やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014年12月のまとめ

 2014年も終わりですね。
 この1年は本当に大変だったし、大変なことは引き続き来年以降も継続していくのですが……まぁ、とりあえず無事に生き残れたことと、一番つらかった時期に声をかけて下さった方々に感謝して、来年は大変ながらに楽しいことを増やせていけたらなと思います。


 毎年書いている 「今年遊んだゲーム」のランキング。
 2010年から続けていた「好きな順」「面白かった順」「素晴らしかった順」でTOP3に並べる形式は、今年で最後にするつもりです。来年からは「ゲーム紹介」の記事に「好き度」の点数を付けるので、遊んだ全てのゲームを「好きな順」に並べようと思っています。そうすると「大嫌いなゲーム」が可視化されてしまうんですけど、それはそれで面白いかなと。

 2010年のランキング
 2011年のランキング
 2012年のランキング
 2013年のランキング


 それでは「今年遊んだゲーム」の一覧です。
 自分は「発売直後のゲームにしか興味がない人」ではないので、2013年以前に発売したものも当然含まれています……というのは例年の通り。しかし、今年は例年以上に「今年発売したゲーム」が少ないこと少ないこと。

『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』(Wii)<エニックス/チュンソフト>
『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』(3DS)<D3パブリッシャー/インテンス>
『TRINE 2 三つの力と不可思議の森』(Wii U DLソフト)<任天堂/Frozenbyte>
『おでかけタコりん』(DSiウェア)<甲南電機製作所>
『スーパーマリオランド2 6つの金貨』(VC/GB)<任天堂>
『キミの勇者』(DS)<SNKプレイモア>
『しゃべる!DSお料理ナビ』(DS)<任天堂/インディーズゼロ>
『マーヴェラス ~もうひとつの宝島~』(VC/SFC)<任天堂>
『ピクロスe2』(3DSDLソフト)<ジュピター>
『熱血高校ドッジボール部』(VC/FC)<テクノスジャパン>
『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』(VC/FC)<テクノスジャパン>
『クインティ』(VC/FC)<ナムコ/ゲームフリーク>
『マリオブラザーズ』(VC/FC)<任天堂>
『ブタメダル』(Wii U DLソフト)<任天堂>
『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』(3DSDLソフト)<フライハイワークス/INSIDE SYSTEM>
『Knytt』(PC)<Nifflas' Games.>
『Knytt Stories』(PC)<Nifflas' Games.>
『クニットアンダーグラウンド』(Wii U DLソフト)<フライハイワークス/Nifflas' Games.>
『新・光神話 パルテナの鏡』(3DS)<任天堂/プロジェクトソラ>
『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』(3DS)<マーベラスAQL/タムソフト>
『スーパーマリオブラザーズ』(VC/FC)<任天堂>
『ドンキーコングJR.』(VC/FC)<任天堂>
『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』(Wii U)<任天堂/ソラ&バンダイナムコスタジオ>


 色々考えたんですけど……「遊んだゲーム」は、新作も旧作も、初めて遊んだものもそうでないものも全部ごちゃ混ぜにすることにしました。これはあくまで「私が今年遊んだゲーム」ですから。
 その結果、全部で23本になりました。その中で今年発売したゲームは『TRINE2』『ブタメダル』『魔神少女』『クニットアンダーグラウンド』『スマブラ』の5本だけで、フルプライスのソフトは『スマブラ』1本になっちゃいましたね。『ブタメダル』は発売と言えるのか?

 これは……今年は特に「積みゲーを減らす」ことを目標にしていましたんで、狙い通りの結果とも言えるんですけど。ダウンロード専用ソフトやバーチャルコンソールのソフトもセールを頻繁に行うようになったので、セールがあるとついついDL購入してしまう身としてはあんまり積みゲーも減っていないという。


 それでは、ランキング行きまーす。

【好きな2014年遊んだゲーム TOP3】
1位:『クニットアンダーグラウンド』(Wii U DLソフト)
2位:『ブタメダル』(Wii U DLソフト)
3位:『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』(Wii)

 一応、1位・2位は2014年のソフト!

 1位は『クニットアンダーグラウンド』。
 「好きな順」というのは、「世間の評価」とか「他人に薦められるか」とか関係なく、「何か、このゲームは俺のためにあったゲームみたいだなぁ……」と思わせられたものなので―――そりゃこうなりますよね。快適な操作性、絶妙な難易度のパズル、鬼畜だけど「もう1回!」とついついリトライしたくなるアクション……なんかも魅力ではあるんですが、やはりMiiverseでの交流が激楽しかったゲームでした。

 探索のヒントを教え合ったり、たどり着けたところを見せ合ったり、鬼畜なステージに迷い込んだ人をみんなで励ましたり、ストーリーをみんなであーだこーだ考察したり……攻略サイトもないマイナーなゲームと言えるのかも知れないけど、だからこそMiiverseが「冒険者達の集まる酒場」のようになって楽しかったです。
 誰も見つけていなかった最後の「実績」を見つけた人の書き込み、「お宝はそこにあったのかああああああ!」と読んだ時は震え上がりましたねぇ。リアルタイムにその人の書き込みを見ていたからこそ。

(関連記事:とうとう見えたMiiverseの真価。『クニットアンダーグラウンド 』紹介


 2位は『ブタメダル』。
 もう今は遊べないゲームです。
 7月22日~8月31日までの期間限定で「このソフトからeショップに残高を追加した分だけ遊べる」という変わったゲームでした。リアルマネーを使うのだけど、リアルマネーを消費するワケではないという感覚が新鮮で、「緊張感」と「安心感」を両立した新しい体験が出来ました。

 アクションパズルとしても「テンポの良さ」と「爽快感」がしっかりあって、終わってしまったのが寂しかったですねぇ。でも、その「期限が来たら終わる」からこその「良い思い出」になっているのも確か。



 こういう試みはまたやって欲しいけど、『バッジとれ〜るセンター』はリアルマネーを消費する「緊張感」が強くて自分はあんまり遊ぶ気になれません。「こ、この1プレイに90円がかかっているんだ……」と思うと手が震えちゃって上手くいかないんですよ。

(関連記事:この1枚の重みはお幾らだ?『ブタメダル』ファーストインプレッション


 3位は『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』。
 Wiiで出ていた『ドラゴンクエストI・II・III』の『II』のスーファミ版です。
 このソフトはすぐそこ↓に書くので、サラッと行きます。



【面白かった2014年遊んだゲーム TOP3】
1位:『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』(Wii)
2位:『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』(Wii U)
3位:『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』(3DSDLソフト)

 「面白かった順」は「のめりこみ度」や「熱中度」の高い作品。
 ということで、1位は『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』です。
 当時も結構「ゲームが好きならやってて当然でしょ?」みたいに言われたんですけど、ファミコン版もスーファミ版もリアルタイムにはプレイしていなくて、その後も何となくプレイしていませんでした。その理由はたくさんあるんですけど……プレイしていなくても内容はほとんど知っちゃってたんですね。

 「オチだけ知っている映画を楽しめるか問題」にも近い話なんですが、これだけ有名なゲームだとまぁみなさん容赦なくネタバレをしてくるものですから、序盤~中盤~終盤とどういう展開をしていくのかプレイする前から知っちゃっていて。「内容知っちゃってるゲームをわざわざ遊ばなくてイイや」と思ってたんですね。
 で、実際にプレイしてみるとやはり全部知っている内容。初プレイなのに「あー知ってる知ってる」「ここも知ってる」「ここも知ってる」と確認するだけのプレイなので、「この後どんな展開になるんだろう」というワクワク感は皆無でした。

 なんですけど……「ゲームとしては」すごく面白かったです。
 どこに転機があったのかは分かりませんが、昔のRPGは「持てるアイテムは有限」で「MP回復する手段が少なく」「途中に回復ポイントもない」のでリソースのやりとりが重要なんですよね。このダンジョンを、進むべきか引き返すべきか。スーファミ版は敵の強さやヒントも丁度イイ加減になっていて、とてつもなく熱中して遊んでいました。出来ればネタバレせずに遊んで「この後どんな展開になるんだろう」というワクワク感も味わいたかったけど、こんな有名作だと仕方ないですね。

(関連記事:「ダンジョンの奥に中ボスがいない」ことによる面白さ


 2位は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』。
 正直……購入してからほぼ毎日プレイしていて、最初の内はプレイすればするほど「上達」していく実感があったんですが、ここ数日は「もうコレ以上は上達しないんじゃないか」と壁にぶち当たってしまったのでテンションが落ちてきてしまいました。なので、2位。1週間前だったら1位にしたかも知れませんが(笑)。

 でも、やっぱり『スマブラ』は面白かったですね。
 自分は酒も煙草もギャンブルもやりませんが、『スマブラ』は1日触っていないと「手が!手が『スマブラ』を求めている!」と禁断症状が現れてくるくらいの中毒にはなっていました。不満点がないワケではないんですけど、『スマブラ』には他のゲームでは得られない気持ち良さがあるなぁと改めて実感しました。

 しかし、全然上手くならないんですねぇ。
 自分のキャラがどこにいるのか目が追いつかないし、HDで描き込まれた背景が細かすぎてどこに何があるのか分からないし……そろそろアクションゲームが厳しい年齢なのかも知れぬ。背景を緑一色に塗りつぶしてくれるモードとかあったら、飛び道具とかも見やすくなるんですけど……こういうこと書くと「ジジイはもうゲームやるな!」と言われるんだろうから、老兵はただ去るのみ。


 3位は『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』。
 熱中度と言ったら、これも外せません。
 安価な2Dアクションゲームで「上達」を実感できるシステムもとても面白かったのだけど、クリア後に解放される「ポーカー」が気付けば数時間経過していたくらいの超時間泥棒でした。当時は3DSをその画面でスリープモードにしてあったので、ちょっとした空いた時間に「ポーカー」、時間を見つけて「ポーカー」、暇さえあれば「ポーカー」という中毒っぷりでした(笑)。

 しかし、あれだけ熱中してシェガーを増やして「強くてニューゲーム」が出来る状態にしたのに、そこで満足しちゃってそれを実際には使わなかったんです……何か、この世の真理を見たような見ていないような。

(関連記事:遊べば遊ぶほど強くなる!『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』紹介



【素晴らしかった2014年遊んだゲーム TOP3】
1位:『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』(Wii)
2位:『スーパーマリオブラザーズ』(VC/FC)
3位:『クインティ』(VC/FC)

 まぁ、こうなりますよね(笑)。
 「素晴らしかった順」は「万人にオススメ出来る度」で選ぶのですが、過去の名作もランキングに入れちゃうとそりゃ過去の名作がランキングを独占しちゃいますって。なので、「素晴らしかった順」なんかをランキングにするのは今年で最後にしようと思うのです。

 1位は『ドラゴンクエストII(スーファミ版)』。
 ファミコン版は難易度調整にかける時間が足りなかったとかで、その激ムズ度合いが話題になっていましたが……スーファミ版はそれを受けてのリメイクなので、ありとあらゆる部分が遊びやすくて「万人が楽しめるRPG」になっていました。これぞキング・オブ・ゲーム。
 難点があるとすると「移動が遅い」ことなんですが、それがまた世界の広さを実感するのも確かなので……プレイヤーの快適度のために「移動を速くする」とそれはそれで違うと思うんですけどね。


 2位は『スーパーマリオブラザーズ』。
 まさかこれを2014年のランキングに入れるとは(笑)。
 元々は「マリオのジャンプは如何にして「多機能」になっていったのか」という記事を書くために、書くのならスクリーンショットがないとイメージが湧かないだろうなぁと、バーチャルコンソールで『マリオブラザーズ』と『スーパーマリオブラザーズ』を購入して。

 それで、ついでだからとBダッシュなしで『スーパーマリオブラザーズ』の全部の面をプレイしてみたんです。これがまぁ面白くて面白くて。「よく出来ているゲームだなぁ」と感心しながら遊んでいました。飽きのこない多彩なステージと、上達を促す絶妙な難易度調整と、隠し要素を探索してもイイし先に進んでもイイ自由度と……2014年の今遊んでもすげー面白かったです。

 そう言えば、アーケード版の『パックランド』をバーチャルコンソールに出して欲しいとか書いていたら、まさか『スマブラ』のステージになっているとは……

(関連記事:Bダッシュなしで、本当に『スーパーマリオブラザーズ』はクリア出来るか


 3位は『クインティ』。
 流石に『ドラクエII』や『スーパーマリオ』ほどの知名度はありませんが、これも知る人ぞ知る名作です。
 「十字ボタンで移動」+「Aボタンでパネルをめくる」というシンプルな操作方法で、攻撃・探索・収集(パワーアップ)が出来るという秀逸なアイディア。当時は「古臭い」と言われたゲームであっても、時代に飲まれなかったことで逆に今でも新鮮な体験を提供できるゲームになっているのが凄いです。
 ステージと敵の多彩さ、「リスク」と「リターン」で悩ませてくれる収集要素、ワラワラ湧いてくるスイマーの気持ち悪さ(笑)……ホントよく出来ているゲームでした。アクションゲーム好きならば是非オススメ。

(関連記事:流行に逆行した姿勢が、色褪せない傑作を生む!『クインティ』紹介



 「2014年12月のまとめ」は私事・創作活動の報告などが大半なので、今月も読みたい人だけ「続きを読む」をクリックして下さいな。



<創作活動>
・現在は第3話のネーム中
・今月は机に向かう時間が作れませんでした……

 詳しくは後に書きますが、今月はちょっと病気になってしまって、その病気もまだまだ続いているので……なかなかネームをする時間が作れず。年賀状用のイラストを描く時間なんかも取られ、作業の進行状況としては酷い1ヶ月でした。来年……来年から本気出すから!


<ブログ・ホームページ>
・今月のアクセス数トップは『SHIROBAKO』の元ネタ解説記事でした!
・ただ、今月書いた7~10話よりも、先月までの1~2話4~6話の方が高かったけど
・続いて「この作品、泣けます!」という言葉はとても便利
・アニメ感想まとめがあると、アクセス数的にはキツイですね……

 先月に引き続き『SHIROBAKO』の記事はアクセス数が高かったですね。
 ただ、先月もそうだったんですけど、「今月書いた記事」よりも「先月書いた記事」の方がアクセス数が高くなるのは検索してやってくる人が多いってことなんですかね。お叱りを受けることも多い記事ですけど、この記事を書くことで「この元ネタは○○だったか!」と知ることも出来たので……なるべく諦めずに最後まで追走したいところです。


 「この作品、泣けます!」という言葉はとても便利は、書いてみて思った以上に難しかったなーという記事でした。個人差が大きいので「自分はこうです!」というのを読んでくださる人に分かってもらうのは難しいし、かといって具体的なことを書くとネタバレになっちゃうし。
 
 dアニメストアに「泣けるアニメ」というタグがあるんですけど、リストになっている作品を見ると「え?このアニメ大好きだったけど泣けるの?」というものもあるんですね。
 人によって「何が泣けるか」が違うというか……私は「つらい」とか「切ない」とかではあまり泣けないんですね。逆に、「良かったねぇ」とか「このキャラも成長したなぁ」というところだとコロッと泣いてしまう。親戚のおばちゃん目線というか。



<娯楽>
・秋アニメは『結城友奈』『SHIROBAKO』『四月は君の嘘』『Gレコ』『ヤマノススメ』
・感想は全部記事に書いているのでそちらで
・ゲームはずっと『スマブラWii U』やっていました
・そちらもこの記事の冒頭に書いているのでそちらで(笑)

アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』各話感想メモまとめ(1話~13話)
アニメ『四月は君の嘘』各話感想メモまとめ(1話~11話)
アニメ『ヤマノススメ セカンドシーズン』各話感想メモまとめ(13話~最終話)
アニメ『SHIROBAKO』各話感想メモまとめ(1話~12話)
アニメ『結城友奈は勇者である』各話感想メモまとめ(1話~最終話)

 そういや、『結城友奈は勇者である』感想まとめの記事に「東郷さんはどうして苗字で呼ばれたがったのだろう?」という話を書いたのだけど、DVDに移しがてらチョコチョコと観ていたら……多分、友奈が初対面で「東郷ってカッコいい苗字だね!」と言ったからなんですね。
 後半、すげー密度で話が進んだので、細かいとこちょっと覚えていなかったりするもので……もう1回最初から観返したいのだけど、その前に『鷲尾須美は勇者である』を何とか入手して読んでからがイイかなぁ。


 ゲームはずっと『スマブラ』やっていたので特に語ることもなく……
 『スマブラ』は5年かけて遊ぶつもりで、1キャラずつ地道に練習しています。1キャラ1ヶ月のペースで遊べばちょうど5年くらいかかる計算なので……紹介記事を書くつもりはないです。5年後に書いても誰も読んでくれないでしょうしねー。

 なので、このままずっと『スマブラ』だけやっていてもブログに書く話題がなくなっちゃいますから、年明けからは新しいゲームを始めようと思います。『スマブラ』はそれと並行してちょこちょこと遊ぶカンジで。



 それはそうと……


 イボ痔になりました。

 「なりました」というか、「今もなっています」。
 漫画描きならば別に珍しくない病気ですけど、これが本当つらい……何がつらいって本人はすごく調子が悪くて「どうなっちゃうんだろう」「全然治らないよ」と不安で仕方ないのに、「イボ痔が出来て……」と人に話しても「イボ……痔……っすか(笑)」と半笑いのリアクションしか返ってこないところだ!


 なったばかりの頃はまだ痛くなかったので、ドラッグストアで薬でも買ってくりゃ治るだろーと思っていたのですが。
 痛くなってからネットを検索してみたところ、「痔は自力では治せない」「薬は痛みを誤魔化すだけの効果しかないので治すことは出来ない」「悪いこと言わないから早く医者に行け」という情報が出てきて――――顔真っ青になりながら、近所の肛門科を探して行ってみたところ、「毎日お風呂に入った時に自分でマッサージして治してください」というありがたい御言葉で終わりました。

 実際、その日の夜から毎日イボ痔の周辺をマッサージしているんですが、最初は触るだけで痛かったものが30分くらい続けていると痛みがなくなるしイボも小さくなっていくんです。「こりゃあっさり治っちゃうかもなー」と思っていたのですが、翌日のお風呂の時にまたマッサージをしてみるとイボがまた大きくなっていて……イボ大きくなっている→マッサージ→イボ小さくなる→翌日イボまた大きくなる→マッサージの繰り返しという。

 地味に、「毎日30分のマッサージ」の時間が厳しいので……早くそれが必要ないくらいに治って欲しいのですが、机に向かって作業したりブログ書いたりしている以上は治るもんも治らないのかなーと不安なのです。


 しかし、本人はこんな深刻なのに、きっと読んでいる人は「2014年の最後の話題が……イボ…痔…っすか(笑)」と半笑いなんだろう!どうせ!ちっくしょー!!


痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)
平田 雅彦

主婦の友社 2013-06-19
売り上げランキング : 148321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 17:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお。
わたしは逆に昨年までは新作より旧作をたくさん遊ぶ自分がベスト3を書いてよいものだろうかという思いがあってやっていなかったのを、いや気にしなくていいかと今年からベスト3を始めたのですが、やまなしさんは逆にやめることにしたのですね。
出した結論は逆ですが、今やその年に発売されたゲームを中心にベスト3が選べるほど遊び込むってのは難しくなってきてますからね。
遊べるのか遊ばさせられるのか、来年の新作ゲームたちはどうなることやら…。
それではよいお年を

| 児斗玉文章 | 2014/12/31 21:52 | URL |

今年もやまなしさんの記事を楽しく拝見していました。
やまなしさんのゲーム記事から、それを読んでいる自分の好みを考えたり新しいゲームを遊ぶことにより、さらにゲームが好きになりました。
大変気の早い話ではありますが、来年は健やかに年越しされるようお祈りいたします。
良いお年を。

| ああああ | 2014/12/31 22:38 | URL |

「面白かった度」の点数は付けないのですか?

| ああああ | 2014/12/31 23:26 | URL |

>児斗玉文章さん

 あ、えっと……「好きな順」「面白かった順」「素晴らしかった順」の3つでトップ3を作るというのを辞めるだけで、その年に遊んだゲームを「好きな順」に並べるのはやる予定ですよ。
 「素晴らしかった順」を考えるとどうしても名作とか人気シリーズに偏っちゃいますけど、「好きな順」だとそうでもないと思うんで。今年も2位に『ブタメダル』入れているくらいですからね(笑)

>今やその年に発売されたゲームを中心にベスト3が選べるほど遊び込むってのは難しくなってきてますからね。
 これはホントに。
 『スマブラ』なんかは5年かけて遊ぶつもりですし、多くの大作ゲームはアップデートや追加コンテンツが続きますもんね。



>ああああさん
 ありがとうございます。
 年明けからまた新しいゲームを始める予定なので、自分も自分の知らない「自分が好きになるゲーム」を見つけていけたらなと思っています。


>ああああさん
 付ける気はないですねー。
 元々の「点数を付ける理由」は、点数をタイトルに付けることで、タイトルだけ読んだ人にもそのゲームのことを知ってもらいたい―――というものだったので、複数の点数を付けてややこしくしたら本末転倒になっちゃいますんで。

| やまなしレイ(管理人) | 2015/01/01 00:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/1875-2dfb933a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT