やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

見開きで読むか1ページごとに読むか、電子書籍時代で漫画はどうなる

 日本版のキンドルが始まって、もう1年半が経過しました。
 キンドルに限った話ではありませんが、電子書籍はしょっちゅう期間限定セールを行うこともあって、自分の場合「新しい作品に手を出す」時には電子書籍で買うことが圧倒的に多くなりました(※1)

(※1:流石に、紙の本で集めている漫画の続刊は紙の本で買いますけど)


 んで、最近ちょっと気になることがあります。
 電子書籍の漫画をタブレット端末で読む場合……縦に持つと「1ページごと」に表示され、横に持つと「見開き」で表示されます。

1pagegoto1.jpg
<縦に持った場合>

mihiraki1.jpg
<横に持った場合>

 「されます」と自信満々に書きましたが、機種によっては「されない」ものもあるみたいですね。設定で変えることやロックすることも出来ます。とりあえずこの記事は「される機種で読んだ」自分の経験をベースに語ります。



 作品によっては「見開き」で表示した際に、左右のページがきっちり合わさって「見開きの絵」が「1枚の絵」に見えるようにしてくれるところもあって。物理的にどうしても2枚の紙に分かれてしまう紙の本と比較して、電子書籍で漫画を読む利点に思えるところですね。問題は「全部の作品がそうではない」ところですが(笑)。

1pagegoto2.jpg
<『ヤマノススメ』1巻より・縦に持った場合>

mihiraki2.jpg
<『ヤマノススメ』1巻より・横に持った場合>



 ということもあって……
 電子書籍で漫画を読む場合、私はほとんど「見開き」表示にして読んでいます。
 7インチのタブレット端末に「2ページ表示」するとかなり小さくなってしまいますが、元々小さい文字を読むのが苦手ではなかったため、抵抗があったのは最初だけですぐに慣れました。
 紙の本で読むために作られている漫画は「見開きで読むこと」を前提にコマ割されているでしょうし、それを電子書籍に“移植”したものはやはり「見開きで読む」方が作者の意図通りに楽しめるんじゃないかと思いましたんで。


 ただ、恐らく「見開き」表示だと画面が小さくなるから、「1ページごと」に読んでいるよって人もいることでしょう。タブレット端末やキンドルペーパーホワイトならまだしも、スマートフォンのようなもっと画面の小さい端末で読んでいる人もいるでしょうし、そもそも「見開き」表示にする必要のない漫画も多いですもんね。4コマ漫画とか。
 先ほど私は“ほとんど「見開き」表示にして読んでいます。”と書きましたが、4コマ漫画は「1ページごと」に読んでいます。コマ割の変化がありませんし、文字も多いですから。



 この「読む人がそれぞれの好みの環境で読むことが出来る」というのは、電子書籍最大の利点だと私は思っています。以前に、大型タブレットならば紙の本の単行本より大きなサイズで読めるという話を書いたことがありましたよね。

(関連記事:サイズが小さくならない漫画単行本――電子書籍の可能性


 ただ、同時に……「読み手の環境を統一できない」ことは欠点でもあるなと最近は思うようになりました。

 作り手としては「見開きで読む人もいる」「1ページごとに読む人もいる」状況ですから、どちらに合わせて作ればイイのか難しいと思うのです。
 先ほどの『ヤマノススメ』の見開き絵は1ページ目だけ見てもよく分からなかったことでしょう。見開きで読む人に合わせて「見開きの絵」を使うと、1ページごとに表示している人には「ん?何だこの絵?」→「あー、見開きだったのかコレ」と思われてしまうのです。せっかくの見せ場なのに!
 逆に1ページごとに読む人に合わせて「見開きの絵」を使わないと、「見開きの絵」を期待して見開きで読んでいる人には物足りなく思われてしまうかもですし。


 また、読み手としても「どちらで読めばイイのか」分からない状況だと思います。
 初めて読む作品の場合「見開きを使う漫画なのか」「字は細かいのか」なんて分かりませんし、もっと言うとこれから電子書籍で漫画を読もうって人がどのサイズの端末を買えばイイのか悩むと思うのです。

 環境が自由に選べることによって、どれを選べばイイのか分からなくなる――――キーコンフィグなどの細かい設定をプレイヤーが選べるゲームの方が、どう設定してイイのか分からなくなる、みたいな話が電子書籍にもあると思うのです。


 KDPで「電子書籍でしか読めない漫画」を発売した自分が思うに、それなら作者の側から「この漫画は見開きで読むことを想定して作りました」「この漫画は1ページごとに読むことを想定して作りました」と提示することも手かなと思いましたが……
 実際に今、電子書籍で漫画を読んでいる人が「見開き」と「1ページごと」どちらで読んでいるのかが気になったので、困った時のアンケートを取ろうと思います!!



―投票は受付終了しました。結果は後日、別の記事で書く予定です―



 これは「4コマ漫画」等のコマ割が固定されている漫画ではなく、普通のコマ割が固定されていない漫画を“どんな漫画なのかも知らずに”読む場合に、とりあえずどうやって読むのかという質問です。「作品に依るよ」と思われるでしょうが、とりあえず最初はどう読むのかを知りたいのです。

 電子書籍に限った話なので、「電子書籍なんて読んだことがありません」という人は申し訳ないですが参加対象外です。
 電子書籍のサービスはキンドルに限りませんし、使う端末もタブレット端末やキンドルペーパーホワイトに限らず、パソコンやスマホで読んでいるという人も意見をくださると助かります。コメントで「使っている端末は○インチの××です」みたいなことを書いてくださるとありがたいかな。

 「もっと拡大して読んでいる」は、例えば1ページの上半分ずつ表示させて読んでいるとか、1コマずつ表示させるサービスで読んでいるとか―――画面の小さいスマホ等では活用している人がいるんじゃないかと思ったので選択肢に加えました。
 「その他」は、その三つの選択肢のどれでもカバーしきれない場合、私が想像もしていないような読み方をしている場合は、コメントでそれを教えて欲しいなと思ったので選択肢に入れてあります。



 電子書籍の今後の発展のため―――なんてお題目ではなく、単純に「みんなはどうなんだろう?」と知的好奇心を掻きたてられたのでアンケートにご協力いただけるとありがたいです。

ヤマノススメ 1 (アース・スターコミックス)ヤマノススメ 1 (アース・スターコミックス)
しろ

アース・スター エンターテイメント 2013-04-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
春夏秋冬オクテット(秋): やまなしレイ漫画短編集春夏秋冬オクテット(秋): やまなしレイ漫画短編集
やまなしレイ

やまなしレイ 2014-05-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 17:56 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

上でも投票しましたが、基本iPadで読んでるので見開きです。
7インチのNexus7で読んでた頃は1ページ読みでしたが、iPadAirにして持つのが苦じゃなくなったので、こちらをメインにしています。
個人的には7インチまでなら1ページ。8インチ以上なら見開き読みですね。
あとライトノベルの巻頭カラーページでよくあるのですが、端末を縦にして1ページずつ読んでいても見開きの絵が書いてあるページは強制的に見開き表示になるというのがあります。
縦での見開き表示なので表示サイズは極端に小さくなるのですが、とりあえず作者の意図した様に見せることは可能だと思います。
ただ漫画でそうなってるのは見たことが無いですね・・・。いつも見開きよみしてるから気づかないだけかもしれませんが。

| 胡桃 | 2014/05/19 23:58 | URL | ≫ EDIT

Kindleなどの電子書籍を使ってないんですが、となりのヤングジャンプやニコニコ漫画で読んでいるときは見開きになっているページを自動的に並べて表示してくれるのでそれを使ってますね。
てっきり電子書籍じゃあ見開きになってるところを自動的に並べて表示してくれるものだと思ってました。基本的に選ぶものなんですね

| ああああ | 2014/05/20 15:01 | URL |

投票していないんでコメントしにくいですが、2つだけ。
京極夏彦先生が今の電子書籍はただのPDFで読まれることを考えていないと批判していましたね。
エディター上がりの京極先生らしい感想ですが、やはり金と手間をかけないと、見開き問題に代表される電子書籍「ならでは」の解決は難しいのでしょうね。

| 児斗玉文章 | 2014/05/22 18:15 | URL |

4コマ漫画でも見開き2pでストーリーというか
話の流れを作っているものはあるのでは?

| いいいい | 2014/05/23 20:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1758-9307c912

TRACKBACK

『隣の陰陽師 弐──怨念の共鳴』

今回は電子書籍のセルフパブリッシングの紹介です。 拙著『隣の陰陽師』シリーズ第二弾が出ましたのでおしらせします。 第二弾は『隣の陰陽師 弐──怨念の共鳴』です。 以下はAmazonに掲載している紹介文より。 ──── 憑きもの落としに失敗した流雲は、次に憑か…

| 私の通勤読書メモ | 2014/05/24 22:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT