やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブログで話題に出しやすいゲーム、出しにくいゲーム

 現在の自分は「無心でレベルが上がっていくRPGが遊びたいなぁ…」という気分なので、2008年に発売されたDSソフト『キミの勇者』をプレイ中です。
 私はこのゲームを発売日に買って、当時ファーストインプレッションも書いたのですが、なんだか色々面倒になっちゃって途中でプレイをやめてしまっていたのでした。「昔クリアできなかったゲームにリベンジしたい」熱が高まっている今、やるしかない!と引っ張り出してきて最初からプレイしています。


 DS時代、自分は「スリープモード」をほとんど使っていなかったのですが……3DSになってからは「スリープモード」を多用するようになったため、このゲームもダンジョンの途中でもパタッと蓋を閉じて中断すればイイやと気軽に起動&中断できるようになって。2008年にプレイしていた時より楽しめているように思えます。

 まぁ……まだ当時やめちゃったところまでは進んでいないので、この後とても面倒なことが起こるのかも知れないのですが。





 さて、前振りはここまで。
 ゲームが好きで「ブログにゲームの話題を書く」ことが日常化している自分からすると、ブログの話題に出す元ネタは「今プレイしているゲーム」が一番多くなります。現在進行形で遊んでいるからこそ「ここがイイ!」「ここはどうなんだ!?」と語りたくなるのです。
 『おでかけタコりん』を遊んだ時も、『TRINE2』を遊んだ時も、『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』を遊んだ時も、『ドラゴンクエストII』を遊んだ時も、それらのソフトを遊んで思ったことを元にしてブログで記事にしました。


 しかしです。
 これはホント失礼な話になるかも知れませんが……2014年の今、『キミの勇者』の話題をブログに書いて誰が読んでくれるのかと正直思ってしまうのです。5年半前のゲームです。バーチャルコンソールで配信開始になったソフトのように「みんながもう一度遊ぶ機会」がやってくるワケでもなく。そもそも何十万本も売れるようなタイプのゲームでもありません。

 私は現在プレイ中ですから、語りたいことはいっぱいあるんですよ。
 「盗む」コマンドができるようになったからにはザコ戦でもガンガン「盗む」をやりたいのだけど、そうするとオート戦闘にできないから1回1回の戦闘にすごく時間がかかって面倒くせえとか書きたいんですけど、「そうだ!そうだ!俺も今ちょうどプレイしていて同じことを思ったよ!」なんて言ってくれる人がいるのかって思ってしまうのです。

 2008年にプレイした人も、「そんな細かいこと覚えてねえ!」って言うでしょうしね……




 例えば『おでかけタコりん』みたいに最近出たゲームだったら、「こんなゲームがあるんですよー。みなさんもやりましょう!」という紹介もできると思いますし。
 「ステルスゲーム」を話題に出した時に例に使った『メタルギアソリッド』や『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』は昔のゲームですが国内だけでも70万本以上を売り上げているヒットソフトですし、長く続いているシリーズなので「プレイはしたことないけど名前は知っている」という人も多いことでしょう。

 こうしたゲームは「ブログで話題に出しやすいゲーム」だと思うんです。



 しかし、今の私がプレイしている『キミの勇者』のように、数年前に出たゲームで、何十万本も売れるようなゲームでもなく、一本限りの非シリーズ作品で、ファーストインプレッションにも書いたように「面白いんだけど“このゲームにしかない斬新な魅力”があるワケでもないゲーム」の場合。

 「ブログで話題に出しにくいゲーム」だと思うんです。


 とりたてて特徴がないというか……
 『密室○○』はまだ「CERO:D」であることをネタにできたけど、『キミの勇者』はゲームとしては手堅く面白いんだけど「普通のRPG」すぎて語ることが特にないというか。





 今、「あれ……まさに今“特徴がない”ことをネタに1本の記事を書いているような……」という疑念が浮かびましたが。そこには気付かなかったことにします!!


 ブログにゲームの話題を書きたい
→ 書くからにはたくさんの人に読んでもらいたい
→ たくさんの人に読んでもらうにはたくさんの人が知っているゲームについてじゃないと
→ 有名ゲームばかりプレイすることに


 こういうサイクルになってしまったらそれは「ゲーム好き」として倒錯の極みだと思うのですが、実際『とび森』の記事とか『パズドラ』の記事とかはアクセス数がとても高かったですし。
 「最近のゲーム」「みんなが気になっているゲーム」「有名なゲーム」について書けば読んでくれる人がたくさんいて、「昔のゲーム」とか「あまり売れていない(=遊ばれていない)ゲーム」とか「DSiウェア」とかについて書いてもなかなか読んでもらえなくてってことを考えると。


 私も「最近のゲーム」「みんなが気になっているゲーム」「有名なゲーム」を優先して遊んだ方が、ブログの読者も喜んでくれるんじゃないのか―――って思ったりもするのです。
 「そんなことないですよ!やまなしさんの書きたい話を書いてくれれば自分は喜んで読みますよ!」と言ってくださる人もいるかもですが、そういう人は「『キミの勇者』の“盗む”成功率について」という記事を書いても読んでくれますかね(笑)。



 ということをウダウダ考えたのですが。
 こんな記事を書いてしまったら、この後に例えば「『ポケモン』始めました!」とか私が言い出したら「コイツ……アクセス数のためだけに、俺の大好きな『ポケモン』を始めやがった!許せねえ!」と思われかねないので。結局、今まで通りやっていくしかないということに気付きました。

(関連記事:好きなゲームを「好き」と紹介することに意味があるのか

キミの勇者(特典無し)キミの勇者(特典無し)

SNKプレイモア 2008-10-23
売り上げランキング : 14608

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ブログでも漫画でも小説でも音楽でも、私が表現者に求めるのは独創性と表現力なので、話題のものを取り上げているかどうかというのは考えたことないです。
マイペースで良いのでは。

| ああああ | 2014/03/28 08:52 | URL |

昔のマイナーなゲームの場合、逆に検索して読みにきてくれる人もいたりして、それはそれで楽しいものですよ。

| 児斗玉文章 | 2014/03/28 10:18 | URL |

私もつい先月までやってたのでわかります!!

とても楽しいですよね!

| mimimiko | 2014/03/28 17:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1730-2d66749b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT