やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分の感想すら、記憶に捏造されるミステリー

 今年の1月からチョコチョコと進めていたアニメ版『氷菓』の再視聴が終わったので、『氷菓』を始めとする<古典部シリーズ>の原作を読み始めました。
 んで、それをきっかけにアニメ版『氷菓』のリアルタイム時の自分の感想はどうだったのかなーと気になったので、自分のTwitterを検索してみたところ……













 あ……れ……?
 割と「絶賛」していますね。しかも、「世間では酷評する人が多いけど俺はこのアニメが好きだ!」くらいのテンションで絶賛していますね。正直これは意外でした。例えば、2014年1月の記事“「このアニメは○話から面白くなるよ」の意味”では、2周目を観始めた『氷菓』について私はこう書いているのです。

<以下、引用>
 『境界の彼方』に限らず、アニメでは「序盤は関係性が出来上がる」→「中盤はそこからの日常を描く」という構成の作品はたくさんあります。
 話題のきっかけとなった『氷菓』のアニメをちょうど自分は序盤だけ観返していたのですが、1周目の自分が観た時の「1~6話はあんまり面白くない」「7話以降は普通に面白い」という感想から2周目の自分もやっぱりズレそうにないなというところです。最終話まで観て「このアニメが大好きだ」と思った上でも、「1~6話はあんまり面白くない」んです。

 というのも、このアニメの序盤は「折木が変わる」「古典部の4人が仲間になる」関係性を描いていて、7話以降はそうして出来上がった関係から“古典部の外”に話が向かっていくんです。
 『氷菓』も『境界の彼方』同様に、「序盤は関係性が出来上がる」→「中盤はそこからの日常を描く」アニメと言えて。自分は『境界の彼方』は序盤も中盤も楽しかったけど、『氷菓』は序盤イマイチで中盤から面白くなると感じていたんだと分かりました。

</ここまで>

 2012年の自分は『氷菓』は第1話から絶賛していたのに、2014年の自分は『氷菓』は第7話から面白くなると言っているのです。これは2年間で好みが変わったという話ではなく、2014年の自分が「2012年の自分は『氷菓』は序盤は面白くないと思っていて、今の自分もそう思う」と言っているのです。

 や、ややこしい……


 しかし、これ……理由は何となく分かるんですね。
 2012年の自分は第5話と第6話の感想は呟いていないみたいなんです。「5話と6話が面白くなかった」から。それで、第7話を観る直前に「7話が面白くなかったもう観るのを辞めよう」と思いながら観たのを覚えているのです。実際に、第7話の感想はTwitterに呟かれていました。



 そう。第4話までの絶賛のテンションから一転して「脱落しようか」と悩んでいたことがこのツイートから読み取れますし、第7話に本当に大満足だったことが分かります。
 以後の感想はそれほど呟かれていないのですが、恐らく第7話以降の『氷菓』については2012年の自分も2014年の自分も絶賛傾向ではあるんでしょう。



 さて、どうして私は「自分の感想」を誤解して覚えていたのでしょうか?
 それは恐らく「5話・6話があまり楽しめなかった」→「7話が面白かった!」という落差ゆえに、「『氷菓』は7話から面白くなって、1~6話はイマイチだった」という記憶が上書きされてしまったんじゃないかと思うのです。あまりに強烈な記憶が入り込んだが故に、それまでの記憶よりも“分かりやすいストーリー”を捏造して作り上げてしまったと言いますか。実際には1~4話は結構楽しんでいたみたいなのに!

 こういうことって、頻繁にあることなのかもなぁって思うのです。
 今回はたまたま「1話ごとの感想」をTwitterに記しておいて、後から検索できる環境が整っていたから、それを自分で見つめ直すことが出来ましたが―――本当は楽しい時間を過ごしていたのに「楽しくなかった記憶」を捏造してしまっていることに気付かないことがよくあると思うのです。


 例えば、長期連載漫画の終盤がグダグダだったから「楽しかった頃の時間」を忘れて「駄作」と思ってしまったり。
 途中結構イライラする面もあったけど、ラスボスとのバトルの演出が格好良かったから「神ゲー!」と思ってしまったり。
 フラレ方が酷かったから、好きだった時期のことなんてすっかり忘れて「酷い女だった!」と思ってしまったり。


 そう考えていくと……Twitterに日常の「感想」とか「感情」を呟いていくのって、自分の記憶が都合よく捏造してしまった情報ではない、リアルタイムの情報を蓄積させられる大きな意義があるのかも知れませんね。まぁ、それが人によっては「黒歴史」と言えるのかも知れませんが(笑)。

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]

角川書店 2012-06-29
売り上げランキング : 1612

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あるある

あらためて見返すと、初見と違って面白く感じたりつまらなく感じたり、というどころか初見時の記憶まで無意識に捏造してしまう。
これ経験あります!!

アポロ13の映画を撮影する際、本物の発射シーンを当時のNASAスタッフに見せたところ「こんな危険な発射ではなかった。偽物だ」と言われたとか。
人体の不思議ですよね。

ところでやまなしさんは「たまこラブストーリー」見ましたか?
感想聞いてみたいです!

| saboo | 2014/05/30 21:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1761-a51c32ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT