やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人に作品を薦めるときに大切な「三つのポイント」

 ここ1ヶ月「自分の好きな作品をブログで紹介することに意味があるのか」なんてことを悶々と考えていたのですが、少し参考にしてみようかなと思うことが一つありました。記事タイトルで「三つのポイント」と書いたので「三つあるんじゃねえのかよ!」と思われるかも知れませんが、私が言いたいのは一つです。それは、


 「どこがオススメなのか」のポイントを三つに整理する―――というものです。



 これ自体はありふれた方法なのかも知れませんが、自分がこの方法の見事さに気付いたのは……私が大好きな伊集院光さんの『週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!』というラジオ番組で実際に使われているからです。番組開始から2年近く経つのですが、ようやくその手法の見事さが理解できたのです。

 この番組がどういう番組なのかと言うと、伊集院さんとアナウンサーの小林悠さんをホストに毎回ゲストを呼び、そのゲストの人に「オススメの映画」を紹介してもらうという番組です。んで、その際に「三つのここ見てポイント」を挙げてもらうんですね。

 ゲストというのは「映画を紹介するプロ」とは限らないんです。
 Wikipediaに歴代ゲストの人のリストがあるので、それを見れば分かると思うのですが……お笑い芸人、アナウンサー、映画監督、ミュージシャン、漫画家などなど多種多様なゲストが出演されています。
 ひょっとしたら「映画を紹介する」という行為が不慣れかも知れないゲストに、「三つのポイント」という“テンプレ”を与えることで、不慣れな人でも「映画を紹介する」ことが出来るようになる―――ということにようやく気付けたのです。

 まぁ……喋りの達者な人がゲストだとこのテンプレをガンガン無視するので、自分は二年間この手法の見事さに気付かなかったワケなんですが(笑)。



 漫画でもアニメでもゲームでもイイですけど、自分の大好きなものを広めたくてブログで紹介しようというケースや。友達に自分の好きなものを薦めようというケースを考えれば――――そりゃ大多数の人が「不慣れ」なワケですよ。7年ブログやっている私でもまだ「不慣れ」ですもの。

 そういう人はこの「三つのポイント」という“テンプレ”を目安にすればイイんじゃないかなって思うのです。

 「一つのポイント」でも「十のポイント」でもなく「三つのポイント」なのは、20分のラジオ番組という“尺”が決まっているからで―――これを自分のブログでも使おうとしたら「三つ」にこだわる必要はないと思うのですが。自分の大好きな作品から、オススメできる「三つのポイント」を絞り込むというのは大事なことだと思うのです。

 オススメできるポイントが三つもなかったら、「それは本当にオススメなのか?」という話になってしまいますし。逆にオススメできるポイントが二十も三十もあったら、読者(視聴者)の人が覚えきれなくなってしまいます。





 全部の記事をそうするつもりはありませんが、私は今後漫画やゲームを「紹介する記事」を書く際には、まず冒頭に「三つのオススメポイント」を書いてから本文を書き始めようかなーと思っています。
 そうすることで「最後まで読むの面倒くさい」という人にも「こういうポイントが好きな人にはオススメな作品」と伝えられるし、そこで挙げた三つのポイントが気になる人にはその後の文章も読んでもらえるだろうし。記事を書いている身としては全員にちゃんと本文を最後まで読んでもらいたいのだけど、それはもう時代がどうこうとかインターネットがどうこうじゃなくて、そりゃ無理な願望なのだと思いますしね。




 あ……一応言っておきますけど、これは「私がそうする」という記事です。「みんなもそうしろ」といっているワケではありません。私もまだやっていないので、「みんなにもオススメ!」というワケでもありません。
 ただ……「何のためにレビュー記事なんて書いているのかな……」と考え込んだ自分が、いろんな人に意見を頂戴して、たどり着いた一つの可能性なので。もし「レビューなんてどう書けばイイのか分からない」「友達に好きな作品を薦めても興味を持ってもらえない」という人がいらしたら、こういう手法もあるんですよと提案したかったのです。

 私もまだまだ不慣れなので、一緒に頑張りましょう!

| ひび雑記 | 17:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ポイントを絞るのはいいですよね。
つい最近も「泣ける映画はないか」と聞かれて咄嗟には答えられなかったんで、日頃から心の中でタグをつけておくべきなのかなぁ、と。

| 児斗玉文章 | 2014/02/27 07:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1718-6a3f8c54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT