やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014年3月のまとめ

 今年もこの時期が来ました。

 毎年3月末に書いている「今年度観たアニメの中でお気に入りTOP5」を、今年も書きます。「面白かった」順でも「素晴らしかった」順でもなく、「好きな作品」順だということと。あくまで“この1年間で自分が「最終回まで観たアニメ」”が対象なので、アニメ業界全般を総括するつもりだとかそういうことではありません。

(関連記事:「好きな作品」と「面白い作品」と「素晴らしい作品」は別


 過去4年間のTOP5はこんなカンジ。

【2009年度】
1.『とある科学の超電磁砲<レールガン>』 175点(ジェネオン/J.C.STAFF)
2.『けいおん!』 160点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3.『かなめも』 75点(スターチャイルド/feel.)
4.『青い花』 65点(メディアファクトリー/J.C.STAFF)
5.『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 60点(アニプレックス/A-1 Pictures)


【2010年度】
1.『魔法少女まどか☆マギカ』 145点(アニプレックス/シャフト)
2.『けいおん!!』 90点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3.『四畳半神話大系』 85点(東宝/マッドハウス)
4.『放浪息子』 70点(アニプレックス/AIC Classic)
5.『屍鬼』 55点(アニプレックス/童夢)


【2011年度】
1.『ちはやふる』 150点(バップ/マッドハウス)
2.『花咲くいろは』 75点(ポニーキャニオン/P.A.WORKS)
3.『あの夏で待ってる』 70点(ジェネオン/J.C.STAFF)
4.『シュタインズ・ゲート』 60点(メディアファクトリー/WHITE FOX)
5.『テルマエ・ロマエ』 55点(東宝/DLE)


【2012年度】
1.『TARI TARI』 95点(ポニーキャニオン/P.A.WORKS)
2.『たまこまーけっと』 92点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3.『琴浦さん』 80点(フライングドッグ/AIC Classic)
4.『氷菓』 75点(角川書店/京都アニメーション)
5.『まおゆう魔王勇者』 50点(ポニーキャニオン/アームス)



 では、今年度のTOP5。
 対象は2013年4月~2014年3月までに最終回を迎えたアニメで、自分がちゃんと全話観たものです。このブログの過去ログ漁って確認してみたところ、どうやら13作品が該当するみたいです。去年は6作品の中からTOP5を選んだのだけど、それに比べれば倍以上に増えました(笑)。

 各作品評には多少のネタバレが含まれることを御了承下さい。



1.『銀の匙 Silver Spoon』155点(アニプレックス/A-1 Pictures)
2.『境界の彼方』120点(ポニーキャニオン/京都アニメーション)
3.『ガンダムビルドファイターズ』85点(バンダイビジュアル/サンライズ)
4.『未確認で進行形』80点(東宝/動画工房)
5.『進撃の巨人』65点(ポニーキャニオン/WIT STUDIO)


 「普段アニメを観ない人にもアニメを薦めよう」という2012年の活動から発展させて、2013年の冬アニメから「自分が視聴予定のラインナップ」をブログ記事にして書くようにしました。ブログ記事にするくらいだから真剣に「どれが面白そうか」「どれが話題になりそうか」を吟味しなくてはならなくなったため、“面白いアニメ”にもたくさん出会えるようになりました。
 この1年間は、2009年以降で言えば最もたくさんのアニメを観たし、最もたくさんの“面白いアニメ”に出会えたと思います。TOP5に入れなかった作品でも面白かった作品がたくさんありました。


 5位『進撃の巨人』
 言うまでもなく2013年を代表する大ヒットアニメ。自分もものすごく楽しみました。
 名前のあるキャラでも1つのミスでガンガン死んでいく緊張感、予測不能な展開でありながら突き放さない絶妙な脚本、絶望的な状況でも生命力に溢れるキャラクター達……大人気連載中の漫画が原作という期待に応える、アニメとしてとてつもなくクオリティの高い作品になっていたと思います。

 でもまぁ……それだけ絶賛してても1位にしなかったのは、この記事に書いたような「俺達の戦いはこれからだ!」という典型的なラストだったから。伏線を山ほど残して!
 これだけの大ヒットアニメなので2期があるのは確実でしょうから、首を長くして2期を待とうと思います。




 4位『未確認で進行形』
 正直、悩みました。
 このアニメが放送されていた3ヶ月間は家族が大変なことになっていて本当につらい3ヶ月間でしたが、「この作品に出会えたおかげで自分は生きていられた」と思いますし、「この作品のおかげで1週間を明るく過ごせた」と本当に思いました。娯楽の力ってホント凄いと思います。そういう観点で点数を付けるなら100点満点で250点を付けたいくらい。

 でも、それって“アニメ単体”の評価じゃないんですよね。
 “番組ラジオ”だったり、“ニコ生”だったり、“中の人達の魅力”だったり、“宣伝スタッフ達の遊び心”だったり、“楽曲の良さ”だったり、“ファン同士が一丸となって楽しんでいく雰囲気”だったり。その全てが楽しくてこの作品に救われたのだけど―――でも、この“祭り”感を1年後この記事を読んだ人が追体験できるかと言えばできないワケで。


 だから、このTOP5は“アニメ単体”の好き度で考えて……この辺かなぁ、と。
 もちろんだからと言って低い順位ではないのは、“アニメ単体”としてももちろんこの順位になるくらい面白かったからです。原作が会話劇の面白い4コマ漫画だったのを、細かい表情作画+若いキャスト陣の勢いのある演技で見事に表現していたと思います。
 後半このはがストーリーに絡むようになってからは、「誰が何を知っている」という情報のすれちがいがコメディとして秀逸でした。屋上のくだりとか腹抱えて笑ったなぁ。

 原作がまだ連載中なため、自分が期待していた「夜ノ森姉妹としての物語」は完結されなかったのだけが残念ではあるんですが……そこはまぁ2期に期待したいと思います。

(関連記事:『未確認で進行形』はハーレムアニメじゃないよ!
(関連記事:正真正銘の豪華特典。『未確認で進行形』ブルーレイ1巻紹介


 3位『ガンダムビルドファイターズ』
 最初このアニメが始まると聞いた時は、全く期待していませんでした。
 「新しいガンダム」を作れなくなったから「ネタに走る」とか「過去の遺産に頼る」みたいな印象しか受けませんでした。それがまぁ、始まってしまったら180度態度を変えて「これこそが俺の観たかったガンダム!」と何度も叫んでいました。

 過去作からのパロディネタなんかが目立ったアニメではあるんですけど、でもこのストーリーの根幹にあったのは「群像劇」だったし「少年の成長」だったと思います。だから、パロネタがあまり好きでない自分も心の底から楽しめたし、何度も何度も号泣してしまいました。

 「戦争が起こらないガンダム」だからこそ、熱い“戦う意志”を見せられたし。
 単に本家のバトルをガンプラで再現するのではなく、ガンプラバトルでしか起こらないドラマをしっかり描いてくれたのが良かったです。最終話、この物語が描いてきたものが明らかになるところは本当に美しい帰結でした。お見事。こんんなに楽しいガンダムが作られるんだから、まだまだガンダムも捨てたもんじゃないですよ。



 2位『境界の彼方』
 間違いなく、この1年間の中で最も私が言及したアニメですし、ブログ記事もたくさん書いたアニメでした。毎週毎週こんなに夢中になって、こんなにあれこれ言いながら観たアニメはないってくらい楽しみましたし、1話1話を何回も何回も観ました。

 一見すると意味不明だけどしっかり計算された脚本、京アニの作画力と演出力の高さで見せられる巧みな心理描写、「毒にも薬にもならない話にはしたくない」と監督が言ったように心をえぐってくる後半の怒涛の展開、全員がそれぞれ自我を持ってそれぞれ生きているからこそ愛おしく見えてくるキャラクター達―――「面白いアニメ」という評価軸なら間違いなく1位にしたと思います。それくらい放送中は無我夢中になって楽しみました。


 でも、2位。
 やはりここだけは譲れませんでした……あれだけ緻密に計算された脚本と演出の作品なのに、「美月の伏線」を回収しないまま終わってしまったことが。あれを7月発売のブルーレイ7巻で回収するのか、2期か劇場版に繋げるつもりだったのかは分かりませんが。
 テレビ放送された最終回までの評価では「緻密に計算された脚本と演出を台無しにしてしまった」と言いたくなってしまいました。

 すんごく大好きなアニメだったからこそ、その嫌なところが許せない――――そんなアニメでした。

(関連:生きるためには食べなくてはならない!『境界の彼方』の食事シーンを読み解く
(関連:初見では絶対にワケが分からないであろう『境界の彼方』の伏線をまとめました
(関連記事:栗山未来は「何」になったのか――アニメ『境界の彼方』ラストシーン考察



 1位は『銀の匙』!!
 ということで、今年度の1位はこの作品。
 同じ作者の代表作『鋼の錬金術師』と同じようなテーマである「無から有は作れない」「色んな人間がいるから世界は成り立っている」を、“農業高校”や“酪農”という私達から近いようで遠い舞台で描き直してくれたことがまず嬉しかったですし。

 原作が大人気連載中の漫画でありながら、「2クールのアニメとして」見事なまでにまとまっていて、最終話での父との対峙でこれまでの出来事が全てあのシーンに繋がっていたことに感動しました。細かいシーンが色んなところに繋がる構成になっていたのが鳥肌ものでした。
 今原作を1巻から読んでいるところなんですが、八軒って最初はホント嫌なヤツだったんですよ。そんな彼をあそこまで成長させる様々な出来事があって、その成長をちゃんと説得力を持って描ききった作品だったと思います。

 観ると、人生に手抜きしちゃダメだと思える青春アニメでした。
 どうにもならないことやつらいことだってあるけど、下を向かずに前に走りたくなるような―――こういう作品をきっちり作れてしまう日本の漫画や日本のアニメはやっぱりすごいなと思うのです。




 以上、「今年度観たアニメの中でお気に入りTOP5」でしたー。

銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray]銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

アニプレックス 2013-09-18
売り上げランキング : 7225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「2014年3月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」をクリックして下さいな。




<創作活動>
・創作活動はほぼ休止中


 この1ヶ月間で母が倒れ、父が入院し……と、家庭内がてんやわんやだったために創作活動はほとんどできませんでした。時間的な問題もあるんですけど、それ以上に精神的に厳しくてね。一応『春夏秋冬オクテット』キンドル版に向けた表紙作成はチョコチョコと進めているので、これが完成すれば自分の中でも一区切りついて次に向ける……かなぁ。

 漫画描きにとって「全ての経験は“糧”になる」のだから、今はつらくてもこの経験が後の作品に活きてくることを信じて頑張ろうと思います。



<ブログ・ホームページ>
・ブログのテンプレートを3カラムに変更しました
・その際にアクセス解析のタグを入れ忘れたので、今月のアクセス数がよく分からず……

 お気付きの方も多いと思いますが、ブログのテンプレートを変更しました。
 長年何とかしたいと思っていた細かいところを色々直したのですが、一番目立つのは2カラムから3カラムに変えたところだと思います。右側にAmazonなどの商品リンクを貼り付けるようにしたんですね。「広告ばっかじゃねえかよ!」と思われる人もいると思うんですが、自分にとっては大事なことで。

 一つには「キンドルで出版を考えているのなら一番目立つ場所にリンクを載せたい」という目的と、もう一つには「応援している作品があるなら“自分も応援している”ことをもっと分かりやすい形で見せたい」という目的があって。今まではブログ記事の中でそれを書いていたのですが、関係のない記事を書いても右カラムにそれを表示するようにした方がイイんじゃないかなと。

 このテンプレートは「まず中央から読み込んで」「後から両サイドを読み込む」らしいので、画像が多めでも閲覧者の方々が本文を読むのに広告の画像を読み込む時間を待つこともない―――というのも、このテンプレートを選んだ理由の一つだったりします。



 ということで、テンプレート変更は自分にとっては大満足だったのですが。
 その際にアクセス解析用のHTMLタグを入れ忘れたので、今月はアクセス数の集計ができませんでした。あちゃー。


<娯楽>
・アニメは『銀の匙』『未確認で進行形』『ガンダムBF』『いなこん』『妹ちょ。』『ニセコイ』
・冬アニメが終わって、冬アニメの原作漫画を読み漁っているところです
・ゲームは『おでかけタコりん』『マリオランド2』をクリアー
・現在は『キミの勇者』をプレイ中
・『まんけん!AG-ON』2年分のアーカイブを全て見ました
・相変わらず娯楽の力に助けられた1ヶ月でした


 アニメの話ー。
 『銀の匙』『ガンダムビルドファイターズ』『未確認で進行形』についてはTOP5のところで書いたので、ここではそれ以外の作品について。

 『いなり、こんこん、恋いろは。』は、この記事に書いたとおり「これから面白くなりそうなところで終わってしまった」という感想でした。原作の前半部分までということだから仕方がないのですが、色んな部分が解決せずに終わってしまったので消化不良感は正直あります。

 その勢いで全巻購入していた原作漫画を読み始めたのですが……
 原作漫画を読むと、アニメは「漫画5冊分」を「アニメ10話」に押しこめた分だけ相当エピソードが削られているんだなぁと思いました。コミックス特装版とか、ブルーレイに付いてくるドラマCD等で補完するものもありますけど、原作のエピソードはどれも素晴らしいので映像化されないのは惜しいですね。
 また、原作漫画の方が細かいネタも多いですし、心理描写も細かいですし、「アニメ→原作」の順で観ると気付けることが相当たくさんあるので是非オススメです。



 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』も、まぁ……原作が連載中の漫画なので「何も解決せずに終わってしまった」というカンジでした。
 日和が何者だったのかとか、“結局は消えてしまうだけ”の日和を物語としてどう救うのか――――とかは全く描かずに、5話以降は平常運転で最終回まで走り抜けました。こういう作品があってもイイなとは思いました。全てのアニメがアニメとして崇高にテーマを描ききらなければならないってワケではありませんからね。

 そういう意味では、肩に力を張らずに気軽に楽しめたアニメでした。



 『ニセコイ』は、1ヶ月前にも「ちょっとテンションが落ちている」と書いたのですが……その後に「3月に完結しない2クールもの」ということを知って、恐ろしくテンションが落ちてしまってここ数話は録画したまま観ていません。多分、春アニメが始まるのと同時に脱落しちゃうかな……

 どうも、アニプレックス&シャフトの組み合わせがキツくなってきたというか……
 というのを、2011年くらいから言っている気もします。




 ゲームの話ー。
 『おでかけタコりん』については記事にして書いたのでそちらをどうぞ。


 『スーパーマリオランド2 6つの金貨』は週末キャンペーンで安かったこともありますし、当時は本当につらい精神状態だったので慣れ親しんだマリオに救われようと始めました。

 自分はゲームボーイ実機を持っていなかったので初プレイだったのですが、据置機の2Dマリオとは随分感覚の違うゲームだったんですね。画面の狭さとスピード感のなさに最初は戸惑ったのですが、徐々に“外伝ゆえの自由なステージ”にのめりこんでいきました。特に宇宙面は、据置機の2Dマリオにない魅力がありましたねぇ。

 あ……クリアはしましたけど、「まるごとバックアップ」機能はガンガン使いました(笑)。

(関連記事:3DSやWii U等で、「昔クリア出来なかったゲーム」へのリベンジのススメ



 そこから現在はDSソフト『キミの勇者』をプレイ中。
 ようやく5年半前に投げ出したところまで追いつきました。



 ラジオの話。
 1ヶ月前にも書きましたが、『未確認で進行形』のラジオやニコ生から照井春佳さんのファンになって、そこから文化放送のストリーミング番組『まんけん!AG-ON』のバックナンバーを聴き始めました。

 私が聴き始めたところで「3月いっぱいで終了」という発表があって……
 「番組が終わってしまう」こともショックだったのですが、バックナンバーが聴けるのもいつまでか分からない!ということで急いで2年分のバックナンバーを全部聴きました。「聴きました」というか「観ました」か。ラジオ局が作っていても動画コンテンツだし。

 こんなに心から笑顔になれる番組はないというくらい、笑いまくらせてもらった1ヶ月でした。
 パーソナリティのお二人がちょっと(?)天然ボケなところだったり、ちょっと言葉を知らないところだったりが面白いというのも確かにあるのですが。それでも一生懸命で前向きに全力でふざけているお二人の様子が本当に癒しになりました。最終回の最後の最後まで笑顔にさせてもらいました。
 精神的に追い込まれていた2009年に『けいおん!』の第1話を観て癒された―――ことを思い出しました。娯楽の力ってすごい。


いなり、こんこん、恋いろは。 第1巻 [Blu-ray]いなり、こんこん、恋いろは。 第1巻 [Blu-ray]

KADOKAWA / 角川書店 2014-03-28
売り上げランキング : 703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さて、もう季節も春。
 春アニメの視聴予定ラインナップの記事も書きましたし、万全の体制で春アニメを迎えたいと思います!冬アニメの時は父親の腰が悪くて居間のレコーダーが使えなくてネット配信に頼るとかなんたらかんたらがありましたからね(遠い目……)。


 ネット配信と言えば!
 ニコニコ動画が「最新話無料」で観られる春アニメのページを公開していました。

 『一週間フレンズ。』ありますねー。楽しみだー。


 また、バンダイチャンネルも春アニメ用のページを公開していました。
 こちらは有料・無料ごっちゃのページ。
 配信スケジュールを見ると分かりやすいですかね。

・「最新話1週間無料」は誰でも最新話が無料で観られる。
・「最新話1週間無料<有料会員>」は月額1000円+税を払った有料会員ならば、最新話が無料で観られる
・「見放題サービスで配信」は月額1000円+税を払った有料会員ならば、全話が無料で観られる
・何も書かれていない番組は、各話200円+税などの課金で1話ごとに購入すれば観られる


 多分こんなカンジだと思います。
 『キャプテン・アース』はネットの無料配信はないのかな……



 GyaOはまだ春アニメのページは出来ていないみたいですね。

 「旧作」を観る場合と、「新作」を観る場合では、ちょっと都合が違うのですが……
 “インターネット配信でアニメを観る”のも各社がしのぎを削ってシェアを奪い合っているカンジですよね。ラインナップも料金体系もそれぞれ違っていて面白いです。テレビ放送でのみアニメを観ていた時期の自分には分かりませんでした。


 機会があればその辺も体験してブログ記事にしたいのですが、手元のハードディスクに溜まっている録画も消化しきれていない現状だとなかなか難しい……

| ひび雑記 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1732-9b157188

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT