やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『スマッシュブラザーズ』シリーズ、モードセレクト画面の変化

 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』買いました!
 やっぱり『スマブラ』は面白いですねぇ。Wii版の時は「早く遊びつくさなきゃ……」と焦ってプレイしてしまったところがあるので、今回は「5年くらいかけて遊ぼう」とじっくりプレイしていくつもりです。ダウンロード版にしたので、ディスク入れ替えの必要もないですしね!


 『スマッシュブラザーズ』シリーズは、1999年のNINTENDO64版、2001年のゲームキューブ版、2008年のWii版、9月に出たニンテンドー3DS版に続いて、今回のWii U版が5作目です。3DS版とWii U版は同時開発でファイターなどが共通なので、二作まとめて『for(4)』と呼ぶこともありますね。
 私は64とGCはゲーム機自体を持っていなくて、3DS版は見送ったので、『スマブラ』シリーズはWii版と今回のWii U版の2作品をプレイしています。


 『スマブラ』が如何に面白いゲームかというのは、3DS版の体験版が出た時に記事に書いたのでそちらを読んでもらえればイイかなと思い……今日は、Wii版からWii U版で変化した部分の中から、自分が一番気になったところを書こうと思います。


 それは……ズバリ、モードセレクト画面です。
 タイトル画面の次に表示される「さぁ!どのモードを遊びますか?」という画面のことなのですが、そこが変わっていたのです。


<Wii版>
 smabromenu1.jpg
<画像はWiiソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』より引用>

<Wii U版>
 smabromenu2.jpg
<画像はWii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』より引用>

 Wii版のモードセレクト画面は、「みんなで」「ひとりで」が同じくらいの大きさで、続いて「Wi-Fiコネクション」、小さなサイズで「コレクション」「オプション」「データ集」と並んでいます。

 Wii U版のモードセレクト画面は、でっかく「大乱闘」のモードが画面を占拠していて、次に「インターネット」「ワールドスマッシュ」が同じくらいのサイズかな、次が「いろんなあそび」、その次に「クリアゲッター」「お知らせ」、最後に一番小さいのが「3DS(との連動)」「?(説明書)」となっています。


 『スマブラ』を全く知らない人が見たら「随分と変わっちゃったなぁ!」と思うかも知れませんが、実は内容が変わっているワケではないのです。
 Wii版の「みんなで」はWii U版の「大乱闘」とほぼ同じ内容ですし、Wii版の「ひとりで」はWii U版の「いろんなあそび」とほぼ同じ内容です。ただ表記が変わっただけなんです。

 実はこれ……私が前作で一番気になっていたところなんですよ。
 『スマブラ』シリーズを何にも知らない人が「スマブラって人気あるみたいだから買ってみよう」と初めて起動した場合、Wii版の表記だととりあえず「ひとりで」を選んじゃうでしょう。私もそうしましたし、とあるレビューサイトで「メインとなるストーリーモードは10時間程度で終わってしまった。オマケのモードはたくさんあるみたいだが、メインのモードがこのボリュームでこの定価なのは不満だ」的なレビューを見かけたことがあります。恐らくその人は、「ひとりで」の方に入っている「アドベンチャーモード(亜空の使者)」をメインモードだと思ったみたいなのですが。

 でも、違うのです。
 『スマブラ』の本当のメインモードは、「みんなで」の方に入っている「大乱闘モード」なんです。「ストーリーモード」の方がオマケなんです。
 しかし、Wii版の表記だとそれが分かりません。シリーズのファンなら分かって当然と思うかも知れないけど、事前情報なしで初めてこのシリーズを遊ぶ人は「ひとりで」の方を選んでしまうのです。実際には「みんなで」の「大乱闘モード」は1人で遊んでも超面白いし、「ひとりで」の多くのモードは2人同時プレイが出来るのに、この表記ではそれが分からないのです。


 たくさんのモードがありすぎて、どれを遊べばイイのかが分からなくなってしまう―――前作の『スマブラ』は典型的にそういう落とし穴にハマッたゲームでしたし、私もこのブログで何度となく書いてきました。ユーザーの目線に立ってゲームを作れる桜井さんでも、こういうことをしてしまうんだなと。

 ただ……これは「シリーズの伝統」っぽかったんですよね。
 インターネットというのは便利なので、64版のモードセレクト画面も、GC版のモードセレクト画面も、2014年12月現在でも見ることが出来ます。

・64版は「1P MODE」と「VS MODE」
・GC版は「ひとりゲーム」と「対戦ゲーム」
・Wii版は「みんなで」と「ひとりで」(※ ここで初めて「みんなで」の方が上に来ている)


<3DS版>
 smabromenu3.jpg
<画像は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の体験版より引用>

・3DS版は「大乱闘」と「いろんなあそび」
・Wii U版も「大乱闘」と「いろんなあそび」

 下の方にテキストで表示される説明文も、Wii版の「みんなで」は「多くの人が集まったらこちら」だったのに対して、3DS版やWii U版の「大乱闘」は「基本となる大乱闘!ひとりでも近くにいる人とでも」「基本となる大乱闘!ひとりでも一緒にいる人とでも」と表記されるようになったんですね。


 恐らく64版やGC版の頃は問題視されていなかったことが、ハードが普及しまくったために過去最高の売上を達成した&たくさんのモードを搭載したWii版は「たくさんのモードがありすぎて、どれを遊べばイイのかが分からなくなってしまう」という問題が生まれて。
 3DS版やWii U版のモードセレクト画面は、その反省からメインとなる「大乱闘」モードをハッキリと目立たせるようにしたのだと思うのです。



 これに限らず、今回のWii U版をプレイしていると「メニュー分岐がすごく分かりやすくなった」ように思えます。イラストが付いたというのもありますが……たくさんのモードをギュウギュウに詰め込んだためにどこに何があるのか分からなくなったWii版と比べて、よく整理されていると思いますもの。

 こういうところもちゃんと手を入れて改善している辺りが、流石の桜井さんです。『ゴーバケ』スタッフはこれを見習って『ゴーバケーション2』を作ってくれ!


 ついでなので、それぞれのモードを選んだ時のメニューも比較してみましょう。

<Wii版で「みんなで」を選んだ画面>
 smabromenu4.jpg
<画像はWiiソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』より引用>

<Wii U版で「大乱闘」を選んだ画面>
 smabromenu5.jpg
<画像はWii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』より引用>

 基本的には一緒。
 そう言えば、Wii U版には「かちぬけ」と「トーナメント」がないんですね。その代わり「8人乱闘」が入りました。8人まで遊べるんだから「かちぬけ」はなくてもイイと判断したんですかね。

 最大の注目は「ボタン設定」がこの画面から出来るようになったこと。キーコンフィグのことですね。Wii版は「オプション」で予め設定しておかなくちゃならなかったので面倒でした。Wii U版はこの画面からでも、「オプション」からでも変更できるようになりました。



<Wii版で「ひとりで」を選んだ画面>
 smabromenu6.jpg
<画像はWiiソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』より引用>

<Wii U版で「いろんなあそび」を選んだ画面>
 smabromenu7.jpg
<Wii U版で「いろんなあそび」→「ひとりで」を選んだ画面>
 smabromenu8.jpg
<Wii U版で「いろんなあそび」→「ふたりで」を選んだ画面>
 smabromenu9.jpg
<画像はWii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』より引用>

 Wii版は「アドベンチャーモード」「シンプル」「オールスター」「イベント戦」「競技場」「トレーニング」を「ひとりで」に押し込んでいましたが、ここにある多くのモードは「二人でも遊べる」ため、モードの分類がよく分からなくなっていました。
 Wii U版は更に「コレクション」「オプション」もここにねじ込み、その上で「ひとりで」と「ふたりで」をここで選ばせるようになりました。階層をもう一つ深く作ったということですね。Wii版はそれを避けたんだと思うのですが、Wii U版の方が分かりやすくなったと私は思います。


<Wii版で「コレクション」を選んだ画面>
 smabromenu10.jpg
<Wii版で「データ集」を選んだ画面>
 smabromenu11.jpg
<画像はWiiソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』より引用>

<Wii U版で「いろんなあそび」→「コレクション」を選んだ画面>
 smabromenu12.jpg
<画像はWii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』より引用>

 Wii版では「コレクション」と「データ集」に分かれていた部分を、Wii U版は「コレクション」に統合。ただし、階層が深くなっている分、使用頻度の高そうなものは別の場所に移っています。
 「遊び方の指針」になる「クリアゲッター」は最初のモードセレクト画面に昇格。「コレクション」というより「作る楽しさ」を提供する「ステージ作り」は「キャラ作り」と一緒に「いろんなあそび」に移りました。




<Wii版で「オプション」を選んだ画面>
 smabromenu13.jpg
<画像はWiiソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』より引用>

<Wii U版で「いろんなあそび」→「オプション」を選んだ画面>
 smabromenu14.jpg
<画像はWii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』より引用>

 Wii版までにあった「画面」「デフリッガー」は消滅。画面の大きさなどは「Wii Uの本体設定」から調節できますしね。
 「振動」は「ボタン」と統合され、「ボタン」の設定は階層が深くなっている分だけ「大乱闘」モードからも設定できるようになりました―――って話はさっき書きましたね。
 「インターネットオプション」はWii版はインターネットに接続しないと設定できなかったように記憶しているのですが、Wii U版は予めここで設定できるようになりました。

 「データを消す」がないですね、そう言えば……これもWii U本体設定から消去できるっちゃできるんですが、あの「本当に消すのかしつこく聞いてくる」やり取りは様式美だと思っていたので、なくなっていたのは意外。






 この手の「色んな遊びを盛り込んでいるゲーム」は、発売直後は特に「ここを直してくれ」「ここが期待ハズレだった」という感想が出がちだと思います。私も「名作トライアルでMiiverseを使えない」ことと「amiiboがオフラインの大乱闘でしか使えない」ことは不満だったので、Twitterに書きましたけど……

 みんながそうした結果、Twitterのタイムライン上には「スマブラに対する不満点」がズラッと並んで、あたかも今回の『スマブラ』は不満だらけのゲームのように見える事態になっていました。
 今現在買うかどうか悩んでいる人は、これを見たら買わなくなるよなーと思います。こうやって発売直後に不満点ばかりを列挙していた人が、後で「こんなに面白いゲームがどうして売れないんだ」とほざいても、そりゃオメーが不満ばっか書いて「良かったところ」を書かなかったからだろ!と思うんですね。私も含めて。


 だから、「良くなったところ」はちゃんと書かなきゃなと思います。
 元々『スマブラ』はゲーム部分がしっかりと超面白いので「改めて言わなくてもイイだろう」と思ってしまいがちなのですが、そうすると今現在買うかどうか悩んでいる人が「今回は買わなくてイイだろう」と思ってしまっても仕方ないと思うんですね。買った人ですら「どこが良くなったのか」が言えないゲームなんて、買わない人には魅力が伝わらないだろうと。


 モードセレクト画面を始めとするメニュー周りは、確実にWii版より良くなっていると思います。とりあえず、ここはちゃんと言わんと。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U [オンラインコード]大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U [オンラインコード]

任天堂 2014-12-05
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回の『スマブラ』は急いでプレイしないで長く長く遊びたいなぁと思っていますし、ちゃんと色んなモードを遊びつくしたいなぁと思っています。

 なので、一緒にWii U版の『スマブラ』を遊んでくれるフレンドを募集します。
 「フレンドリクエスト」は切っちゃっているので、お互いのNNIDを入力する必要があって面倒かけてしまいますが申し訳ない。こちらのNNIDは「yamanashirei」です。コメント欄でもWEB拍手でも構わないので、お名前とNNIDを書き込んでくだされば登録します。



 んで、『スマブラ』のフレンド対戦なんですが……
 部屋を作る前に、Twitterに「今から対戦してくれるフレンド募集」と書き込んで、1人でも反応があったら部屋を作る―――ってカンジにしようかなと思います。フレンド対戦用の部屋を作って誰かが来るのを待っている間、サンドバッグしか殴るものがなくて暇なんですよねぇ……こないだ1時間サンドバッグ殴ってて流石に飽きました(笑)。

 なので、誰でもイイから付き合ってくれるフレンドが一人でもいたら部屋を作るって方針でいこうかなと思っています。これだとTwitterをやっていない人は参加できなさそうですが、部屋が作ってあったら気楽に入ってください。私も、誰かが部屋を作っていたら気軽に入りますんで。


 まぁ、そんなカンジで5年くらいかけてじっくり遊ぶつもりなので、紹介記事は5年後に書こうかな!

| ゲーム雑記 | 17:47 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/12/09 18:05 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/12/09 19:16 | |

例の桜井さんのコラム本に、メニュー画面を分かりやすく、みたいな話があった気がします
どの巻だったかは忘れましたが

| ああああ | 2014/12/09 19:59 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/12/09 20:14 | |

なるほど、よく分かる話です。
ちと話が逸れますが、わたしGCコントローラーが大好きなんですが、理由はメインとサブのボタンがハッキリしているから。
何を売りにするかはパッと見てはっきりと分からないといけませんよね。

| 児斗玉文章 | 2014/12/10 18:39 | URL |

>ああああさん

 調べました。『DX』のVOL.138「メニューをチェックしてみよう」ですね、多分。
 恐らくWiiの『スマブラX』制作中のコラムで、書かれていることは『X』で実際にその通りになっていると思います。ただ、それでもこの記事に書いたようなことが起こるんですね。桜井さんであってもそこまでは分からなかったと。


>児斗玉文章さん
 僕もGCコン大好きです。
 と言ってもGCコンを使ったのはWiiとWii Uの『スマブラ』くらいなんですけど……「一番よく使うボタン」が一番押しやすいところにあるのがすごく好きで、たまにゲームパッドで『スマブラ』やると「どれが攻撃だっけ……」と間違えてしまうこともw

| やまなしレイ(管理人) | 2014/12/10 21:24 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/12/11 23:29 | |

どんなに面白いものでもシリーズモノは不満点がタイムラインにズラリ、というのは確かになと思わされました
でも褒めるってことはそれだけで自己完結してて話題がつながらないんですよね
その点不満はいくらでも話のタネになる
不満がひたすら並ぶというのは誰かと交流するSNSや掲示板ならではのことなのかなと思わされました
そういう意味でもまとめブログやらが氾濫するなかこういった記事でひとりの冷静な意見や考察が読めるというのは貴重なことなんだな、と
いつもお疲れ様です

| hirano_ryo | 2014/12/13 00:26 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/12/17 16:36 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1864-980fa73a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT