やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメのインターネット配信を観るのなら、どのサイト?(2014年・夏)

※ インターネット配信サイト対応表の完全版は本家サイトの方に作ってあったのですが、本家サイトの閉鎖に伴い公開も終了しました

 今年の1月にこんな記事を書きました。

 初心者の自分が、インターネットの無料配信で深夜アニメを観てみました

 居間のテレビが使えない事情が出来たので、冬アニメはインターネットの公式配信で観始めたという記事でした。この頃は本当に初心者だったので「ニコニコ動画とバンダイチャンネルをチェックするだけでも、多くの作品が網羅できる」とか書いていやがるのですが。
 そこから半年経ってニコニコ動画とバンダイチャンネルをチェックするだけじゃ網羅できないことが今では分かりましたし、何よりニコニコ動画とバンダイチャンネル以外にもアニメを公式配信してくれるサイトがたくさんあるのだから「ニコニコ動画とバンダイチャンネルをチェックするだけで」と言うのはそういうサイトさん達にすごく失礼だったなと反省しています。



 ということで、いっそのこと……と思い。

 夏アニメ全作品のインターネット配信サイト対応表を作りました。

 どうもHTMLタグで表を挿入しても、このブログのテンプレだとレイアウトが崩れてしまうみたいなので……ブログには画像を貼り付けるだけにしました。


 対象とした動画配信サイトは、「ニコニコ動画」「バンダイチャンネル」「dアニメストア」「GyaO!」「楽天SHOWTIME」の5つのサイトです。アニメの公式配信を語るならこの5つのサイトは外せないと思ったのでこの5つを対象にしましたが、他にも加えて欲しいサイトがあったら自薦・他薦問わないので仰ってください。秋アニメの時には加えることを検討しますんで。


 結論から言っちゃうと、利用するサイトを一つに絞るのではなく、観たい作品に合わせて利用するサイトを併用していくのがイイと思います。
 ただ、無料会員でのみ利用するのならともかく、どのサイトも有料会員になろうとすると「複数のサイトに月額課金をする」のが大変になってしまいますよね。どれか一つのサイトで有料会員になろうか悩んでいるって人は、今回作った表がその参考情報になればなと思います。

 また、これは最初に書いておかないとならないと思ったので書いておきます。
 これらのインターネット配信サイトは「慈善事業」で運営されているワケではありません。無料コンテンツを配信していたとしても、それを可能にしているのは有料コンテンツでの収益なのですから……例えば「有料会員に比べて無料会員が冷遇されているのはヒドイ!」みたいなことは言わないで欲しいです。
 もちろんこうしたサイトは小学生や中学生も利用しているでしょうし、数百円であっても払うのが苦しい人もいらっしゃるとは思いますが……こうしたサイトが成り立っているのは「お金を払ってくれている人達」がいるからだというのを、頭の中に入れておいて欲しいのです。



 それでは、分類の説明から。

■ 最新話無料……有料会員になっていない人でも、期間限定で最新の回が観られるというものです。「期間」は作品によって違うのですが、「1週間限定無料配信」というのが多いですね。例えば、月曜日から2話が無料配信されていて、翌週の月曜日になると3話が無料配信になって2話は有料配信に切り替わるとか。

 ニコニコ動画やGyaO!はこの配信スタイルが多いです。
 ニコニコ生放送での配信も、無料で観られるものはこれに分類しました。


■ 有料会員は最新話無料……月額いくらの有料会員に登録してお金を払っている人のみ、最新の回が観られるというものです。様々な「有料会員のサービス」の一つなので、有料会員のシステムがあるところでしかやっていない配信スタイルですね。

 バンダイチャンネルやdアニメストアにはこの方式も多いです。


■ 見放題……↑の上位互換。
 月額いくらの有料会員に登録してお金を払っている人のみ、その時点で配信されている“その作品の全話”を見放題というサービスです。このサービスは元々「過去作品が見放題」というサービスから始まったんじゃないかと思うのですが、現在放送中のアニメでも見放題対象の作品が結構あるんですよね。

 バンダイチャンネルやdアニメストアが有名。
 楽天SHOWTIMEの「特選アニメパック(月額) 」も、これに加えました。


■ 有料……「1話あたりいくら」という形式で有料配信されているもの。
 買えば未来永劫観ることが可能なのではなく、購入から「何日間」という期限があります。感覚的にはレンタルビデオとかに近いですね。

 「最新話無料」の作品は、最新話以外は「有料」になることがほとんどですが……「最新話無料」や「見放題」ではない作品のみ「有料」に分類しました。


 「第1話無料配信」という作品もありますが、それは無視しています。
 「配信時期」や「視聴できる端末」「視聴できる画質」「月額会員の料金」などの差はあるんですけど、とりあえず表を作るにあたってはその辺は無視して、後述することにします。


hyou-2014sm1-3.png
hyou-2014sm2-3.png


 夏開始アニメとしてカウント出来たのは45作品でした。
 この記事を更新している段階では(私が)確認が取れなかったものは「?」が付いていますけど、確認が取れたら外す予定です。もし間違いが見つかった場合はコメント欄ででも教えてくだされば確認します。


◆ ニコニコ動画
 45作品の内の37作品を配信で。カバー率82%です。
 最新話無料が35作品、有料のみの配信が2作品。最新話無料の作品に限定しても、夏アニメ全作品の中で77%の作品を無料で観られるということで――――配信数も無料配信数も、今回紹介している5つのサイトの中でトップ。堂々たる横綱っぷりです。

 ただ、時間帯にも依りますが無料会員だと画質が相当良くないというのは、「画質にはあまりこだわらないから差が分からない」と言っている私でも思います。月額500円+消費税を払ってプレミアム会員になれば画質はキレイになるのですが、それならば結局のところ「有料会員にならないと楽しめない」のと一緒という考え方も出来ます。

 まぁ……でも、記事の前半に書いたように、サイトの運営のためには「有料会員の存在」が必須ですから、有料会員への誘導のためにそうしているのも分かりますし。実際、「アニメの画質がキレイになる」だけじゃなくて、ニコニコ動画のプレミアム会員は様々な特典がありますもんね。ニコ生で追い出されないとか、ニコ生のタイムシフト予約をしなくても後から観られるとか、スレマの3000m制限が取れるとかうんぬんかんぬん。



◆ バンダイチャンネル
 45作品の内の34作品を配信で。カバー率75%です。
 最新話無料が8作品、有料会員は最新話無料が9作品、見放題サービス対象作品が7作品、有料のみの配信が13作品。
 日本のアニメ配信サイトの中では古株で、今日紹介するGyaO!や楽天ショウタイムなどへのコンテンツ供給も行っているみたいです。同じ無料会員同士ならば、ニコニコ動画よりもバンダイチャンネルの方が画質はイイです。

 ただまぁ、完全に無料で楽しめる作品は8作品と少なめで……月額1000円+消費税の有料会員になると最新話無料+見放題で21作品が楽しめるようになっていて、有料会員への特典が大きいのはここも一緒ですね。
 見放題サービスは過去作品も対象で、全作品リストの中から「見放題」と付いているものは全て「月額1000円+消費税」を支払うだけで観ることが可能です。

 しかし、今季は「バンダイチャンネルのみで配信」の作品がないため……5つのサイトの中では中途半端な印象は受けてしまいますね。作品数はニコ動に負けて、見放題の数ではdアニメに負けて、画質では楽天SHOWTIMEに負けるというか。


◆ dアニメストア
 45作品の内の25作品を配信で。カバー率55%です。
 有料会員は最新話無料が13作品、見放題サービス対象作品が12作品。

 dアニメストアは基本的には「有料会員のみに対するサービス」です。
 会員でなくても観られるのは第1話だけ。第2話以降は「1話ずつ販売する」ということもなく、月額400円+消費税の有料会員に向けて「最新話配信」か「見放題配信」をしています。ドコモの携帯電話向けサービスとして始まりましたが、現在はドコモ以外のスマートホンやタブレット、PCからでも視聴が出来るようになったそうです。

 作品数は25作品と少ないのですが……
 夏アニメで言えば、『PSYCHO-PASS』『残響のテロル』『戦国BASARA Judge End』『ばらかもん』といった“他のサイトでは1話辺りの有料配信しかしていない作品”も見放題の対象になっているのが大きいです。

 これらの作品はフジテレビや日本テレビなどのテレビ局が製作している作品ですし、TBS製作の『Free!』も最新話無料で観られますね。ニコニコ動画やバンダイチャンネルよりも後発のサービスですが、「他が抑えていないところを抑える」姿勢は見事です。
 もちろん見放題サービスは過去作品も対象で、ノイタミナ作品とか、『けいおん!』1期とか、バンダイチャンネルとは違うラインナップが揃っていて面白いですね。『けいおん!』はどうして1期だけなんだろう(笑)。番外編「冬の日」が入っていないのは残念。アレが実質テレビ版の最終回なのに。

(※ 8月7日訂正:自分は勘違いしていたのですが、『戦国BASARA Judge End』『ばらかもん』は金曜・土曜の2日間限定で日テレオンデマンドで最新話無料で視聴できるそうです。何度説明を読んでも意味が分からなかったけどそういうことか。教えてくださった方、感謝です)


 「dアニメストアはすごくイイサービスなんだよ!」というのは利用者からよく聞く話なんですけど、ホームページの簡素さで利用していない人からのイメージはあまり良くないのかも……
 タイミングを見計らって、自分も会員になって「見放題サービス」を使ってみたいなと思っています。『禁書目録』の1期と2期を観返したくて……



◆ GyaO!
 45作品の内の36作品を配信で。カバー率80%です。
 最新話無料が28作品、有料のみの配信が8作品。

 GyaO!もサービス開始は2005年なのでなかなかの古株で、「CM映像が入る代わりに完全無料で楽しめる」サービスだったと思うのですが。最新のアニメは再生してもCMが入らない時があるような……分社化やら子会社化やら色々あって、派生のサービスもたくさん生まれて、正直よく分かりません。
 とりあえず今回の記事で抑えておかなきゃならないことは、GyaO!は「最新話無料」でアニメを観るにはニコニコ動画に次ぐ作品数で、画質はニコニコ動画の無料会員よりも良いということです。

 今回の記事を書くにあたって、1つの作品を「ニコニコ動画」「バンダイチャンネル」「GyaO!」「楽天SHOWTIME」の4つのサイトで再生して見比べてみたんですが……無料会員の画質だと「SHOWTIME>GyaO!>>バンダイチャンネル>>ニコ動」だと私は思いました。あくまで「私の目で見た」だけの主観ですけど。

 最近ではニコニコ動画やバンダイチャンネルに比べて話題には上がりづらいような気もしますけど……無料配信の数や、画質や、結構侮れないと思います。むしろ、他のサイトに比べて有料コンテンツへの誘導をほとんどやっていないので、これでちゃんと収益が出ているのか心配になるくらいです(笑)。


◆ 楽天SHOWTIME
 45作品の内の32作品を配信で。カバー率71%です。
 最新話無料が19作品、見放題サービス対象作品が3作品、有料のみの配信が13作品。

 Wikipediaによると、2002年からサービス開始されたショウタイムが元で、GyaO!もここから派生していたのか。楽天ショウタイムの名になったのは2011年で、2014年2月からコンテンツ毎の課金による配信サービスを開始したとか―――

 正直、今回初めて存在を知りました(笑)。
 「あ、楽天もアニメの無料配信とかやっているんだ」というのが正直な気持ちで、「最新話無料」の数で言えばニコニコ動画やGyaO!には及ばず、月額500円+消費税特選アニメパックに入って観られる「見放題」の数はバンダイチャンネルやdアニメストアに遠く及ばないのですが。

 画質は「ニコニコ動画」「バンダイチャンネル」「GyaO!」「楽天ショウタイム」の4つの中で一番イイんじゃないかなと思います。時間帯とか再生環境とか作品とかにも依るのかもしれませんし、有料会員の画質は比較していないんですけど……今回の記事を書くにあたって再生してみたら「バカに出来たもんじゃないな」と思ったくらいです。再生するまではバカにしていたのか、という話は置いといて(笑)。

 作品によっては「HD画質にて配信」を謳っているものもありますね。
 koboとかもそうですけど、楽天の運営するサービスはどうも「一番手にはなれない」イメージが強くなっちゃっているかもですが……サービス内容としては全然悪くないし、侮れないサイトだと思います。





 ということで……5つのサイトそれぞれに特徴があって利点があるので、「ニコニコ動画とバンダイチャンネルをチェックするだけでも、多くの作品が網羅できる」とか半年前に書いたバカをぶん殴りたくなってこの記事を書き始めた私の気持も分かってもらえるんじゃないかと思います。

 もちろんニコニコ動画やバンダイチャンネルにも良いところはたくさんあるので「それらのサイトを使うな!」って話じゃなくて、観たい作品や利用したいサービスを考えて、それぞれのサイトを併用していってもらうのが一番だと思いますし―――そのためにも、他のサイトにも注目してもらって、サービスを切磋琢磨してもらえたらなって思うのです。




 さて……「どうしてこんな半端な時期に夏アニメの表を作ったのか?」と思う人もいらっしゃるかも知れません。このタイミングで表を公開しても「このアニメもネットで無料で観られたのか!」と時既に遅しという事態になっているのかも知れません。でも、こういう配信サイトの情報って公開されるのが遅いんですよ。
 ニコニコ動画やバンダイチャンネルは6月の時点で「夏アニメの配信ラインナップ」を公開してくれていましたが、GyaO!なんかは7月になってから公開をしていて……もう夏アニメ始まってんじゃん!というタイミングの情報公開でしかなくて。

 無料配信なのか有料配信なのか微妙な作品もあったり、自分も今回表を作るのが初めてだったので実際に配信されるのを待ったりもしたので、表を作って公開するのがこのくらいの時期になってしまった―――と。


 なので……秋アニメの時にはブログに記事を書くんじゃなくて、各サイトがラインナップを公開するごとに本家サイトの方を更新していこうかなと思います。それならば“その時点で発表されている情報”が網羅できるし、「このアニメもネットで無料で観られたのか!」ということが減ると思いますんで。

 んで、情報が出揃った1ヵ月後くらい(11月の始めごろ)にまたこういう記事を書けば、「定点観測」として面白いデータになっていくかも知れませんしね。


 まぁ、あくまでこのブログが3ヵ月後まで続いてれば―――って話ですけど!


   

| アニメ雑記 | 17:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕は去年までは日テレオンデマンドみたいなのが好きでよく利用してたのですが…
今はわざわざ使う理由があんまりありませんね。

| ああああ | 2014/08/05 19:19 | URL |

日テレオンデマンドはたまにここだけで最新話無料で配信する作品があるのでその時に利用してます
ちょっと前だとガッチャマンクラウズ、今はばらかもんをここで無料で配信してますね

| ああああ | 2014/08/07 01:04 | URL |

>ああああさん

あぁ、『ばらかもん』のこの説明って何回読んでも意味が分からなかったのですが、テレビ放送のある土曜深夜の前2日間は前回分が無料で観られる―――って意味ですか。
http://vod.ntv.co.jp/program/barakamon/

自分の認識が間違っていたので、記事修正します。

| やまなし(管理人) | 2014/08/07 01:28 | URL | ≫ EDIT

全部登録してるけど
見放題はバンダイチャンネルが一番質がいいよ

| (・ω・)ノ | 2014/09/01 20:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1799-09a4d4f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT