やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「原作が絶賛連載中」作品のアニメ化による物足りなさ

※ この記事はアニメ版『いなり、こんこん、恋いろは。』全10話のネタバレと、
アニメ版『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』全12話のネタバレと、
アニメ版『未確認で進行形』全12話のネタバレを含みます。閲覧にはご注意下さい。



 冬アニメ反省会エントリ。

 今季の自分は色々あって第1話を観たアニメが27作品で、その中から全話視聴継続したのは4作品でした。その4作品というのは『いなり、こんこん、恋いろは。』『未確認で進行形』『ニセコイ』『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』―――と、オールラブコメだったために2月の初めにこんな記事を書いたのでした。

【その記事の三行まとめ】
・「食わず嫌いをしない」ことで出会える作品がある
・「食わず嫌いをしない」ことで切らざるをえない作品もある
・“第1話からフルスロットルで面白い作品”ばかり選んで大丈夫なのか?


 特に三行目の「“第1話からフルスロットルで面白い作品”ばかり選んで大丈夫なのか?」について、その記事では「だからコレが正解かどうかはまだ分かりません。4作品が無事に最終話まで終わった時に「この4作品を選んで良かった!!」と言えるかどうかですからね。」と書いていました。
 『ニセコイ』は2クールものだったのでまだ判断できませんが、『いなり、こんこん、恋いろは。』『未確認で進行形』『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の3作品は無事に最終回まで見届けたので「大丈夫だったかどうか」について語っておこうと思います。




 結論から言ってしまうと、「オールラブコメ」のところは大した問題ではありませんでした。一言にラブコメと言っても3作品とも全然毛色の違う作品でしたし、『未確認で進行形』はこのはがストーリーに絡んできた後半の方が更に面白かったと思います。

 問題だったのはむしろ、全て「原作が連載中の漫画」のアニメ化だったことです。
 今までの自分は“原作なしのオリジナルアニメ”を多く観ていたため、気にしたことがありませんでした。今季も最初に挙げた視聴予定の7作品の中にはオリジナルアニメが3作品入っていたのですが、27作品を観て第1話・第2話・第3話の面白さで判断して選別していった結果、“原作が連載中の漫画のアニメ”ばかりが残ってしまったのです。

 もちろんそれで楽しかったですし、3作品とも本当に「選んで良かった!」と言えるアニメだったのですが……3作品とも最終回を迎えた際に「……あれ?」と気になる点があったのです。



 ストーリーが完結していないよね?と。

 確かに「アニメとして一区切り」をつけるための山場と結末はあったのですが……解決していない問題、答えが明らかにならなかった謎、始まりそうで始まらなかった関係性などなど、気になる要素を残したまま終わってしまいました。

 『いなり、こんこん、恋いろは。』で言えば、3組のカップリングがくっ付きそうでくっ付くかくっ付かないかの微妙な関係のまま最終回が終わってしまいましたし。
 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』で言えば、ストーリー上の最大の謎であった「日和の正体」が明らかにならないまま終わってしまいましたし。
 『未確認で進行形』で言えば、小紅が姉に抱いている劣等感と寂しさとという(イチャイチャ姉妹好きにとっては)超重要な心理描写が回収されないまま終わってしまいましたし。


 なので、最終回を観終わった後、3作品とも「あれ?ここで終わり?結局あれってどうなるんだよ??」と物足りなさというか食い足りなさを感じてしまいました。



 でも、“原作が連載中の漫画のアニメ”ってそういうものなんですよね。
 例えば『いなり、こんこん、恋いろは。』はアニメを観終わった後、原作漫画を(アニメになった5巻まで)読んだのですが……5巻のあとがきに「ようやく折り返し地点です」と書かれていました。つまり今回アニメになったのはストーリーの前半部分までなんです。
 そりゃ3組のカップリングが「これから」というところで終わってしまいますし、物足りなさを感じてしまうのも仕方ないですよね。だって、「ここからがストーリーの後半」というところで終わってしまったのだから。


 『いなり、こんこん、恋いろは。』に限らず……というか、漫画原作に限らず、小説原作のアニメ化でもシリーズが完結していないものはそうですね。“原作が連載中のアニメ”の場合、多かれ少なかれこの問題を抱えていると思うのです。アニメの中で勝手に決着を付けることはできない問題。
 原作ではこの後に予定している出来事を、「アニメとしてまとめる」ために勝手に描くことはできません。原作ではまだくっ付いていないカップリングをくっ付けたり、原作では明らかになっていない出生の秘密を明らかにしたり、原作ではまだ悩んでいることをアニメでは乗り越えてしまったりしたら―――それは原作を裏切る行為でもありますし、もっと大きな問題として「そのアニメがヒットしたとしても2期を作る時に困る」という問題も出てきますものね。


 だから、“原作が連載中のアニメ”の場合は「途中でストーリーが終わってしまう」のです。解決されていない問題や、消化されていない伏線や、答えが明らかになっていない謎などを残してでも、「俺達の戦いはこれからだ!」的に終わってしまうのです。
 “原作が連載中のアニメ”は原作や連載されている雑誌などが売れるという原作者や出版社にとってのメリットが大きいですし、話題性も注目度も高くなりますから、アニメ化されやすい題材だと思うのですが……どうしても「途中でストーリーが終わってしまう」物足りなさがあるのです。

 もちろん、アニメがヒットして2期が作られて、2期が「原作のラストまでを描く完結編」になる作品もたくさんあります。1期の時に張られていた伏線が2期で回収されるなんてことも何度も経験してきました。
 だから、この3作品には是非2期を期待したい!!今回、未消化で終わってしまった伏線や謎が回収されるまで、2期、3期とアニメが続くことを希望します!





 それと……ちょっとこれまでの話で、“原作なしのオリジナルアニメ”は「しっかり完結するから良い」くて、“原作が連載中のアニメ”は「しっかり完結しないから悪い」と受け取られてしまったかも知れませんが。

 “原作なしのオリジナルアニメ”は最終回を迎えてしまったらもう何もなくて、2期が作られなければ永遠に続きが観られないのですが。
 “原作が連載中のアニメ”は、最終回が終わって寂しかったら原作を読めばイイんですよね。「続き」が読めるし、「アニメ化の際に削られたエピソード」も読めるし、「元はこういう構成だった」という新しい発見もありますし。なので、私はアニメ→原作の順に観ることをオススメしているのです。


 そう考えると、“原作なしのオリジナルアニメ”と“原作が連載中のアニメ”のどちらがイイという話ではなくて、両方バランス良く視聴ラインナップに入れておいた方がイイってことなのかなーと思いました。

(関連記事:アニメの後に原作を読むススメ


 それはそうと。
 
 自分はアニメ2期があることを信じて、アニメ化された5巻までしか読んでいないのですが……『いなり、こんこん、恋いろは。』の原作漫画は超オススメです。絵の上手さ、漫画としての表現の上手さが半端ないですし、アニメには入りきらなかったエピソードやネタも多くて、原作を読んで初めて「だからあのキャラはああいう行動を取ったのか」と分かったところもあります。
 アニメが好きだった人にも、アニメに物足りなさを感じてしまった人にも、アニメを観ていなかった人にもオススメです。自分も6巻以降を読まないように自制するのが大変なくらいです(笑)。


いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)
よしだ もろへ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◇ 余談
 ……と、ここまで書いてきましたが。
 “原作が連載中のアニメ”であっても、例えば『けいおん!』1期のように原作とは違う「キャラクター達の成長物語」に改変してしまうアニメだったり、例えば『とある科学の超電磁砲』1期のように「表主人公:美琴/裏主人公:佐天さん」になるように原作のエピソードを改変して再構築し直したアニメだったりという作品もありますし。

 もっと極端な例で言えば、『境界の彼方』みたいにアニメ第1話のBパート以降は全て原作にないアニメオリジナル展開になっていた作品もありますし。



 そういった「原作通りの物語に進むアニメ」と「原作とは違った物語が描かれるアニメ」の違いについて、最初は書きたかったのですが……
 冬アニメが終わったばかりで、まだ『未確認で進行形』の原作と『銀の匙』の原作を読み終わっていないことと。いきなりそんな話を書いてもついてこれない人も多いだろうなと思ったので。今日の記事は、その記事に向けたクッションとして書きました。


 そちらの話はまた今度ということで。

| アニメ雑記 | 17:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一期二期という縛りがなんかしゃらくさいです。
よい作品がよい形で結末を迎える仕組みがどこかで生まれないものでしょうか。

| ああああ | 2014/03/29 20:41 | URL |

原作のための広告と考えるなら「有り」なんでしょうか……?

 原作が小説でかつ連載中(刊行中)の場合、より厄介な状態になりますよね。

 原作における第一巻、アニメでは中盤もしくは序盤くらいで一回綺麗に話がまとまって、なのにその後、長編化へ向けた仕込みの始まるあたりでプツンと終わってしまう……。

| kanata | 2014/03/30 17:14 | URL | ≫ EDIT

原作が竜頭蛇尾なんで第一期が面白い部分だけを抽出してて最高!ってアニメもあったりするので。
それはそうと、わたしとしては思い切って変えてもそれぞれで「区切り」じゃなくて「ケリ」をつけてほしいですね。

| 児斗玉文章 | 2014/03/31 12:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1731-d98872b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT