やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメ『月刊少女野崎くん』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

 ということで、この作品もやります!
 途中で視聴を脱落した作品は流石にやりませんが、1クール視聴を完走した作品は全て感想をまとめようと思っています。「1クール視聴を完走した作品は“全て”」というところがポイントなのですが、あまり深く語るとまた怒られそうなので何が狙いかは察してください!


<ルール>
・1話から最終話(12話)までの感想ツイートを貼り付け
・“最終話まで観終っている”現在の自分のコメントを補足
・なので、基本的に最終話までのネタバレを含みます
・「まとめ」という記事タイトルですけど、まとめるのは「私の感想」だけです。「みんなの感想」をまとめるのが目的の記事ではありません
・思うがままに書いた感想なので、ところどころに間違いがあったりするでしょうが優しく許して下さいな


 今回の記事も長くなることが予測されるので格納しました。
 続きは「続きを読む」を押してもらえれば表示されます。ではでは。


【創刊号「その恋は、少女漫画化されてゆく。」


 絶賛の第1話。
 もちろんこの後の話も面白かったけど、第1話を観た時の「こんな面白いアニメが始まったのか!」という衝撃は忘れられません。畳み掛ける自転車ネタは腹抱えて笑いました。第1話後半が最終話に繋がっているところも好きです。

 メインスタッフはそれぞれ違うのだから単純に言える話じゃないですけど、動画工房はこれで『未確認で進行形』に続いて二連続個人的ヒットなので「ラブコメなら動画工房」くらいに信頼している会社になりました。



【第二号「新(ニュー)ヒロインをよろしくね♪」


 Aパートは御子柴メイン、Bパートは結月メインの回。
 別々の話なんだけど「身近な知り合いを漫画のモデルにする」という一本の軸を通すことで、しっかり1話としてまとめてきました。このアニメ、こういう「AパートとBパートの使い方」が上手かったですねー。



【第三号「バイオレンスVSプリンス」



 堀先輩と鹿島登場の回。
 第1話が大好きだった自分としては「野崎くんと佐倉さんの掛け合い」だけで十分だったので、新キャラ登場に尺が割かれるのはそんなに嬉しくなかったのだけど……後から考えれば、キャラが増えることで出来る色んな組み合わせもあるし。自分がこの作品で一番好きなキャラは堀先輩だったかもなーと、感想読み返していて思いました。



【第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」


 友田くん回。神回。
 この回は全話の中でも一番好きな回かも。第1話は「漫画原稿」をアニメ作品の中で活用する面白さがあったけど、この回は「ギャルゲーの画面」をアニメ作品の中で活用する面白さがありました。やっていること自体はホント珍しくないことなんですけど、画面の使い方とテンポがすげえイイんですよねぇ。


【第五号 恋を「思い」「描く」男子。


 編集者二人登場の回。
 他のキャラは結月も鹿島も可愛げのあるウザさなんだけど、前野さんはホント苦手……もちろん「苦手なキャラが出てくる」ことが作品としてマイナスじゃなくて、作中でもちゃんと「前野さんウゼエ」と言ってくれるんだから問題はないんですけど。「みんなアホで、みんなイイヤツら」というこの作品において、前野さんだけは異質な存在だったなーと思います。



【第六号「魔法をかけて、あ・げ・る♥」


 この回もかなり好きな回。若松登場回。
 結月のウザさも若松というキャラの視点から描くと「可哀想な若松」というギャグになるからズルイ。若松登場でキャラが出揃い、Bパートのスクリーントーン貼りで真骨頂。「ヒュー、アイツら付き合ってんのかよー」は頬っぺた痛くなるほど笑った。


【第七号「漫画家脳野崎くん」


 自分はこのアニメを「夏アニメを紹介する7作品」からは外していて、その後にオススメされたから観始めたのですが……何故最初は外していたかというと、「漫画家漫画があまり得意じゃない」からだったんです。

 自分で漫画を描き始める前は「こういう世界があるんだ」というフィクションとして楽しめていたのですが、漫画を描き始めると「コイツらどうしてこんな恵まれてるんだよ」と思ってしまって楽しめなくなってしまったのです。僻みっつーか、なんつーかね。

 でも、『野崎くん』は「漫画を描くシーン」があっても楽しめたのは、野崎くんってササッとすげー漫画を描くスーパーマンじゃないからだと思うんです。必死に考えるし、漫画のネタをいつも探しているし、資料の写真とかも大事に撮っているし。「そうそう。漫画を描くのって地味に大変なんだよねー」と頷ける場面がたくさんあって、そこがこの作品の魅力だったのかもなあと。


【第八号「学園の王子様(女子)の悩み」


 と思ったら、どんどん野崎くんの漫画家としての化けの皮が剥がれてきた(笑)。
 自分は「シーン」と「場所」を一緒に考えて、その後に「構図」を考えていくので……野崎くんみたいに「人物の絵は入っているけど場所がどこかは決めていない」という事態がどうして起こるのか正直分からないのですが(笑)、パースが合っていないので箱を載せたくなる気持ちとかすげえよく分かる話でした。


【第九号「ドキドキ、たりてる?」


 都先生メイン回か。
 ここらの9~10話辺りは実は結構テンション落ち気味でした。どうも「タヌキ」のくだりは流石に現実的ではなくて、ちっとも「漫画家あるある」ではないので……自分の中の“この作品のリアリティライン”が揺らいじゃうというか。やっぱり自分は前野さんが苦手だなーということに尽きてしまうのであった。


【第十号「強まるのは、絆と手綱。」


 みこりんは可愛かった。
 この辺の自分の感想の変遷を観るに、恐らくこの頃の自分は「結月のウザさ」に慣れてしまっているので、そこをいちいちあーだこーだ騒いでいる若松の方に違和感を覚えちゃっているみたいですね。「9~10話が失速した」のではなくて、「この作品がギャグとして描いている“ズレ”の方に自分が慣れちゃった」というか。

 そう考えると……1クールを走り抜けるのって大変なんだなーって思いますね。


【第十一号「米しよっ♥」


 Aパートでネタになっている「とりあえず話を盛り上げるためのドキドキ展開」って、まさに動画工房の前作『未確認で進行形』の最終回でやっていたことなんですよね。自分はあのアニメが大好きだったけど、最終回のアレだけは「最終回として盛り上げるためにムリヤリ非日常展開を起こした」感じがして正直残念で。
 意識してやったワケではないんでしょうが、同じ動画工房の新作『野崎くん』でそれがネタ的に消化されていたのは……半年越しに溜飲が下がった感はありました。

 そして、じゃあこの作品の最終回はどうなんだろうというのが↓


【最終号「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」



 もちろん「祭り」も「花火」も最終回らしい演出だったのだけど、あくまでそれは彼ら彼女らの日常の延長であって。その日常の中にこそ幸せがあるんだとしっかり描いてくれていて。
 「原作未完のアニメ化」は、原作でこれから描くことを先回りして描いちゃいけないから。「佐倉さんが野崎くんに告白をする」のも「二人がくっ付く」のも描けないんだろうけど、その制約を逆手にとって「この日常こそが幸せなんじゃないか」と描いたこの作品の最終回はホント自分は大好きでした。

 これが第1話と繋がっているのもナイス。
 あの第1話から色々あって、楽しいことがいっぱいあって、そうだよコレが幸せなんだよ―――と、思わせてくれました。素晴らしい最終回でした。2期があったら嬉しいけど、その際にも必ず同じメインスタッフ&動画工房さんにお願いしたいです!


月刊少女野崎くん 第1巻【 イベント優先販売申込券 】 [Blu-ray]月刊少女野崎くん 第1巻【 イベント優先販売申込券 】 [Blu-ray]

KADOKAWA メディアファクトリー 2014-09-24
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 すごく楽しい作品でした。
 「普段アニメを観ない人」にも是非オススメしたい1本でした。こういう作品が出てくる日本の漫画・アニメは本当凄いと思うし、この作品をオススメしてくださった方々にも感謝です!この作品に出会えて良かった!積んでいる本を消化できたら原作も読もうと思います。


 それはそうと……
 このキャラ↓は、「佐倉 千代」じゃないよね……?

月刊少女野崎くん アニメ 佐倉 千代 ぬいぐるみ コスプレ道具 30cm月刊少女野崎くん アニメ 佐倉 千代 ぬいぐるみ コスプレ道具 30cm

arasi-shop
売り上げランキング : 15128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 17:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も前野さんだけねーわって思っちゃいましたね
原稿の扱いとかギャグの域超えちゃって不快なレベルになりかけてた
みんなバカやりつつ漫画に真摯な点は共通してたのに
前野さんは漫画に誠実でない書かれ方にしててうーむこれはないなって印象

| とおりすがり | 2014/09/24 18:45 | URL |

バクマンの港浦さんは空回りしてたけど一生懸命だったし、雄二郎も有能だったのとどうしても比較しちゃいますわな。
>前野担当

| 児斗玉文章 | 2014/09/26 18:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1824-a2a06f5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT