これは先月の任天堂の経営方針説明会の前に出ていた話題。


 結局wiiUならではってゲームがないのよね現実ゲームさん)


 最初この話題を聞いた時に「何の冗談だ……?」と思ったのですが(理由は後述します)、その後の経営方針説明会での社長説明で、任天堂も全く同じこと(「Wii Uならではのゲームがない」)を問題と考えていると述べられていました。


<以下、引用>
 まず、短期的に任天堂が重点として取り組んでいくことは、Wii Uというプラットフォームの最大の特長である、Wii U GamePadの存在意義を徹底的に高める、ということです。
 残念ながら、Wii Uの現状を見る限り、GamePadの存在意義をこれまで十分にお示しできていたとは決して言えないと考えるべきだと思いますし、「Wii Uが旧機種のWiiとどう違い、アップグレードするメリットがどこにあるのか?」ということを多くのお客様にご理解いただくということがまだまだ実現できていないと認識しています。

 (中略)

 このために、まず、当たり前のことではあるのですが、Wii U GamePad があるからこそ実現できるソフトタイトルを提案することを、今年の最優先課題に置きたいと思っています。
 これまで、テレビの周りに多人数が集まって楽しんでいただく際に、GamePadがあるからこそ実現できたソフトタイトルはすでにいくつか提案できたと考えていますが、テレビの前に一人でいるとき、GamePadがあるからこそ実現できたソフトタイトルとしては、まだ、決定打をお示しできていないと私達も自覚しておりますので、本件は、宮本の指揮する当社の内作開発部門の今年の最優先課題のひとつとして取り組んでいきます。

</ここまで>
※ 改行・中略・強調など引用者が手を加えています



 社長説明のことは一先ず忘れておくとして……
 Wii Uをまだ買っていない人が「Wii UにはWii Uならではのゲームがない」「Wii Uゲームパッドを活かしたゲームが出たら買うよ」と言っているのを、ブログやTwitter等ではよく見かけます。私にはそれがすごく違和感あったんですね。「え?出てるよ?」と。

 これは別に「Wii U」に限った話ではなくて、どの機種にでも当てはめられることだと思うんですが……「○○ならではのゲーム」とか「○○を活かしたゲーム」という言葉から連想されるものが、その機種を既に持っている人と、まだ持っていない人では違うのかなと(※1)

(※1:正確には「持っているか」ではなくて「頻繁に使用しているか」どうか、ですけど)




 例えば、私が現在プレイしている『TRINE2 三つの力と不可思議の森』―――
 もちろんこのゲームは他機種でも出ているシリーズなので、決して「Wii Uのためだけに作られたゲーム」ではないんですけど……(恐らく)他機種では右スティックでしなければならない操作を、Wii Uゲームパッドならばタッチペンで操作出来るんです。

 騎士ポンティアスの盾は右スティックの方が操作しやすいですし。
 盗賊ゾヤの弓矢は右スティックでも、まぁ……慣れればとは思うのですが。
 魔法使いアマデウスの操作は右スティックでは自分には無理です。無理でした。

 アマデウスを操作する際、右スティック(タッチペン)で「正方形を描くと箱」を「線を描くと板」を作り出し、それを自由に動かすことが出来るのですが。物理演算に従って動くので、テキトーに重ねるとすぐさま落下してしまいます。“狙った大きさに作り”“狙って重ねて”“精密に動かす”操作を右スティックでするだなんて私には無理です。左スティックは昔に比べれば慣れましたけど、右スティックで思い通りの大きさの正方形を描くだなんて無理無理無理無理です。

(関連記事:アナログスティックに触れてこなかった世代をどう取り込むか


 試しに「今日は右スティックだけでプレイしてみよう!」とやってみたり、「今日はWiiリモコン+ヌンチャクのポインター操作を試してみよう!」としてみたりもしたのですが……ゲームの難度が全然違いました。「思ったように動かす」のがまず大変なので、ゲームを攻略するどころの騒ぎではありませんでした。

 ゲームパッドの操作ならば「タッチペンでの操作」も「右スティックでの操作」も自由に使えるので、ポンティアスの時は右スティック、ゾラとアマデウスの時はタッチペンで私はプレイしています。



 私は、これも立派に「Wii Uゲームパッドを活かしたゲーム」だと思うんですよ。
 他のコントローラでは「思ったように動かすのがまず難しい操作」を、タッチペンで誰でも思ったように動かせるようにしている―――これこそが「Wii Uならでは」じゃないのかって思うのです(※2)

(※2:「3DSにもタッチパネル付いているじゃん」という意見もよく見るのですが、3DSの下画面は3.02インチで、3DS LLでも4.18インチです。6.2インチのゲームパッドの方が二まわりは大きいので、性能や解像度の件を無視したとしても、『TRINE』みたいなゲームは3DSではちょっと厳しいかなと思います)





 それと、『TRINE2 三つの力と不可思議の森』についてもう一つ。
 このゲームはボイスチャット対応のオンライン協力プレイが出来るのですが、Wii Uゲームパッドには標準でマイクが付いているので「別売の周辺機器」等を買わなくても誰でもボイスチャットが出来ます。
 日本人の他機種のボイスチャット浸透率がどれくらいかを私は知らないので言及しませんが、Wiiの時は「ボイスチャットには専用の周辺機器が必要→なので、ボイスチャットをしてくれる人が少ない→だから対応ソフトがほとんど出ない」という負のスパイラルに陥ってしまっていました。

 Wii Uは本体を買った人全員がボイスチャットが可能―――ということで、Wii Uでの『マリオカート』とか『スマブラ』がボイスチャット対応したら面白いんじゃないかなと思うのですが。「オンライン対戦はないと許さないが、ボイスチャットだけは絶対にやりたくない!」という人もいるので、まぁ難しいところですね。日本では住宅事情とかもありますし。

 そうそう。『TRINE2 三つの力と不可思議の森』のボイスチャットだと、小学生くらいと思われる女のコと一緒に協力プレイをしたことありますよ。
 「ナイトさんがんばれー」と言われて、ほわー( ´∀`)ーんとなりました。いや、私はロリコンじゃないですけど別に。

(関連記事:Wii U発売前に、Wiiスピークの思い出を語ろうぜ!





 ……と、こんな風に「Wii Uゲームパッドがあるからこそ便利になるゲーム」は既にたくさん出ているんですね。
 『Wii Fit U』や『ドラクエ10』、バーチャルコンソールのソフト等は「Wii Uゲームパッドがあるからこそテレビを使わなくてもプレイ出来る」のがものすごく便利だと評判ですし。
 『ピクミン3』は「Wii Uゲームパッドをマップとして活用する」便利さがありましたし。
 『The Wonderful 101』は『TRINE2』同様に「右スティックで図形を描く」のも「タッチペンで図形を描く」のも出来るようになっていましたね。


 これらのゲームは「今までのゲームの延長線上にあるゲーム」だったり「今までのコントローラだけでも遊べるゲーム」だったりするのですが、Wii Uゲームパッドがあることで格段に遊びやすくなるゲームでした。
 だから私は「結局wiiUならではってゲームがないのよね」「Wii Uゲームパッドを活かしたゲームが出たら買うよ」という意見を読む度に、「何言ってんの?いっぱい出てるじゃん?」と思っていたんですね。




 でも、多分そういうことじゃないんですね。
 既にWii Uを持っている人にとっては「今までのゲームが格段に遊びやすくなる」のはありがたいし、それだけでWii Uゲームパッドの恩恵はあると思えるのですが。そういう人ばかりではないんです。まだWii Uを買っていない人にとっては、2万5千円とか3万円とか出して新型ゲーム機を買うのに「便利になる」くらいじゃ動機にならないんですよね。

 Wii Uは「便利になる」を目指してしまった。
 Wiiの時にユーザーから出ていた不満点を潰そうと、テレビがなくても遊べるとか、タッチペンで操作しやすいとか、マイクが最初から付いているとか、オンラインの強化とか―――「便利になる」方向に進んでしまった。それこそ不満を言っていた自分のような人間には評判の良いハードになった。でも、「便利になる」にお金を出してくれる人はそんなに多くなかったんです。



 なので、冒頭に挙げられた「結局wiiUならではってゲームがないのよね」というところに行き着くのです。「Wii Uゲームパッドのおかげで遊びやすくなる」なんてレベルではなく、社長説明にあった「Wii U GamePad があるからこそ実現できるソフトタイトル」を出すしかないとなるのです。

 経営方針説明の後、「今までそんなことも気付いていなかったのかよ!」というツッコミも見かけたんですが、それは正直仕方がないと思うのです。


 Wii U最初の1年間は「今までのゲームがWii Uゲームパッドのおかげでこんなに遊びやすくなるんですよ」と提案してきたワケで、“今までのゲーム”が好きな人達の方を向いていたワケです。
 でも、2年目のWii Uは「Wii Uゲームパッドでしか実現出来ない“今までにないゲーム”が遊べるんですよ」と提案していくことになります。それは言ってしまえば、「“今までのゲーム”が好きな人達」ではなくて「“今までのゲーム”に飽き飽きしている人達」の方を向く行為であって。Wiiの時と同様に「任天堂はまたゲーマーを軽視するのか!」と言われるのは間違いありませんからね。


 これは去年の夏にも言っていた「Wii Uは最初はゲームファンに向けたソフトを出して、新しい驚きを提案するのはその後」という戦略通りとも言えますね。「今までそんなことも気付いていなかったのかよ!」というより、最初からその予定だったというか。

(関連記事:「Wii Uは体感ゲーム機ではない」という任天堂のCM戦略


 そう言えば、Wiiの時も「Wiiリモコンによって今までのゲームが格段に遊びやすくなるゲーム」がありました。
 3Dシューティング等では照準を「Wiiリモコンを画面に向ける」だけで合わせられたので、右スティックが苦手な人でも遊べるようになりましたし。『428』みたいなノベルゲームは「片手で操作出来る」のが便利でした。「Wiiリモコンを画面に向けてAボタン」で大抵の操作が出来るので、PCどころかHDDレコーダーも使えない我が家の母でも『インターネットチャンネル』や『YouTube』は毎日起動しています。

 でも、こういうソフトって「Wiiならではのゲーム」とか「Wiiリモコンを活かしたゲーム」とはなかなか言われませんでしたものね。他のゲーム機でも出来ることを「遊びやすくなる」程度では、あまり評価されませんでした。


 DSもそう。
 「二画面によってマップが常に表示されているので遊びやすい」とか「文字入力の時にソフトウェアキーボードをタッチペンで押すだけで入力出来るのは楽」とかも、「二画面+タッチパネルによって今までよりも格段に遊びやすくなる」例だったと思うんですけど……あまり「DSならではのゲーム」とか「二画面+タッチパネルを活かしたゲーム」とは言われませんでしたものね。


 『Wii Sports』のように(あの当時は)Wiiでしか実現出来なかったゲームや、
 『脳トレ』のように(あの当時は)DSでしか実現出来なかったゲームでなければ……「○○ならではのゲーム」とは言われないものなんです。





 もちろん「○○ならではのゲーム」がなければゲーム機が売れないワケではありません。
 Wii U本体が売れない最大の理由は「Wii Uならではのゲームがないから」ではなくて「任天堂以外の会社はこのゲーム機にソフトを出さない(と思われている)から」だと私は思います。
 PS3だって3DSだって本体がなかなか売れなかった時期は「PS2との違いが分からない」「DSで十分」と言われていました。でも、サードメーカーのソフトが集まってきたら誰もそんなことは言わなくなって、「○○の新作が出るから本体買おうっと」と言われるんです。


 でも、Wii Uはもうその可能性はほとんどありません。
 日本のサードメーカーには「売れないHD機用のソフトを出す」なんて余裕はありませんし、任天堂だけで出せるソフトの数には限界があります。ネット上でよく目にする「任天堂はサードに大金積んで人気シリーズを独占ソフトとして出してもらうべき」というのもそれやったXbox360がどうなったのかを知っていれば効果がないことは分かりますよね。

 『真・女神転生 meets ファイアーエムブレム』とか『ゼルダ無双』みたいなコラボタイトルを幾つか用意するくらいが限界だと思いますもの。

(関連記事:苦境に立つWii Uと、今後への一縷の望み



 じゃあ、どうするのか――――
 ということで、任天堂が唯一取れる策は「Wii Uでしか実現出来なかったゲーム」を作って、その1本で「これを遊ぶためにWii Uを買うか」と思わせることしかないんです。可能性は低くても、「サードメーカーがソフトを出してくれるのを待つ」なんてゼロに等しい可能性に賭けるよりはマシですからね。

 なので、「結局wiiUならではってゲームがないのよね」という最初の話は、現状残されている唯一の手を正確に把握していたんだなと、今なら思えます。







 「Wii Uゲームパッドでしか実現出来ない“今までにないゲーム”」が次々と出てくれるのなら、Wii Uを既に持っている一ユーザーの自分としては「どんなもんかなー」と気になるのですが。売上的には厳しくなるんじゃないかな……とも思っています。

 というのも……Wii Uを所持している人の中にも「Wii Uゲームパッドは使いたくない」って人もいるのです。重いし、デカイし、PROコンで遊びたいって人もいます。

 また、『ゾンビU』のように「テレビとゲームパッドの二画面を活かしたゲームを出して欲しい」という声はよく見るんですが、そうすると「テレビの画面を使わないで遊ぶ」ことが出来なくなるんですね。
 『レゴシティ』の時も、ガンガンオススメしていた自分も散々「面白そうだけどテレビ画面でしか遊べないなら買わない」って言われましたもの。実際、『ニンテンドーランド』はイイとしても、“テレビとゲームパッドの二画面を活かしたゲーム”だった『ゾンビU』も『ゲーム&ワリオ』も『レゴシティ』もあんまり売れませんでしたしね……


 何だか……Wiiの時に「Wiiリモコンなら自分でも遊べそうだからとWiiを買った層」と「Wiiでもクラコンで従来型ゲームを遊びたい層」が分離しちゃっていて、本体普及台数ほどソフトが売れない(特に後者に向けたソフトが)という現象になっちゃったことが。
 Wiiよりももっともっともっと普及台数の少ないWii Uでも起きちゃうんじゃないかと危惧しています。



 まぁ……私は別に株主でもないんで、「危惧」したところで何があるワケでもありませんけどね(笑)。
 私が喫緊でWii Uに抱いている最大の不満点はスクエニのバーチャルコンソールソフトがMiiverseにスクリーンショットを投稿できないことなんで、任天堂はスクエニに大金積んでMiiverseにスクショ投稿できるようにさせるべきだと思います!!


【三行まとめ】
・「Wii Uで便利になったゲーム」はたくさん出ている
・「Wii Uでしか出せないゲーム」はこれから出すそうだけど、果たして売れるのか?
・スクエニさん、スクショを貼り付けられるようにしてください。お願いしますお願いします。



| ゲーム雑記 | 18:04 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/02/05 22:22 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/02/06 09:43 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/02/06 10:27 | |

そういう風な事言う人ってゲームパッドを活用したゲームが欲しいんじゃなくて自分が満足するゲームゲームパッドを活用したゲームが欲しいんじゃないのかな。
スカウォだってモーション+のおかげで今までに無い謎解きとか戦闘出来たけど雑魚戦がダルいだ色々言ってた人いたわけだし。
考え過ぎかもしれんが批判したい理由探しにも見えなくもないんだよね。よく新規IP出せって言われてるけど101もレゴシティも見事にスルーされてた。どっちも凄く面白いのに。
ゼルダ無双発表時もゼルダブランドを無駄遣いすんなとかよくあちこちで見たし。

| ああああ | 2014/02/06 15:00 | URL |

なまじゲームづくりのトップリーダーであるが故「より快適」に特化してしまったということなんですかね。
まあ、わたしはビジネスの話はどうでもいいですが。

| 児斗玉文章 | 2014/02/06 19:13 | URL |

wiiカラオケuなんかも「ゲームパッドがあるからこそ便利になるゲーム」に
あてはまる気がします。

| ああああ | 2014/02/06 20:33 | URL |

 仰る通り、任天堂以外にサードのビッグタイトルが中々出ないというのが大きな理由だと感じます。
 また、Padを活かしたゲームは沢山出ているのですが、その中身を見るとパーティーゲーム以外は大体アクションゲームという印象で、ジャンルに偏りがあることも一因だと思います。
 アクションゲームが苦手だと、購入を検討するソフトがごそっと減ってしまいます。
 DL専用でなくパッケージソフトとして買える、アクションとパーティーゲーム以外がもっと出たら少しは状況が変わるのではないでしょうか。

| りお | 2014/02/07 19:52 | URL | ≫ EDIT

個人的にはMiiverseとガッツリ連動したゲームが少ないとも感じます

ワリオの一部であったり
おまけ要素であったりするゲームはありますけど
もっとそれをメインに使ったようなゲームがやってみたい(´・ω・`)

| 現実ゲーム | 2014/02/08 00:29 | URL | ≫ EDIT

読んでてこれを思い出しました。
「より良いソリューションに対する最も危険な敵というのは、十分に良い既存のコードベースなのだ」
http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200902/09/future.html

今現在、どうしても「Wii U/任天堂じゃなきゃいけない」理由ってあんまり見いだせないんですよね。もちろん、それ以前に任天堂自体ソフト開発遅すぎってのがあると思いますが。

| 二鏡 | 2014/02/09 23:12 | URL |

マリオペイント的なユルい感じで絵かいたり音楽つくれたらいいんじゃないのかなーって思います。コルグのタッチパネルシンセみたいなのがやってみたい。そんなツール的なのが欲しい

| ああああ | 2014/02/11 01:09 | URL |

TRINE2なんかはもろにそんな感じなのですが
結局二画面使わずにゲームパッドだけで完結するゲームって
PCでマウス使うのと操作性そんなに変わらないと思うのです
なので特にPCでネットやってる層からは二画面を生かしたゲームを出してくれって言われてるんじゃないかと

| ホルン | 2014/02/12 02:48 | URL |

GamePadで便利に使いやすくなったとありますが、逆に使いにくくなった例が多数あります。例えば地図表示です。なぜわざわざ別の画面に表示する必要があるのでしょうか?同じ画面に表示していた方が断然見やすいのは明らかです。何か無理やりGamePadの使い道を探して当てはめてる様に感じます。
また、今その「GamePadならでは」のゲームを宮本さんを中心に開発しているそうですが、その後の流れを変える様な革新的なゲームは生まれないというのが僕の考えです。GamePadの特徴はテレビ画面と手元の画面との2画面という構造ですが、画面同士の距離が離れている為、同時に見る事ができません。交互に、もしくはどちらか一方のみ見る事になる訳で、これは結局、1画面を見ている事と違いが無くなり、以前のゲーム機の構造と変わりはありません。よって、ゲーム内でのアトラクションに限定した部分的なアイディアなら使い道はあるでしょうが、もっと普遍的にゲームの全体を変える様なゲーム性は生まれないと思うのです。

| ああああ | 2014/05/20 09:50 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/06/15 09:18 | |

GamePadを活かそうとしたゲームはあると思いますが、結局それが『面白さ』に結びついてないのが一番問題だと思います。あと、タッチペンとかマイクはGamePadならではの機能ではありません。GamePadで「使いやすくなった」とか「ならでは」と言うのであれば、それは『手元と数メートル先にある非対称の2画面』にこそ現れて初めて評価されるべきだと思います。それこそがWii Uたらしめている部分だと思うからです。

| やっさん | 2014/11/26 10:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1708-dac75f8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT